2018年11月18日

生活が苦しい方は支援したいけど、こっちも借金抱えてるのよ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。昨日は勉強会で恥ずかしい事例をさらしだす羞恥プレイを決行。

応援クリックよろしくお願いします→



なにかとトラブルの多い札幌8棟目。震災前に滞納が始まった入居者様がおりますが、

大型滞納に発展する可能性が出てきてしまいました。



問題の入居者様は生活保護の母子家庭の方です。私が札幌8棟目を購入したのが6月。

8月から早速滞納が始まりました。8月は家賃の一部しか入金されず、この時点では

「役所と調整して9月1日から直接入金にして貰うことになりました」という報告が

管理会社さんからありましたので、今後正常化するだろうと深く考えずにおりました。



しかし、9月になると管理会社さんから「手続きが遅れ10月からになると役所より

連絡があった」「本人及び役所の担当者から相談の連絡をいただいている」「保育園が

決まり、お子様を預けて働けるようになったので、滞納分は25日のお給料で少しずつ

支払わせてほしい」という連絡が。まあ本人と話が出来ていて、役所も把握していると

いうことであれば、私としても是非生活を立て直して頑張っていただきたいと考えます。

大地震もあり、いろいろ混乱しているところもあるだろうし、まずは立て直し優先で。



そして10月。役所からの直接送金はまだ開始されていないようですし、本人からは

相変わらず一部の金額しか入金されてきません。



本来、生活保護を受けているということは、その生活保護の中に家賃相当分の金額は

含まれているはずです。それを支払うことができないというのはどういうことなのか。

いろいろ事情はあるのだと思いますが、それにしたっておかしいと思います。

国がちゃんとやりくりできるはずの金額を支給しているのだから、別のことに使いこむと

いう対応はあってはならないです。大家の立場としては。



そもそも、役所も役所ですよ。なんでこんなに手続きが遅れてるのでしょうか。

制度がないところに無理やりイレギュラーケースでやらせているなら、時間がかかるのも

仕方ないと思います。でも他にも直接送金の事例はあるわけですから、イレギュラーとは

言っても対応するノウハウはあるはず。



心情としては、母子家庭で小さな子供を育てているのはとても大変だろうと思いますので

私にできることがあれば支援したいと思うのですが・・・。

いつになっても正常化しない、その理由が具体的に見えてこない(管理会社さんは

把握していてこちらに伝わってないだけの可能性はありますけど)あたりから、

不信感がだんだん出てきています。



そして11月。相変わらず一部入金で、役所からの直接の送金もありません。

この段階で滞納額は3ヶ月ちょっとまで膨らんでいます。

一部入金しているので、払いたい意思はあるのかもしれませんが・・・

そもそも生活保護である以上、お金は手元に入っているはず。なぜ役所からのお金を

家賃に優先することができないのか?



管理会社さんに状況を確認すると、今回は1ヶ月分+一部入金で少しずつ正常化すると

打ち合わせをしていたそうです。しかしふたを開けてみると一部入金のみだった、と。

その一部入金も日にちが数日遅れで、その間本人とも連絡が取れなかったとのことです。

だんだん誠実さが感じられなくなってきましたよ。確信犯だったりしないかい?



区役所に関しても一向に手続きが進まないことに対する不満を表明し、滞納が解消される

計画を役所として開示できないなら、即刻退去勧告を出すことも辞さない、と伝えた、

とのことです。担当の方は、上司と相談して連絡するということでしたので、近々対応が

あるだろうということでした。



入居者様も入居者様だけど、区役所も区役所だよねえ・・・。なんで代理納付の手続きに

こんなに時間がかかるのでしょう?もうわけがわかりません。



私としては、一日も早く滞納が正常化してくれることを祈るのみです。

正常化しないなら、速やかに退去いただく方向です。そんなのにだらだらされても

損失がかさむだけで正直困りますから。



滞納する側にも事情はあると思います。その事情が妥当かつ納得のいくものでしたら、

私だって無理に家賃を払えとは言えません。でも、今回のはそう思えないです。



こちらだって借入して事業として不動産賃貸業をやってるんです。お金が全てとは

言いませんが、きれいごとだけじゃ食っていけません。弱者や社会に奉仕する心を

持つべきというのは間違っていないと思いますが、それを具現化するには、自分が

倒れない程度の稼ぎは必要です。



支払可能な生活保護費を貰っているにも関わらず滞納していることについて、納得の

いく理由が開示されるなら、こちらもそれに応じた対応はします。でもそれが今は

わからないので、退去勧告も含め強い態度で出ざるを得ない、苦しいところです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:36 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

大規模修繕(のうち今年やる分)の進捗状況。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。朝ばたついてブログ更新できず、この時間に。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目で今年中にやっておきたい工事をいくつかピックアップして進めてます。

その中で「色を早く決めて」と言われている部分、ようやく決断しました。



以前のブログで雪が降る前にいくつかの修繕を終わらせるという話を書きました。

その時点では、塗装する色を決めてほしいと業者さんに言われていることや、

デザイナーさんに入っていただき、館銘板のデザインや設置場所の検討をすること、

町内会の方の要請もあり、ダストボックスを敷地内に設置する必要があることなど

書かせていただきました。その辺の進捗状況を本日は書きたいと思います。



館銘板及びバリューアップについては、デザイナーさんと電話で打ち合わせましたが

率直に言って、なかなか難しいという感じでした。



外階段で外廊下だからエントランスという概念を作りにくく、どこをバリューアップ

するのが効率よい内容なのかが今一つイメージできないということでした。なるほど。

造作でも作ってエントランスの雰囲気を高級なものにする、といった案も話して

何かそれに沿った案はないかと相談しましたが、その造作が雪のシーズンも含めて

どこまで耐えられるものになるかがわからない、と。



デザイナーさんもそういうのが得意な仲間のデザイナーさんに聞いてきてくれたようで、

館銘板をスポット照明を使って照らすような形で、他のアパート・マンションと違う

雰囲気を出すというのはどうか、という案をいただきました。この辺、素人が変に口を

出すよりもデザイナーさんに任せた方がいい結果になると思ったので、その方向で

案だしをお願いします、とお伝えしました。確かにライトアップは面白いかな、と。



また、それにあわせてポストをデザイン性のあるものに変更するというのも印象が

良くなると思うと提案いただきました。確かにポストは良いかも。あまり高くなく、

デザイン性がよいものを探してみようと思います。



次に壁面の色決めです。管理会社さんとも少し話して、先日外廊下の床に貼った

シートがライトブラウン系の色だったので、それと同じ色を外廊下の壁面に塗装すれば

良いのではないかということで進めようとしましたが、業者さんから「それであれば

色番号を施主さんにて指定してほしい」という要望が出てきてしまいました。

う、色番号とか正直よくわからないし、カラーサンプルを見るのと実際に広い面に

塗るのとでは印象も変わるし。どうやって決めようか・・・。しかも雪が降るから

早く決めてくれと要求されているし。



結局、物件サインのデザインを依頼しているデザイナーさんに色の提案もして貰うことに

しました。まず、デザイナーさんにどこを塗るかを伝えなくてはならず、その写真を

業者さんに撮影してきてもらってデザイナーさんに説明するという工程があり、そこで

一苦労でした。話が通ったところで、デザイナーさんが現地に行ってから―サンプルと

共に何色に塗るか検討し、決定した次第です。



当初、汚れが目立たないようにブラウン系がいいと私は思っておりましたが、

現地でデザイナーさんが見た結果「ブラウンは違和感があるからホワイトが良い」

という方向に。白だと汚れが目立つのが気になります(今の塗装が白系で、汚れが

すごく目立っている)が、そこはこまめにメンテナンスするべしという方向で

考える必要があるのでしょうね。



これで色合いも決まりました。業者さんに方向性を伝えて、この話も落ち着いたと

思われます。意外と時間かかったなあ。



最後にダストボックスです。管理会社さんが置こうとしている場所は物件正面の

外階段の下あたりということでした。物件のサインを設置しようと思っている場所の

真下にダストボックスってのはちょっと嫌だなあ、と私自身は思っております。

でも他に良い場所が見当たらないのであれば仕方ないのですが。



これについてもデザイナーさんと会話しました。できれば物件向かって左側のスペースに

配置したいという意見に納得しましたが、管理会社さん的にはそこに自転車を置いている

人もいるし、プロパンのボンベ庫もその先にあるしということで、本当にそこに置けるか

わからない、というニュアンスでした。



でもそんな雰囲気を出しつつ、先日管理会社さんから「現地に行って左側の採寸を

してきました」という報告が。寸法的には置けるけど、あとはゴミ収集の担当の方が

どう判断するかに尽きる、という感じのようです。左側で何とかできないかなあ、ほんと。

正面にどーんとダストボックスはできれば避けたいところです。



もう11月も前半が終わろうとしています。札幌は雪の季節が近いです。

月末に札幌に行く予定ですが、その頃はもう雪が降っているのかなあ。

そしてそれまでに塗装等いろいろ終わっているといいなあ。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 20:41 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

雪が降り始める前に工事を終わらせたい。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。昨日のカレー美味しかったなあ。

応援クリックよろしくお願いします→


札幌8棟目、地震保険が無事に出たので、降雪前のギリギリのタイミングで次の修繕を

やろうと企画しております。



今年の6月に購入した札幌8棟目。この物件、築28年のRCなので出口の取りようが

ないと思われることから、しっかり修繕してまずは長期使用に耐えうる状況にしないと

いけないと思っています。なんせ、前のオーナーさんが室内は修繕しているものの、

外構は一切何もしていないから、近々ガタがくるのは間違いない、という状況でして。



取り急ぎ、外階段なので雪の季節が心配というのもあり、まずは共用部廊下の防水措置を

行いました。長尺シートを共用廊下に敷いて、階段もノンスリップ付きの長尺シートを

全部敷いて、と工事しました。機能的には少し雪にも強くなっただろうと思います。

昔持っていた札幌2棟目も外階段で雪に苦労したのですが、あの物件も似たような対策で

ゴムチップマットを階段に敷いたものでした。



これでさぞ共用部廊下の印象が良くなっただろう・・・と思いきや、意外とそうでも

ないんですよねえ。なんか相変わらず汚らしい印象。何が悪いのかっていうと、

外廊下でドアと反対側にある腰壁くらいの高さの壁。こいつが汚いんです。

たぶんこれを塗らないとリニューアル感は出ないだろうなあ。



一応、来年一年かけてこの物件の修繕を行う予定でしたので、地震保険の申請を

ご支援いただいた施工業者さんに、発注を前提とした調査を行っていただくよう

お願いをしておりました。



その結果、今回「汚い」としていた外廊下の腰壁の部分が、恐らく水も回っていて

状態が良くないから、可能であれば今年雪が降る前に工事をしてしまった方が良い、

という提案をいただくに至った次第です。



その他、階段の塗装、パイプシャフト扉塗装、タイルと塗装部分の取り合いコーキングの

工事あたりをできれば年内にやっておくといい、という話でした。やれることはまとめて

やった方がコストが下がるのは間違いないので、冬に入る前にこれらは進めていただく

ことにしました。



この物件、民泊運用の業者さんも借りていることから、できれば民泊で来た人の印象を

良くするような、ちょっとしたバリューアップをしたいと思っております。例えば

エントランスに何かおしゃれな造作をするとか。エントランスに相当する部分に

装飾するといい感じに見える効果があるのは間違いないです。



いつも色々お願いしているデザイナーさんにその話をして、館銘板と一緒にいい感じの

提案をしてほしいという依頼をしました。そういったデザインはあまり専門ではない、

ということで、デザイナーサンのネットワークで詳しい人にいろいろ聞いてくださった

ようです。現場も見ていただく中で、館銘板デザインとそれにまつわるバリューアップや

大規模修繕時の色合いの助言などいただくことになりました。



施工業者さんからは「腰壁に塗る色を早く決めてください」とせっつかれています。

カラーリングについては管理会社さんにも助言いただき、長尺シートと同じような

色味にしようかということで気持ちを固めました。業者さんからは白系の色合いを

提案されていました(今と同じ色です)が、汚れが目立ちそうなので・・・。



あと、札幌8棟目はダストボックスをつけてくれと町内会から要請を受けている(?)

ようで、管理会社さんから早く設置させてほしいと言われています。今計画している

バリューアップの全容が決まったら、それにあわせて設置しようと思っております。



デザイナーさんがこの辺がいいんじゃないかと言う場所と、管理会社さんがここでないと

設置できないと言う場所とにずれがあるのですが、私としてはデザイナーさんが言う

場所につけてくれた方が美観を損なわなくていいなと思っています。

とりあえず管理会社さんにどんな感じで設置するイメージなのか、資料を作成いただき

それを見て場所を確定させようと思っています。



いくつかの話が並行で進んでいるので、頭の中が整理しきれずややこしい感じは

あるものの、ちゃんと進めていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:47 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

え、引渡が済んだのに美装がちゃんと入っていないって!?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。時間を捻出するのに一苦労です。

応援クリックよろしくお願いします→


札幌8棟目で民泊前提で4部屋のうち、2部屋の美装が不十分ではないかという

確認がありましたので、事実関係の確認を行いました。



札幌8棟目は購入時に3部屋の空室がありました。1部屋決まったものの、1部屋で

夜逃げが発生し、更にもう1部屋退去があったので、一時は空室が4部屋まで拡大して

しまっておりました。



そのピンチを民泊が救ってくれました。民泊運営代行も行っていて、少し前から

面識がある不動産会社さんが「民泊前提で良ければ全部屋借りる」というお話になり、

一気に満室になった次第です。しかも今後も空室が出たら借りるというお話をして

くださっており、空き部屋の空室対策を当面しなくてもよさそうという嬉しい状況に

なっています。



今後も借りていただけるかも、というところもあるので、借りてくださった業者さんとは

歩調を合わせて、こちらもできることは積極的に協力しております。各部屋を消防の

求めるレベルに適合させるために、防災業者さんにこちらでも見積を取ってみたり、

自動火災報知器の導入をどうやってコスト負担を下げて行うことができるかを一緒に

検討したり、といったところで共に歩んでいる感じです。



先日、共用部廊下のバリューアップ工事を行った際にも、資材置場として1部屋を

お借りして、そこで職人さんが休憩したり各種資材を配置したりしておりました。

勿論、その間の家賃はこちらからお支払しております。この段階でまだ民泊稼働は

していなかったので、実費を家賃から差し引きでお支払した形です。

そのくらいのことは気軽にお願いできる程度の関係は作れていると思います。



そんな中、冒頭に書いた美装事件が起こります。



あれは先週の金曜日のことでした。仕事中に携帯が着信を示すバイブレーションの

動きを見せます。仕事中は電話に出ない主義なので、とりあえず放置しました。

だいぶ遅い時間に会議が終わり、そこから携帯の着信履歴を確認すると、札幌8棟目の

管理会社さんの固定電話からでした。携帯じゃないってことは、事務系の担当の方からの

着信だろうと予想。もう時間が遅いのでかけ直してもダメだなと思いながらメールを

見ると・・・あ、事務の方からメールが届いてる。たぶんこのメールの件だな。



メールを見ると「職人さんの資材置場に使った部屋のトイレや浴室に使用感があり

このままでは民泊利用できないから美装を行って貰えないか、という連絡があった」

という内容でした。



あれ、おかしいな。職人さんからは電気とガスが止まっていたとかそんな理由で、

お風呂は一切使っていないという話を聞いていたのだけれども・・・。

(ていうか職人さん、電気止まってたなら早く言ってよ〜と思った記憶がある)



そしてその後、また別のメールが事務さんから届いていました。

「職人さんが使っていなかった部屋も水垢残り等気になるので、そちらの部屋も

 あわせて美装を行っていただけないか、と要請がありました」とのこと。

むむむ?これは職人さんと全く関係がない話ではないかい?



よくよく調べてみると、美装のお金は送金明細から差し引かれておりません。

あれ、じゃあ美装に入ってないのかな。なんかよくわからなくなってきました。

管理担当の方に電話してみたものの、連絡取れず。困ったなあ。



で、こちらもメールは読んだものの返事をすることができておらず・・・

色々やってるとメールを書く時間が取れずに放置になってしまう傾向があります。

LINEやFBだと、携帯からサクサクと隙間時間で返信できるのですが、メールは

パソコンに向かって「さぁ、書くぞ!」と意気込まないと、なかなか書けないんです。

パソコンの前にいる時間が少ないと、どんどんメールの返事が遅くなるという。



放置していると思われるのも問題だと思ったので、借りてくださっている法人さんに

直接連絡を取り、どのくらいの水垢だったのか写真を送っていただけないかと依頼を

させていただきました。まず事実関係の把握から。



昨日少しだけ時間ができたので、昼休みを使って管理会社さんの事務担当の方に

まず電話をして状況の確認をすることにしました。うまいこと電話に出ていただくことが

できましたので、そもそも美装しているのかという点を確認しました。



「入居までに美装に入れず、スタッフが美装して引き渡したとのことです」

「ですので、オーナーにその分の請求はしておりません」



お、おう・・・そういうことか。札幌8棟目の管理会社さんはアットホームな雰囲気が

ありまして、良くも悪くもマニュアル化されておらず、ゆるい感じがありました。

管理より売買が中心だからというのもあるのだと思いますが、24hサポートという

便利なサービスがあることも知らず、社員が交代で入居者様からの連絡を24時間

受け付けていたらしいですし(汗)



その緩い感じが、いろいろと融通が利いていい方向に進むことも多々あるのですが、

今回はちょっと良くない方向に進んでしまったようです。



事情がわかったので、それであれば再度美装を入れる方向で進めたいと伝えたところ

「オーナーの方で美装業者さんの手配できませんか?」と。管理会社さんが入ると

手配が遅くなってしまいそう、ということを心配しての発言だったように感じましたが

その真意は不明・・・。でもまあこちらで手配ということでしたら、そのように

動いてみます。



定期清掃をお願いしている業者さんにすぐ電話して、最速で美装に入れる業者さんを

探してくださいと伝達。しばらくしてから、来週中で対応できる美装屋さんを見つけて

くださいましたので、そのスピード感でいいか法人さんに確認の上、あとは直接その

法人さんと美装業者さんでやり取りをして貰うよう手配しました。これで一安心。



美装の費用が差し引かれていない段階で私がこのことに気づいていれば、もう少し

早い段階で美装に関しての確認を借りてくださっている法人さんにできたのかも

しれません。昔は送金明細を穴が開くほど見ていましたが、物件数も増えてきて

あまり真剣に送金明細を見ていない自分がいるのも事実です。もっとしっかりと

送金明細を見る、送金明細の違和感を見つけたらすぐに確認。心がけることで、

今回のような事故を減らしていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:11 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

札幌もようやく工事の話など相談しても良い状況になってきた。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。ようやく食欲が戻ってきた感じ。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌もぼちぼち管理会社さんが動けるくらいの状態にはなってきたようです。

工事関連や被害状況の把握など、だいぶ動きを取って貰えるようになりました。



札幌関係でやらなくてはならないこと

・札幌5棟目、7棟目、8棟目の地震保険申請

・札幌6棟目が地震保険に相当する被害を受けているかの確認

・札幌8棟目の各種修繕の手配と調整

・札幌8棟目の民泊前提のお部屋に対する原状回復

・札幌8棟目の台風被害への対処



今日は札幌8棟目の話を書きたいと思います。



ここ最近の自然災害の被害を一番受けたんじゃないかと思われる札幌8棟目。

元々、購入した時点で建物は近いうちに大規模修繕が必要であろうと思われる

状態でしたので、徐々にやろうと思っておりました。

ただ、その「徐々に」をいつにするかというところは悩ましかったのです。



購入後に故障が相次ぎました。浴室ドア、共用部照明など。

それからゴミステーションの設置も町内会の圧力で必要になりそうです。

購入後に夜逃げと退去で原状回復。

そして台風の被害で室内に雨水が漏水。

震災で基礎に大きなヒビ。



ま、築古だからありうる話ですよね。仕方ない。想定よりペースは早いですが、

入居者様に快適にお住まいになっていただくため、粛々と修繕を行うことにします。



共用部の廊下や階段にかなりガタがきていたので、建物の劣化を防ぐ意味合いでも

防水工事が必要な状況です。民泊前提で借りてくださる法人さんも出てきましたので、

外廊下で怖いとか雪の時大変とかレビューを書かれると、その法人さんの運営する

お部屋の稼働率が悪くなります。結果、退去となり空室に苦しむ可能性があります。

ここは稼働率維持のためにも工事を行うべきでしょうと判断し、発注をかけました。

あわせて、壁面の応急処置も実施することに。

あとは共用部の電気も故障しているので、これも対応することにしました。



いろいろと経緯もあり、共用部の電気は管理会社さんに、それ以外の工事は別の

業者さんに依頼することになりました。そうなると、お互いの工事のタイミングを

調整するのは私の仕事になります。仕方がないですが、ちょっと面倒。



あとは共用部の廊下を工事する際に、入居者様に工事のお知らせなども出さないと

いけないでしょうから、その辺も管理会社さんとの調整が必要になります。



更に、共用部のシートを敷く工事に関しては、資材を置く場所や電気・水の提供も

必要になります。普通に考えて、まだ運営開始していない民泊前提の法人さんから

場所をお借りすることになるので、その調整も必要な状況です。



いろいろとやらないとなー・・・と思っていた矢先に台風と地震でした。

台風で漏水が発生し、地震で道内ブラックアウト。こりゃ工事どころじゃないと

その混乱から回復するまで様子を見ることに。



そして数日前。各管理会社さんも最低限の業務はできる状態になったようですので、

札幌8棟目の管理担当さんに電話しました。諸々の懸案事項について打ち合わせ。

その後、共用部床の工事を担当してくれる業者さんと、法人契約で民泊前提で借りて

くださる法人さんとも立て続けに電話で打ち合わせして、調整を完了させました。



・9月最終週に共用部床の防水工事を実施、資材が届かない場合は順延(施工業者さん)

・10月初旬に外壁の応急処置を実施(台風の被害も含めて)(施工業者さん)

・9月最終週前提で、廊下が一部使えない旨を入居者様に通知(管理会社さん)

・資材置場として一時的に1部屋ご提供いただく、その分の賃料は減額(法人さん)

・共用部照明は工期わかり次第連絡(管理会社さん)

・共用部照明をカバー付きにする場合の見積差額提示(管理会社さん)

・台風被害の写真と場所送付(管理会社さん)

・原状回復を希望する箇所の写真送付(法人さん)



やっと話が進んだなあという印象です。なかなか進めることが出来ずに、

もやもやした状態だったのがスッキリしました。



昨日までの段階で、取り急ぎ管理会社さんからは台風の被害箇所の写真が送られて

来ましたが、漏れた部屋の入居者様から「家財道具を動かすのが面倒だから室内は

修繕しなくてよい」という連絡があったそうなので、こちらは修繕しないことで決定。



法人さんからは原状回復を希望する箇所の写真が送られてきました。

網戸の破れなど、確かにやらないとまずそうな箇所がありましたので、手配だけは

かけておこうと思います。ただ、この震災の後なので、いつ職人さんを確保できるか

不透明な状況ですが・・・。



一つずつ、順番に進めていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:44 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする