2018年10月04日

富山1棟目の客付は法人契約に活路を見出せるか?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。あわただしい一日になりそうです。

応援クリックよろしくお願いします→



富山1棟目、立地的に優位性があるとはなかなか言い難いため、ペースはゆっくりですが

管理会社さんが頑張って提案してくださっていることは伝わってきています。



先日、蜘蛛の巣問題について、管理会社さんと電話で話をしました。

(こちらについては結論が出次第またブログに書きます)



その電話の中で「仲介担当にも電話してあげてください、寂しがってますよ」との

発言が。あ、そういうジョークを言うこともあるんだ、管理担当さん。まじめな

タイプと思っていたので、ちょっと予想してなかったです。



話の流れとしては、賃貸の反響ってどんなもんですかねえという問いかけに対して

賃貸の担当に聞いてねという趣旨でしたので、せっかくネタ振って貰ったので、

私もそれに応えて賃貸の担当さんに電話してみることにしました。



賃貸の担当さん、エンドユーザ対応だけでなく管理物件の営業も担当しています。

先日富山で営業してきた際も、賃貸担当の方が同行してくださいました。

そういう意味では、一番会話しているんですよね、賃貸担当の方と。



というわけで、早速電話して状況を聞いてみることにしました。



毎月の送金明細にも反響数が書いてあるのですが、8月の反響数は2件(笑)

まあ閑散期だから仕方ないでしょう。9月に営業に行ったから多少反響は取れたか

聞いてみたところ、成約に結び付くほどではないけど反響は取れているとのこと。

新規に回ったところも、問い合わせをしてくれたようです。この辺は地道に活動を

続ければいずれ成果になるだろうなと想定。



あとは管理会社さん自身でどのくらい反響が取れているかです。

これについては、これまでの実績から納得のいく話があり、ちょっと安心しました。

何かというと、法人契約です。



この管理会社さん、技術派遣の会社をはじめとして複数の大手企業さんの社宅探しを

担当されています。その中には、私が保有している地域の工場なども含まれています。

過去に決まった3件の入居のうち2件は管理会社さんが持っている社宅系の話を

うちの物件に回していただいた結果の入居となります。だから結構このボリュームって

大きいんですよ。



10月になると人事異動や体制の変更があり、そこから補充すべき人数が決まるので、

その分の社宅探しも出てくる見込みとのことです。実際、某大手企業さんからは

来週人数伝えるから探してねという予告が先方の担当さんから来ているそうです。

そこに、私の保有している富山1棟目をあてがうつもりなのだとか。



うちの物件、法人契約なら確かに強いと思います。一般だともっといい物件をと

住む人が欲を出してしまう傾向にありますが、法人の場合コストが抑えられれば

ある程度のことは目を瞑ると思うのです。そして、うちの物件はその地域で最安値。

いろいろな仲介業者さんから「安いよね」と言われますから。



仲介担当さんもやる気十分で「紹介しますから!」と言ってくださいました。

その勢いで是非決まってくれると嬉しいなあ。



ポールさんとかみたいに買う前に入居者さんを見つけるとかすごい属性でも気にせず

入れるとか、そういう人が見たら鼻で笑うかもしれないけど、地元でもないのであまり

無茶をすることはできません。私にできることは、管理会社さんとコミュニケーションを

取り、じっくりと稼働率を上げていく作戦だと思います。今のところ、社宅という

ルートに活路が見いだせそうな気がするので、そこを管理会社さんに攻めていただきつつ

私は私で仲介業者さんへの地道な営業を続けたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:24 | Comment(0) | 富山1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

大穴も塞がり、漏水も消滅・・・綺麗な姿になった富山1棟目。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。肩こりとだるさがある爽快ではない週の始まり。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日予告した通り、本日は富山1棟目のビフォーアフターの様子をお届けします。

だいぶ綺麗になりましたよ!



まず最初に、元々の写真をご覧ください。



大穴の開いた天井

こちらは売主さんが修繕せず放置していた漏水の穴。おそらく、上の階の電気温水器から

漏れていたのではないか、という見立てです。原因がわからず、放置になった模様。



漏水した天井

それ以外の部屋では、冬の寒波の影響で給水管が破裂してしまった影響による漏水が

内装をダメにしている状況でした。1階の各部屋でこんな感じに漏水が発生しており、

一階はどの部屋も居住できる状況ではありませんでした。



元々あった不具合と冬の寒波による影響への対応、電気温水器→プロパンガスへの変更、

古いエアコンの交換などが今回対応した工事の内容となっております。



今回、ようやっと現地を見に行くことができました。現場に行く途中で、管理会社さんの

担当の方が「アクセントクロスを各部屋に貼って、選べる楽しみを演出してみました」と

仰っておりました。特にこちらからアクセントクロスを依頼したわけではないのですが、

工事の中でサービスで対応してくれたようです。ありがたい。



それでは、生まれ変わった富山1棟目をご覧ください。



アクセントクロス1

アクセントクロス2

アクセントクロス3

見違えました!8部屋中アクセントクロスを貼ったのは4部屋。2部屋は入居中なので

残り2部屋は普通のクロスです。アクセントクロスがあまり好きでない人にも対応できる

良いバランスではないかと思います。



アクセントクロス4

一見普通の壁に見せかけて・・・

アップでどうぞ

実はちょっとキラキラしてる部屋なんかも。



個人的にはストライプみたいな感じになっているやつがかわいらしくて良い感じだと

思った次第です。穴も塞がり、配管も一新。これであとは外壁塗装を行えば、完全に

別物の物件になると思います。



話は全然変わるのですが、現地で気が付いたこととして「蜘蛛の巣」の多さがあります。

窓からの光景を見ていただければわかる通り、富山1棟目は決して都心部とは言い難い、

むしろ田舎な場所にあります。自然がいっぱいと言えばその通りなのですが、それゆえに

蜘蛛の巣がやたらと多くなってしまうという問題があります。



今回訪問した際にも、あちこちにあった蜘蛛の巣を管理会社の担当さんと一緒に取り除き

少しでも見栄えがよくなるようにしました。しかし、数日たてばまた蜘蛛の巣が作られる

いたちごっこになることは明白です。共用部の清掃は一応月に1回入れておりますが、

それだと全然足りない感じです。



入居されている方で、その辺手伝ってくれる人がいればいいんですけどね・・・。

何か妙案がないか、管理会社さんと一緒に考えてみないとです。



これであとは、外壁塗装を残すのみとなりました。一気にやるとまた金欠になるので、

外壁塗装は来年にでもやろうかな。鉄部塗装、外壁塗装、館銘板設置、駐車場の白線の

引き直しといったところが残作業となります。計画しないとなー。



そして、富山から新幹線で帰る途中、ちょっと足を伸ばしてお家大好き会の飲み会

お邪魔してきました。一粒で二度おいしい。そんな一日でした。



サメリュック

ヒロ君のサメバッグ。こちらのブログ記事を読んで存在は知っていましたが、

本当に気に入って使っているみたいです。実物みられると思ってなかったから

ちょっとだけ嬉しかったです(笑)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:13 | Comment(0) | 富山1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

浸透しているのは間違いない!富山1棟目の営業活動を実施。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。今日こそ経理処理を終わらせないと・・・・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌6棟目も無事が確認できました。低層物件の方が災害に強いのかもしれません。

2階建てRCという謎の構造だからなあ。

あとは札幌8棟目がどうなるか。あそこが一番の不安材料です。



さて、昨日は日帰りで富山1棟目の営業をしに富山まで行ってきました。

朝5時に起きて、7時の新幹線に乗って9時過ぎに富山駅着。繁忙期なので自分で

動こうと思って車の手配とかもしてあったのですが、管理会社さんが時間を割いて

くださったので、管理会社さんの車で一緒に営業活動をしてきました。



富山1棟目は一時期修繕の話をずっとしていたと思います。で、工事開始から4ヶ月で

ようやく請負契約を締結した
、というところまで書いておりました。



その後、ここから一ヶ月くらいしてからだったでしょうか。この辺とこの辺の工事が

追加になりましたというメールが管理担当さんから来て、見積書が添付されてました。

誤算の範囲と考えられる金額だったので、まあいいかとそのままにしておりました。



そこからしばらくして、いつ工事が終わるんだろうとメールを書くために、前に貰ってた

金額変更のメールの返信とした方がいいだろうと考え、そのメールを改めて開いた時に

気が付いたんです。



これ、見積書じゃなくて請求書だった!(汗)



どうやらとっくに工事は終わっていたみたいです・・・。うわー、自分のバカ!

終わってないと思って客付とか完全に放置してたし、そもそもこれ請求書ってことは

お金払わないといけない書類なのに、1ヶ月以上放置してしまった!滞納者だ!



また間が悪いことに、東京9棟目の修繕とかなんだかんだでお金が必要な時期でした。

資金繰りの関係ですぐに振り込めません。あわてて管理会社さんにメールをして、

9月まで待って!と謝罪しながらお願いをしました。ああ、恥ずかしい。



で、それと同時に部屋が完成しているなら早く見に行かなくてはならないと考えました。

そして営業活動も再開しないと!



やることは山ほどありますが、埋める活動は優先度が高いです。繁忙期に差し掛かって

しまうので申し訳ないと思いつつ、管理会社さんにこの日営業に行くから、案内など

入らないようなら同行願いますとお伝えしました。結果、忙しい中時間を割いていただき

同行いただいてしまい、ありがたいと思う気持ちと申し訳ないと思う気持ちが交錯。



そして当日。富山のとある街にある富山1棟目の最寄駅からの範囲の仲介業者さんを

いくつか回ってきました。今回、初めて訪問する業者さんは2社。うち1社は本来行く

予定だった仲介業者さんに行く道を間違えた結果、偶然見つけたところでした。

総数としては8社回り、お土産も置いてくることができました。



この町は大手フランチャイズは1件しかなく、大部分が家族経営の不動産屋さんです。

私はお邪魔する際に印象付けをするため「東京ばな奈」を買っていくようにしています。

東京から来たオーナーで、いつも東京ばな奈をくれる人、というイメージを持って

貰うようにする作戦でもありますが、今のところ割とこの作戦は有効なようです。

「東京ばな奈の印象が強くて名前を覚えられない」と言ってる方もいた、という話を

管理会社さんがされていて、いい感じに浸透していると思った次第です。



あと、顔を見せることの効果が高い地域であるという印象も持っております。

管理会社さんのところにも「この間は来てくれてありがとう、それで、早速紹介を

したいんだけど・・・」という形での電話がけっこうあるみたいなんです。



家族経営の小さなところで、東京だったらここで賃貸を探す人はいないだろうなと

思うような業者さんでも、集客できることは多いようです。それほど人が多い町では

ないので、とにかく当たれるところは全て当たり、顔と物件名を売るスタイルが良いので

あろうという仮説を立て、それに従って動いてみようと思っています。



広告料マシマシ作戦はごく一部の大手フランチャイズさんにしか通用しない世界。

私としては未体験の世界ですが、狭い街の中で目先の儲けより義理や体面を気にする

やり方なんだろうなと理解し、そこに溶け込めるように努力したいと思います。

なので、広告料マシマシ作戦は某フランチャイズさんだけで行うことにしました。

(店長に「Aで始まりDで終わるもの、こちらの店舗さんだけサービスしましょうか?」

 と聞いたら「ほしいですね〜、助かります」とニコニコしながら言ってました・笑)



気がかりなのは、どの店舗さんに行っても「動きが鈍い」と言っていたことです。

街自体があまり動きがないようなので、その中で立地に劣る富山1棟目がどうやって

集客していくべきなのか?というところは作戦が必要だと感じました。



今のところ地域最安値で浸透しているし、地域の仲介業者さんからも「安いよね」と

言われています。しかしそれでも引き合いが少ないということは、そもそも低家賃の

単身物件を必要としている客層が少ないのだと思います。



私が得意としている(苦笑)生活保護世帯がターゲットになるはずなのですが・・・

ポールさんが前に「富山1棟目のある市は生活保護ほとんどいないっすよ」と

言っていたので、それを検証してみました。



市のホームページの中に統計データがあり、そこに生活保護を受けている人数が

掲載されていました。計算したところ、総人口の3%程度が生活保護を受給しています。

札幌市と比較してみましたが、札幌市も3%ちょっとだったので、割合は同じでした。

であれば、生活保護戦略は有効なはず。



となると、不動産屋さんに生活保護が集まってこないのか?

役所に行くとか、別の作戦を取らないとダメか?

管理会社さんとも少し相談してみようと思います。



あとはここまでの2部屋が決まったパターンである社宅需要。近隣の工場に通う人の

社宅として借りるというニーズがここまではありました。家賃が安いので、法人の負担が

少ないのが良いところなのだろうと思います。この流れでお客様を確保できないか、

何らかの形で営業強化できないか、管理会社さんに相談をしたいと思います。



9月になり、繁忙期に突入します。ここであと1〜2部屋決めたいところですね。

引き続き、客付に努力したいと思います!



内装ビフォーアフターの写真も載せようと思ったけど、それは明日にします。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:23 | Comment(0) | 富山1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

着工から4カ月経過の今のタイミングで請負工事契約を締結。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。マッサージ、飛び込みで行ってもダメみたいですorz

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



富山1棟目の工事の契約を行い、着手金を支払ってきました。

そこ、今更?なんて言わないの!



富山1棟目は重篤患者のようにトラブルが起こっているので、これを機に一気に

トラブルを解消してしまおうと考え、提示のあった見積金額で対応を依頼しました。



・冬の寒波による水道管凍結の被害からの復旧リフォーム

・一次給水管のバルブなど不良個所の整備

・給水管の全交換

・各部屋の設備不良個所の交換

・電気温水器→プロパンガスへの変更



この辺を一気に片付けてしまうということで、作業を進めていただいております。

なんせ、不具合がない部屋がどこにもなく、本当の意味で完成したお部屋が一つもない

状態になってしまっていたので・・・(1部屋あったけど漏水事故で内装が死亡・・・)



3月くらいに着手いただき、とりあえず1部屋完成させて内覧可能にしてください、

その部屋を営業の方が案内できるようにして貰いたいので、という依頼をして

おりましたが、未だ「一部屋完成しました」という連絡は受けておりません(汗)



そんな状態ですが、ここまで2部屋申込をいただいており、全空は脱して稼働率は

25%まで回復しております。私が保有してからの過去最高タイ記録です。これでも。

なんで部屋が完成していないのに決まるんだろうと思っていましたが、とにかく安い

お部屋を探している法人さんが、見ないで決めているみたいです。なるほどねえ。



で、いつになったら8部屋全てが仕上がるのかは未だ不透明。1部屋出来上がるのが

いつなのかもわかりません。でも不思議と、入居が決まるとその部屋だけは何とか

仕上がるんですよ(笑)



こうやって書くと、とてもいい加減な工事をしているかのように思われがちですが、

この業者さん、工事は真面目にやってくれています。柱がなかった事案についても、

ちゃんと柱を入れてくださり、かつサイディングを貼った後に、周りと同じような

劣化具合に見えるように塗装までしてくださって、それでいて追加請求はほんの数万。

しかも私が自分で発注して設置したエアコンについても「心配だから」ということで

現地に管理担当の方が行ってくださったりと、人柄も温かいのです。

仕事の品質は日本クオリティなのに工期はラテン系な管理会社さんです(笑)



その管理会社さんから、このタイミングで「請負工事契約書を作成した」という

連絡がありました。そうだった、この管理会社さん、工事になると契約書を作って

着手金を入れてくださいと言われるんだった。前の融雪装置の時もそうでした。



リフォーム融資が実行されたのが3月末。確か2月終わりか3月頭くらいから

工事には着手してくださっています。その契約書を今締結しようというのんびりした

感じが、東京や札幌に比べてのんびりしているなあと感じます。

ちなみに融資いただいた資金は通知預金として固めてある状態です。



全額融資で賄いたかったのですが、3月の段階ではまだその見積が出ておらず、

この時金融機関さんにお見せした見積は漏水被害からの復旧の分だけでした。

だいたい総額の3分の1程度です。



工事が膨らんだ旨を金融機関の担当者さんにお話しましたが、金融機関さんからは

「できれば保証協会に出した見積と同じ金額を振り込んで貰い、その金額で領収書を

 発行していただきたい」というコメントをいただきました。そして管理会社さんからは

3分の1程度着手金をいただきたいと言われています。ああ、じゃあちょうどいいから

銀行融資分を着手金としましょうか。その形で管理会社さんと調整をしました。



こうして、工事から4ヶ月が経過したこのタイミングで、ようやく着手金の支払が

完了した次第です。工事完成はいつになるんだろうか^^;

先に1部屋作ってくれるという話はどうなったのかも含め、もう一度担当の方に

最終納期の確認をしなくてはなりませんね・・・。



今月はもう時間がないので、来月どこかで富山1棟目見に行かないとだなあ。

出来ればその時に管理会社さんと懇親会をやりたいところです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:02 | Comment(0) | 富山1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

中古物件が持つリスクとして「開けてみないとわからない」ということが。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在21位です。余計な移動があったので眠気が取れないです。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



今日のブログでは、安さに釣られて物件を買うとこんな怖いことがあるよ、という一例を

提示したいと思います。サンプルは・・・富山1棟目です。



現在、富山1棟目は以下の工事をまとめて進めております。



・凍結による漏水事故からの配管の復旧工事

・凍結による漏水事故によって水浸しになった部屋のリフォーム

・プロパンガスへの切り替えに伴い、必要となる工事



これらの工事が終わり、外壁塗装が終われば、当分の間問題は発生しないでしょう。

工事自体もプロパンガスの業者さんにも頑張っていただき、お湯の配管新設については

ガス会社さんに費用負担をしてもらうことが出来ました。規模の割には、ある程度の

コストダウンも図れているかと思います。



さて、最近になってリフォームを担当する管理会社さんから不穏なメールが届きました。

「工事を進めていく中でx各部屋入居するにあたり、小修繕が発生しうると思います。

 配管工事についても工事中に新たに修繕箇所が発見される可能性もあります」

これは何か根拠があってそう書いている(そして最後に追加の請求が来るパターン)のか

単純な注意喚起のつもりで書いているのか・・・



お部屋に小規模修繕が入るのはよくわかります。長期間空室で放置されていた物件です。

トイレのボールタップがおかしくなってるとか、水を出したら水道の蛇口あたりから

水がしみ出てくるとか、そういうのは当たり前のようにあるでしょう。そして見つけ次第

修繕をする流れになるのも間違いないです。



わからないのは配管工事です。全部新品に刷新するのだから、よほどのことがない限り

追加の修繕なんて発生しないはずなんだけど・・・



気になったので、管理会社さんに既に追加工事が発生しそうな箇所があるということかと

確認のメールを打ったところ、管理担当さんから直接電話で説明がありました。

具体的に何かあるわけではないけど、例えば配管工事をするために天井を開けたり

サイディングを一部剥がしたりした時に、その部分に故障が見受けられたら措置が必要、

などの話を想定していたようです。配管工事は新品に配管をやり直すだけだから、

それ自体の追加工事ではない、ということでした。



気になっているところはサイディングである、という話も伺いました。

建物前面のサイディングは、給湯器をその壁面に張り付けることになっております。

一ヵ所、完全にブカブカして浮かんできているサイディングがあるので、その部分は

開けてみないと何が起こっているかわからない、と。



確かに、サイディングがブカブカになっている箇所があるのは認識しております。

前に不動産仲間の方も「ここはきちんと補修しないとダメ」と言われておりました。

その辺の工事が難航したら追加になるかもね、ということを管理会社さんは言いたかった

ものと推察されました。



そして後日、管理会社さんから連絡がありました。



「貼替部分のサイディングを撤去したところ、中の柱が既に腐食している状態

 (ほとんど柱がない)でした。」



は、柱がないですと!?

さらっと言われたけど、これってかなりの大事件では・・・。

地震とか発生したら建物崩れるんじゃないか!?



その後、管理会社さんから追加の工事報告がありました。

柱がないため、柱を増やすと共に、サイディングを張り替えて上から塗装をして

周りの雰囲気に合わせた、とのことでした。



柱を設置するような大掛かりな工事を追加で行わざるを得ない状態だったとは・・・。



ちなみに柱がなくなった理由はシロアリなどではなく、単純にサイディングの隙間から

水が入っており、それが長期的に続いたために柱を腐らせてしまったのだろう、という

お話でした。



中古物件って、取得してふたを開けてみないと何があるかわかりません。

今は高額物件に融資が出づらくなり、安い中古の木造が売れているなんて話を

狼さんがブログでしていましたが、その安い物件を買ったら柱が腐ってなくなっていた、

なんてことがないといいですね・・・



私は幸いにして予算を確保してあったのでよかったのですが、購入だけでギリギリに

なるよう資金投入してしまった方は、柱の修繕もできずに地震におびえながら暮らす、

という羽目になっていたかもしれません。

購入される方は、何があっても大丈夫なように予算組みをしておきましょう!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:19 | Comment(0) | 富山1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする