2021年10月20日

ロードヒーティングを初めて導入してみた感想は・・・?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在7位です。仕事がバタバタで余裕があまりないモード。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌12棟目は初めてのロードヒーティングあり物件です。お金がかかる印象が強く

あまり積極的に導入したくなかったのですが、昨今の仕様だと悪くないのかも。



札幌にはロードヒーティングという仕組みを持つ物件があります、と書き出しましたが

そもそもロードヒーティングってなによ?という人もいらっしゃるかもしれないので

まずはそこからですね。



ロードヒーティングとは何か。地面の中に熱を発するものを仕込んでおいて、

温めることで雪を解かし凍結を防ぐ仕組みです。雪国ならではの仕組みですね。



雪国は除雪が大変なので、何らかの融雪の仕組みがあった方が良いのは言うまでも

ありません。入居者様としても、雪かきをしなくていいということになりますので

あれば大変喜ばれます。



大家サイドとしてはどうか。ロードヒーティングがあると、除排雪のお金がかからない、

入居付の促進になる、といった点がメリットになることでしょう。他方、地面から熱を

発するわけですから、その熱を作り出すランニングコストはかかってしまうというのが

デメリットとなります。勿論、初期導入のお金もかかります。



札幌に不動産を買い始めた当初は、ロードヒーティングのことを「ランニングコストが

かかるのは嫌だな」と思っておりました。その後、札幌7棟目のような土地が広くて

除雪のお金がかかる物件を持ってみたことで、除雪費もばかにならないわけだし

ちょっとコストがかさんでもロードヒーティングで入居者様のメリットを追求した方が

いいこともあるのかも、と思い直したものでした。



そして今回の札幌12棟目を購入する時に、物件駐車場にロードヒーティングが

ついているのを知ったのは、購入の割と直前でした。自分の購入予定の物件の

スペックもまともに把握できてないとかありえない、という誹りは甘んじて受けます。

そしてここで「ロードヒーティングにすると駐車場代を上げることができる」

「最近のロードヒーティングはセンサー式でそこまでランニングコストがかからない」

ということを知るのでした。



ちなみにランニングコストは電気代だとばかり思っていたのですけど、管理会社さんから

「ロードヒーティング用の灯油を満タンにする費用が掛かります」という連絡を受けて

電気じゃなくて灯油で地面を熱しているのか!と初めて気が付きました。

てっきり電熱線だと思ってました(汗)

灯油満タンにするので4.8万程度の費用でした。



今回の物件でロードヒーティングを入れることで得られた経済効果をざっくりと

計算してみました。



札幌12棟目の駐車場の区画は4台です。

賃料は、ロードヒーティング無しの時より4000円/台上がりました。

ランニングコストは1.5万円/月程度と見込まれます。



年間賃料が4000円×4台×12ヶ月=192,000円上がっています。

それに対してロードヒーティングを動かす期間が4ヶ月としたら、1.5万×4ヶ月で

コストは60,000円のアップで済みます。しかも、今回はロードヒーティングが

あるので除雪が不要です。除雪を頼んだって、月に1万円以上はかかりますから、

それを考えると大変メリットがあることがわかりました。



今回は建売新築なのでロードヒーティング自体の価格はわからないです。

なので、初期費用に対してのメリットまでは計算できていませんが、賃料アップの

メリットがあることを考えると、確実にメリットはあるなと思った次第です。



ロードヒーティングはランニングコストがかかるから嫌だという印象を持っていた

私でしたが、だいぶそのイメージが変わりました。ロードヒーティング、いいじゃない。

今後、また札幌で新築をやることがあるなら、ロードヒーティングは入れる方向だな。



最後に余談ですが・・・

豪雪地帯と言えば富山も豪雪地帯で、融雪装置が駐車場にないと入居が弱くなります。

なので、富山にも融雪装置はありますが、こちらは水をジャブジャブと出して雪を溶かす

仕組みなのです。雪は降るけど氷点下以下にはならない富山なので、水を出すだけで

雪は問題なく溶けるってことですね。札幌で同じことをやったら、翌朝スケートリンクが

出来上がってしまいます。地域によって差があるの、面白いですね。

色々な地域で賃貸経営することで、自分の知識の引き出しが増えていくのを感じます。



札幌12棟目のおかげでロードヒーティングに対する知識がつき、印象も変わりました。

今後の賃貸経営の中で、今回の気づきを活かしていこうと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:03 | Comment(0) | 札幌12棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月19日

札幌12棟目の新築RCは残り3部屋埋まれば満室です。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在7位です。夏から一気に冬になった?秋はどこに行ったんだ〜。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌12棟目の稼働状況について、管理会社さんの担当の方に確認をしました。

19部屋中16部屋が埋まったとのこと。満室まで残り3部屋だそうです。



先月末に決済して購入した札幌12棟目。司法書士の先生から、登記ができたので

登記識別情報を送りますという連絡も受け、たぶん仙台で義母が受け取っているはず。

まだ取得税の支払など残っておりますが、基本的にはひと段落した状況となります。



これからは運営に力を入れ、管理会社さんとの関係構築に力を注ぎたいと思います。



そしてやはり気になるのは今の稼働状況です。決済した時は19部屋中14部屋が

決まっている状態でした。あれから約半月ちょっと経過しましたが、特に管理会社さんは

何も言ってきておりません。全然決まってないのか、はたまた報告するほどのことでは

ないということで話がこっちに届いていないだけなのか。



初めての管理会社さんなので、当然ではありますがどんな感じの管理になるのか、

何が起きたら報告があるのか、など手探りの状態です。相手のキャラを把握するためには

やはりまずはやり取りをすることでしょう。



管理担当の方はもう10年近く管理業務に携わっているベテランの方です。

人当たりが良い印象で、購入後すぐに管理看板と住居表示のプレートをどこに貼るか、

みたいな確認をしてくださったので、割と豆に連絡はくれるタイプだろうなと思います。



購入してちょっとしたくらいの頃、1部屋キャンセルになってしまったという連絡を

してきてくださいました(理由はブログ上に書くのがはばかられる内容なので割愛)。

これで19部屋中13部屋に一度は後退したのですが、その後どうなったかは

まだ連絡を貰っていない状態でした。



なので、こちらから管理担当の方にご連絡をして、状況の確認をしてみることに。

ついでに、来月早々に札幌入りして、お会いする機会を作ろうとも思いました。

お会いする回数を重ねることで作られる信頼関係というのもあると思います。

遠隔物件はそういうことを積み重ねて関係を作っていくことが大事だと考えます。



日曜日に連絡したところ、管理会社の担当さんはお休みだった模様です。

なので、詳細な数字はわからないけど・・・という前置きのもとに報告いただいたのが

2〜3件申込が入っており、残りが2〜3件だったと思うとのことでした。



翌日出社して、正確なところをご報告いただきました。3部屋の新規の入居申込があり

残りは3部屋ということです。傾向としては、1LDKタイプのお部屋は満室になり

1Kタイプのお部屋が残っている状況、かつその中でも家賃が安いものから埋まっている

ということが見えてきました。残った3部屋のうち2部屋が1Kタイプで一番家賃が高い

お部屋なのです。



1部屋キャンセルになった部屋があったので、それがなければ残り2部屋だったか〜。

ちなみにキャンセルになったお部屋は既に別の方から申込をいただいているそうです。



当初、この間取りで埋まるかな?という不安はありましたが、結果としてはいい感じに

埋まってくれているようで良かったです。管理会社さんは大手仲介業者さんのFC店舗を

持っており、やはり客付は強いなあと感じた次第です。



間取り的に1Kがどうしても不人気になるのは致し方ないこと。それはこちらも覚悟は

しておりました。でも、客付能力が高い管理会社さんが動くことと、新築であることの

相乗効果が発揮され、きっちりと決まってきているのだな、と。良かったです。



新築ではなくなってしまったタイミングで、これがどのくらい引っ張れるのか?

そこが今後のポイントになってくるだろうと思います。



次回お邪魔する時は、管理担当さんだけでなく、活躍してくれた仲介担当さんとか、

あと私が埋めきれていない札幌8棟目、札幌9棟目あたりをエリアにしてくれる

仲介店の方とかをお呼びして一席設けたいところです。計画しようっと。



残り3部屋、10月中に決まったらいいなと妄想している私です。

管理会社さん、どうぞよろしくお願いいたします!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:03 | Comment(0) | 札幌12棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月01日

札幌12棟目となる新築RCの決済が完了しました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在6位です。腰が爆発しそうな感じは緩和されたので良かった。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌12棟目、決済が無事に終わり所有権が移転されました。物件購入めでたいです。

現物見てきましたが、なかなかいい感じでした。



札幌出張のメインイベントは新築で今回購入する札幌12棟目のオーナー検査と

管理会社さんとの懇親会でした。決済も多少のバタバタはあったものの、結果としては

つつがなく終了。これで21棟127室の規模になりました。



札幌でいろいろ用事を詰め込み、一通り終わったので仲介業者さん(売却済みの

札幌5棟目の管理会社さんです)と合流。約束の時間までまだだいぶ余裕があるので、

お茶しながらよもやま話。



ここの社長とは馬が合うようで、いつも楽しく話をさせていただいております。

先方も「考え方が似てるんですよね〜」と言ってくださり、大変ご贔屓にして貰って

おります。基本的に、自分に能力があるとは思っていませんので、信頼できる方に

お願いをして助けてもらうしかないと思っています。こういう形で、ご縁がつながり

助けてくださる方が増えるのが何よりも嬉しいことであり、事業の生命線と思ってます。



今回の新築も、この社長が仲介業者さんとして全力で色々当たってくれたおかげで

当初考えていたよりもより良い条件で購入することができました。感謝しかありません。

本当にありがとうございます。



時間も来たので、札幌12棟目現地へ仲介業者さんと一緒にゴー。先についたので

売主の企画屋さんを待っていたのですが、仲介業者さんが「こんなんで開いちゃったり

しないかな」と言いながらオートロックをいじると・・・開いちゃいました(笑)

中を勝手に見てると売主さんが登場。「共用部に土足で入っちゃいましたね」とか

ツッコミを受けてる仲介業者さん。仲良しだなと思ってたのですが、お二人の関係は

義理の兄弟なのだとか。わかってはいたけど、札幌の不動産業界って狭いなあと

改めて思いました。



売主の業者さんもそろったので、改めて現地確認スタート。

部屋の内装がなかなかおしゃれでいいなと思ったのですが、売主さんの会社の

スタッフの方がコーディネートしているのだそうです。いいですね、これは。



部屋も割と狭い1Kタイプと1DKタイプの混合間取りだったのですが、あまり狭さを

感じさせない出来栄えになっておりました。制約条件がある中、使い勝手の良い

狭さを感じさせにくい間取りに仕上げているなあと思いました。さすがプロですわ。



最初の1フロアはあれこれ興味を持ってじっくり見てましたが、進むにつれて

内容が同じになるので、もうめんどくさくなって適当に流してしまいました(汗)

こういうところが雑なんだよなあ。



一通り見終わり、特に問題なしということで現地確認は終了。

ホテルにチェックインした後、夜は懇親会です。



仲介業者さん、売主さんでありそのまま管理委託する会社さんの売買と管理の2名、

そして私。4人で会食です。



波長の合う仲介業者さんが仲良くしているというだけあって、管理会社さんの方の

印象もとても良かったです。これからいろいろとお任せするにあたり、こうやって

一席設けていただいていると、私もやりやすくなります。先方にも私の緩めなキャラが

伝わり、気難しいオーナーじゃなさそうだなというくらいは感じていただけたかなと。

今後ともよろしくお願いいたします。



ちなみに入居募集の状況は良好で、今のところ19部屋中14部屋が決まっていると

報告をいただきました。いいペースですね!狭めなのが気になっていましたが、

むしろそのサイズがないのであまり賃料を出せない方が背伸びして札幌12棟目に

決めるパターンが多いということでした。今のタイミングでは逆張り的にうまく

回っているということなのかもしれません。内装も良かったので、10月中には

満室いけるんじゃないかしらと思います。



そして翌日(つまり昨日)。決済でした。金消契約と決済を同時実行と言うことで

そちらは仙台にいる義母と、仲良くしている司法書士の先生にお任せしました。

私は札幌でテレワークしながら、今日だけはご容赦をと思いながらLINEや

メッセンジャーで仙台の進捗状況を札幌の仲介業者さんに伝えておりました。



金消してから決済なので、送金開始までに少し時間がかかっておりました。

送金が終わって、売主さんに着金して、司法書士さんが動き出したのがお昼前。

無事に終わったねーと安心しました。これで正式に札幌12棟目は仙台法人のものに。



私はホテルのチェックアウトの時間が来たタイミングで、仲介業者さんのオフィスに

移動して、そちらでテレワークさせてもらいながら状況報告などしておりました。

仲介業者さんが「うちにはまだ着金してないんですよね〜」と仰っていたので、

金額が小さい方が着金が遅いってのはどういうことだ?と不思議に思っていました。



仲介業者さんと一緒にランチ食べてる時も、まだ着金していなかったようなので

さすがにおかしいと思い義母に振込してるよね?と確認。既読にならないので、

電話を掛けたけど出ません。どうしたかなあと思っていたところにしばらくしてから

折り返しの電話を貰いました。



結論としては、振込することを忘れていたと・・・・・・(汗)

ちょっと待ってよー、そんなオチ作らなくていいからー!

義母も何か忘れている気がすると引っかかっていたようです。思っていたより口座の

残金が多いし、と。そりゃ仲介手数料を送金してないんだから、残高は多いに

決まってるじゃないですか^^;



今すぐ振込に行って!取引支店じゃなくて近所の適当な支店でいいから!と伝えて

義母にすぐ動いて貰いました。30分後くらいに「振り込みました」と連絡が来て

ほっと一息。ちゃんと着金されていたので良かったです。焦ったわーほんと。

笑いながら「気にしてないですよ〜」と言ってくれた仲介業者さんに感謝です。

義母はやたらと気にしていて「直接謝りたい」と仲介業者さんの社長に電話して

謝罪してました。その真面目さ、いいと思います(上から目線やめれ)



ということで、ブログのヘッダとかは追々更新しますが・・・

とにかく無事に決済が終わって良かったです!

いい投資になりますように。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:17 | Comment(0) | 札幌12棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

札幌12棟目(仮)の新築決済に向けての手続きと入居申込状況。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。腰の調子微妙、そして仕事忙しいモード少し緩和。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌12棟目(仮)、募集は順調のようです。19部屋中10部屋が決まったとのこと。

決済の手続きも進んでおり、今のところ全体的に順調です。



薦めていた建売新築案件の札幌12棟目(仮)。融資の内諾も出て、決済に向けて

準備を進めているところです。仙台側では金融機関さんとの融資手続や決済に向けての

各種調整を行っていただいており、私は札幌側での現地確認の調整や仲介業者さんとの

やり取りを受け持っております。



仙台での手続きは特に滞りなく進んでおります。30日の決済に向けて、決済開始の

時刻が決まったとか、銀行さんから必要な書類を書いてくれと頼まれて対応したりとか。

その中で、私のところにも書類を書くよう依頼がありました。私も経営陣で事業の

後継者と目されていることから、個人の最新の情報を知っておきたいという先方の意向が

あったようです。



ただ、これを出すのに時間がかかりました。記入するフォーマットを見ると、借入とか

家賃収入とか、数字に関する内容がいっぱいあったのですが、最後にまとめたのが

およそ1年前。ここ1年の分を全部アップデートかけないといけなくて、それが負担に

なり、提出が遅れてしまいました。結局、ちゃんとやるのは諦め、1年前の借入情報を

そのまま提出して終わりにしてしまいました。東京法人の決算とかもあって、雑務が

かなり溜まってしまっており、全部対応するのはちょっと厳しかったもので・・・。



私は私で、司法書士さんと仲介業者さんとの連絡・中継を担当しております。



司法書士の先生は、相見積の結果、普段仙台でお願いしている先生に依頼することに

決まりました。見積額も一番安く、いつもお願いしていて安心感があるのだから

お願いしない手がありません。



売主さんは自前で抹消登記をする先生を選んでいるということなので、仲介業者さんを

介してこちらの司法書士さんとあちらの司法書士さんの情報を交換。こちらの

司法書士さんからあちらの司法書士さん及び売主さんに連絡を取る手はずを整えました。

あわせて、決済時刻とか誰が来るとか、そういう話を義母から聞き出してこちらの先生に

伝達する作業も実施。これは直接やって貰って構わないということを先生には伝達。

最近仕事忙しくて、タイムリーに伝達できないことが多いもので、私が全体の流れを

止めかねないなあと思ったので、そう伝えました。ま、だいたいの話は終わったと

思うので、今後そこまで調整事項が出るとは思えないですけどね。



あとは仲介業者さんとのやり取りです。現地でのオーナー検査の段取り、売主さんからの

連絡事項のやり取り、物件名の決定、などなど。日々いろいろとやり取りをしています。



本当は札幌にはゆっくり週末ギリギリまで滞在して、他の物件の様子を見たり、

他の物件の管理会社さんや馴染みの大家さん仲間と交流をしてこようと思ってました。

しかし、結果としてサラリーマンの仕事でどうしても10月1日にテレワークではなく

出社をしなくてはならないということになってしまい、その予定をは実現せず・・・。

9月29日に札幌入り、札幌12棟目(仮)のオーナー検査、管理会社さんとの懇親会、

9月30日に東京に戻る、という段取りになってしまいました。くぅぅ、ここ数ヶ月

ずっと出社してないのに、なんでそのタイミングで出社ぶち込まれちゃうかなあ。

悲しい。



今のところ、札幌12棟目(仮)関係の作業をする前・・・午前中とかランチとかは

札幌11棟目のリフォームの結果確認、札幌6棟目のリフォーム前の状況確認、

札幌8棟目の屋上防水の結果確認(って屋上に登れる気がしないけど)、などを

詰め込めるだけ詰め込んでいこうと思います。



最近嬉しいと思ったトピックは、新築物件への申込を続々といただいているということ。

竣工前に早々に満室になるようだと、家賃設定が安すぎたということになりますし、

竣工してまだ稼働率が5割以下とかだと、家賃設定が高すぎたということになります。

個人的には、竣工時に8割程度埋まって、1ヶ月かけて残り2割が埋まるくらいが

ベストな家賃設定じゃないかと思うのですが、今ちょうどそのペースで埋まってます。



昨日の段階で、19部屋中10部屋が申込受領とのことでした。いいペースですね!

あと半月で5割程度。募集を本格的に開始したのが今月の頭からだということなので

竣工時に8割程度になっているんじゃないかという気はします。



最近、空室に苦労させられることが多いので、こうやって順調に埋まってくれる物件は

ありがたいですね。仙台法人の保有物件は(仙台2棟目を除いて)稼働率高めで推移して

くれているので、いい傾向です。苦労している物件はだいたい東京法人か個人保有という

明暗分かれる結果になっております・・・。



あとは館名です。融資が決まってバタバタして、あれこれやっていたのですが

ふと気が付いたんですよね。物件名って変えられるなら変えたいよね、と。



義母とは会話しており、私が個人および東京法人で取得する時のシリーズ名にすることで

了承いただいています。仲介業者さんに確認したところ、今ならまだギリギリ物件名の

変更は間に合うと売主さんから言っていただいたとのこと。良かったです。



そんな具合で、ちょっとギリギリになることから、普段みたいに看板のデザインを

デザイナーさんに依頼して凝ったものにする、などの作業はできませんでしたが

物件名だけは変更できることになったので良かったです。



そんな具合で、予定通りに進んでること、予定通りにいかないこと、色々ありますが

全部ひっくるめて決済まで進んでいきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:29 | Comment(0) | 札幌12棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月09日

札幌建売新築の名前を決めないと!

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在6位です。まーた延長か、緊急事態宣言。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌の建売新築物件、物件名どうしようかなと悩み中です。私の心は決まってますので、

義母がそれに対してOKってまだOKと明確に言ってくれるのを待つばかり。



新築取得が決まり、契約や決済に関してここまで急ピッチで話を進めてまいりました。

各所から司法書士さんの見積も出そろい、あとは義母の最終確認を待つばかり。

決済当日の精算の情報も出てきました。入居募集も着々と進んでおり、4部屋が既に

決まっている状態です。火災保険も今週末契約をしてくることになっております。

書類のやり取りも義母の方で進めていただいており、札幌出張の日程も、細かい内容は

置いておいて、日程感などは固めつつあります。



そんな感じで進めているのですが、何か忘れていることがあるような気がしていました。

そして先日、その忘れていることに唐突に気が付いたのです。大事なこと忘れてるぞ。



物件名!



私は基本的に中古物件でも名前を変える派です。ロゴマークに興味がありまして、

物件を持った後しばらくして考えたのが「自分が持つ物件のシリーズに共通的な

名前とロゴマークをつけたい」という思いでした。



そして実際、ご紹介いただいたデザイナーさんにお願いをして、ロゴを作って貰い

それをベースにした看板を作成したり、物件名を変更したりといったことをしています。

これ、結構楽しいんですよね。



中古物件の場合、今までの入居者さんからしたら物件名が変わるってのは迷惑なことと

思いますから、その点においては申し訳ないという気持ちがあります。とはいえ、

私も自分のリスクとお金で物件を購入させていただいているので、このわがままは

押し通させていただく所存です。



物件名は、たまには変えないケースもあります。

1.入居者様から強い難色を示される場合

2.今の物件名で浸透しているから変えない方が得策と判断した場合

3.早期売却・解体を考えている場合



1は売却済の札幌5棟目がそれにあたります。新築当初からずっとお住まいで、

何かと管理会社さんにご意見をされる入居者様がいらっしゃいました。

別の部屋で騒音問題が発生し、全戸に対してポストに騒音の注意喚起の文書を投函すると

「俺が騒音を出してたってのか」「俺はずっと住んでるんだ」みたいなことを電話で

伝えてくる・・・といった感じです。



当時の管理担当さんがこの方ときちんと話をできる関係になっていたのですが、

その管理担当の方から「物件名変更は止めた方がいいです」と進言されましたので

止めることにしました。



2は札幌2棟目や札幌7棟目がそれに当たります。変えない方が入居付がスムーズに

進みそうだという判断をしました。それが正しかったかは今のところわかりませんが、

少なくとも札幌7棟目は今のところ客付は苦労しておりません。



3は札幌9棟目がそれに当たります。札幌9棟目はある程度経ったら土地として

売却する方向を目指していましたので、物件名などにあまり思い入れを入れるのも

かえって悲しくなりそう、と思って、そのままの名前で行くことにしましあ。



それぞれ判断はありますが、上記のような例外ケースを除けば、基本的には物件名は

変更する方針でやっております。



札幌12棟目(仮)となる今回の建売新築も、名前は変える方向になります。



では、どんな名前になるのか。



私が個人で保有、あるいは東京法人で保有する物件で使っているシリーズ名が

ありますので、基本はそれになります。

他方、仙台法人が保有する仙台物件は基本的に義母が考えたシリーズ名に名前を

統一しております。



札幌は微妙で、個人で購入している物件は前者の私が主体となっている物件の

シリーズ名を付けています。しかし、今回の物件は仙台法人で購入する予定です。

そうなると、どっちのシリーズ名をつけるのが妥当なのか?という点から義母と

認識合わせを行わなくてはなりません。



ということで、その点を義母と会話しました。

物件名候補は、仙台法人方式であればこの名前、東京法人方式であればこの名前、と

2種類考えて義母に提示。どっちでいきますか、と振り出しました。



それに対する義母の返事が・・・

「今ついてる仮の名前ってどういう意味なの?」

え、そこー!?



物件を提案いただいた際には、今回の物件の販売元である企画屋さんがつけた仮の名前が

ついています。義母はこの名前の意味を聞いてきました。えー、超想定外なんですけど。

仲介業者さんに確認する傍らで検索したら、意味が出てきました。なるほど、なんとなく

どんな意味があるかはわかった気がします。



義母にその意味を報告したら、なんかゴニョゴニョと独り言のようなメッセージが

送られてきます。どうも、意外とその名前も悪くないと思っているようです。



少なくとも、義母としては仙台法人のシリーズ名を今回の物件につけるということは

しなくてよいと考えているようです。仙台の物件にはシリーズ名を付けたい模様です。

ということは、名前を変えるなら東京法人方式ってことですね。



この段階で

・東京法人の命名規則に従った名前

・元々ついていた仮名

のどちらかに絞られました。



ここで私、ひらめきました。実は東京法人方式の名前で案として出していたものは

「口に出した時に長すぎるんじゃないか?」という気がしていたのです。

義母が気に入っているように見える元々の名前と、東京法人シリーズでつけている

シリーズ名とを組み合わせたら、なんとなくスッと口に出しやすい言葉になるぞ、と。



ということで、義母にこの名前でいきたいという報告をして、返信待ちの状態です。

大きな不満を持たれなければ、これで決めちゃおうと思います。



これで決めるとしたら、デザイナーさんに館銘板のデザインを依頼しないとなー。

この辺の妄想をしている時が一番楽しいという説もあります。



月末の引き渡しに向けて、活動を続けたいと思います!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:28 | Comment(0) | 札幌12棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする