2017年09月05日

内覧会で頂戴した助言をすぐに反映する。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。あと1ヶ月早起き生活をしないといけません・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



今日も時間がやや不足しているため、簡単な内容で失礼します。

週末の関東→札幌の大家会で見学していただいた札幌7棟目。いくつかご指摘を

いただいた箇所があり、そこに対して早速管理会社さんが動いてくださいました。



女性陣から気になるとコメントをいただいたのが、片方のお風呂場から下水の臭いが

少し漂ってきていること。ラップをしてなかったので、水が切れてるのかなと思って

見てみたのですが、水はちゃんと張ってました。そうなるとその近所にある洗濯機の

排水口が悪いのかな?と予想しましたが、追及する時間はありません。



この話を管理会社さんにふったところ、昨日すぐ現場を確認しに来てくださいました。

調べていただいた結果、どうやら美装を行った際にお風呂の排水口のパッキンが少し

ずれてしまっていたようでした。そこのパッキンを元に戻したところ、臭い問題は解消。

大事でなくてよかったです。



管理会社さん、念のため洗濯機の排水口とお風呂場の排水口、そして便器といった水が

張って大丈夫なはずのところにも、念のためラップをしてくださいました。二重の防御で

備えは万全、といったところでしょうか。ありがたいです。



前回札幌に来た時に、リフォーム箇所を調整してゴーサインを出したのですが、一部の

箇所(換気口から部屋側の壁に向かって雨だれみたいなのが出来ているので、換気口に

細工をしてそういうことが起こらないようにする)が前回と変わっていないように

見えました。これも管理会社さんに写真を送って確認したところ、なんか聞いてた話と

ちょっと違うので確認します、と。



これも結果としては、換気口の工事を別の階では行ったものの、該当のフロアに関して

業者さんが丸ごと忘れていたということでした。良かった、



これらのチェックを現場でしてくださっている時に、キッチンのシングル混合栓の

根元から、若干ながら水が漏れているのを発見してくださいました。直すように手配を

かけたいということでしたので、当然のように快諾。細やかな気配りに助かってます。



設備面では特にそれ以上のツッコミはなかったのですが、家賃については若干ですが

ご意見を頂戴しました。



・お部屋の家賃は相場を大きく外れてはいないが、若干高い感じはする

・2タイプある間取りの差は1000円ではなく2000円でもいいのではないか

・駐車場は割と高めな気がする



家賃が少し高めなのは別の方からも指摘されておりましたので、やっぱりそうかと

いう感じでした。妥当な家賃に引き直すこともできたのですが、1000円〜2000円

程度の差だったので、駐車場を2台確保できるというメリットもあわせて考えれば、

そこまで大きな問題に反らないだろう、と判断して据え置いています。



地元の人が住む住宅街のファミリー間取りなので、地元の人がうまく一度入ってしまえば

そんなに頻繁に出入りすることはないでしょう。入居までに少し時間がかかったとしても

長期に住んでいただければ、その分は取り返せるかなと思っています。変に焦って短期で

出てしまう人を入れた方が、リフォーム代とかで収益性を損なう可能性がありますし。



2タイプある部屋の家賃差については、確かに2000円くらい差があってもいいかと

思えるくらいに間取りの良さに差があります。陽当たりとか使いやすさとか、ですね。

ただ、現状家賃が決して安くないという感じがあるので、ここは1000円差のままでも

いいかなあと思っています。逆に微妙な方の間取りをもっと安くするというの手ですが

今はまだ家賃を下げるタイミングではないと考えていますので、その時が来たらかな。



駐車場については、2台目駐車してくださる方には2000円オフで案内するという

ところで、割高感を多少減らしていこうということにしました。管理会社さんにも

相談しましたが、その意見に賛成とのことでした。募集図面にその旨明確に記載して

おりませんでしたが、書き加えていただくことにしました。



内覧会でいただいた助言を速やかにフィードバックすることができてよかったです。

素早く対応いただけた管理会社さんのスタッフの皆様がいたからこそ、すぐに懸念点を

つぶしていけたものと思います。やっぱり周りの人に生かされているんだよなあ。

自分一人じゃただのポンコツです。何もできません。周囲に恵まれた私は果報者です。

今後とも見捨てないでくださいね(笑)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:11 | Comment(0) | 札幌7棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

関東→札幌の大家会の勉強会を札幌で開催する。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。札幌、もはや半袖で過ごすことが出来ないレベルでした。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



この週末は、関東→札幌の大家会の勉強会と懇親会、そして物件見学会でした。

開催場所は・・・いつもの東京ではなく、札幌です。



関東→札幌の大家会は、会員同士で徒党を組み、お互いに情報をシェアしながら

厳しい札幌の地での賃貸経営を生き残っていこう、という趣旨で発足した互助会です。

発足の経緯もあり、私が世話役をやっておりますが、参加されているメンバーに恵まれ

来月で結成7周年、勉強会は今回で35回目と息の長い活動をすることが出来てます。



互助会なので、会の運営で利益を上げるつもりもありません。基本、運営は手弁当です。

だから情報を積極的に発信してくれて、腹を割って話せる少人数のメンバーがいれば

それでよい、というスタイルです。会員数に上限を設け、それ以上増やしません。

会費を取って儲けるのであれば、人をどんどん増やすべきですが、そういう会では

ないので、多少閉鎖的なくらいでもいいと思っています。



とはいえ、空きが出来たら会員として入れてほしい、ということを言われることも

当然あります。また、年に1度は点呼を取って、幽霊会員さんに会から脱退して貰う、

と言うこともしています。ただ、これまである程度かかわりがあった人がいきなり

関係がなくなるというのもどうなのかな?という感覚もあります。



そこで、正会員と準会員という二つの会員制度を設け、勉強会で腹を割って情報交換を

する正会員と、懇親会的な位置づけの場にのみ参加いただく準会員、という形にして

おります。準会員の方でも、出席率が良かったり界に貢献していただけそうだったりと

判断できれば正会員になっていただきますし、正会員としての貢献度が足りない場合は

準会員となっていただくようにしています。



そんな会のメンバーで、この週末は札幌に行ってきました。

普段関東にいるとなかなか呼べないゲストをお呼びしての勉強会は、初の試みです。

(会議室の予約とかの当日の運営、はては二次会のお店探しまで、あらゆる面から

 協力いただいた札幌3&7棟目の管理会社さん、ありがとうございました!)



会として年に1度は札幌に会員の皆さんと札幌に行くようにしています。

例年は業者さんをお呼びしての懇親会とか、地元大家さんの飲み会に混ざるとか、

そういう活動形式が多かったのですが、今年は東京でやっているのと同じような

勉強会を行うことを試みました。毎年同じことをしていても飽きちゃいますしね。



土曜日はその勉強会と懇親会、日曜日はレンタカーを借りて終日物件見学会でした

いつもと違うことを試みたおかげか、例年の倍の人数が札幌に集まりました。

内容をSNSで書くわけにいかないので、詳細は省かざるを得ませんが、

勉強会も物件見学も良い刺激になり、気づきを得られたものと思います。

講師の皆様、参加者の皆様、ありがとうございました。



ちなみに物件見学会の中で、私が数ヶ月前に購入した札幌7棟目を見ていただきました

勝手に見てきた人(この人とかこの人とか)はいたものの、私が主宰して内覧会の形で

見ていただくのは初めてです。



内覧会の札幌7棟目があるという話を把握した管理会社さんが「オーナーに恥を

かかせてはいけない」と言い出し、完了していない美装を自分たちで終わらせる、

という行動に出てくれていたようです。勉強会の運営にお付き合いいただいた社長は

懇親会もそのままお付き合いいただいていたのですが、三次会の最中(けっこうな夜中)

「あ、うちの○○から美装が今終わったって連絡ありました」と。ちょ、そんな時間まで

仕事してくれてたの!?と驚いたのですが、担当の方は自発的にそれをやってくれたと

いうことでした。大変だ、もはや頭が上がらない・・・。



そんな清掃の甲斐もあり、内覧会ではお褒めの言葉を多々いただきました。

間取りも賃料もほどほどにいい感じで、そこまで居住者の属性が高くないエリアなので

内装もこのくらいでちょうどいいのではないか、と。その感覚が他の人から見ても

さほどずれていないことがわかり、良かったです。



自分で気が付いたこともありました。リフォームが一部終わっていないと思われる箇所が

あったので、管理会社さんに確認いただいたところ、施工業者さんがやり忘れていた、

というオチだったので早急に手配します、という話になりました。

やっぱり現場は見ておかないとダメですね。



その他、参考になるご助言もいただきました。見学に来てくださった皆様、この度は

どうもありがとうございました。お礼申し上げます。

そして無事に一連のイベントを終えることができ、ほっとしました。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:22 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

金融機関さんを訪問することは怖いことではない。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。寝不足感がかなり出ております。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



先日、仲の良い不動産仲間とメッセンジャーで銀行への持ち込みに関しての話題で

盛り上がりましたので、その内容をブログにも書いておこうと思います。



内容としては、サンタメでス〇ガさんとかで購入する方ではなく、もう少し自分で

金融機関さんを探してきたりする人向けになっています。



お悩み

銀行さんに行って融資相談をするのが恥ずかしい



Q:なぜ恥ずかしい?

A:あまり良いとは言えない属性をすべてさらけ出さないといけないのが恥ずかしい

  さらけ出した上で断られたら、全てを否定されたような気持になり、立ち直れない



これに対して、私の個人的見解として以下のような内容を述べました。



・金融機関さんに情報を開示することは決して恥ずかしいことではない。むしろ貸出先に

 困っている金融機関さんを助けるんだ、くらいの図々しい気持ちで構わない。実際、

 小さな金融機関さんほど貸出先がなくて困っている傾向にある。アベノミクスで日銀に

 お金を置いても金利がつかないんだから、我々事業者が協力して貸出先になるんだ、

 というくらいの気持ちで良い(ただし上から目線にならず、対等なパートナーという

 気持ちを忘れることなかれ)



・特に、信金/信組さんのような小さな組織は、元々は互助会として会員同士が助け合う

 精神で作られているんだから、最初から素晴らしい属性でなくても、地域貢献したいと

 いう気持ちがあれば、そこから先は一緒に考えてくれるはず。最初から素晴らしい

 感じでなくても、共に成長していきたいとPRすれば良い。



・前に信組さんの応接室で話していたら、近所の八百屋のおばちゃんが野菜をもって

 おすそ分けしに来たところを見たことがある。八百屋さんとかそういう業種にも

 地域振興のために支援して融資をしているのが信金/信組さんの役割と考えれば

 多少零細でも気にしない担当者さんが多いと思う。



・仮に全否定されても、それは人格否定のようなものではなく、ダメだという判断基準を

 得ることができた、という捉え方をすれば良い。何を改善すればより土台に乗りやすく

 なるかは、うまく聞けば教えてくれることが多い。そういうところを少しずつ修正して

 成長した私を再評価して、という感じで何回でも持ち込めば良い。



・支店長の好みで融資スタンスや好みの属性は変わる。一度断れて全否定されたからと

 いって、一生門前払いと言うわけではない。支店長が変わる、トップが変わるなど

 何かしらの変換があった時に、改めて相談に乗ってもらえる可能性はある。

 (A行はサラリーマン属性が好き、B行は定性評価も重視、など審査方法は異なるので

  単にアタックしたところの好みではなかっただけ、他に行ったら大好きになって

  くれるかもしれない)



・全否定ではなく、物件の評価が伸びないなどの理由であれば、あらゆる手段を講じて

 自分の属性をPRすることで改善する可能性がある。例えば金融資産であったり、

 身内の年収だったり、事業者の目線でその物件の定性的・定量的な評価をPRしたり。

 稟議書に書く内容の材料をこちらから与えることで、担当者さんがやりやすくなる。




私が思うに、銀行マンの方をお役人か何かと勘違いしている人も多い気がするんです。

彼らだって営利企業であり、できるだけ売上を達成したい人たちです。営利企業です。

ビジネスのネタをこちらから持ち込むことに対して、審査結果はともあれ嫌がることは

基本的にはないはずなのです。



私も決して素敵な属性ではありません。ボロ物件をリノベ・借地権・再建築不可的な

案件も多く、都銀さんや大手地銀さんに行くと「うーん・・・」という顔をされて

しまいます。でも、そんな私にどこが融資をしてくれるだろうか、みたいな感じで

いろいろともがいてみて、最終的に融資OKと言ってくれる金融機関さんを見つけた

時の快感ってなかなかですよ。そういうゲームを楽しんでいる感覚も自分の中には

あるような気がします。



銀行は怖いところではありません。是非足しげく通って、メインバンクと呼べるような

支援してくれる金融機関さんを見つけられると、その後の進め方が楽になります。

是非怖がらずに、頼れる金融機関さんを見つけましょう。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:52 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

一気に話が進み、金消まで完了。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。空港にて更新中。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



急転直下で一気に進み始めた都内再建築不可物件、貸付をしていただける金融機関さんで

昨日無事に金銭消費貸借契約を締結してまいりました。



購入物件は2棟一括で合計4戸のアパートとなりますが、その片方の建物登記に

所有している土地の地番と異なる土地に立地しているという錯誤が見つかったために

ノンバンクさんから「錯誤が直るまで融資実行できません」という通告を受けたのが

先月の中頃でした。登記の終わる見込みはその時点では立っていなかったので、

下手をすると9月の月末になるかもね、なんて話を仲介業者さんとはしていました。



その錯誤の登記しなおしについて、今週に入って「終わりました」という連絡があり

にわかにあわただしくなってきました。元々8月末には完了していたかった売主さんの

思惑と、買える状況なら早く所有権移転させたいと思う買主サイドの思惑、そして

仲介に入っている業者さんがそのまま管理も行うので、第二繁忙期のうちに先行して

募集をかけて埋めてしまいたい思惑。この辺がまじりあうことで、早めに決済して

しまおう、という動きが生まれました。



ノンバンクさんにしても、9月末の中間決算までにこの取引を成立させたいという

思惑はあると担当者さんが前に話していたので、その辺の動きについては早いに越した

ことはない、というスタンスでした。これもまたこちらの思惑と合致していましたので

この1週間で一気に話が進んでいくことになりました。



遅れていた2棟目の売買契約(今回は最初に1棟だけ売却という話がまとまったのですが

その後隣もまとめて購入と言う形に話が変化し、2棟一括になったという経緯があり

契約が遅れておりました)、司法書士さんへの見積、金消・決済日の決定、残金の計算、

火災保険のお見積、など一気に話は進んでいき、こちらもその準備に追われました。



また、それと並行して1棟目の中間金の振込も行う必要があり(8月末決済予定でしたが

2棟一括で話が進んでしまったため、友連れで決済ができない状態になってしまったので

売主さんにそれを呑んでいただくために中間金を後から設定した次第です)、こちらの

資金繰りも行っていたというところがあります。



そんな感じで、ヘロヘロになりながら迎えた昨日。金銭消費貸借契約を締結する日です。

同時に中間金の支払の日でもあったので、金消した後振込という感じで動くことに。



朝一番で区役所に住民票と印鑑証明書を取得しに行き、その足でノンバンクさんへ。

金消も何度も行っているので、うるさいことも言わずにサクサクと進めていきます。

署名押印箇所が多く大変ですが、人生でこれだけサインを求められる機会もそんなに

多くない、とサイン会気分でさらさらと書いていきます。



ただ、このノンバンクさんが「ここの濁点が明瞭でない」「ここの棒線が短い」など、

書いた文字に対していろいろダメ出しをしてくるんです。私、確かに字が汚いので

申し訳ないなとは思うのですが、金消で書いてある字にダメ出しされる経験はこれまで

なかったので、やや面くらいました。契約担当の女子が今時風な清楚な20代前半OLで

割とかわいい系な顔と声で「細かくて申し訳ないのですが・・・」とおずおずと言って

くる、というプレイでなければ、「ほんと細かいっすね」と言いたくなることでしょう。

やっぱ異性は偉大です(笑)



そんなこんなで、無事に金消契約も終了。契約担当の女子が上席に契約書の内容の

チェックをしてもらい、問題なしということでした。女子と一緒に、融資の営業の

担当者さん(この人と電話でやりとりしています)も出てきて、軽くご挨拶。

さて帰ろうと思ったら「今後の融資についてちょっとお話が・・・」と営業さんから

言われます。すると契約担当女子は「では私は先に戻っていますので」と。あらー。

どうせなら女子にお見送りしてほしかったのに!空気読んでよ営業さん!

(はいそこの読んでる人、呆れた顔しないの)



女子を先に帰した営業さんからは、今回の融資実行により、次からは本部決済の

枠に入ることになる、という説明を受けました。そして今までよりちょっと見方が

厳しくなるので、できればこの借入とこの借入はつぶしておいてほしい、と。

返済比率やその借入の使途をチェックされやすいので、見栄えが悪いものに関しては

やっつけておいていただいた方が審査に通りやすいと思います、と助言いただきました。



ごめんなさい、女子云々とかどうでもいいことを一瞬でも思った私が悪かったです。

営業さん、超いい人でした。まあ勿論自分の成績を伸ばすという観点もあるでしょうけど

こういう風にある程度腹を割って話してくれる担当者さんはとてもやりやすいです。



そんなこんなで金消完了後、次の動きは中間金の支払いです。さくっと振り込んで

来ようと思っていたのですが、これが思いのほか苦戦しました。



個人の手持ち資金だけだと足りないので、法人に貸し付けていたお金を個人に返済して

貰って、それを足して払おうと企てておりました。しかし、法人→個人にお金を動かす

ことは、けっこうややこしいんですよねえ。



まず、金額が数百万単位とそこそこなので、一日の振込金額の上限を余裕で超えてしまい

窓口でしか振込操作ができないこと。そのせいで、支店まで通帳をもっていかないと

振込が出来ない状態でした。そしてその通帳を自宅に忘れて出てきてしまったがために、

わざわざ一度自宅に戻って通帳を取って、改めてその金融機関さんの窓口に行く羽目に。



そして、金額が数百万単位とそこそこなので、代表社員である嫁ちゃんの意思確認を

しなくてはならないということ。また運が悪いことに、嫁ちゃんはその時昼寝していて

電話しても起きてきません。そういうこともあろうかと、法人の謄本も持っておりまして

私がそこの役員なので問題ないですよということも示したのですが、やはり嫁ちゃんの

同意がないことには振り込めない、と。



一度寝ちゃうと電話くらいじゃ起きないんだよなあ。最悪、もう一度家に戻って

起こして電話を取ってもらって、もう一度窓口に行くか?中間金は遅くとも午後2時迄に

着金させてくださいと仲介業者さんには言われてたよなあ。ギリギリ間に合うか?



そんなことを考えながら、あと一度だけと思って電話を鳴らしたところ・・・



「・・・ふぁい」



キタ━(゚∀゚)━!

奇跡の起床!なんとか意思確認もできて、振込手続が無事に終わりました。

なんかもう、どっと疲れたよ・・・・・・。



今回の物件は、2棟一括の4部屋で、利回りは10%ちょっと。30年3.9%で

引っ張っていることと、自己資金を多少入れていることで、返済比率はなんとか

5割を切ってくれました。入居付けは固い場所ですので、空室リスクは低いでしょう。

将来ありえるリスクとして、減価償却の期間と借入の期間が合致していないことによる

勘定合って銭足らずリスクがありますが、ここは他の物件の売却益などで何とかできると

見ております。



今回の物件は個人で持ち切りのつもりです。チャンスがあればわかりませんけど、

持ち切りのつもりだから期間を長く引っ張ったというところもあります。

客付がきつい物件から先に処分し、楽な物件は最後に処分。そういう流れを考えると

今回の物件は最後になると思います。フルリノベもしてもらって引渡になるので、

安心して保有できます。



再建築不可なので出口が取りにくいという事情は勿論ありますが、保有前提であれば

悪くない条件ですし、売却しようと思っても、立地がいいのでそれなりに売れると

思います。自己資金を溶かすのも仕方ないと割り切れるなら、残債の額で売れることは

ほぼ間違いないでしょう。そういう意味では流動性も取れると思っています。

バラバラで売れば、金額も小さくできますから、現金の方が購入しやすくなります。



まあいろいろ書きましたが、何が正しいかなんて自分でもよくわかりません。

こんな不動産が高い時代ですので、購入をあおる気もありません。むしろ仮想通貨でも

買ってた方が儲かるのかもしれません。ただ、購入するなら全力で考えて、自分なりに

納得した上で購入すべきかなと思います。不動産屋さんにあおられて購入するとか

そういうのはやめた方がいいかと。



決済は来週。そこまで全力で走ります!(その後も全力で埋めないとなんだけどね)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:05 | Comment(0) | 東京6棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

信用情報を実際に自分で見てみることにした。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。なんとか契約できる準備が整いました。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



どうにも話が進まないので、自分でも個人信用情報を取得してみることにしました。



ちょっと前からやりとりをしている某金融機関さん。金利は高いし金額も少ないけど

私好みの古めの物件でも気にせず融資を出してくれるという話があり、コンタクトを

取り続けておりまs。再建築不可でもいいらしいし、既存不適格でもいいらしいという

かなりの緩さなので、私としては最後の手段としてキープしておきたいわけです。



しかし、この金融機関さん、審査が厳しいというよりは、審査の稟議書を書く前の

準備がやたらと細かいのです。とにかく個人信用情報にあるものを全て把握しないと

先に進めないという・・・。



基本的な情報はこちらからそもそも出しているので、金融機関さん側では当方が提出した

情報と信用情報を照合して、こちらの出している情報の妥当性を精査します。

だいたいの金融機関さんは、細かいものはチェックせずに大きな借入のみを見ている

ようですが、今回の金融機関さんはとにかく細かく小さなものまで全て把握しようと

するのです。それこそ50万のカードローンみたいなものまで含めて。



今まで確認されたことがなかった「フィリピンのコンドミニアムの日本で借りた分の

借入」について、この時期に何か借入してませんか?みたいな感じで確認されました。

今まで聞かれたことなかったから、信用情報には載っていないんだと思っていましたが

どうやら掲載されていたみたいですね。知らなかった。



この金融機関さん、たぶんこの手の情報を一番しっかり把握したがるノンバンクさんより

更に厳しくすべてを把握しているような気がします・・・。



私も無担保借入とかいろいろ多いので、なかなか照合作業が進みません。

ようやくあと一つというところまできたのですが、これが本当になんだかわかりません。

担当者さんの言う時期に、その額を借りた覚えがないのです。しかも残債の減りが異常に

早くて、1年でもう8割くらい返したという。クレジットカードじゃないですかと

聞いてみたものの「そうではないです」と。うーん、困った。



まあでも逆に言えば、この整理がうまくいけば融資してくれる可能性は高いのだろうと

思われます。そうでなかったら、もうここまで引っ張らずに「総合的に判断して・・・」

ということになるでしょうから。



というわけで、自分で信用情報を取ってみて、その内容で判断しよう。そう決めました。

いい機会だから自分の情報がどう見えているのか把握しておこうと思います。



信用情報は主に3つの会社で扱っております。全銀協、CIC、JICCです。

全銀協

CIC

JICC



今回の金融機関さんは、これら3つの信用情報全てを取得しているということでした。

私も3つ全てから取得してみたいと思います。



全銀協は郵送でしか手続きが出来ず、CICとJICCはネットから手続きできました。

開示手数料はいずれも1000円。全部開示したら3000円です。飲み会1回・・・

よりもちょっと安いか。



全銀協が一番面倒で、ネットでダウンロードした用紙に記入の上、郵便局で1000円の

定額小為替証書を買って、本人確認書類2通と一緒に郵送するというものでした。



CICおよびJICCはネットからの手続きで完結します。いずれもクレジットカードで

決済できるので、全銀協より手間はかかりません。



CICはクレジットカードに紐づいている電話番号から電話して受付版業を取得して

ネットでその番号を入れたりなんだかんだして決済します。結果はオンラインですぐに

PDFで照会可能。ダウンロードできます。



JICCは電話すらせずにネットで完結します。スマホからだと申請用アプリがあり、

そこですべて完結します。ただ、結果は郵送なので、すぐに見ることはできません。



それぞれ会社ごとにやり方が違うのはややこしいなあと思った次第ですが、こればかりは

文句を言ってもどうにもならないことなのでしょうね・・・。



今はCICの信用情報しか手元にありませんが、これはこれで見ているとなかなか

面白いです。昔割賦で買った携帯の情報なんかも載ってます。「完了」って書いて

あるので、今も生きているものと既に終わっているものの区別はつきそうです。

そういうのもあるからこそ、ものすごい量なんですけどね・・・。



全部の会社の分がそろったら、しっかりチェックしてみたいと思います。

金融機関開拓の一環として、自分がどう見えているかは把握しておかなくては。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:59 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする