2022年01月03日

今年の目標は不動産系2つとその他1つ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。正月はたぶんずっと書類整理してることになりそう。

応援クリックよろしくお願いします→



今年の目標は「稼働率90%を目指す」「個人の物件の入替をする」「サラリーマンを

辞めた後の仕事の種まきをする」の3つにしようと思います。



昨日は一昨日に引き続き、銀行さんに提出するための借入一覧の整理、銀行さんに

融資打診の時に当方の状況を説明するための資料のメンテナンス、あとは月中に

顧問税理士の先生と打ち合わせた後に動いた口座や積金・定期預金の情報を整理して

提出することなどを行いました。箱根駅伝を見ながらダラダラとやってしまったとはいえ

年初からけっこう仕事してる感じが出ております。



結局、そんな感じだったので、あまり真剣に今年の目標を考えられておりません!

とはいえ、SNSへの書き込みをしたり、昨年の目標をどこまで達成できたかとを

整理したりする中で、なんとなくこんな感じでいいかなーと思うところは出てきたので

それを目標にしておこうと思います(とりあえずこれでいいか感満載ですけど)。



目標その1

稼働率90%を目指す



昨年の目標で、稼働率は達成できませんでした。2017年〜2018年に購入した

物件が稼働率向上に寄与せず、低空飛行を続けております。



しかし、いつまでも低空飛行で甘んじているわけにもいきません。95%にいきなり

到達させるのは難しいかもしれませんが、90%くらいまでは乗せたいところです。

ということで、90%の稼働率を目指すことにしました。



目標達成のためには、札幌9棟目、札幌8棟目、富山1棟目が鍵になります。



札幌9棟目はテナントが購入後一度も埋まっていないとか、間取りが悪くて引合が

少ないとか、セカンドハウス的な使い方が多く短期退去が多いとか、そんな問題を

常に抱えています。ここのテナントを何とか埋めたいですね。家賃をもう一段階

下げてしまうのも手かもしれません。



富山1棟目は不可抗力ながら管理会社さんを変更することになりました。新たな

管理会社さんは客付能力に優れているという下馬評です。設備も少し増強したので

これで埋まってくれればいいなと思っております。



札幌8棟目は上記2つよりは状況は良いですが、油断してると空室が増えちゃったり

リフォームが終わってなかったりすることがあります。気を付けてチェックしないと

思わぬところで足を引っ張られます。そして民泊がダメになった後、一度も満室に

なっておらず、今も2部屋空室があります。何とかしたいですね。



この3物件で7部屋の空室があります。ここを埋めることが稼働率向上に向けた

キーになることは間違いありません。



目標その2

個人の物件の入替をする



減価償却がそろそろ怪しくなるので、個人事業主としての保有物件を入れ替えたいと

考えております。セットで売却も検討したいところです。



札幌6棟目、札幌8棟目、札幌9棟目、東京1棟目、東京2棟目、東京3棟目、

東京5棟目、東京6棟目、東京8棟目、東京10棟目が個人保有の物件です。

このうち、長期譲渡で所有権の素直な物件は東京2棟目、東京3棟目、東京5棟目。

このメンバーだと売却候補は東京3棟目でしょうね。多少短期譲渡で税金を払うことも

覚悟するなら、札幌9棟目も候補に挙がってくるように思います。



購入はできれば東京で考えたいところですが・・・果たしてそううまくいくか。

東京法人のボリュームも増やしたいという気持ちがあり、どちらで買うべきかは

とても悩ましいのです。できれば個人と東京法人で1棟ずつくらい購入したいなあ。

でも最近東京の物件高すぎて買う気になれないです。もう出たとこ勝負だな。うん。



目標その3

サラリーマンを辞めた後の仕事の種まきをする



SNSにサラリーマンを辞めた後何をするかという妄想を書いたところ、思いのほか

反響がありました。そこで書いたのは、専業大家になるルートではなく、かといって

フルタイムで働くでもなく、余裕をもって週に2〜3回くらい働いてお金を稼ぎつつ

大家の収入とダブルインカムで稼ごう、という内容でした。



私は今IT系のサラリーマンをしており、顧客に対してシステムを提案・導入する

立場です。昔は開発もしていましたが、最近はもっぱらお客様に説明するPowerpointや

エンジニアに説明するExcelの資料を作ることの方が多いです。



お客様はエンジニアの言葉はわからず、エンジニアはお客様の言葉がわからない。

そこを翻訳して、お客様がやりたいことをどうしたらシステムで実現できるか、

そのシステムはどのように設計すればよいか、それを整理して両社の橋渡しをするのが

今の私の仕事です。



この経験って、たぶん今後も活かせると思うのです。

IT化が進んでいない不動産屋さんに、IT顧問として週に1〜2回支援に入り、

今困っていることがITで解決できるのか、できるとしたらどういう手段が取れるのか、

みたいなことを検討して道筋を建てる仕事。かっこよく言えばITコンサルという

言い方なのかもしれません。私はコンサルできるほどのスキルがあるとは思えないので

コンサルと名乗るのはおこがましいので、そうは言いませんけど。

(あと、大家業界もIT業界も、コンサルと名の付く人は無責任な人が多い印象・苦笑)



こういう形で、サラリーマンを辞めた後に自営業として何をするかというビジョンを

より明確にして、できれば自営業になる前に顧客も抱えてしまうとか。そんな動きを

加速させることで、今の案件がひと段落した時にサラリーマンをスムーズに辞めることが

できるのではないかと思いました。



ちなみに、サラリーマン辞める辞める詐欺と長らく称されている私ですけど、

今度こそ今年の夏までに今担当しているシステムは稼働するだろうと思うのです。

そこから保守フェーズを多少こなして、年明けくらいには辞める道筋が立つのでは、

と考えております。



以上、3つの目標で今年は進めていきたいと思います!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:40 | Comment(0) | 年度目標設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月01日

昨年の目標に対する達成度は50%でした。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。お正月の楽しみはお餅とお雑煮。

応援クリックよろしくお願いします→



新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

早速ですが、旧年の目標をどこまで達成できたか振り返ってみようと思います。



まず、旧年の目標についてはこちらの過去ブログをご参照ください。

今年の目標は昨年よりだいぶ具体的。



あんまり達成できてないなあ・・・と思いましたが、一つずつ振り返ってみましょう。



目標その1

・キャッシュフローを生み出す物件の購入(新築〜築浅のイメージ)

 →達成!



キャッシュフローを生んでくれているかと問われると、頭金が少ないのでちょっと

微妙な気はしますが、新築RCを札幌で購入することができましたので、目標としては

達成したと捉えて良いでしょう。



札幌12棟目と呼んでいる新築は、間取りはちょっと狭めで駅からの距離も少し遠め。

ただ、今一番ホットなエリアまでギリギリ徒歩圏ということや、利回りもギリギリで

8%に乗るか乗らないかまで持ってこれたことなど含めて考えれば、今の市況で

購入できる水準としては悪くないものを購入できただろうと考えております。

(利回り向上のために尽力いただいた関係各位に改めて御礼申し上げます)



ということで、新築物件を購入できたことから、本目標は「達成」とします。



目標その2

・個人の物件を入れ替え(減価償却の確保)

 →未達成



こちらは未達成でした。個人の物件は2018年に購入して以来ずっと現状のままです。

目標に掲げた通り、そろそろ入れ替えを考えたい時期なのですが、入替対象になる物件が

出てこないのが目下の悩みの種です。東京も価格が上がりすぎて、目線に合う物件が

出てこないので辛いです。



個人で買う場合は、札幌物件、東京物件、その他新しい地域のいずれかになる想定です。

富山は東京法人、仙台は仙台法人の管轄としているため。札幌は仙台法人もしくは個人の

いずれかで取得想定、東京は東京法人もしくは個人のいずれかで取得想定なので、

個人も選択肢に入ります。



札幌の場合、築古の小ロット案件くらいしか今は購入できません。某政府系金融機関さん

フル活用するくらいしか融資を得られるイメージがないためです。しかし札幌も今は

かなり土地の価格が上がっており、昔のような利回りで購入できる気がしません。



東京の場合は融資こそ選択肢がもう少しあるものの、利回り水準が低くなってしまって

いることに加えて、リノベ費用がどーんと上がっているのが苦しいところです。

ほんと、目線に合う物件が少なくなってしまいました。



多少目線より利回り水準が低くても、割り切って入替を薦めた方がいいのだろうか。

今後の市況がどう動くかなんて誰もわからないのだから、ひとまずCFが出る水準まで

頭金を入れて購入を進めるというのも一つのルートなのかもしれません。



何にしても、この目標は「未達成」です。



目標その3

・仙台2棟目満室、稼働率95%への回復(瞬間風速でOK)

 →未達成



仙台2棟目は昨年購入した仙台の築古物件です。15部屋中5部屋しか埋まってない

状態で利回り20%とかで購入しました。しかしまあ、長期空室あるあるの設備不良や

低家賃物件あるあるの入居者様対応が大変なことなどが重なり、義母が「もう嫌だわ

あの物件」とうんざりしています。



ただ、15部屋中13部屋までは埋まったので、初期トラブルももう収まるはずです。

今年はしっかりお金が残るはずだから、と義母を鼓舞する年末年始となりました。



そして15部屋中13部屋までしか埋められなかったので、まずこの目標の半分は

「未達成」ということになります。ただまあ、現時点で埋められる部屋がそれしかない、

という点はご一考いただきたいところかなと。世界的な半導体不足でボイラーの入手に

やたらと時間がかかる状況ゆえに、2部屋はボイラーの手配が間に合わず、募集が

出来ない状態になっています。それを考慮すると、募集可能な部屋は全部埋めたという

ことは評価できるのではないかと。情状酌量の余地ありです(自分に甘いやつ)。



ま、そんなこと言ったところで、稼働率95%は達成できてないので意味ないですが。

はい、ということでどっちみち「未達成」です。



目標その4

・個人の借入の整理

 →達成!



コロナ禍で東京法人の借入の整理はだいぶ進みました。仙台法人は元々あまり無茶な

借入はしておらず、きれいな身体です。残った汚い身体は個人事業主だけです。



本来の趣旨とはちょっと違うのかもしれませんが、コロナ禍における緊急融資は

既存の借入より条件が良く、売上が厳しくなった事業者にとっては大変ありがたい

制度融資だったと思います。しかも迅速に対応してくださいますし。

東京法人は売上減の要件が満たされたので、制度融資を使って融資を得ました。



それに対して、一昨年は個人事業主の売上が下がらなかったので(その前の年の

売上が悪すぎました)、借入の整理はできませんでした。



今年に入って、とにかく東京6棟目の絶不調が響いた形になり、売上ダウンの要件を

残念ながら満たす月が出てしまいました。このタイミングで制度融資の申込を行い、

借入条件をより有利なものに変えることに成功。返済比率が軽減されました。



ということで、この目標は「達成」としていいかと思います。

(結局その後また修繕の融資を引いてしまいましたが・苦笑)



ということで、昨年の目標に対しての達成度は2勝2敗の50%でした。



今年の目標については本日考えようと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:29 | Comment(0) | 年度目標設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

今年の目標は昨年よりだいぶ具体的。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在7位です。テレビのアンテナ引いてないから箱根見られない〜。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日はおせちを食べたり雑誌を読んだりしながら、今年の目標について考えてみました。

いくつか具体的な目標を出すことができたので、そこに向けて動きたいと思います。



今の私がサラリーマンを辞める前に必要なのは・・・

・キャッシュフローを出してくれる物件

・減価償却を取るための物件の入れ替え

・無駄な借り入れの削減

の3点だと思います。



これらを充足するような目標を立てたいと思います。



・キャッシュフローを生み出す物件の購入(新築〜築浅のイメージ)

・個人の物件を入れ替え(減価償却の確保)

・仙台2棟目満室、稼働率95%への回復(瞬間風速でOK)

・個人の借入の整理



まず目標として掲げるのは、キャッシュフローと減価償却の両面で寄与してくれると

考えられる物件の購入です。具体的な定義は難しいのですが、仙台法人であれば

減価償却の面では仙台2棟目がかなり寄与してくれると思うので、新築・築浅の

イメージになるでしょう。昨年後半は札幌の新築を狙っていきたいと宣言してましたので

長期的に見てもたぶん勝てるであろう立地・間取りを狙うことにしたいと思います。



長期トレンドなんてどうなるかなんて誰にもわからない、今の段階でそればかり考えて

機会損失する方が無駄ではないか、という考えもあるとは思います。それはそれで

一理ありますし、決して否定されるようなことではないと思います。



ただまあ、今の段階で勝てるか微妙だけど行っちゃえ!というバクチに出るのは

ちょっと怖いかなとも思います。バクチで良いのであれば、立地が微妙な新築の

話は私のところにも届いていました。立地が微妙な分は利回りでカバーされている

案件だったのですが(新築RCで8.5%とか)、やっぱり稼働を低めにみないと

危ないよねとか、10年後にたぶん満室になることはないんだろうなとか、いろいろと

考えた結果見送った次第でした。



先のことはわからないというのはその通り。でも、せめて今の段階でそんなに不安が

ないものくらいは選びたいものです。私もただ無為に10年以上札幌の賃貸市場に

首を突っ込んでいるわけではないので、一応の勝ち筋くらいは予想することはできます。

その感覚を信じて、今の段階で苦労しなさそうと思える物件を選びたいと思います。



そういう意味では、札幌4棟目って本当に良い立地だったなあ・・・。

いい立地だったからいい値段で売れたということで、それ自体に後悔はありませんが、

「あいつ、元気にしてるかな?」とたまに思い出します(笑)



次の目標は、個人の物件の入れ替え。

減価償却がここ1〜2年で切れてくると言う話だったので、そろそろ個人保有の物件に

動きを持たせないといけないなと思います。そのためには、個人での購入も進める必要が

ありますし、それを実現するためには売却も必要になることでしょう。



今のところ、個人保有の物件であれば、札幌9棟目が一番売却に近いと思います。

札幌6棟目は将来前面の戸建を地上げして大きな物件を建てたい野望もあるし、

RCなのでまだ減価償却も残っていますので除外。

札幌8棟目は失敗だったなあと思うので売ってしまいたいですが、たぶん残債が

残ってしまうのでホールドせざるを得ないでしょう。

東京1棟目は借地でややこしいからホールド、東京2棟目は立地抜群なのでホールド。

東京3棟目、東京5棟目、東京10棟目はドミナントエリアなのでホールド、

東京6棟目は・・・今は再建築不可に融資が付きづらいので希望価格で売れないだろうし

立地は良いので売るのも勿体ないからホールド。東京8棟目も借地だし愛着あるので

ホールド。そうなると、やっぱり札幌9棟目しかないんですよねえ。



なので、札幌9棟目を売って、できた現金でどこかに物件を買う方向で考えてます。

札幌か東京か、はたまた両方か・・・両方はさすがに欲張りすぎか(笑)



あと、減価償却観点とは違いますが、東京法人で保有している富山1棟目に関しても

満室→売却→残った資金で富山の土地購入・新築を目指しています。

これは単に、高利回りでも満室にするのが大変な物件だったら、多少利回り下げても

満室になる物件に入れ替えた方がいいかな?と思うためです。



次の目標が、仙台2棟目を満室にすることと、稼働率95%の回復を目指すこと。



一時期、買いすぎて稼働率が80%を切る事態にもなったことはありますが、

その後無事に回復して90%台までは戻しました。しかし、富山1棟目や札幌9棟目など

なかなか埋まりにくい物件も増えたことや、昨年は退去が多かったという事情もあり

稼働率は90%を割ってしまっています。ポンコツ大家のままも良くないので、

更なるテコ入れを図ります。



また、仙台2棟目も15部屋中10部屋が空室と言う状況になっておりますので、

こちらも上半期でうまいことリフォーム等終わらせて早期に満室にしたいと思います。

直接陣頭指揮できないので、義母に頑張って貰うことになります。



最後に、個人の借入の整理。

東京法人、仙台法人に関してはコロナ禍の中で売上ダウンがあり、経営改善のために

既存の無担保借入をコロナ融資に置き換えていただきました。

個人事業主の借入はこの動きに立ち遅れているので、顧問税理士の先生と連携しながら

売上推移の確認をして、もし落ちているタイミングがあれば借り換えを進めようと

思います。



それ以外にも、物件売却で資金が出来たらそれを使って一括返済・・・と思ってますが

いつも思うだけで実行できないんですよねえ(苦笑)



新年の目標はそんなところです。達成できるかは今年の頑張り次第。

いろいろ取り組んでみます!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:55 | Comment(0) | 年度目標設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

旧年の目標はどこまで達成できているかを確認。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在8位です。新春ドラクエウォークふくびき、そこそこの結果。

応援クリックよろしくお願いします→



あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

今日は昨年の年初に立てた目標に対してのレビューをしてみようと思います。



昨年のお正月に書いたブログを見直してみました。昨年立てた目標は・・・

「自営業へのジョブチェンジの準備を進める」

の一言だけでした。本当にそれしか書いてなかった・・・(笑)



この時は、具体的に自分が何をしたら自営業になれるかがわからなかったので、

こういう記述になったのです。だって、そもそも自分の返済比率をきちんと把握して

いなかったわけですし、手残りがいかほどなのかもざっくりとしか把握できて

いなかったわけですから。そりゃあ何をしたら目標に到達できるかなんてわからない、

というのが正しいですよ。



では、そこに対して昨年は何をしたかと言うと・・・

★キャッシュフロー額の把握

★返済比率の把握

といったところに取り組みました。



数字化するのは経営上とても大事なのに、今更そんなことしてるの!?という声も

当然聞こえてくるでしょう。私も他の人がそうだったら同じこと思いますしね。

でも、借入本数も数十本におよぶ状態で、自分でもそれをまとめる気力がなくなって

いたし、キャッシュフローもまあ毎年なんとか生活できてるから大丈夫なのだろう、

くらいの甘々な認識で何とかなっていたので、気にしていなかったです。



裏を返せば、サラリーマンを辞めようという動機が乏しかったのですよね。

別に辞めなくてもサラリーマンのお仕事で食っていけてるし、それ自体にそこまで

大きな不満も抱えていませんでした。だからモチベーションがそこに向かずに、

不動産はお金も生んでくれる大人のおもちゃくらいの感覚しかなかったのです。

(この人頭おかしいんじゃない?という意見は受け入れますのでご自由に)



私自身はシミュレーションとかあまり好きじゃないんだろうな、と思います。

自分でもそういう認識はなかったのですが、こういう分析をやろうとした時、

どこまで前提を置くべきか、どこまでCF計算に含めるべきか、といったところを

上手く定義できない、逆に凝りすぎて深く定義しすぎて、情報を集めきれずに

どつぼにはまる、みたいなパターンが多かったです。



今回、返済比率こそ自分で整理しましたけど(その結果返済比率60%以上という

恐ろしい結果が出たのは皆様ご存知の通りかと思います・・・無駄な借入が多すぎた)、

キャッシュフローに関しては信頼できる不動産仲間の人に外注してしまいました。

私のあまりにアレな姿を見かねてか、分析してもいいですよとお申し出くださったので

お願いすることにしました。本業でキャッシュフロー分析とかやってるという話なので

私がやるより100倍良いでしょう。



そしてその結果、思っていた以上にキャッシュフロー少ないんだなということを把握。

勿論、税引後キャッシュフローです。仙台法人であまり節税対策がきちんと取れておらず

キャッシュが流出していること(勿論その分融資は引きやすい体質になってます)、

減価償却が個人で特に切れそうな物件が増えていること、などが問題点として

提起されたという理解をしています。



少なくとも、昨年の目標は「ジョブチェンジの準備を進める」だったので、準備としては

現状分析が出来たのは大きな進歩だと思います。そういう意味では、この目標は達成と

言っても過言ではないでしょう。苦手なことを外部の人に任せることも大事だなと

思った次第でした。



今回得られた知見を元に、来年の目標を立てたいと思っております。

おおむね、昨年の現状分析を基にした内容で、昨年の継続になるとは思います。



また、あちこちから「サラリーマン辞める辞める詐欺」と称されていた私ですが、それは

従事しているプロジェクトがいつになって終わる気配がなく、サグラダファミリアな

様相を呈しているためです。歯車の代わりなんていくらでもある、ということはわかって

おりますが、それでも歯車の意地というか、今一緒に仕事しているメンバーに迷惑を

かけたくないというか、そんな気持ちもあるのでプロジェクトが終わるまでは会社を

辞めるつもりはありません。



今年こそ、そのプロジェクトが節目を迎えると信じていますので、その切れ目が

来たタイミングで自営業にジョブチェンジをしてしまおうかという思いはあります。

キャッシュフローが足りない?うん、そうかもしれないけど、それは最悪ダメだったら

バイトでもなんでもすればいいと思うし、今は時間の方が大事なんじゃないかなって。

あと、自営業になったら今より買付のスピードとか上がると思いますしね。動ける分

物件も増やせるだろうと思っています。



いずれにせよ、今年も楽しく頑張って生きていこうと思う所存です。

皆様、どうぞよろしくお願い致します。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:33 | Comment(0) | 年度目標設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

今年の目標は自営業へのジョブチェンジの準備。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。今日はいつもより3倍〜5倍程度長い文章になりました。

応援クリックよろしくお願いします→



今年の目標は「サラリーマンを辞めても大丈夫と思える状態にする」にします。

数値目標はまだ検討できていませんが・・・^^;



昨年あった大きな心境の変化として、サラリーマンを辞めようと思ったことがあります。

今年の目標は、それが実現できる体制を作ることとしたいと思います。



今の自分自身の数字の状況が自分でもちゃんと把握できていないので、それを把握する

ことからスタートします。そして、辞めるための計画立案、実行を今年一年かけて

行いたいと考えています。



たぶん、私一人でそれはできないのではないかと思っています。昨年も会社を辞める

準備として、売却→繰上返済しようとしたのに、結局できずじまい。目先の事象に

流されてしまい、大局を見ることができない私の欠点がモロに出てしまいました。

恐らく、これに関しては外圧を受けるのが一番確実だと思います。気のおけない仲間に

財務を全部暴露して、どうしたら安心してリタイアできるかしらと相談する方向で

目標設定を行いたいと思います。



新年の目標は以上です。ブログとしてはここまで。

これより先は私の上記目標に至るまでの心境の変化をだらだらと書いています。

超長いし不動産賃貸業のノウハウ的な話は一切ありませんので、興味ない方は

ここで読了としていただいた方が良いかと思います。

でもランキングはクリックしてほしいな(笑)→



ということで、以降は私自身のまさに問わず語りな内容です。駄文ご容赦ください。



サラリーマンの仕事自体は別に嫌いではないし、サラリーマンとして時間の切り売りを

してお金を貰うのも悪いことではないと思っていました。個人事業主としての立場だと

どう逆立ちしても出会えない大企業の偉い人と打ち合わせをしたこともありますし、

一人で何かを考えていても絶対に得られないであろう管理手法や発想などを得ることも

できたと思っています。だから、二足のわらじは決して悪いものではなく、立場の違う

仕事をすることで自分自身の枠が広がるだろうという考え方をしていました。



だから、サラリーマンを積極的に辞めるつもりはありませんでした。その前提なので

不動産も適当な買い方しかしていませんでした。返済比率とか超高いですからねえ。

返済比率が高くても、サラリーマンしながら時間が経てば返済が終わるしね、と。

入手さえすれば、あとは時間を味方につければ何とかなる、という考え方でした。



それがどうして変わったか。いくつか理由はあります。

正月なので不動産に動きもありませんし、書いてみようと思います。



まず一番大きいのは、自分自身の時間をもっと作りたいと思うようになったこと。

周りに時間の自由を上手に活用する不動産仲間が増えたこと、アラフォーになって

人生の折り返しを迎えたこと、やりたくても時間が取れずにできないことが増えて

きていること、などが積み重なり、そういう気持ちが増幅されたものと思います。



その発想の転換には、先にも述べた通り、周りの大家さんの影響も大いにあります。



周りを見回しても、サラリーマンを引退して個人事業主になった大家仲間の方は、

その人生を謳歌しているように見えます。出張すれば土日でとんぼ返りの私に比べ、

サラリーマンを辞めた大家さんは何日も滞在し、観光やゴルフ、視察など精力的に

動き回っています。どうせ行くなら色々なことをしたいと思う私としては、その時間を

とることができないのがややストレスに感じるようになりました。



そして、自分がやりたいことに対しての時間の少なさにもどかしさを感じはじめました。



周りが皆さんゴルフを始めるようになったので、私もやってみたいなと思うものの

平日はサラリーマン、休日は不動産賃貸業関連の諸々という状況では、なかなかどうして

練習する時間を取ることもできません。それでもやりたいという強い意志があれば、

当然優先順位を上げて動くのでしょう。でも、そこまでの優先順位でもないので・・・。



あるいは、旅行を上手に安くとる大家さん仲間の方もいます。私もせっかくの人生なので

後悔しないよう見聞を広めたり自身の体験を増やしたりしたいのです。だから海外に

ふらっと旅立ってみたい人ですが、週末しかないのは非常に厳しいです。



旅行に関しても、情報は集められるようになりましたし、お得にマイルとか使って

海外に飛びたてる体制は整っています。でもそれを行う時間がありません。



あるいは、嫁ちゃんがゆったり温泉旅行が好きなので、それももっと頻繁に行きたいと

思っているのですが、休日にいろいろやらないといけない状態だと、その時間を

確保するのも難しいです。



お正月休みに不動産の仕事をすること自体は別に苦ではないのですが、お正月にまで

仕事を持ち込まざるを得ないくらいに時間が圧迫されているのだと考えると、これは

あまり良い状態とは思えません。しかもたいしてやれてないし・・・。



これらの問題に対する解法は、時間をより多く確保することに他なりません。

そしてその手段として、大きなウェイトを占めるサラリーマンという時間にメスを

入れることが特効薬であることは言うまでもないでしょう。



そして次に大きいのは、会社の仕事に対する自分自身の自信の喪失です。



最初に言っておきますが、これは恐らくただの「逃げ根性」なのだと思います。

サラリーマン一本で食ってる人だったら、馬鹿にするなと怒るところでしょう。

そんな「逃げ根性」を正当化しているだけにすぎません。それは理解しています。

でも、不動産という果実を味わってしまった私には、その「逃げ根性」に立ち向かい

是正して得られるリターンと、「逃げ根性」に素直に従い、不動産で得るリターンを

より増やすことのどちらが人生にとってメリットが大きいかを考え、後者を取る方が

全体最適解になる、としか考えられなくなりました。



私はシステムエンジニアをやっています。割と大きなシステムを扱っておりまして、

顧客要望を聞きながらそれに対するシステムの最適解を導き出すことを仕事として

取り組んでいます。



私は現場の技術的な作業が好きです。自分が行ったことで、お客様が喜んでくださると

仕事をしていて良かった、報われた、と思うのです。現場にいないと、それを味わうのが

難しくなるよね、と思っているので、現場作業が好きなのだと思います。



でも、会社としては、いつまでも技術畑にいる人を評価するのは難しいのです。

技術はどうしても革新が続きます。それを捉えて自身をアップデートする能力は

どうしても若い人の方が高いです。年を取ると新しいことについていくのは徐々に

難しくなります。



だから、会社としては管理・マネジメント畑に進めるか、あるいはこれまでの経験が

風化しにくいコンサルタントという領域を目指させたいと思っており、私自身も

人事面談でよくそういう話はされています。



ただ、正直なところ、適性があまりないんです。



コンサル仕事として、顧客側のシステム要求仕様書を作る仕事に携わったことが

ありますが、その時一緒に仕事をしたコンサルタントとうまく会話がかみ合わず、

私がプロジェクトに対して迷惑をかけていると気を病んでしまい、うつ病の一歩手前の

状態になってしまったことがありました。あの時は本当に色々な方に迷惑をかけてしまい

自分自身とても辛かった覚えがあります。あれ以来コンサルタントという領域に対する

自信はなくなってしまいました。



管理・マネジメントに関しても、他のマネージャーの仕事を見ていると、自分にそれが

果たして務められるのか?ということを自問自答してしまいます。マネジメントを

行うに際しての自分だけの武器、自分なりの方法論を確立できればいいのでしょうが

どうしても今は他人と比較して「あれはできない」「これは無理だな」と考えてしまう

傾向にあります。



小さい案件でマネジメントをやらせてほしいと会社に言ったこともありますが、

そんな案件が都合よく取れるわけないです。結局、今動いている仕事の中で上司が適宜

選ぶ案件に参入することになります。与えられた案件の中で、せめてリーダー的なことを

意識しようとして研鑽しようとしていますが、それもなかなかうまくいきません。



じゃあスーパーエンジニアとして定年まで技術をひたすら磨くという方向性なのかと

問われると、それもここ最近自信がなくなってしまいました。最近出た新製品が、

過去の仕様からかなり刷新されてしまい、これまでに築いた経験という優位性が

うまく使えなくなってしまったのです。本来なら、ここで一念発起してこの製品のことを

もう一度真剣に勉強し直すべきなのですが・・・現業に忙殺され、やれていません。

結果、会社の人事評価でも「技術力の低下」を暗に示唆されている状況です。



結局のところ、会社においての今の私は

・将来の方向性を見いだせていない

・過去の遺産を食いつぶしているだけで、アップデートができていない

という状態になっています。自分でもそれはよくわかっています。



本来、これに対する対策は「自身の知識のアップデート」「新たな知識のインプット」

以外にはないと思います。時間がどんなになくても、本当に必要なことであれば

土日でも深夜でも時間を作って行う必要があるのです。



でも、それをやる気持ちになれない。



自分の時間をそこに使って、会社に必死に食らいついていくことに対する魅力や金銭的な

メリットが、私にとっては失われているのです。



魅力も報酬も不動産の方が大きいですし、自分の裁量で時間を作ることもできます。

人生も折り返しを迎え、身体が元気なうちに経験をしておきたいことはいっぱいあるのに

それを犠牲にして会社にしがみつくための活動ができるのか。私にとっては残念ながら

ノーという回答になってしまいました。



そうなると、会社にとって私はお荷物になります。エンジニアとしても今後劣化する、

領域が狭くてつぶしがきかない、でも雇用した以上雇用を守らないと、という状態です。

周りの社員からは使えないやつと冷たい目で見られることでしょう。



私としては、そんな状態で会社に残るのは会社に対しても失礼だし申し訳ないです。

残るなら会社にとってメリットのあるパフォーマンスを発揮したいです。

同僚にも迷惑はかけたくないです。私、他人に迷惑をかけることが一番のストレスに

なるタイプである自覚があります。期待に応えられてない、と自分で悟った時が

一番胃が痛くなる瞬間です。



だから、そんな状態でいるくらいなら、会社もすっぱりと辞めた方がいい。

それが会社にとっても自分にとっても最適だろう。そう思うようになりました。



正直なところ、20代の頃は「自分は能力が高い」「何でもできる」と根拠もなく

自信を持っていた時期がありました。しかし、30代の働き盛りの時期に、根拠のない

自信が崩れることが何回かあり、身の程をわきまえるようになりました。会社員として

このくらいがいいところだろう、と。じっくりと時間をかけて、徐々に今の心境に

たどり着いたような気がします。



そしてもう一つの理由が、昔から持っていたやりたいことを思い出したこと。



新入社員の頃、私は同僚に対して「40で会社辞めてライブハウス経営する」と

宣言していました。



中学生の頃に音楽を聴くようになり、高校でブラスバンド部に入部して、部員と一緒に

ジャズ・フュージョン系のコピーバンドをやり、大学では軽音楽部でいろいろな

コピーバンドを手伝いつつ、アーティストのライブに年間100本以上通ったり、

DJごっこをやったり、音楽イベントの企画をしたり、音楽のWebマガジンみたいな

ことをやってみたり。色々なことをしていました。



今もそれほど変わらないのですが、当時の私は同好の士の集まる場を作ることに対する

強い興味がありました。その時の興味の対象が音楽でした。私自身には名曲を作る

能力はありませんが、それを収集して発信することはできる、と考えていました。

だからこそ、そういった場を作ることを目指したかったのです。その解の一つが、

先に述べたライブハウスでした。会社勤めはほどほどにして、自分が面白い場を作り

世間に提供して、ともに楽しむ仕事をしたいと考えていたのです。



今、主たる興味の対象は不動産に移っていますが、何かしらの人が集まる場を作る箱を

作ってみたい気持ちは変わりません。その気持ちが今けっこう強まっています。



リアルな店舗がベターですが、今はSNSやYoutubeのようなネット上の

メディアで気軽に人が集まる場を作ることができます。スモールスタートさせて、

場を作りマネタイズする。そんなことができるのか、ちょっと試してみたいという

気持ちになっています。



音楽は人の魂を揺さぶることができるメディアです。音楽によって人生が変わる、

勇気を貰う、救われる、という人も少なからずいらっしゃいます。そんな人を

少しでも増やすことができれば、それは周りの人を幸せにする仕事になりえるのでは。

そんな気持ちがあります。



主たる仕事は不動産賃貸業かもしれませんが、そういった音楽系のビジネスであったり

プラットフォームビジネスを自身でリスクを取ってやってみたいのです。そしてそれは

サラリーマンを続けるよりずっと魅力的なことだろう、と。そう考えた時に、

サラリーマンにしがみつくことが果たして得策なのか?という気持ちになりました。



単品での収益化は難しいかもしれませんが、コラボによる収益化は目指しやすいです。



音楽で何かしらのプラットフォームを作り、人が集まるようになれば、そこに対して

私の持っている賃貸物件とコラボできることもあると思います。音楽好きな人が集まる

シェアハウスでもいいですし、スタジオ付き賃貸住宅でもいいでしょう。仮にメディアで

得られる収益がゼロだったとしても、そのメディアの集客力を活かして、不動産サイドに

収益を落とすこともできると思うのです。



誰かが損をするようなマネタイズは私の求めるところではありません。やるからには

費用対効果が高いものを提供しなくてはならないでしょうし、責任を取る覚悟で

取り組むことが必要と思っています。私とその家族が食っていく程度であれば、

少数の方に全力投球して満足いただくビジネスモデルでも成り立つと思います。

自分の責任でお金を得るというのは、そのくらいの真剣さが必要と私は考えます。

そういう意味では、自分で責任もしっかり果たせる不動産賃貸業をうまく組み合わせて

事業を営むことは良いことだろうと思っています。



余談ですが、だから私は不動産の有料塾とか、バックエンド商品とかで稼ぐことは

したくないです。不動産は金額が大きく、下手すると他人の人生を破綻させかねません。

そんなものに対して無責任に売りさばくことはできないし、相手が苦しくなった時に

自分も胃が痛くなってしまうと思います。自信をもって薦められるものであれば、

自分で買いますしねえ。だから私は不動産関係で同じムラの住人からお金を取る

ビジネスはしたくありませんし、今後もするつもりはありません。だから、別の形で

何かしらの不動産賃貸業以外の事業をしたいと思っています。その対象が今は音楽です。

今後気持ちは変わるかもしれませんが、今はその心持ちです。



すごくダラダラと書いてしまったのですが、上記のような心理的葛藤もありまして、

本当にサラリーマン生活に終止符を打とうと決めました。識者各位におかれましては

ご相談に乗っていただくことも多々あると思いますが、是非ご助言を賜りたいと

思う次第です。



今年は変革の準備を進める年にしたいと思いますので、皆様よろしくお願い致します。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:53 | Comment(0) | 年度目標設定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする