2016年07月20日

所有物件に郵便物が届いてしまう時・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在25位です。今日は仕事するぞー。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日埋まらないからテコ入れだと書いた東京4棟目のお部屋に申込が入ったと聞いて

ちょっと浮かれているひろ*です。本人確認、在籍確認が終われば契約に進むという

ことなので、早く契約して気持ちを楽にしてほしい!と切に思います。



冒頭からそんな感じで少し浮かれている私ですが、今日のブログネタはちょっとした

小ネタです。知っててもいつ使うシチュエーションが訪れるのかというと、限定的な

シーンしかないよねーとは思いつつ・・・。



先日、東京5棟目にエアコンを配送してもらいました。東京5棟目は家の超近所なので

一度自宅に配送して貰ってから、現地に移動させたかったのですが、某大手家電量販店の

担当の方がそういうことは出来ないとおっしゃるので、じゃあ仕方ないということで

現地に配送していただきました。



その際に追加工事が出たのでお願いした次第ですが、その追加工事分の領収書が

東京5棟目に届いてしまったようなのです。気がついたのは東京5棟目のポストの中に

投函されたチラシを捨てている時。オレンジ色の紙で「この住所宛に郵便物があるけど

表札がないから届けていいかわからないよ」というお知らせでした。



私としては、今回のみ届けてほしいけど、それ以降は届けてほしくないと思っています。

この住所宛に来るもの自体そうそうないはずですが、今回のエアコンのようなケースで

私宛の郵便物が届く可能性はゼロではありません。



目の前のオレンジの紙には「はい、届けてください」「いいえ、違います」のような

2つの選択肢があります。はいにすると、きっと今後もこのポストに私宛の郵便物が

届いてしまうことでしょう。それはそれでちょっと違うんですよねえ・・・。入居者様が

ご入居された後、オーナー宛の郵便が届いたら面倒なことになりそうですし。



そんなわけで、郵便局に電話してみることにしました。今回だけ自宅に転送してもらう、

という方法はないですか、と。最初に電話に出たコールセンターの人は「そういう方法は

ないです」と冷たくあしらわれましたが、それじゃ困るんですと少ししつこくお願いを

したところ、現場の担当さんに電話を取り次いでくれました。



担当さん曰く「転居扱いにするのが一番スマートなやり方です」と。東京5棟目から

ひろ*だけが自宅に引っ越したという体で転居届を出してくれれば、望んでいる処理は

できるでしょうということでした。しかも、転居届は今はインターネットでも処理する

ことが可能ということです。へー、知らなかった!調べてみたら確かにありました。



e転居



早速試してみたところ、特に大きな問題もなくすんなりと転居届が受理されました。

転送開始日の指定が当日からではなく、2日後からしか指定できないのが難点といえば

難点かもしれませんが、それ以外は特に気になることもありませんでした。

便利な世の中になったもんだね〜。



こうして、無事に領収書は自宅に転送されてきましたとさ。めでたしめでたし。



あまり似たようなシチュエーションはないような気もしますが、何かの参考になればと

思ったので記載させていただきました。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:02 | Comment(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

Bフレッツの電気代の名義変更漏れに注意!

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在25位です。東京では今日から全国賃貸住宅フェアですねー。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



札幌で物件を買うとたまにあるのですが、Bフレッツの電気代の名義変更の漏れに

注意しなくてはなりません。



他の地域でどうなのかはよくわからないのですが、札幌で過去に私が購入した物件は

4棟中2棟がBフレッツの設備が導入されていました。これはNTT東日本が建物に

自分のところの光回線の設備を置かせてほしいと依頼してくるためです。入居者様に対し

すぐに光回線が導入できますよ、という準備をするのが目的と理解しています。

(大家が費用負担して無料インターネットを導入するのとは違います)



大家としても、インターネットが既に生活インフラの一部になっている以上、引越後

すぐにインターネットが使えないのはストレスになるケースがあると想像しますので

各社に回線設備を引いてもらっておいたほうがメリットがあるのは間違いないです。

別に費用負担もないので、設置いただけるなら設置した方がベターと思います。



しかし難点もあります。設置すると、その機器が多少ながら電気を消費します。

建物の共用部の電気代がほんの少し上がってしまうのです。

この問題に対し、NTTさんは年に一回その年の電気代に相当すると考えられる額の

費用の補填をしてくれます。大家とNTTさんの間で契約を締結することになります。



この契約が移管されていないことが意外と多いのです。



例えば売却した札幌2棟目。

ここは購入した時点でBフレッツの設備が設置されており、購入時にその契約を

引き継ぎました。そして年に1回、お金が入金されていました。



この物件、3年前に売却していますが、その際に私がすっかり失念しておりまして

契約を引き継がないで渡してしまいました。2年ほど経過してから、売却先の

管理会社さんよりそのことを指摘され、慌てて契約を切り替えた、ということが

ありました。明細を都度きちんとチェックしないとダメだなあと反省しました。



逆に、購入した後切り替えをしてもらっていなかったケースもあります。

札幌3棟目は購入して5年以上経過するのですが、最近になって急にBフレッツの

契約書類が届きました。どうやら前の売主さんが今になってその契約が残っていると

いうことに気が付いたようで、変更の手続きをしてくださったようです。



そんなわけで、意外と漏れやすいBフレッツの契約移行。

札幌以外の地域でもあるのかしら?とにかくお気を付けください!

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:24 | Comment(2) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

民間住宅活用型住宅セーフティーネット整備推進の補助金を受けた物件を売却する時は要注意。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。SeesaaブログがGoogle先生に嫌われてしまった模様。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



民間住宅活用型住宅セーフティーネット整備推進事業の補助金を受けている場合、

売却の手続きが大変面倒になることはご存知でしたか?



H24年〜H26年の間実施された首記の補助金、受けた方もけっこういるかと

思われます。特にH24年とH25年は、H26年と比べても補助金を受けやすい環境に

あったと思われるので、多くの方が活用したものと推察します。



この時補助金を受けた物件を売却する場合、どのような手続きを踏めば良いでしょうか。

え、そんなに気にせず売却しちゃった?それはもしかしたら後から「補助金返せ」と

言われてしまうかもしれません・・・。



この事業の補助金を適用されると、最初の1年は管理状況の報告を行う必要があります。

その後は必要に応じて、国から求めがあった際に管理状況を報告することになります。

この報告の際に「もう売っちゃいました〜」などという話になると、おそらく所定の

手続きを経ていないということで、補助金を返金しなさいという話になると思われます。



ではどうするのかというと、いろいろな書類を添付して国土交通省に申請して、

承認を経てから売却するという流れになります。しかもこの書類が結構多いみたいで、

処分承認申請書、最終募集交付申請書、募集交付決定通知書の写、最終完了実績報告書の

写、補助金額決定通知書の写、所在地のわかる地図等、売買資料・マイソク等、譲渡に

関わる申請書を提出して、国土交通省の承認を得ることが条件らしいです。



しかも、売却した後も引き続き住宅確保要配慮者を優先する必要があり、次のオーナーが

それを護らなかった場合は、元の所有者のところに補助金の返還請求が来るそうです。

10年間はきちんと住宅確保要配慮者に対して門戸を開く必要があります。。



というわけで、補助金を受けた物件を軽々しく売却するのは、地味に大変そうです。

当時補助金を受けた記憶のある方、お気を付けくださいませ。けっこう流行ったと

思いますが、気軽に売るとか考えると、後で痛い目を見るかもしれません。



少なくとも、売却を考えたら、その前に国土交通省へ書類を申請しておくことと、

売買契約書に住宅確保要配慮者の募集に関する特約事項を入れることをお勧めします。



なんでこんなこと知ってるかと言えば、この間「売却したらどうなりますかねー」

などという話をちょっとしたからです。管理会社さんがいろいろと調べてくださって

こういう話になるみたいだよということを教えてくださいました。



札幌1棟目はこの補助金を受けています(来月末にようやく振り込まれます)。

売却となると、そこが面倒になりそうですので、このままホールドになるのかな?

などと思ったりしています。



そんなわけで、補助金を受けている皆様への情報共有でした。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:40 | Comment(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

振込手数料を無料にする方法。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。早起きしたのに結局二度寝してしまいました。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



auを使っている人に、ちょっとだけ得をするかもしれないネタを本日は書きます。



不動産賃貸業をやっていると、何かと「振込」をしなくてはならないケースが多くて

地味に振込手数料が痛いと思いませんか?私もそれは常々思っていて、このもったいない

コストを何とか減らせないかなあと考えておりました。



これまでは住信SBIネット銀行を使ってました。月3回まで振込手数料が無料となり

4回目以降は154円だったので、まあそのくらいのコストだったら許容範囲だねと

考えていた次第です。



しかし、この銀行を越える更に手数料の安い金融機関さんを見つけてしまいました。

振込手数料もATMからの入出金も全て無料という太っ腹な金融機関さんです。

条件付きなのですが、私はその条件を満たしているので思いきり活用可能です。



その銀行はどこかって?知りたいですか?じゃあ教えますね。



じぶん銀行です。



三菱東京UFJ銀行とauが合弁で作ったネット銀行。それがじぶん銀行です。

名前がちょっと恥ずかしいのでこれまではスルーしていたのですが、ある時ふとその

サービス内容を見て「これはアリなんじゃ!?」と思い、口座を開設してみました。



auの携帯を利用している場合、多くの特典があります。

・円定期預金の金利がお得

・ATM&振込手数料0円

・カードローンau限定割最大-0.5%

詳細はじぶん銀行のサイトでご確認ください。



私が一番魅力だと思ったのは、振込手数料が制限なく0円になるというところt

ATMからの出金も0円でいいところです。



先にも書きましたが、この仕事をしていると、振込をする回数が多くなります。

私は少なくとも毎月2件は定期的に振り込まなくてはならないので、住信SBIの

3回まで無料というサービスで基本的には事足りています。しかし、イレギュラーで

いろいろ振込をしなくてはならない月は、手数料がけっこうかかることがありました。

じぶん銀行なら、この手数料が無料になるので、精神衛生上良いのです。



さらに、私はいくつかの金融機関さんで積金や借入をしております。それらの口座に

毎月お金を入金する必要があり、その手数料もばかになりませんでした。最近は

出張が多く、入金も嫁ちゃんにお願いしなくてはならない感じで、けっこう大変でしたが

じぶん銀行からそれぞれの口座に振込入金することで、手数料も手間もかからず

遠隔地からでも操作ができてしまいます。これも便利な要素です。



というわけで、私のやり方だとけっこうメリットが大きいじぶん銀行の口座。

携帯電話の料金が高いんだよなーというところはありますが、どっちみち今のところ

auから乗り換える予定もないので、しばらくはじぶん銀行を使っていこうと思います。

auユーザの方にはおすすめできると思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:09 | Comment(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

物件ホームページをWordPressで作る。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。本日は午後から過密日程でございます。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



サラリーマン大家さんの中には、自前の物件ホームページを持っている人も少なからず

いるのではないかと思います。私も持とうと思って仕掛けを作り始めました。

しかし面倒になってしまい、あえなく挫折した過去があります(笑)

でも、それを乗り越えられるかもしれないツールが登場しました!



先日、勉強会のメンバーが発表していた事例の中に「物件ホームページ」の事例が

ありました。どんな感じで作っているのかと思って話を聞いてみると、レンタルサーバに

自前でWordPress不動産プラグインをインストールして使っているのだとか。

ほほー!そういう手がありましたか。それだったらメンテナンスも楽ちんですね。



で、一人で納得してるけど、そもそもWordPressって何なの?という方もいるでしょう。

WordPressとは、ブログを作成するためのアプリケーション(=ソフトの一種)です。

ブログを書くと言うと、無料ブログサイトで書くことをイメージされるかもしれません。

WordPressは、自分でその無料ブログと同じような機能を作ってしまおう、というもの。



無料ブログだと、運営ルールが変わればそれに従わなくてはなりませんし、サービスの

提供が終了すれば、移転したりしなくてはなりません。広告も勝手に出てきます。

手軽だけど制約事項がいろいろとある、というイメージですね。



他方、WordPressを使うと、月々のサーバ維持費用が若干かかるものの、自分の一存で

ブログやWebサイトの運営ができます。すべてが自分の思い通りになるってのは、

なかなか気持ちがいいものですよ。しかもその気になれば自分のサイトのアクセスの

ためだけに使えるドメインも取得できます。



細かいことは「WordPressとは」みたいなキーワードで検索してみてください。

きっと、ここを見るより有益なサイトがいっぱいあると思われます。

※アフィリエイトやる人もWordPressを使うと良いんじゃないかと。



で、不動産プラグインです。

実際に動かしているところや管理画面を見せてもらいましたが、使い勝手良さそう。

これはいいなーと納得しました。不動産屋さんが自社HPで集客する用途でも

充分使えるだろうと思える充実度です。これが無料なんだからインターネットは

恐ろしい世界です。



最近のユーザは、物件名で検索をかけてくることが多いように感じています。

実際にWordPressで作った自分の物件の情報サイトのアクセス解析の内容を見せて

貰いましたが、物件名で検索をしていることがよくわかる結果でした。



自分が同じ立場だったらどうするかを考えれば、おのずとわかるかと思います。

だって、仮にヤフー不動産で見つけたいい感じの物件があったとして、他のサイトから

契約したらキャッシュバックがあったり初期費用が安くなったりしたら、そちらから

契約したほうがオトクですよね。その時何をキーワードにするかと言えば・・・

少なくとも物件の名称は使われると思います。



そして自分の物件紹介サイトが見つかったとします。

そこに「大家直接契約なら初期費用が○○%OFF」なんて書いてあったら・・・

やっぱりそのサイトから申し込みをしたくなりますよね。

※実際にこれをやると、仲介業者さんにそっぽを向かれる可能性が高くなる諸刃の剣



あるいは、意思決定を補完するツールとしての利用はどうでしょう。

SUUMOにあまり写真が出ていなくても、検索して出てきたサイトに動画や写真が

いっぱい掲載されていて、近隣の情報もどっさり掲載されていたら、その物件にきめる

後押しになると思いませんか?



時間は無理してでも作るものだというのはよくわかっていますが、今は自分自身の

優先すべき作業があるので、すぐにというわけにはいきません。それでもいずれは

物件ホームページをWordPressを使って作るべきだなと考えています。



やりたいことがいっぱい頭の中に出てくると、サラリーマンやってる場合じゃないなあと

焦る気持ちやわくわくする気持ちが生まれてきます(実際には辞められませんが)。

やりたいこと、やるべきことがいっぱいあることは幸せなことなのでしょう。



・・・ちょっと話がそれましたが、いずれWordPressを使って物件ホームページを

作ることに取り組みたいと思います。できれば上半期中に!

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:31 | Comment(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする