2019年10月26日

質権設定している金融機関さんから保険金支払の件で連絡あり。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。今日は見学会と懇親会、あときっとユニクロで買物しそう。

応援クリックよろしくお願いします→



先日、質権設定先の金融機関さんから保険金支払の件で連絡がありました。

支払関係で連絡を受けるのって、初めての体験でした。



質権設定。火災保険の保険金請求権に対して質権を設定すること。

万が一、火事などで物件が焼けてしまったとしても、保険金があるから安心・・・

でもその保険金、質権設定されている場合はまず金融機関さんが受け取る権利を

持っています。万が一の時も借入を滞りなく返済できるよう、金融機関さんは

保全をしているわけです。



不動産投資に積極的な金融機関さんだと、一世を風靡したスルガ銀行さんあたりは

当時質権設定をしていた記憶があります。でも、他の金融機関さんで話を聞いた際には

「最近は質権設定も流行ってないですね〜」なんて言ってたので、そんなに気張って

質権を設定してくるところは減っているのではないかと思われます。



東京法人および個人事業主としてお付き合いしている金融機関さんの中で、質権設定を

しているのはメインバンクさんと東京10棟目を借入している金融機関さんです。

それ以外については特に質権設定については何も言われておりません。

信組さんのように小さなところと、ノンバンクさんのように保全をガチガチに

かけてくるところが質権設定を仕掛けてくる印象があります。やっぱりリスクが

やや高めでも貸すところは、保全も手厚いのでしょうね。



質権設定されていることによる大家側のデメリットは、前述の通り保険金の請求権が

優先されるのが金融機関さんになることです。金融機関さんが「ダメ、うちが貰う」と

言えば、大家さんは保険金を受け取ることはできません。



まあ、本当に物件が火事で焼けたとか、そういうレベルにならない限りは保険金は

大家さんが受け取れると思いますが、その物件から収益が見込めなくなった時などは

金融機関さんが質権を行使するかもしれません。



私はこれまで金融機関さんが質権を行使したケースには遭遇しておりません。

一度物件で火事がありましたが、その時は質権設定されていなかったし、入居者様が

原因の失火で、借家人賠償責任保険で対応していただいたので問題はありませんでした。



さて、質権についてだらだらと書きましたが、今回東京6棟目で初めて金融機関さんから

保険金の支払に関しての確認を受けました。東京6棟目はノンバンクさんから借入して

おり、質権が設定されております。そして東京6棟目は先日の台風15号と台風19号で

ポリカーボネイトのベランダの雨よけが飛んだり、トタンになっている場所が捲れたりと

割と被害を受けてしまっています。これらについて、保険代理店さんや管理会社さんの

ご尽力もあり、保険金が支払われることとなりました。



そんなある日、仕事をしていたら携帯に着信あり。仕事中なので出られませんから、

ひとまず放置して後で確認するとノンバンクさん。あれ、返済できてないとかだったら

まずいなと一瞬焦りましたが、ちゃんと今月も払っています。そもそもそっち系だったら

もっと早いタイミングで連絡が来ているはずです。だからきっと違うな。うん。



翌日折り返そうと思っていたのですが、結局忘れてしまい折り返さず。するとまた着信が

ありました。今度は留守電が入っていて、保険金支払の件で確認があるとのことです。

トイレに行くついでに、ちょこっと抜け出して折り返し。何を聞かれるのかな?



先方からの確認事項は、保険金を使って修繕する予定があるか、修繕はいつになるか、

という話でした。なるほど、貸している不動産の価値が落ちて収入を得られなくなり

滞納が始まることを恐れているようです。ここまで細かく確認されたのは初めてです。

他の質権設定されている不動産でも保険金の請求はしたことがありますが、借入先から

連絡を受けることはありませんでした。慎重と言うか、がめついというか(笑)



応急処置は既に行っており、工事も発注している旨をお伝えしたところ、それでは

保険金の支払の手続きを進めさせていただきます、ということで電話は終了。

意外とちゃんと見てるのねー。保険金はうちに払え!とかわけわからないことは

さすがに言わないと思ってはいたものの、初めての経験だったのでちょっとだけ

何が起こるのかドキドキしていた自分がいました。特に何もなくてよかった。



今日の教訓:ノンバンクさんは金融機関さんよりも保全の目が厳しい



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:56 | Comment(0) | 東京6棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

台風19号と台風15号でダブルで被害に遭った場合は?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。今月に入ってから、ニンテンドースイッチ運がなさすぎる・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



過去に類を見ない勢力で猛威をふるった台風19号。私の物件では幸いにして被害は

なかった、とほっとしておりましたが、そうは問屋が卸しませんでした。



前にも書きましたが、私の東京物件は災害に弱い海抜ゼロメートル地帯に集中しており

災害があると非常に危うい状態になっております。自宅が城東地域にあるものですから

家から近いところの方が土地勘もあって賃貸経営をやりやすいということもあり、

結果的に災害に弱い地域にドミナント戦略してしまっている状態でした。

(リスクヘッジとして東京以外の物件を保有している、みたいな感じ?)



このドミナントから外れている物件が1つだけあります。それは東京6棟目。

東京4棟目も外れていましたが、先日売却してしまいました。東京9棟目もギリギリで

ドミナントエリアって感じでしたが、ちょっと外れていると言えば外れていました。

そしてこれも利益が出そうだからと売ってしまいましたので、今純然たるエリアから

外れている東京物件は東京6棟目だけです。



東京6棟目はそうは言いながら私の保有物件の中では最高に良い立地を誇っています。

立地が良いからすぐ埋まるし、家賃も高めだから入居者様の属性も良いです。

だからトラブルも発生しません。持っていることを忘れるくらい楽チンなので、

エリア外でも保有し続けるつもり満々です。再建築不可の物件ですが、利回り10%超で

融資も30年引けているから、キャッシュフローの面でも問題はありません。



東京6棟目は、先日の台風15号で屋根がめくれる事故が発生しております。

こちらについては保険代理店さんの尽力もあり、保険金が出ることになりました。

これで修繕も安心と思っていたのですが、管理会社さんから先日連絡がありまして

「被害が拡大した」という話が出てしまいました。



写真を送っていただきましたが、確かに屋根のめくれ具合が酷くなっています。

管理会社さんはこの件で応急処置を業者さんにさせるということでした。

ということは、追加の費用がかかるってことになりますよね・・・。

保険金は台風15号被害の工事に対してはもう承認されてしまっております。

もしそれ以上に被害が拡大して、今回承認いただいた金額では不足する、という

事態になってしまうようだったら、どうなるんでしょうか。



保険代理店さんにこの件に関して相談してみました。困った時の代理店さんです。

的確なアドバイスで助けてくれます。賃貸経営に欠かせない方です。



代理店さんに早速相談してみたところ、今回のケースであれば、費用が追加の台風で

超過するなら、その分を別見積として新たな保険金申請をして貰うか、あるいは

今回の台風15号の見積を変更して再申請するか、のどちらかだそうです。

勿論、保険申請して必ずOKになると決まったわけではないですが、これは心強い。



昔、保険金を貰って工事せずにいて、次の被害があった時に「これは前の被害が

修繕されていないから認められません」と断られたことがありました。そのことが

頭に残っていたので、今回の分も不安になっておりました。



ちなみに、保険金は事故に対しての支払であり、事故を修繕する目的に使う必要は

ありません。だから、保険金を貰ったからと言って、それを必ず修繕に使わなくても

特に問題はないのです。だから工事しなかった、というのがその時の話でした。



とにかく、保険が出る可能性があるなら、管理会社さんにその話を伝えなくては

なりません。管理会社さん、極力大家側の出費を減らそうといつも考えてくださって

いるので、緊急出動の分を自分たちで被るとか平気でやっちゃいそうなんです。

保険金が支払われるなら、適切な金額を請求してくださっても何も心苦しく感じて

いただく必要はありません(保険金出なくても払えよって?まあ確かに・・・

でも管理会社さんそういう時請求してくれないんだもん・・・汗)。



ということで、管理会社さんには追加でかかるところが出てしまうようなら、その分の

お見積も出してくださいということをお伝えしました。管理会社さんも理解してくださり

もしそのような状態になるのであれば、お見積を出しますということで話がつきました。



実際に追加工事の費用が圧制するかはまだ分かりませんが、もし増えても手当てする

手段があるということがわかり、ちょっと安心しました。



台風15号の被害が出ていて、追加で台風19号の被害があった方、保険申請は

2回分行った方がいいですよ!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:47 | Comment(0) | 東京6棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

保険金で被害を賄えることが決まりました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。健康診断でアサイチの尿を取れって言われてたのに忘れてた!

応援クリックよろしくお願いします→



先週末の台風の前にあった台風で被害を受けていた東京6棟目の火災保険の保険金申請、

無事に保険金が支払われることになりました。良かったです。



以前のブログで書いた通り、東京6棟目にはベランダのポリカーボ屋根が吹っ飛ぶ

被害が出ておりました。こちらに関して、管理会社さんからお見積をいただいて

おりましたが、これがまた結構な金額。屋根が飛んだだけでこんなにかかるのかと

思ったのですが、それが現実であれば従うより他に道はありません。



というわけで、火災保険の保険金申請をさせていただきました。自然災害ですので、

火災保険で費用が賄える可能性はあるよねというところです。というかそうあって

ほしいところです。



とにかく今、自然災害連発で保険会社さんは大忙しの模様。普段なら保険金支払いが

決まってから保険金請求書が保険代理店さんから届く流れなのですが、台風被害などの

自然災害に関しては、申請したらすぐに保険金請求書が保険会社さんから直接送られて

きていました。いつもと同じフローだとパンクするからなのかもしれません。

保険代理店さんに確認したところ、まだ保険が出ると決まっていなくても、送って

しまって構いません、ということでした。それに従いサクッと郵送。



そして先週の台風前、保険代理店さんに先週末の台風で仮に浸水の被害が出たら、

保険の対象になりますかという質問の電話をしたのですが、その時「別件のお話を

いくつかいいですか?」と切り出され、東京6棟目の保険金の支払が決まったという

嬉しいお知らせをいただいた次第です。



保険代理店さんがとても優秀で、管理会社さんが8%の消費税で見積をしており

保険会社さんも計算せずにその8%のままで承認していたらしいのですが、代理店さんが

それに気が付いたので、訂正の依頼をして10%で承認し直させたとのことでした。

「金額が増えてますけど、そういう事情ですので」なんて何事もなかったかのように

さらっと言われたら、なんと頼りになる代理店さんだと思い、今後もどんどんお仕事を

頼んでしまいそうです(笑)



ついでの話で、札幌8棟目の漏水事故に関しても、基本的なところは入居者様の

借家人賠償責任保険で賄えたのですが、保険代理店さんが「建物の保険でも何かしら

出せる可能性があります」と言うので、管理会社さんと連絡を取っていただいたら

臨時費用保険金と保険会社さんが算定する被害額から実際に他社の保険で支払われた

金額を差し引いた金額が保険で支払われることになりました。これだけでもン十万です。

滞納債権の足しになります。ありがたい。



その前は札幌9棟目の外壁落下に関しても、きちっと保険金の支払に持ってきて

いただけたし・・・。もうほんと頭があがりません。ありがとうございます。



とういうわけで、東京6棟目も保険金が出ることになりましたと管理会社さんに

お伝えして、本格的な工事の対応を依頼。今回の台風で被害が広がっていなければ

いいのですが・・・。



というわけで、保険は手厚く入りましょうということと、保険会社さん選びよりも

保険代理店さん選びの方が大事だと思います、ということをお伝えして、本日の

ブログは締めさせていただきます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:06 | Comment(1) | 東京6棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

思ったより台風の被害が大きかった東京6棟目。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。時間ないのに、ドラクエウォークを始めてしまった・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



前に、台風で東京6棟目のベランダ屋根が吹っ飛んだという被害があった、と

書いたことがありますが、修繕のお見積が意外と高くて泡を食っております。



東京6棟目、写真をじっくりと見てみると、けっこうあちこちに被害が出ています。

2階のベランダ屋根となっているポリカの波板が被害を受けていると聞いていましたが

それ以外にも吹っ飛んでる部位はある(具体的にどこなのかは写真からは判別できず)、

トタンと思われる屋根材は派手にめくれている、など、こりゃ確かに結構やられてるなと

思うような状態でした。修繕、何十万になるんだろう。考えるとぞわぞわします。



一応今のところ、私の耳に入る形で入居者様から何の苦情も入っていないのが幸いです。

管理会社さんが食い止めてくれているのかもしれませんが・・・。

ちなみに応急処置は既に終わっているという話でした。



他の再生物件は、いつもの施工業者さんが入ってくださっているのですが、この物件のみ

保有していた業者さんがリノベーションを一式行った上で引き渡してくださっています。

たまたまかもしれませんが、同じ築古でも、いつもの施工業者さん絡みの物件での被害は

ゼロです。工事のクオリティの差なのかしら、これは。



今回のお見積は管理会社さんにお任せしています。先方から、明らかに台風被害なので

保険金の申請準備をした方がいいとご助言いただいたので、保険代理店さんに

事前に被害があった旨をお伝えしておりました。代理店さんは、見積と写真が揃ったら

送ってくださいということでしたので、管理会社さんからの情報開示を待ちます。



そして先日、管理会社さんからお見積が届きました。その金額は・・・137万!

うへー!なんか思っていたより全然高いー!



管理会社さんにその趣旨を確認すると、元々古い物件ということもあり、今回の台風で

影響がありそうなところも含め、いろいろ織り込んでいるということでした。

その関係もあり、この金額になったということです。



仮設足場を組んで作業をする、2階のバルコニー床デッキを設置し直し、1階屋根の

修繕、雨どいの再設置、などの作業が入っているようです。現場を見ていないし、

自分に施工の知識がないので、これがどこまで妥当性のある工事なのかという判断が

出来ないのがちょっともどかしいところです。



まあでも、保険で賄えるんだったら別にいいかな?深く考えなくても。

賄えなかった時にもっと真剣にコストダウンを考えればいいのだろうと思います。



少なくとも、東京6棟目の管理会社さんはそんな変な仕事をする会社ではないので、

基本的には信頼を置いてお任せすればいいと思います。ただ、工事に関しては、

管理会社さんが良く使っている施工業者さんが品質第一でそこまでやらなくても

いいんじゃないの?という見積を持ってくることがあるのです。今回はそのパターンに

はまっているのかもしれません。それであれば、保険が出ないと言うことになったら

その段階で最低限の工事に切り替えることは相談できるはずです。

東京2棟目でも似たような話がありました。



まずは保険で賄えるかの見極め。そこから次のアクション、ということで考えます。



なんか最近、いたずら被害で防犯カメラ設置が必要とか、結露が酷いので対応が必要とか

大規模修繕しなきゃとか、そんな感じでお金がポンポンと出ていきます。物件を売って

お金が作れたと思ったらこれかー、という感じでちょっとガッカリですが、逆に言えば

お金がある時で良かった、という考え方もできます。悲観的になっても仕方がないので、

良い方向で捉えたいと思います。お金あるから修繕できるぞー!よかったー!的な。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:48 | Comment(0) | 東京6棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

台風被害、早速見つかってしまいました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。台風の日に会社なんか行くもんじゃないよ。うん。

応援クリックよろしくお願いします→



東京・千葉・神奈川の皆様、台風すごかったですね。うちの物件はまだ全部を見れては

いませんが、東京6棟目で被害があったと管理会社さんからご報告がありました。



東京6棟目。立地がとても良いので客付も苦労せず、無風状態が続いております。

購入後、特に現場に足を運んだこともなく、それでも問題なく家賃が入っているので

親孝行な物件だと思います。返済比率も50%を切っており、CF面も文句なし。



東京6棟目は築古の物件をリノベーションしてアパートとして貸しております。

この物件に限った話ではないのですが、私の東京の保有物件は東京1・2棟目を除いて

ほぼすべてが築古の物件をリノベーションする形態。今回みたいな強烈な台風が来ると

何かしら被害があるのではないかとソワソワしてしまいます。



台風一過の朝、自宅から見える場所にある東京5棟目は目視で問題なさそうなことを

確認しました。東京8棟目は入居者様と作っているLINEグループに連絡したところ

建物には問題なさそうという返事がありました。この辺は大丈夫そうですね。



そして昼間、管理会社さんから連絡がありました。

東京2棟目は問題なし、東京6棟目が問題ありで、ベランダの屋根が飛んだとの連絡が

あったとのことでした。うへ、ベランダの屋根ってけっこうな大ごとじゃないですか?

写真を見たところ、ポリカーボネイトの庇みたいなのがあったようで、それが飛んだと

いうことです。



台風なので、これは完全に火災保険で対応いただける案件と思います。不幸中の幸い。

元が古い家なので、多少やり直ししているとはいえ古い部分も残っております。

そういうところが今回の台風でピンポイントに被害に遭ってしまったようです。



管理会社さんにて復旧工事の見積を取るということなので、そこはお願いしました。

あわせて保険代理店さんにも事故があった旨の連絡をしております。見積が出たら

それを送付し、保険金の申請に入る予定です。



これ以外にも被害あるかもしれないなあ・・・。うーん。心配だけどサラリーマンを

していると現場の確認もできません。管理会社さんにお願いするより他になし。

不自由ですね。サラリーマン。



今日は昨日書いた間取りの続きで、1階の別の部屋の間取りの確認を施工業者さんから

受けていたので、そっちに時間を取られてしまい、あまりブログを書く時間が取れず。

手短で恐縮ですが、この辺で終了とさせていただきます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:13 | Comment(0) | 東京6棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする