2020年09月06日

コロナ禍でも顔を合わせて現場で話した方が良いことはある(3密対策した上でね)。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。ポケモンドラクエ散歩とかしてたので更新遅れてしまった。

応援クリックよろしくお願いします→



千葉1棟目、初めて現地を見てきました。駅からは遠いけど、磨けばそれなりに

パリッとしそうな印象を持ち、現地で方針を打ち合わせました。



千葉1棟目。オーナーチェンジで購入し、その後も当時からの入居者様がそのまま

お住まいになってくださっていました。見に行く機会もなく、購入前後に外観を一度

見に行っただけで、その後全くのノーチェック。退去がなかったので行く必要もなく、

ほのぼのとした状態でした。



ほのぼの状態が一転したのが、今年の春。自宅を購入すると言う理由での退去予告を

貰ってしまいました。めでたいお話なので良いことだとは思うのですが、大家的には

なかなか痛い話です。



先方希望による管理会社さんの円満な変更を経て、新体制での募集を開始しましたが

思った以上にライバル物件が多くなってしまい、そのまま募集しているだけだと

ちょっと厳しい感じに、テコ入れが必要という認識の元、テコ入れ策を検討しました。



ですが・・・私のレスポンスが悪いのが一番の原因ではあるものの、それを加味しても

管理会社さんから見積が出てくるのが遅いです。そして出てきた見積が高めです。

仕事はしっかりやってくださるのはわかっているので、ボッタクリとかではないですが

ほどほどにササッとやってほしい時に割と困る傾向はあります^^;



今回、近隣のライバル物件に見劣りしないよう最小限のバリューアップをしようという

方向で管理会社さんとは打ち合わせています。提案として出てきたのは、2室ある

和室を1室だけ洋室に変えるプラン。このプランだと、砂壁の和室2部屋のうちの

1部屋にCFとクロスを貼る形式です。しかし残りの1部屋は砂壁のまま。



そこで、素人考えですが、札幌6棟目でやったように、全体に塗りを入れてしまい

クロス貼りせず和室2部屋とも塗りで対応してはどうか、という案を出しました。

管理会社さんも2室ともやった方が印象はいいということで賛同。見積を取ったのですが

想像以上に高い値段でした。



私が現地を見ていないので、どう直すのが一番いいのかのイメージがついていない、

というもどかしさもありましたし、単純に家賃を考えるとそこまでのコストをかけたら

ビジネスとしては成り立ちません。でもかかるものはかかるということであれば、

私や管理会社さんがやろうとしていることを、どういう形で実現させるのが一番安いか

職人さんと直接話をするのがいいのではないか、と。



ということで、管理会社さんに調整をお願いし、昨日私と管理会社さんと職人さんの

三者で現地打ち合わせを実施しました。



やっぱり、現地でやりたいことを説明したり、見積のここはこういう工事ですという

説明を受けたりする方が話が早くていいですね!かなりイメージがわいてきました。

同時に、職人さんからも、それだったらこうした方がいいのでは、みたいな案も

出てきましたし、管理会社さんもその場で仲介担当の人にどっちの案の方がお客様に

訴求するか確認してくださったり、それぞれに自分の持ち味を活かして有意義な

打ち合わせができたような気がします。



結果として、今回は大きく方針転換をすることになりました。



・和室→洋室は止める

・洗濯機置場が室外なので、室内洗濯機置場を新設する

・和室2室に対して、砂壁の上にボードを貼って、上からクロスを貼る

・畳の縁をいかにも昭和の畳的なやつではなく単色の少し洒落たやつに変更

・ふすまも単色のモダンな色に変更

・押入の中も清潔感が出るようにうまいこと加工



この物件には専用庭があり、そこに洗濯機置場がありました。室内ではなく室外です。

私は当初よりこれをけっこう気にしていました。嫌がられるよね、確実に、と。



現地を見ましたが、洗濯機置場を作るスペースは充分にあると感じました。

ただ、職人さんに確認するとかなりのお値段。ちょっとそれはいただけないです。



しかし、ここで管理会社さんも交えて検討した結果、和室を洋室にすることよりも

洗濯機置場を中に入れる方がお客様に対してマイナスの要因を減らせるのでは、

という結論になりました。外の洗濯機置場は女性がほぼ間違いなく敬遠しますので

夫婦で済みたいとか同棲したいとか、そういう客層が見込めなくなってしまいます。

2LDKのテラスハウスだと、その客層を取りこぼすのは致命的です。

ポータルサイトにも「室内洗濯機置場」というチェックありますしね。



結果、予算の兼ね合いで和室は和室のままで置いておくことにしました。

たぶん物件傾いてるので、畳を洋室にすると水平のレベル合わせをしないとだし、

傾きを解消させると全体としての違和感が出ないとも限らない、という職人さんの

意見も採用させていただいた形です。



その代わり、若い人になじみの薄い砂壁はクロスに変えることにしました。

砂壁を落として・・・という加工にすると、手間もお金もかかるという職人さんの

意見があり、ボードを砂壁の上に貼って、その上からクロスを貼る方式にしました。

廻縁や長押なども本当は塗りたかったのですが、むしろその塗りが一番高いという

状態になっていたので、諦めました。ま、塗らなくても畳のままにするのであれば

別に和室感が残っても問題ないと言うか自然でしょう。



壁がクロスになるなら、天井だけ和室感の残る木目というのは違和感が出るので、

天井は塗装していただくことにしました。あとは昭和な和室の感じが出ないように

工夫するということも、予算の範囲でいけそうならやることにしました。



だいたいの打ち合わせが終わり、外に出ると・・・

一緒についてきていた不動産仲間の友人が「ちょっと屋根見てみて」と言います。

どれどれと見てみると・・・あれ、なんか屋根が一部めくれてるじゃないですか。

雨漏りの跡が見えたのはこれのせいか?入居者様は何も言ってなかったけど・・・。



普通にしていたら、あんな捲れ方をすることはないでしょう。東京6棟目が去年の

台風15号と19号でかなり屋根が捲れて保険金貰って工事しましたが、症状は

あれに似ています。たぶん、じわっとしか漏れてこなくて入居者様の生活に実害が

なかったから、そのまま放置されてしまったのではないかなあ、と。



管理会社さんにお願いして、こちらの修繕の見積も依頼しました。恐らく去年の

台風でめくれているのではないかと思うので、その線で保険金請求もすると思います。



コロナ禍の中、何事もオンラインでという雰囲気はありますが、今回のように

人を介したやり取りや現場を見ない想像でのやりとりには限界があります。

必要最小限にする努力は必要と思いますが、必要に応じて現地に行って打ち合わせを

することも躊躇してはいけないな、と思いました。



これで近隣物件とそん色ない戦闘力を手に入れられるでしょう。入居付も順調に

進むに違いありません(と期待しておけば、思考は現実化するはず)。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:52 | Comment(0) | 千葉1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

千葉1棟目に対して気をまわしていなさすぎです。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。7月末決算の東京法人の領収書を今日は整理しようっと。

応援クリックよろしくお願いします→



千葉1棟目、引きがいまいちなのでお金を少しかけることにしました。

和室→洋室への変更だけでも近隣のライバルに追いつけそうなので、それを試行します。



千葉1棟目、空室が続いております。3ヶ月くらい経過したでしょうか。

こちらももう少し本腰を入れてやらないといけないなと思いつつ、どうしても

飛び地的な感じになってしまっているので、気持ちが向いていないところがあります。



管理会社さんからは、6月の時点で「競合がより良い条件で募集をしている」という

話をこちらにしてくださっています。対応するには、家賃を下げるかグレードを

上げるかのどちらかが必要、と。



管理会社さんからは、2DKの間取りの2室とも和室なのが微妙なところなので、

片方を洋室にしてはどうか、というご提案をいただいておりました。

これを行うと、予算は+20万程度かかるようです。そこそこ大きな金額になります。



素直に家賃下げちゃった方がいいのかなあ?と悩みましたが・・・

以前の入居者様も長期でご入居なさっていたので、痛みはあります。だましだましで

そのまま安く貸しても、また建物の不具合が出てしまうのでは?という点が気になり、

これはいっそやってしまった方がいいかな?と考えた次第です。



義母にも特に先入観を与えずに「そのまま安く貸す」「バリューアップして高く貸す」の

二択を提示したところ、直した方がいいだろうという判断でした。いいですねー。

息が合ってる。



ということで対応を依頼していたのですが、話の食い違いもあって着手が遅れてしまい、

工事着手が遅くなってしまいました。



この物件、洗濯機置場が外にあるのもちょっと難点です。でもこれも意外とお金が

かかる工事なので、どこまで踏み込んでいいのやらと悩んでしまいます。

今回は管理会社さんからそっちに関しての提案はなかったので、場所がないのか、

工事費が高いのか、そこは確認しておかないとですね。



というか、私そういえばこの物件まだ中を見たことなかったです!

微妙に場所が遠いので、怠けてしまっておりましたが・・・いい加減見に行かないと。

と言いつつこの週末はサボってしまっているので、来週末くらいに見に行こうかな?

せっかく出るなら外食でもしようかなあ。



この物件、もうちょっときちんとテコ入れしないとダメですね。管理会社さんと

もっと打ち合わせが必要と改めて思いましたので、LINEで管理担当さんに

メッセして、反響の状況とか工事の状態とか、ざっくばらんに会話しようと思います。



分析も何もできていない、工事の進捗も把握していない。放置しすぎです。

そのせいで、何か書こうにもドラマがないので(私にしては)短いブログになる。

これはつまり、何もしていないに等しいです。そりゃ埋まるわけないですよ。

札幌は最近頑張ってるので、少し動きが出始めています。次は千葉で力を入れる蕃。



そんな自戒の意を込めてのブログ記事でした!

短くて中身のないブログで恐縮です。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:43 | Comment(0) | 千葉1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

千葉1棟目、引継と原状回復と募集開始と。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。年を取ると物忘れが激しくなりがち・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



千葉1棟目、管理会社さんの引継をしつつ、募集開始となっております。

ただ、まだ状況がよく見えていないところもあり、注視が必要かなと思う次第。



千葉1棟目。ドミナントエリアからひょいと離れた千葉になぜかテラスハウスを

購入することになったのは、知り合ってから10年近くなるプロの業者さんからの

情報でした。その業者さんが以前売った千葉のテラスハウス、オーナーさんの売却に伴い

売り出すことになったということで、たまたま縁あって私にも声がかかったのです。



本来なら、千葉県の案件なら仙台法人ではなく個人もしくは東京法人で購入するのが

本筋だと思っています。仙台法人は北海道〜東北エリア、東京法人は一都三県、

イレギュラーは個人事業主、というのが大きな枠組みなので、これに当てはめると

千葉1棟目は個人事業主か東京法人で購入するのが筋です。しかし千葉1棟目は

結果として仙台法人が保有することになりました。



こうなった理由は、単純に融資の問題です。築年数も古く、エリア的にも既存取引行だと

やや微妙だったので、そういうのを気にしない某政府系金融機関さんを活用しようと

思うに至りました。そしてこの時、たまたま仙台法人のお付き合いしている支店さんが

タイミング的に借りやすい時期だったので、相談してみたらサクッと決まった、という

次第でした。



ちなみに上記の区分けだと、富山1棟目も本当は個人で購入すべきだったのですが、

この時は東京法人の売上規模が小さかったので、それを大きくしたい意図で東京法人での

購入とした経緯がありました。原則はあくまで原則、異なる動きになることもあります。



千葉1棟目はオーナーチェンジ前からずっと同じ方がお住まいになっておられました。

住宅ローンを組むにはちょっと厳しいくらいの属性のご夫婦でしたので、このまま長く

住んでくださるだろうと思っていました。実際、オーナーチェンジ後も2年間は普通に

住んでくれていましたが・・・ここにきてまさかの退去予告。ご自宅を購入されるという

ことでしたので、これはもうどうしようもないですね。

(詳しくは当時のブログをご参照ください)



そしてこの退去予告をきっかけに、管理会社さんまで変更になるという事態に発展。

元々、管理会社さんは管理をコア事業とは見ておらず、売買仲介をしたことに対する

アフターフォローくらいのイメージもあったことと思います。仕事は適切に対応して

いただいておりましたので不満はなかったのですが、コア事業でもないし、エリアも

遠いので、管理を主業務とする会社さんに切り替えて貰いたい、という申し入れを

受けました。私としては管理継続のつもりだったので、想定外の事態にやや焦りつつも

ご意向を踏まえ、都内物件を管理していただいている管理会社さんに管理を切り替える

ことにしました。

(詳しくは当時のブログをご参照ください)



そして4月末、入居者様の退去。退去立会や精算、原状回復をどちらがやるかについては

管理会社さん同士で話をして決めて貰えばいいと思っていたので、そのように引継先の

管理会社さんには伝えておきました。素人がしゃしゃり出ても仕方ない領域です。

プロ同士で適切にやっておいてもらうのが一番。



ほどなくして、引継先の管理会社さんの名前で募集図面がネットに登録されました。

写真は掲載されておりませんので、退去立会は引継元の管理会社さんが行ったのかな?

詳細は伺っていませんが、便りがないのは順調な証拠と思っておきましょう。



退去から半月経過した頃、引継先の管理会社さんから連絡がありました。

室内確認の上でクリーニングの見積中、とのこと。



ここで引継先の管理会社さんから「引継元管理会社さんから、退去時の精算は行わないと

オーナーに伝えているとのことでしたが、如何でしょうか」との確認がありました。

引継先管理会社さんとしては、入居時の状態を把握していないことから、その部分は

引継元管理会社さんで行ってほしい、ということを言いたいようです。引継元の

管理会社さんからは、入居者様過失がありそうな資料をいただいているそうですが、

それで本当にいいのか判別しかねる、と困っているようでした。



私に伝えているとかは別にどっちでも良くて、双方で相談して決めてくれればよいと

思うのですが、私が聞いていることと違うことを勝手にやりましたというのは良くないと

判断されての確認なのだと思います。それはそれでごもっとも。



私も引継元管理会社さんとの会話(メッセンジャーで行っているのでログがあります)を

見直してみましたが、特に原状回復をどちらが行うと言う内容の会話はなかったように

見えました。たぶんですが、引継元管理会社さんが伝えたつもりになっているだけだと

思います。電話で話したりもしていないですしね。



とはいえ、引継元管理会社さんもそこまで手間はかけたくないことでしょう。

そもそも10年以上お住まいの方なので、原状回復で取れるお金なんてたかが知れてると

思います。その少額のためにあれこれ話をややこしくするのは本意ではありません。

むしろ、さっさと募集を開始した方がメリットがあります。



引継先管理会社さんには、とりあえず先方請求云々は抜きにして、原状回復のお見積を

作っていただきたい、と依頼しました。金額を見てあまりにも厳しいようであれば

引継先管理会社さんが貰っている過失と思われる部分の資料などから、先方負担額を

決定して、このくらいなら請求できそうかを引継元管理会社さんに私から伺っても

いいかと思います。間に入った方が話が早いかはわかりませんが、引継先管理会社さんが

若干やりづらそうな雰囲気を感じたので、必要あらば私が入って話をまとめればいいかと

思う次第です。



そうそう、引継先管理会社さんには、室内写真が未だに登録されていない理由も

確認しておかないと。たぶん原状回復していない状態の写真を載せるのが逆効果とか

そんな理由なのかなと推察しています。見積もまだ出てきていないし、もう少し密に

連携を取って状況把握に努めた方がよさそうだな、と思いました。



このブログ書き終わったら、引継先管理会社さんとコンタクトを取ってみます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:15 | Comment(0) | 千葉1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

千葉1棟目も管理変更になっちゃいました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。テレワークで引きこもり中。体重が増えてる・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



千葉1棟目、管理会社さんの担当の方から、積極的に管理変更を検討いただきたいという

ご連絡をいただきました。自分から管理は辞めると言い出すの、珍しいパターンです。



先日のブログで、千葉1棟目のテラスハウスが空室になることを書きました。想定家賃も

こちらで何となくこのくらいかなという目線を決めたし、広告料など必要な相場観も

雰囲気としては掴みました。あとはこれらをどう管理会社さんと連携を取りながら、

募集していくかというところが次のポイントになります。



今お願いしている管理会社さんは、購入時によくしていただいたご恩もありますので

そのまま管理をお願いしておりました。入居者様との関係も良好でしたので、

特に問題はなかったです。



ただ、管理は主業務ではないし、千葉方面に懇意にしている工務店さんや職人さんが

いるわけでもないので、トラブルが起こった時などの動きに関しては多少気になる部分も

あったと言えばあったのかもしれません。でもそれも、まあ冷静に考えればそうかなと

いう程度で、普通にそつなくこなしていただいてはおりました。



売買の時にお世話になった担当の方には、管理変更しても構わないですよという話を

いただいておりましたが、特に不満があるわけでもないし、積極的に管理変更をする

必要もないだろうと思って、そのままお願いするつもりになっていました。



その前提で管理の窓口になっている方とメッセージのやり取りをしました。

募集条件とか、管理会社さんにお支払いする費用とか、募集チャネルの確認など。



通り一遍の話に回答いただいた後、管理会社さんからは「当社主業務及びエリアの都合上

現状回復工事・新入居者さんの賃貸管理及び家賃収納など従前管理業務は、地元エリア

及び管理に精通する他社さんへ交代をご検討頂ければと考えております」との発言が。

あ、先日のご発言、割と積極的に管理変更を検討してほしいという意味でしたか・・・。

変更してもいいよくらいのニュアンスで捉えていましたが、先方の意思はそうではなく

もう切り替え前提で頼む!くらいの意味だったようです。



え、あのオーナーめんどくさいからと体よく切られた疑惑?真相はわかりませんけど

私の脳内は基本おめでたいタイプなので、相手の言うことは素直に信じますよ!

そんなに面倒なことを言ったつもりはないし・・・。仮に真相がそうだったとしても

知らなければ幸せですからいいんです(笑)

仮に陰口叩かれたとしても、それを知らなければ本人は知らないので幸せですから。

たまにわざわざ「ここで陰口叩かれてますよ!」と教えてくださる方もいるのですが

私はそういうの基本求めてないので、伝えなくていいですよ〜。知らぬが仏です。



というわけで、言葉を額面通り捉え、管理を切り替えてほしいというスタンスで

先方が考えていると理解したので、気持ちを新たにどこに管理をお願いしようかと

検討を始めました。まあそうなればやっぱり、東京でいつも管理をお願いしている

管理会社さんでしょう!



早速相談してみたところ、管理受託可能ですと予想通り爽やかな回答。

物件情報を見せたところ、厳しい物件ですねと一転して渋い回答(笑)

管理メンバー含めた全員で物件情報を共有して、家賃査定します、とのことでした。



ここの管理会社さん、家賃査定がけっこう固めだから、提案いただいた家賃から

少し値上げして募集開始しないと。あと、油断してると、何回転目かした頃合いで

いつの間にか家賃が微妙に下がってることもあるので、そこも気をつけないと。

早く満室にしたいと言う思いが強い会社さんなので、そうしてくださるんでしょうけど

私としては一度下げた家賃はなかなか上げられないと思っているので、どこまで

家賃を伸ばせるかをきちんと見極めたいと思っております。



東京11棟目と千葉1棟目。それぞれ理由は違えど、このタイミングで管理の切替を

行うことになりました。管理の切替って面倒だし不義理を働いている気分になるので

あまり好きじゃないんですが、仕方ありません。やると決まったからには、問題が

発生しないようきちんと引き継げる形を目指したいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:15 | Comment(0) | 千葉1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

千葉1棟目、まさかの退去でちょっと焦る。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。よりによって出かける日に限って雨かー・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



無風状態だった千葉1棟目(という名の戸建)で退去予告が出てしまいました。

止めようがない理由だったので、気持ちを切り替えて次の募集に入ります。



保有していることすら忘れるくらい、月に1回送金明細が送られてきて終わりの

千葉1棟目。1棟目とか偉そうに言ってますけど、ただの戸建です。空いたらそれで

稼働率ゼロ。キャッシュフローなしです。



千葉の東京よりの某市にあるこの戸建。駅からは結構遠いのですが、近所には

ロードサイド型のお店もちょいちょいあり、スーパーやコンビニも近いので、

車があれば生活するには悪くない場所と思います。



ま、駐車場ないんですけどね、千葉1棟目(笑)



オーナーチェンジ案件で、購入時から同じご夫婦が住んでくれています。滞納もなく

管理会社さんとも関係は良好。修繕が多少遅れても文句もなし。管理会社さんとの

やり取りはLINEで行っている、と言う感じでした。



ここまで特に退去の兆候もなかったのですが、ここに来て急に管理会社さんから

「退去予告が口頭で入りました」と送金明細をメールしていただいた時に連絡が。

え、まじで?予告なさすぎでちょっとビビった次第。想定外の伏兵がいました。



管理会社さんのメールに続けて目を通すと・・・

「家を購入することになり」とあります。なるほど、戸建の典型的な退去の例ですね。

こう言っては申し訳ないのですが、そんなに属性が良い方ではなかった記憶があるので

新築戸建とか買って35年ローン抱えちゃうのはリスクが高いような気もします。

でも、家を買う時ってそんなこと考えませんからね。銀行さんが融資を出すと言えば

喜んで買ってしまいます。私もかつてそうでしたから(汗)



というわけで、これは笑顔でお見送りをするしかないパターンです。今まで住んで

いただき、本当にありがとうございました。新しい家で幸せにお過ごしいただけるよう

心よりお祈り申し上げます。



さて、残された私はどうしたものか。考えてみれば、この戸建に関しては無知です。

オーナーチェンジ案件だからまだ中を見たことはありません。外観を見ただけです。

私の保有エリアの中で、離れていてかつ今まで営業活動をしたことがないエリアなので

どんな客付業者さんがいるかもわかりませんし、家賃相場もわかりません。

近隣の需要もわかりません。そして管理会社さんとも、売買の話やそれ以外の話は

過去にしているものの、賃貸付の話は一回もしたことがありません。しかも賃貸管理は

コア業務ではないのは間違いないです。



そしてとどめに、退去予告は4月末。今から繁忙期に間に合うのは無理ですけど、

繁忙期の残り香も完全に見逃すタイミングです。



・・・いろいろとやばい気がしてきました(汗)



ということで、まずこのエリアの賃料相場を知ることから始めます。



購入時の資料を引っ張り出して確認すると、2LDKの間取りになっていました。

間取り的には引きはよさそうです。



次に、同一の地域で賃貸の相場を見てみましたが、そもそも戸建の件数が少ない。

同一の町内で2件しか戸建が見つかりません。賃料はうちと同じくらいが1件、

もっと安いのが1件。ただし、ライバルには両方とも駐車場がついております。

駐車場がない物件はうちくらいですね・・・。この点は弱いところだと思いました。



ちなみに、アパート形態だと、5000円以上安くなるようです。戸建とアパートじゃ

住む人から見た価値は違うでしょうから、それはそうだろうなと。ただ、テラスハウスを

戸建として見てくれるのか?という点はちょっと疑問です。前回募集は10年以上前の

ことだから、今と家賃相場もちょっと違うだろうだからなあ・・・。できれば避けたい

ところだけど、多少家賃を下げることも考慮に入れないといけないかも?



物件の最寄駅近隣の仲介さんに聞くと、相場をわかっているがゆえに家賃査定は

安くなりがちです。近隣のターミナル駅の相場で見ている人が、ここなら安いと

引っ張られるパターンが家賃が高くなるポイントです。そういうテクニックが使える

仲介業者さんと懇意になりたいところですが、あの場所だとどこに行けばいいのやら。

詳しい人に相談してみた方がいいだろうなあ。



リフォームの方向性や客付の方向性に関しては、管理会社さんと話をする必要が

あると考えます。ただ、賃貸の担当が誰かもわかりません(笑)

売買やコンサルティング、テナント開発などが本業の会社さんですからねえ。

管理主体の会社さんではないとわかってお付き合いしているので、ある程度こちらで

意思表示する必要はあるでしょう。



その辺を踏まえ、物件購入時の窓口になってくださった方と本件どうするか話を

しました。先方としては、私が思うようにやって構わないとのこと。極端なことを言えば

管理を変えても全然かまわない、という感じでした。たぶん、自分たちの会社の体制を

把握した上で、私がもっと力を入れたいと言うなら身を引いてもいい、その方が私の

満足度が上がって、本来のコア業務の部分でリピートしてくれるだろう、という読みも

あるのだろうと想像します。頭のいい、そして相手の気持ちを考えてくれる方ですから。



でも私、案外義理堅い人なので、そう言われたからと言って何もしないうちから管理を

変えますなんて言うつもりはありません。というか、無理に管理会社さんを変える意味が

ないので、先方が迷惑でないならこのまま管理はお願いしたいのです。ですので、

まずは王道で管理会社さんとリフォームや客付の相談をしたいという意思を示しました。

その結果、賃貸に関しての窓口はこの人で、ということで回答をいただいた次第です。



退去になる前に、想定ターゲットの把握とリフォームのレベル、家賃のレベルの目安を

決定して、どのくらいお金をかけるか、など検討したいと思います。この辺は私が

東京物件の大部分を管理委託している別の管理会社さんにもご助言を仰ぎながら、

管理会社さんと私で詰めていきたいと思います。投資に対する費用対効果を考えつつ

家賃とリフォームのバランス、そのターゲットに合わせたリフォームなど検討します。



退去は4月末なので、まだまだ時間はあります。退去までに万全の体制を整えて

なるべく早めにスタートをかけられるようにしたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:46 | Comment(0) | 千葉1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする