2020年03月22日

札幌8棟目、募集に向けて走り出せるよう準備を整える。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。ダラダラと色々やりながらブログ書いてたらこんな時間の更新に。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目の立て直しに向けて、本格的に動き始めました。

普通賃貸に戻して、早いところ埋めたいと思います。



新コロの影響で札幌8棟目に大量の退去が発生してしまったことを先日書きました。

管理会社さんからのメールを読み違えており、よくよく見たら2部屋ではなく3部屋の

退去予告が入っており、12部屋中3部屋がいきなり空室になる事態になっています。

これはまずい、大変まずいですぞ。



ただ、私も今サラリーマンのお仕事でだいぶテンパってることもあり、なかなか

タイムリーにメールの返信が出来ておりませんでした。退去予告が来たという話も

読んで把握はしたものの、次のアクションに繋がるメールの返信はできておらず。



更に、受水槽の点検があり、その結果清掃が必要という判定が出たというメールも

来ておりましたが、それへの返信もできておりませんでした。私が清掃業者さんを

分離発注しているがゆえに、もしかしたら個人的なお付き合いの範囲で指定の業者さんが

いるのではないか、ということを気にしてメールしてくださったようなのですが、

それにも返信できておらず、清掃の話も全く進んでおりませんでした。



そんな放置状態が続いていたのですが、ふと我に返る出来事が。札幌8棟目の

管理会社の社長さんから着信があったのです。仕事中で出られず、折り返すと今度は

先方の都合が合わずに不在着信、そして私が仕事に戻るとまた先方から着信があるも

出られず・・・を何回か繰り返し、結局電話出来たのは三連休に入ってからでした。



社長曰く、返事がないので体調でも崩したのではないかと担当の事務員が心配しており

連絡を取ってほしいと強く頼まれたから電話した、と。うわ、そんな深刻な事態と

勘違いされてしまってましたか・・・すみません・・・。筆不精でした。



退去予告を入れてきた民泊運営業者さんは、私がうちの物件を借りないかと相談して

連れてきたというところもあり、退去予告に関して私と運営会社さんが握っているのか、

次の募集をしていいのか、など判断つきかねるところがあったので、先に確認してから

動きたいと思っていたそうです。でも私から一向に返事がなく、どうしていいかと

困っていたそうでして・・・面目ないです。



そんな話をしながら、今一番力を入れなくてはならないのはこの物件なのでは、と

気持ちが切り替わってきました。退去予告3部屋で稼働率75%に転落。まずいでしょ。

1部屋くらいは4月中に決めておかないと!



あっさりとモードチェンジした私。まずは家賃査定のやり直しからです。

ここは仲良くしている札幌7棟目の管理会社の社長にヒアリング。賃貸仲介も得意と

しているので、生の声を聞きやすいだろうと見ています。



ひとしきりLINEでやりとりした結果「その間取りなのに駐車場がないのが痛い」

というところに問題点が集約されました。それであれば、私のとるべき手は一つです。



生活保護狙い。



家賃を生活保護の方でも入りやすい設定にして、初期費用も極力少なくしました。

生活保護の人だけ狙うなら、別に敷金や礼金があっても役所の方が払ってくださるので

問題はないのですが、本当にそれだけの一本足打法は危険とみて、駐車場がなくても

初期費用が安いからいいかな?となるような設定を心掛けたつもりです。



それから内見です。4月にならないと正式に退去にはならないのですが、それを待って

ぼーっとしているのも勿体ないです。そもそも新コロのせいで予約が入らず撤退という

ことだと思うので、それだったら予約がない時は内見させてくださいと交渉するのも

いいと思うのです。



そんな思惑を胸に、民泊の運営会社さんにその旨相談しました。先方も民泊の運営以外に

賃貸仲介や管理もやっているので、こちらの早く内見させたい気持ちは汲んでくださった

ようです。解約まで営業は続けるので、都度空き状況を確認の上で内見としてほしい、

ということでした。



もし家具家電をそのまま入居する方が使いたいと言った場合に譲渡いただけますか、

という確認もついでにしたのですが、譲渡料をいただけるならという回答でした。

譲渡料に関しては、入居希望者様がどこまでお金を出せるかにも依存すると思うので

もし希望があった時は相談に乗ってほしい、と伝えた次第です。



上記のお話の内容を管理会社の担当さんにメールでお伝えしましたので、月曜からは

この内容に従って動いていただけることでしょう。



取り急ぎのお膳立ては整いました。後は走りながら考えます。

テコ入れ必要だなあ、ここ。仲介業者さんの雰囲気も正直よくわからんし。

募集しなくても埋まる状況に安易に甘えすぎていた気がします。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 12:30 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

新コロの影響が私にも降りかかってきました・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。終日自宅って性に合わないです。うろうろしたい(笑)

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目が地味にピンチです。民泊運営で借りてくださっていた業者さんが

立て続けに2つ退去予告を入れてきたと連絡がありました。思わぬ新コロの影響。



札幌8棟目は購入時に空室がありましたが、途中から民泊の管理をやってる業者さんが

自分の顧客に民泊をやってもらう前提で部屋を借りたいという話を持ち掛けてきました。

事業用と言うことになるので、家賃を若干割増してなら貸しますという話をして、

最終的に残った空室を全て借りていただくということで話がまとまりました。



その後も、空室が出る→借りてくださる、を繰り返していただき、現在はそちらの

運営業者さんに5部屋借りていただいている状態になっております。全部で12部屋の

うち5部屋なので、けっこうな割合です。



今後も空室が出たらどんどん借ります、と仰っていたので、私もそれをあてにして

いたところがあります。そして、今後も借りていただけるであろうというところから

(勿論先方と相談した上で)建物全体に結構な金額をかけて消防設備を導入しました。



民泊の実績も好調という話を聞いていましたから、最終的に1棟まるごと借りて

いただくのもよいだろうと妄想しておりました。家賃だって通常賃貸と比べたら

5000円も高く借りていただけておりましたし。利回り向上にも寄与してます。

アップダウンが激しい自前の民泊より、若干上乗せで賃貸で貸している方が、

精神衛生上は良いなーというところで、非常に良い状態と私は感じておりました。



しかし、今月に入っていきなりその風向きが変わりました。退去予告が届いたのです。

ここまで、この運営会社さんと結構連絡を取り合ってきたのですが、今回の件に関しては

一切連絡がないまま退去予告が管理会社さんに届きました。あれ、どうした?



運営会社さんに連絡を取りましたが、部屋を運営してくださるホストがいなくなったので

やむを得ず解約とさせていただきたい、ということでした。新型コロナウィルスの影響で

民泊業界も逆風が吹いているそうです。管理オーナーの解約も相次ぎ、かなり規模を

縮小しようとしているような印象を受けました。



個人的には、せっかく民泊向けにけっこうな金額の設備投資もしたと言うのに、ここで

撤収となると設備投資を回収しきれず、損害が発生します。でも、だからと言って

損をしてでも続けろと言うわけにもいきません。残念ですが、いかんともしがたいです。

新コロ、天災みたいなもんですから。



ということで、新コロが落ち着いてホストが見つかって、まだ空いているようでしたら

是非また借りてください、ということで気持ちよく解約を受け付けた次第です。



・・・・・・それから2週間後。



・・・・・・もう1通解約通知が届きました(汗)

2部屋解約かー!この時期に厳しいぞ!新コロめ!



この分だと残りの3部屋もいつ解約通知が届くかわかりません。まずいです・・・。



ということで、まさかの新コロの影響が私のところに降ってわいたお話でした。

めでたしめでた・・・くねーし!(泣)



通常賃貸と民泊の両方の条件で募集しようとは思いますが、新コロが落ち着くまでは

民泊募集してもダメだろうなあという気はしています。おとなしく、普通の賃貸に

主軸に置いて募集をかけますかねえ。久しく普通の条件で募集をかけてなかったから

また相場観とか見直しておかなくては。



ビジネスの環境は日々変わっていきます。勝ちパターンが勝ちパターンでなくなる、

そんなケースは今後も出てくるでしょう。何か一つに偏りすぎず、複数の収入の線を

持っておくことが大事なのだろうなと感じています。



今回、民泊が落ち込んだとしても、次にまた何か新しいものが出てくることでしょう。

そういうものをうまく拾いつつ、基盤になる不動産賃貸業と組み合わせながら

経営を安定させていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:16 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

管理担当さんが長期入院され、最後にうちの物件の処理が残った。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。札幌発雪ですか・・・札幌9棟目大丈夫か!?

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目の管理会社さんの社長から着信がありました。折り返してみると、

グダグダになった内情の説明と、営業補償に関しての今後の進め方のご相談でした。



札幌8棟目はすったもんだありましたが、ようやく原状回復も終わり、予約状態だった

民泊運用したい業者さんとの賃貸借契約も締結出来ました。今月の送金から家賃が

発生します。これで何とか落ち着きを取り戻しました。あとは来年くらいに前回やらずに

そのままにした部分の大規模修繕と、いつになったら話が決着するのか全くわからない

営業補償の件が片付けば、平穏を取り戻せるはず。



営業補償の件・・・それは過去に大規模滞納をしてくれやがった元入居者様が起こした

漏水事故のせいで、階下の民泊運用のお部屋にも漏水の被害が発生してしまった事件。

これに対して、被害を受けたお部屋が営業補償を求めていた事件です。



最終的に、管理会社の担当さんと、民泊運営を実際に行っていたホストの方との間で

漏水を発生させた方の少額短期保険から補償が多少出るということで、その金額で

良いか交渉をしている状態でした。ただ、この交渉が一体どうなっているのかは

担当者さん本人しかわからないというブラックボックス。



そしてあろうことにこの担当者さん、糖尿か何か持病があったらしく、その持病が

悪化してしまい入院!管理を一手に引き受けていたので、社長をはじめとした

会社の方々も何がどうなっているかわからず、会社総出で状況の把握と管理業務への

対応を行っている、というところまでは聞いてました。この話を聞いたのが、およそ

1ヶ月前くらいです。



そして昨日、社長から電話がありました。曰く、しばらくは管理担当の方は会社に

復帰できなさそうだ、と。まだ体調が悪く車の運転などできる状況ではないそうです。

そしてこの1ヶ月のドタバタで、ようやく各物件の状況が見えてきたこともあり、

今後は管理担当さん一人に任せず、分業で会社としてきちんと状態が把握できるよう

改善したい、と。体制変更に伴いご迷惑をおかけしてしまうかもしれないが、ご理解を

いただきたい、という内容でした。これについては私も良いと思います。管理担当さん、

ちょっとばかりホウレンソウが苦手な人なので、何をしているかわからなくて

もやもやすることが多かったものですから。



「ただ、最後に残った把握できていないものがあるんです」



ん?まさか、それを私との電話で言うということは・・・



「札幌8棟目の営業補償と蜘蛛の巣部屋の件です」



やっぱりうちの物件か・・・orz



営業補償に関しては、どこをどう探しても資料が出てこないとのこと。机や営業車など

考えられるところは一通り家探ししたそうですが、それでも見つからず。

どこの保険会社さんとやり取りをしているか、相手との交渉状況も全くわからない、

ということでした。



私が知っているのは保険会社さんがどこかということくらいですが、それをお伝えし、

あわせてホストの方について知っていること(借主の民泊管理会社さんが見つけてきた

ホストの方がいたが、今は結露問題で民泊をやめており、借りていただいているものの

次のホストを見つけるためにまず結露の解消をしようと動いている)をお伝えしました。



それを聞いた管理会社さん、ちょっと言葉を選びながら、現時点で保険が出ると

言われている金額で確定して、私のところに振り込ませる形にしましょうか、との提案。

管理会社の担当さんは長期不在。交渉相手は既に民泊から撤退。少なくとも、追加請求を

受ける懸念は少ないのではないか、ということ。また、民泊管理会社さんも本件には

深く関与していないなら、もしかしたら交渉自体がそのまま流れる可能性もあるから、

保険金は私に送金して、もし先方から連絡があったら改めて交渉の上、今回の資金を

原資にして支払うという方針でいいと思う、ということでした。



なんかちょっと誠実さに欠ける気はしますが、今から民泊管理会社さん経由で再交渉を

始めて、把握していなかった新事実が出てあたふたするのも藪蛇ですし、民泊側の

管理会社さんも多忙でかなりテンパってますから・・・。その交渉に巻き込むのも

ちょっと申し訳ないです。本当に困っているなら、民泊管理会社さんから私のところに

話が来ているはずだし、それがないまま1年弱が経過しているという段階で、先方に

そこまでの優先度がないということなのかもしれません。



というわけで、管理会社さんのご提案に乗ることにしました。

民泊管理会社さん、ある程度は営業補償出せますので、ご連絡ください!

(このブログの存在は知っているはずなので、呼びかけておく)



あともう一つの懸案事項が、管理担当さんが倒れるちょっと前に、とある部屋で

漏水事故があったという話がありましたが、これに関して全く資料がないということ。

こちらはたぶん使っている業者さんはわかるけど、寝た子を起こしていいものかが

悩ましい感じで、その場で方針は出ず。とにかく、一旦管理会社さんに委ねることに

しました。



俗人化させすぎていると、その人が倒れた時にとても危うい状態になるんだな、

ということがよくわかりました。私もあまりマニュアルの整備とか業務の分散とか

得意な方ではないのですが、こういう事例を見ていると、気を付けないといけないと

思う次第です。管理会社さんも大変だと思いますが、頑張っていただきたいところです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:16 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

札幌8棟目は問題だらけ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。今日はBBQ準備と雑務をこなす予定。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目、もうね、関係者がことごとく何らかの事情で動けなくなっていて、

話が全然進んでいないんです。びっくりしました。



札幌8棟目で現在抱えている問題点を列挙します。



1.原状回復工事後、クロスのしわなど不備があった箇所がいくつかある

2.階下に漏水した件での営業補償の話が未だ決着していない

3.別の部屋で漏水が発生しているらしい

4.貸している部屋で結露問題が出ているらしい



この他にも、滞納により明渡して貰ったお部屋の支払が一銭もないという問題が

ありますが、相手が悪質だし確信犯だろうと思われるので、払われる見込みはほぼゼロと

見ておくしかないでしょう。まったくもって腹立たしいですが、後の祭りです。

これだって、管理会社さんがうまいこと保証会社さんを最初から使っていれば

良かったのでしょうけど、前オーナーと管理会社さんの間で謎の理由で保証会社さんを

使わなかったからこんな状態なわけです。まあもう言っても仕方ないから言いませんが。



それから、もう過去のことですが、とにかく原状回復工事が高い!安くならないかと

根拠をもって交渉したものの、管理会社さん経由で業者さんに交渉となり、業者さんが

これが適正だと譲らないと言っているとか言われてしまうと、何ともはやです。

どっちが抜いてるかはわかりませんけど、まあそれ以外に緊急出動をタダでやってたり

してくれているらしいということなので、その分もコミコミという形で自分に折り合いを

つけて発注しましたが、なんだかなーという気持ちは残りました。だって綺麗に保険で

出た金額そのまんまなんだもん・・・。金額ありきじゃないの?と思っちゃいます。



更に、来年あたりはコーキングの打ち替えなどより大規模な外壁の修繕が必要と

考えられます。大規模修繕のお金がかかる〜。来年はこっちの工事が急務です。



とまあ様々な問題を抱えている札幌8棟目なのですが、やっぱり早々に解消させるべきは

最初に挙げた5つの問題でしょう。ここについて、少し重点的にヒアリングと状況確認を

しました。



1に関しては、お高い原状回復工事の割に現場を見に行ったらクロスの端っこが

しわしわになってたり、キッチンパネルのところに何も張ってない?ように見えたり

お粗末な印象がぬぐえず。管理会社さんに写真つきで報告して、手直しを依頼。

しかしかえってきた返事は「そこは元々の施工範囲に入っていない」と・・・。



あのー、原状回復するのにシワシワのクロスを直さないのが当たり前、と?

ありえなーい!ここまでくると、その業者さんに対する呆れの勘定しか出ません。

苦笑いしかできませんでした。



管理会社さんもさすがにまずいと思ったようで、社長から「うちで被るので施工させて

いただきます」と。ありがとうございます、と言いたいところだけど、その辺は

こんなことが起こる前に管理会社さんで把握して未然に防止しておいてほしいなあ。

私じゃなかったらブチ切れ事案かもしれませんよ、ほんと。自分でも気が長い方だと

思っています、私。ぼんやり系大家さん。



その後、直ったと言う報告が写真と共に届いたので、今回はよしとしました。

疲れるなあ。



2に関しては、管理会社さんに進捗状況を確認したのですが、なんと管理担当の方が

入院してしまっており、誰も状況がわからないと・・・。確かにこの担当の方は

職人気質でホウレンソウが出来ない人なのはわかっていたのですが、社内でも誰も

状況が把握できていないとは。なんかこう、自由な会社だなあと思いました。



社長が担当の方の机を探してみると言ってましたが、管理担当さんが入院したことで

社長も退去立会やらなんやらの管理作業に追われてしまっており、時間を見てなんとか

すると言っていたものの、あまり期待できない感じです。



この部屋は民泊管理業者さんが借り上げしており、第三者の法人さんがホストとして

民泊を運営しておりました。私が営業補償の第一報を聞いたのも、民泊管理業者さんの

連絡でした。でもその業者さんは最初の頃はホストに状況を聞かれたということで

たまに連絡をしてきておりましたが、最近は何も連絡してきません。管理会社さんの

社長は、管理担当さんの社長が最後に担当さんから聞いた話だと、この営業補償を

入居者様の借家人賠償責任保険で賄おうとしており、保険金は実はもう承認が出ているが

減額されてしまったのでホストの方とその減額された内容でいいか交渉をしている、

ということでした。あれ、民泊管理の法人さんはもはや蚊帳の外!?もう何がなんだか

理解できません。いいや、気にするのはやめました。任せた!



3については、管理担当の方からとある部屋で漏水が発生しているらしいという話を

聞いてました。写真つきで状況が送られてきており、まだ経年劣化か事故かが判断できず

もう少し待ってほしいという趣旨の連絡をいただいておりました。



・・・お察しの言い読者各位は何となくオチが読めると思いますが。



管理会社の社長さんにこの話をしたところ「全く聞いてませんでした」と。ですよねー。

私が知りうる限りの情報はとりあえず社長に転送しておいたので、何とかしておいて

いただくようお願いしました。



4については、先ほど営業補償の話になっていると書いた民泊管理業者さんが借り上げを

してくださっている部屋です。結露が酷くて民泊できないというホストからの訴えが

あったということでした。民泊代行業者さんでも、自社で工事部隊を持ったという

話があったので、じゃあ結露の状況調査と対策のご提案をお願いしますとしましたが

2ヶ月以上経っても音沙汰がありません。



それどころか、空室を借り上げしてくれるという話でまとまったのに、それに関しても

1ヶ月経過するのにまだ申込すら入れていないとのこと。少人数で色々やってて

忙しいとは聞いてるけど、ちょっとこれは怠慢すぎません?私、これでもう1ヶ月は

機会損失してるんですよ?



さすがにこれはないと思い、担当の方に連絡をして速やかに申込するよう伝えました。

管理会社さんにも申込の督促をして良いと伝え、とにかく早々に賃貸借契約をまとめて

賃料発生するよう動いてもらうことにしました。



で、民泊管理業者さんから「明日中に申込を入れます!」と連絡を貰っていたのですが

管理会社さんに聞いたら「来ていません」と・・・。返事が早いのはいいんだけど、

自分でできると思うことだけ約束してくださいね、ほんと。忙しいのは知ってますから

無下に怒ったりはしませんけど。まあまあ優しく申込が来ていない旨をお伝えしたら

早急に申込を入れ、11月1日から契約スタートできるように動きますという言質を

引き出しました。管理会社さんにもそれを伝え、それにあわせて契約書を作ってしまって

ください、としました。もう待ってたらいつになっても終わらないですから。



この物件、建物の問題もあるけど、何より関わっている人の問題で疲れます・・・。

関係者の皆様、もしここを見てるようでしたら、ほんと頼みますよー!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:52 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

札幌8棟目の空室、ようやく決着。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。温泉でリフレッシュ中。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌8棟目の空室は民泊管理業者さんが「借りる」と言っていただいていましたが

ちょっと紆余曲折があり、一時怪しい展開になったものの昨日決着がつきました。



札幌8棟目のおさらい

・大型滞納発生→明渡に同意いただくも家賃回収できず

・退去前に漏水発生→友達の家にずっといて水抜きせず水道管複数個所破裂

・階下の部屋にも漏水被害→民泊部屋なので営業補償と求められる

・漏水に対して借家賠適用→家財分の保険金が滞納者に振り込まれる(怒)

・営業補償分の借家賠適用→審査中(時間かかりすぎ、どーなってんだ)

・階下の部屋の結露問題発生→民泊管理業者さんが「空室借りるの再検討」と言い出す




1年近く問題が解決せずにいます。しかも次から次へと新しいことが。

話が一向に片付かないのもちょっとイラっとする要因の一つです。進みが遅い。



ですが、ようやくこの問題にも収束の目処が立ってきました。



まず、滞納漏水部屋の原状回復が無事に終わりそうです。



最初の頃は私が保険対応も含めて管理会社さんから丸投げされておりましたが、

社長が出てきて保険対応をちゃんと管理会社としてやるから、業者さんの発注は

うちでやらせてくれと言い出したので、事情を説明してお願いしていた業者さんを

キャンセル。ちゃんと経緯と事情は説明して納得はいただきましたが、これはこれで

失礼な行為になってしまったので、どこかで埋め合わせが必要です。



結果として借家人賠償責任保険は原状回復に充分足りる金額で支払われることに。

お見舞金など臨時費用とかの特約もあるはずなので、多少は手元に残るかなと思って

いたのですが、その後出てきた原状回復のお見積を見てびっくり。臨時費用の分も含め

保険金ほぼ食い尽くすくらいの見積です。水道管3箇所破裂しているとはいえ、

2DKの原状回復に50万オーバーですよ。感覚的にちょっと高い。



保険金申請は管理会社さんに一任していましたが、その業者さんがいろいろと動いたと

いうことでしたので、いくら保険金が出たかは知っているはず。保険金あるからって、

ギリギリの線を攻めてきたような気がしてなりません。



仲良くさせていただいている別の管理会社さんにこそっと見積を見て貰って添削をして

いただきましたが、ひいき目に見てもおかしいとのコメント。項目はかぶっているし、

単価もやや高めだそうです。



項目が被っているというところだけは何とかして貰おうと、管理会社の社長さんに対して

かくかくしかじかなのでちょっと交渉してみてくださいと依頼。これで多少減れば

いいなと思ったのですが、業者さんは「実際にこれだけかかる」の一転張りで譲る気配が

ないということでした。なんだかなー。



ただ、管理会社の社長さんも言っていたのですが、その業者さんがそういう態度に

出ている理由が、その管理会社さんの社員さんの所業にもあるような気がしてきたので

最終的にはその金額で発注することにしました。



どうやら、管理会社さんの管理担当の社員さんは、その業者さんの人件費とかあまり

考えずに、何かあったら部下のようにホイホイ呼んでしまっていて、お金も特に

払っていなさそうなのだそうです。



その話をした数日前にも、札幌8棟目の換気扇の調子が悪いってその業者さんを呼んで

何か対応をしていたらしいです。そしてその報告も請求も私に来ておりません、

ということは、業者さんはタダ働きしてるということになります。



・・・別に管理会社さんの尻ぬぐいを私がする必要はないと思いますが、さすがに少し

かわいそうになったので、今回は払うことにしました。でも今後はこの管理会社さんの

関わる業者さんには発注したくないなあ。今お願いしている管理会社さんの中で、

一番微妙です。はい。



そしてその工事が始まったそばから「水道管の穴あき箇所が更に3箇所増えた」とかで

お値段が高くなるという連絡が。もー!最初からその穴見つけて見積しろっつーの!

普段ならしょうがないですねーで済ませるところですが、なんかもうイラっとして

しまいました。ぷんすか。でもしょうがないのでお支払いはさせていただきますよ。



これと並行して、このお部屋を借りて貰うためのオファーを民泊管理会社さんに

しなくてはならないのですが、どうせリフォーム終わらないと実際に借りていただく

ことはできないからということで、営業補償が保険で出るかどうかを見極めてから

初期費用をいくらに設定するか決めてオファーしようと思っていました。



そんなさなかに、別の部屋で結露問題が出ているから借りるの再検討するとか

急に言われてしまい、結露の問題と借りる問題は切り離して考えてくださいと

話をしたりしておりました。ただ、こっちが明確な初期費用や家賃などの賃貸の条件を

出していないので、特に話は進んでおりませんでした。



そんな中、急に管理会社さんから「民泊管理会社さんの件は本決まりですか?」と

問い合わせが。なんでも自社でネットにこの部屋の賃貸の情報を掲載していたら、

エンドユーザさんからお問い合わせがあったのだとか。営業さんが対応中だけど、

けっこう確度高そうですというお話なのです。



うーん、それは悩みます。借りてくれないならもうこのお客様に貸してしまう?

でも家賃は下がるし、消防工事の費用も回収できないし。その辺考えると微妙。



というわけで、私がとった選択肢は「民泊管理会社さんに借りるか借りないかを

決めて貰う」という手段。本当は初期費用は営業補償の分の保険が出るか同課で

上乗せ額を決めるつもりでしたが、出る前提で上乗せしないで条件提示することに

しました。ここまで引っ張られて保険が出ないとか言われたら、とことん根拠を

確認して戦えばいいかなーと。



ということで、初期費用や家賃を決めて民泊管理会社さんにオファーをしました。

賃貸で確度の高い問い合わせが来ているので、今日これで借りるか借りないか

決めてください、という形で提示。結果として、社長が「以前から約束していた

ことですので」と仁義を通してくださり、借りてくださることになりました。

いろいろ回り道したけど、一応これで元のさやに納まった感じかな?



営業補償問題と、滞納の回収問題が解決すれば、ようやく正常化が見込めます。

でも滞納回収はたぶん無理だろうなあ・・・いやいや、無理なんて言ったら本当に

回収できなくなってしまうので、ここは「回収できる」と信じ込むことにします。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:58 | Comment(0) | 札幌8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする