2020年07月07日

苦戦中の札幌8棟目、管理会社さんは頑張っているけど、追加の退去が・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。いつも追われてる感じがしてならない今日この頃。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目の受難が続きます。今一番まずいのこの物件じゃないか?

今度は1Rのお部屋で退去予告が発生してしまいました。



札幌8棟目。12部屋中5部屋を民泊で使いたい運営会社さんに貸していたため、

これが軒並み退去となり苦しい展開を迎えている物件です。残り7部屋が退去にならず

普通賃貸で稼働しているので、ローンの支払がどうこうというところまでは至っておらず

許容範囲と言えば許容範囲ですが、問題ありの状態と言えると思います。



この退去で痛いのが家賃です。事業用という判断から、家賃を少し上げての契約という

ことにさせていただいておりました。その家賃アップ分が全部吹っ飛んだわけです。

コロナの被害を一番受けているのがこの物件かもしれません。



駅からは近いのですが、その最寄り駅はJRの駅(札幌は地下鉄沿線が人気でJRは

イマイチです)。2DK間取りが大半を占めるのは良いのですが、駐車場も不足しており

中途半端な印象はぬぐいきれません。勿論それもわかって購入していますけど・・・。



5部屋退去になったのですが、うち1部屋は管理会社さんの頑張りで入居者様が

見つかりました。ただ、元々もっと安い家賃帯で希望されている方をやや強引に

引っ張ってきた感じもあり、家賃は当初想定より3000円くらい安くなってます。

5部屋も空きがある状況だと、1部屋くらいなら多少安くなっても埋めてしまった方が

いいかという判断で、家賃交渉に応じた次第です。管理会社さんも一部屋でも埋めようと

一生懸命やってくださっているのはよくわかります。ある程度妥協してまず稼働率を

改善させようという考え自体は妥当と思います。



その後も管理会社さんは集客を頑張ってくださっており、先日もお電話にて相談が

ありました。立ち退きがあり、まとめて2〜3部屋探しているというお話とのこと。

たぶん立ち退きをやっている不動産業者さんからの依頼なのでしょうね。



このお話も生活保護の方ということで悪くなかったのですが、中に単身の方が1人おり

その人の分だけは家賃がだいぶ安くなってしまう、という難点もありました。

これについても、ある程度やむなしと判断し、紹介いただけるなら家賃交渉は応相談、

という形で回答しました。少しでも埋まってくれればよいのですが。



そんなやりとりもある中、先日とっても嫌な「退去予告」という連絡が・・・。

退去されるという話になっているのは、1Rのお部屋です。8部屋の2DKと

4部屋の1R、そのうちの1Rの1部屋です。



ここの1R、確か三点ユニットなんだよな・・・。うーむ。微妙だ、微妙すぎる。

なにもこんなに退去が多い時期に退去予告してこなくても(完全に大家の都合です)



退去の理由などは明確には聞いていませんが、これで12部屋中7部屋の稼働という

ことになってしまいました。賃貸経営に退去はつきものとはいえ、きついなあ。

三点ユニット、人気ないしなあ。



募集家賃の確認がありましたので、前回と同じと回答しました。広告料なども

前回と同じでいいでしょう。



あとは、先日話を持ってきてくださった立ち退きになる生活保護の人の中に単身者の方が

いらっしゃったので、その方がこの1Rというのはどうか、という話も管理会社さんに

相談してみようと思います。



札幌8棟目と富山1棟目が比較的空室が目立つので、これらについては重点的に

空室対策を進める必要ありです。うまく埋めないとなあ・・・。がんばろっと。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:57 | Comment(1) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

札幌8棟目の退去予告に思う、特化型ビジネスの怖さ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。5月ももう終わりです。時が経つのが早すぎて怖い。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目で残っていた民泊2件、いよいよ退去予告が届きました。そう遠くなく

届くだろうと思ってはいたものの、厳しいですね。



冒頭に書いていた通り、覚悟はしていた事案です。だから「やはりきたか・・・」という

感想でしかないのですが、でもやっぱり本当にそうなると少しショックを受けます。



札幌8棟目は、きっかけがあり知り合った民泊の管理会社さんに借りていただいて

おりました。半年前までは、民泊もイケイケドンドンで雨後の筍のように施設数が

増えている時代。まだまだ儲けも出ていたし、合法になって少し落ち着いた頃合いで

あったように記憶しています。札幌8棟目を購入し、3部屋の空室があり、1部屋は

埋まったものの、もう2部屋がなかなか・・・。そんな時に、こちらの業者さんが

民泊をやってもいい部屋を探しているということで、こちらから提案して借りて

いただいた次第でした。



その後も勢いは止まらず、空いたらすぐ借りますと言われていたので、少しずつ

部屋は増えていき・・・最終的には12部屋中5部屋がこちらの民泊運営会社さんを

賃借人とするまでに至りました。ちょっと偏りすぎている感じはしたのですが、

民泊もあと数年は大丈夫だろうという判断のもと、引き続き借りていただく形で

進めておりました。



若干飽和状態になってきているかなという雰囲気もあり、客単価が下がっているという

話も聞いていました。本当にこのまま突っ走っていいのかなと引っかかりを感じつつも、

家賃も少し高く取れるという魅力には抗いがたく、依存度は高まる一方でした。



そして、遅れて入ってきた消防検査の結果、自火報などの設備が必要という指摘が入り

100万以上かけてそれらの設備も整えました。倫理的に、合法でない状態を把握して

いながら放置するというのは無責任であるとしか言えず、もし仮にその違法な状態で

事故でも起こった日には、宿泊者の方の命に関わる問題になります。オーナー責任も

当然問われることでしょう。高い家賃の裏にはそういうリスクもあるし、その対策に

かかる費用もあるということだと思います。



借りていただいている運営会社さんからも、追加で部屋を借りていただく都度、

初期費用でその設備導入分も負担いただけるという話でまとまり、費用の負担感も軽減。

協力体制でやっていこうという話もできていましたので、今後も安定して借りていただく

設備投資と割り切って、費用を投下した次第です。



そうやって作ってきた協調関係が、新型コロナウィルスの前に脆くも崩れ去りました。



借りている側としては、当然ながら旅行客が減ることで収益が上がらなくなります。

収益が上がらないということは、運営会社さんも大きな損を抱えることとなります。

そして運営会社さんはあくまで民泊の管理会社さん。ホストとなる人に対して

借りた部屋を使って民泊で収益を上げましょうという提案をすることになりますが、

そのホストさんが撤退して、代わりに運営するホストさんがいなくなってしまえば

家賃は収益を生まず、ただただお金を垂れ流すだけということになります。



そりゃあ、運営会社さんの立場になれば、解約もしたくなります。ビジネスの判断として

それは正しいと思います。私が逆の立場だったら当然そうせざるを得ないと思います。

だから、そのこと自体は仕方ないと思いますし、消防費用が回収できないことも

世界情勢の変化を考えればやむを得ないと思います。私の判断ミスというだけです。



ただ、ここまで一緒にやってきたんだし、解約する時に一言声をかけていただくくらいは

してほしかったなあ・・・。運営会社さん、もしかしたらここ見てるかもしれませんけど

その点だけは私は残念だと思っています。申し訳ない、こういう状況なので解約とさせて

ほしい、と一言直接声をかけてくれれば、もやもやした気持ちにはならなかったです。

管理会社さん経由で「解約通知入りましたけど、何かお話されていますか?」と

連絡を受けた時はちょっと寂しかったです。きっとパニック状態で心の余裕もなく、

それどころではなかったのだろうということと推察してはいるのですけど・・・。



この時解約の予告が入ったのは3部屋。残り2部屋はまだ解約通知が来ていない状況で、

その2部屋のホストの方は様子見をしているのかなと想像しました。3部屋の解約に

関しては、行き違いで原状回復費の支払が遅れるとか、多少のドタバタはありましたが

無事に完了。うち1部屋は管理会社さんの頑張りもあって、家賃は安くなったものの

無事成約となりました。



いずれ来るであろう残りの2部屋の解約の前に、もう1部屋埋めておきたいな。

そんなことを思っていましたが、残念ながらそううまく事は運びませんでした。

解約の通知が届き、残り2部屋も空室になることが確定。12部屋中4部屋の空室を

抱えることになりました。



新型コロナウィルスの影響をモロに受けることになった札幌8棟目。

それは私の経営判断のミスということでもあります。もし、札幌8棟目しかない

状態であったら、私はたぶんまともな神経状態でいられなかったと思います。

やっぱり最初は王道の賃貸物件である程度の基盤を築き、その上で亜流である

収益性が高くリスクも高いものに手を出すべき、かつポートフォリオにおける

それらの比率は低く抑えるべき、という思いを新たにしました。



私自身はリーマンショック直後のスタートなので、本格的な経済の下落局面での

賃貸経営は初めてです。先人の知恵も参考にしつつ、この難局をうまく乗り越えて

次の一手を見いだせるよう、精進したいと思います。今回の退去もその勉強の一環と

前向きに捉え、次にどんな形で貸し出すかを検討したいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:35 | Comment(1) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

管理会社さんのナイスアシストで1件空室が埋まりそう。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。GW終わっちゃったなあ・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



管理会社さんからのナイスアシストもあり、札幌8棟目に一部屋分の申込が入りました。

こんなご時世なので、多少値引しましたが、今は安くても入れた方が良いと判断。



現在抱えている空室は以下の通りです。



【札幌エリア】

・札幌5棟目 :空室0件(滞納による明渡訴訟1件)

・札幌6棟目 :空室1件(入居申込1件)

・札幌7棟目 :空室1件

・札幌8棟目 :空室3軒(入居申込1件)→今日はこの話

・札幌9棟目 :空室2件

・札幌10棟目:空室0件



【東京エリア】

・東京1棟目 :空室1件

・東京2棟目 :空室0件

・東京3棟目 :空室0件

・東京5棟目 :空室0件

・東京6棟目 :空室0件

・東京8棟目 :空室0件

・東京10棟目:空室0件(退去予告1件)

・東京11棟目:空室2件

・東京12棟目:空室0件

・東京13棟目:空室1件(旅館化の予定)



【その他エリア】

・仙台1棟目 :空室0件

・富山1棟目 :空室2件(退去予告1件)

・千葉1棟目 :空室1件



現時点で空室は14部屋、退去予告や入居申込、あと旅館を除外などの要素を加味すると

募集が必要なのは13部屋と言うことになります。全体で108部屋ありますので、

(108−14)÷108≒87%の稼働率と言うことになります。やはり落ち込んで

おりますね・・・。今後、空室が増える可能性の方が高いので、心してかからないと

いけない状態にあると思われます。



今日はこの状態の中でも札幌8棟目にお申込をいただくことができましたので、

その辺の話など書きたいと思います。



GW前半戦。管理会社の社長からLINEで「今ちょっとお時間ありますか」と

連絡がありました。時間にして夜の8時くらいだったかと思います。何だろうと思って

電話してみると、悪い話と良いかもしれない話の2つでした。



悪い話は、退去になった民泊利用されていたお部屋の法人さんから、原状回復に関する

入金がなく、連絡を取っても折り返しがないというお話でした。むむむ、それは

どうにも悪い予感しかしないのですが・・・。私もお付き合いのある会社さんですが

だいぶ民泊に比重を傾けていたため、業績も思わしくないことは容易に想像できます。

まさか、社長、心労で倒れてたりしない?大丈夫かしら?



管理会社さんがとても心配していたのでこちらでその法人さんの社長にLINEで

体調は大丈夫か、管理会社さんが困っているようなので大丈夫そうなら連絡を

取ってほしい、ということをメッセージしました。ほどなくして社長から返信があり

一安心。単純に事務処理が追い付いていなかっただけなのかもしれません。



それからもう一つの話が、今ちょうど自社で案内をしているお客様がいるが、

照会した物件だと広さが不足しているということでうまくハマらなかったので、

札幌8棟目を紹介したいと言うお話。通常ならもろ手を挙げて歓迎するところですが

その方の家賃の予算と、現在の募集賃料に「6000円」の差があるのです・・・。

6000円って結構でかいですよ。特に札幌なので家賃もさほど高いわけでもないし。



東京の方で仕事で札幌によく来るお客様なのでそうです。基本的には仕事に使う

荷物を置いておく部屋で、今まで借りていたところが立ち退きによる退去になるから

代わりの部屋を探しているということでした。



さて、こういう大幅指値の案件を受けていいものかどうか。

今は12部屋中3部屋空室の非常事態なので、あまり贅沢を言っている余裕はないから

受けてしまうのも一つの手だと頭ではわかっています。でも、家賃を下げすぎるのも

果たして如何なものか。安い家賃にするということは、それだけ割安だということで

入居された方も長期にわたってお住まいになる可能性があります。安定感は出るものの、

売却を視野に入れた際の利回りとか売却価格という観点ではおおいにマイナスです。



じゃあこの物件の今後の作戦ってどうなの?という話ですが・・・たぶん当面の間は

持ち切りです。築30年前後のRCに30年融資をつけて買っちゃいましたから、

出口を取るのはかなり残債が減った頃合いになるでしょう。そう考えると、ここ数年で

売却ってことは余程市況が変わらない限りはないと思います。仮に市況が変わったとして

耐用年数の関係で融資期間が短くなり、売るに売れない問題は残りますし。



そう考えると、多少安くしても埋めてしまった方が今はいいだろうと判断しました。

でも6000円はさすがに下げられないので、管理会社さんと相談の上、3000円の

マイナスまでなら最悪許容するということを伝えました。



それから数日後、スマホが故障したのでLINEは数日使えませんという連絡を

管理会社さんにした際、先方からこの件の進捗状況を教えていただきました。

ハウスクリーニングも原状回復もしなくていいから、現状有姿で値引交渉をしたいと

いうことでした。先方からしても、部屋のスペックは申し分ないものの、元々の予算と

かけ離れているので調整をしたいということでしょう。それは逆の立場になれば

気持ちはよくわかります。



先方が提示してきた値下げ希望の金額は「4000円」でした。うーん、折衷案で

こちらが出した数字より更に1000円下回ったか・・・。貧乏性な私はそのもう一声に

かなり悩んでしまいましたが、最終的に「3500円」でカウンターオファーを出して

いただきたい、と伝えました。私があまりに悩んでいるから、管理会社さんも500円

上乗せでどうでしょうと言おうとしていたそうです。すみません、優柔不断で(汗)



その後、管理会社さんにLINE復旧した旨を伝えたところ、先方より「札幌8棟目の件

決まりそうです、連休明けに申込内容確認して連絡します」とのことでした。

これはたぶん3500円ダウンで決まったと見てよさそうですね。



こんなご時世にお申込をいただけるということに感謝したいと思います。

気にかけてくださった管理会社さんのアシストがあったからこそ、でしょう。

ありがたいことです。



まだまだ空室は多いですが、引き続き少しでも埋まるように関係各位との連携を

強化しつつ、進めていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:13 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

管理担当さん、知らないうちに退職してたってよ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。在宅勤務でデブり気味です・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目、知らないうちに管理担当の方が退社されておりました。病気ということで

やむを得ないのかもしれないですが、誰も教えてくれないんだもんなー(汗)



もうかれこれ半年近く前になります。管理担当の方が病気を患って入院されてしまい

残された方がてんてこまいになっていた時期が札幌8棟目の管理会社さんにありました。

管理担当をされている頃から「ホウ・レン・ソウ」はあまりできないタイプの方だなと

思ってはいたのですが、それは会社でも同じだったようで・・・。社長が引継に苦労を

されていたことが印象に残っています。



大変そうだなと思ったので、私も全面的に協力して、妥協できるところは妥協しつつ

なんとか今抱えている問題が全て解決するように動いた次第です。多少高めの原状回復も

やむなしと受け入れたり(これは担当さんが倒れる前だったかも)、状況がわからなく

なってしまった民泊部屋への補償に関しても、先方の要求を全額満たすものではないけど

保険会社さんが出せると言っている範囲の金額で妥協して振り込んでいただいたり。



ちなみにこの時の営業補償の件、その後民泊の運営会社さんと別件で打ち合わせの時に

「あの件どうなってます?」と直接聞かれ、私からお支払いすることになりました。

不足分は自前で補填です。担当さんが誰とどのような交渉をしていたかが全くわからず

言われるがままに支払うしかない状況でした。とほほ。



一旦はそんなところで落ち着き、その後建物の不具合もクレームも特になし。

落ち着いていたので、入院された担当さんがどうなったのか、あまりフォローせずに

そのまま流しておりました。



先日、ふと担当さんはどうしたのか気になりました。清掃報告のLINEグループが

あるのですが、そこに担当さんが参加されており、既読になるのですが声をかけても

反応が一切ないのです。まあ、声をかける機会もさほどなかったので(管理会社さんが

対応する必要がある事案が特になかったです)あまり気にしていませんでしたが、

そういえばどうしたかな?元気になったかな?と思い、別件で社長と話をしている最中に

管理担当の彼は退院したのですか?と聞いてみました。



「結局、戻ってこれませんでした・・・」



え、そうなの・・・?てことは退職ってことですよね?

だとすると、清掃グループに彼がいること自体が問題ありますよ(汗)



清掃報告のグループがあること自体は、管理担当さんにしか案内していませんので

他の方が知らないのは当然。だから、引継が出来ていないのも仕方ないことと思います。

でもさー、退職してるのにたまに清掃報告を読んで既読にしてるのはどうなのかなー。

事情を話して退会扱いにしてほしいと言ってくるとか、なんかあるんじゃないすかねー?

最後まで謎な方でした。



社長には、こういうグループがあって管理担当さんが今まで確認してくださっていたから

今後それを引き継ぐ人を用立てしていただきたいと依頼。了承をいただきました。

翌日、社内で決定した新担当さんが清掃グループに参加。やれやれ、これで一安心。



あまり規模の大きくない管理会社さんだから、整備が追い付いていない部分も当然

あると思うので、あまりそれを責める気はないです。色々な管理会社さんとお付き合いを

していますが、この辺は本当に個性が出ると言うか。規模はそこまで大きくないながらも

仕組み化してサービスレベルが誰でも変わらない管理会社さんもあるし、俗人的ながらも

各人が高いスキルを持って適切に動く管理会社さんもあります。社長のワンマンで

ゴリゴリと動かすところもあるし、今回の管理会社さんみたいに放任で各担当任せの

会社さんもあります。



管理会社さんに納得がいかないという話はあちこちで聞きますが、管理会社さんが

自分の思い通りに動いてくれるものだと思うから、そういうストレスが溜まってしまい

関係がうまくいかなくなるのではないかと私は思っています。



多少自分のポリシーと合わないとしても、それも個性だと思って、理解をしつつ

自分がどうしても譲れない一線だけは対応して貰う、など柔軟にお付き合いをすれば

良いだけではないか、と私は考えます。



相手を自分の思い通りに変えることは難しいのだから、自分がそれに慣れる。働きかけを

止めるわけではなく、相手のやり方も尊重しつつ、自分としてはこうしてほしいという

要求をできる範囲で出し、どうしたら実現できるか一緒に考える。共に歩む姿勢で

パートナーになっていただければいいと思います。



その働きかけにあまり応えて貰えない会社さんであれば、それはスパッと関係を

終わりにするのもやむを得ないでしょう。でも、次に選ぶ管理会社さんが相性がいいかは

やってみないとわからないわけだし、切り替えの労力よりは今あるていどわかっている

相手とうまくやる方法を考える方がいいんじゃないかと思います。



札幌8棟目の管理会社さんは正直に言えば褒められるほどの管理スキルは持ってないし

どちらかと言えば微妙な管理会社さんだと思います。他の人に薦めるかと問われれば、

残念ですが「薦めない」と答えるでしょう^^;



でも、だからと言ってダメということではないと思います。社長は話せばわかって

くれるし、大家からだまし取ってやろうという姿勢も感じません。少なくとも善では

あると思うので、あまりカリカリせずにそういうものだと割り切ってお付き合いを

しています。



世の中どこも新コロで大変なのだから、あまりカリカリせずゆったりと構えておかないと

免疫力が下がってしまうと思います。私は気楽にやりたいので、今の管理会社さんの

のんびりしていてちょっと抜けてるところも個性と捉え、必要な作業が抜けていれば

こちらから依頼して対応して貰えばいいくらいの感じでお付き合いしていこうと

思っております。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:27 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

札幌8棟目、募集に向けて走り出せるよう準備を整える。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。ダラダラと色々やりながらブログ書いてたらこんな時間の更新に。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目の立て直しに向けて、本格的に動き始めました。

普通賃貸に戻して、早いところ埋めたいと思います。



新コロの影響で札幌8棟目に大量の退去が発生してしまったことを先日書きました。

管理会社さんからのメールを読み違えており、よくよく見たら2部屋ではなく3部屋の

退去予告が入っており、12部屋中3部屋がいきなり空室になる事態になっています。

これはまずい、大変まずいですぞ。



ただ、私も今サラリーマンのお仕事でだいぶテンパってることもあり、なかなか

タイムリーにメールの返信が出来ておりませんでした。退去予告が来たという話も

読んで把握はしたものの、次のアクションに繋がるメールの返信はできておらず。



更に、受水槽の点検があり、その結果清掃が必要という判定が出たというメールも

来ておりましたが、それへの返信もできておりませんでした。私が清掃業者さんを

分離発注しているがゆえに、もしかしたら個人的なお付き合いの範囲で指定の業者さんが

いるのではないか、ということを気にしてメールしてくださったようなのですが、

それにも返信できておらず、清掃の話も全く進んでおりませんでした。



そんな放置状態が続いていたのですが、ふと我に返る出来事が。札幌8棟目の

管理会社の社長さんから着信があったのです。仕事中で出られず、折り返すと今度は

先方の都合が合わずに不在着信、そして私が仕事に戻るとまた先方から着信があるも

出られず・・・を何回か繰り返し、結局電話出来たのは三連休に入ってからでした。



社長曰く、返事がないので体調でも崩したのではないかと担当の事務員が心配しており

連絡を取ってほしいと強く頼まれたから電話した、と。うわ、そんな深刻な事態と

勘違いされてしまってましたか・・・すみません・・・。筆不精でした。



退去予告を入れてきた民泊運営業者さんは、私がうちの物件を借りないかと相談して

連れてきたというところもあり、退去予告に関して私と運営会社さんが握っているのか、

次の募集をしていいのか、など判断つきかねるところがあったので、先に確認してから

動きたいと思っていたそうです。でも私から一向に返事がなく、どうしていいかと

困っていたそうでして・・・面目ないです。



そんな話をしながら、今一番力を入れなくてはならないのはこの物件なのでは、と

気持ちが切り替わってきました。退去予告3部屋で稼働率75%に転落。まずいでしょ。

1部屋くらいは4月中に決めておかないと!



あっさりとモードチェンジした私。まずは家賃査定のやり直しからです。

ここは仲良くしている札幌7棟目の管理会社の社長にヒアリング。賃貸仲介も得意と

しているので、生の声を聞きやすいだろうと見ています。



ひとしきりLINEでやりとりした結果「その間取りなのに駐車場がないのが痛い」

というところに問題点が集約されました。それであれば、私のとるべき手は一つです。



生活保護狙い。



家賃を生活保護の方でも入りやすい設定にして、初期費用も極力少なくしました。

生活保護の人だけ狙うなら、別に敷金や礼金があっても役所の方が払ってくださるので

問題はないのですが、本当にそれだけの一本足打法は危険とみて、駐車場がなくても

初期費用が安いからいいかな?となるような設定を心掛けたつもりです。



それから内見です。4月にならないと正式に退去にはならないのですが、それを待って

ぼーっとしているのも勿体ないです。そもそも新コロのせいで予約が入らず撤退という

ことだと思うので、それだったら予約がない時は内見させてくださいと交渉するのも

いいと思うのです。



そんな思惑を胸に、民泊の運営会社さんにその旨相談しました。先方も民泊の運営以外に

賃貸仲介や管理もやっているので、こちらの早く内見させたい気持ちは汲んでくださった

ようです。解約まで営業は続けるので、都度空き状況を確認の上で内見としてほしい、

ということでした。



もし家具家電をそのまま入居する方が使いたいと言った場合に譲渡いただけますか、

という確認もついでにしたのですが、譲渡料をいただけるならという回答でした。

譲渡料に関しては、入居希望者様がどこまでお金を出せるかにも依存すると思うので

もし希望があった時は相談に乗ってほしい、と伝えた次第です。



上記のお話の内容を管理会社の担当さんにメールでお伝えしましたので、月曜からは

この内容に従って動いていただけることでしょう。



取り急ぎのお膳立ては整いました。後は走りながら考えます。

テコ入れ必要だなあ、ここ。仲介業者さんの雰囲気も正直よくわからんし。

募集しなくても埋まる状況に安易に甘えすぎていた気がします。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 12:30 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする