2018年03月08日

認定取消になりかねない危険な状態でした。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。確定申告がー・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



みなし認定状態だった太陽光発電、手続きを済ませて認定済みにしたはずでしたが

受付センターの不備で未だに認定されていない状態になっていました・・・。



ことの発端は義母からのメッセージでした。経産省からハガキが来た、という内容で

内容を見ると、太陽光発電の認定内容についての確認のように見えます。

なんかよくわからないけど、とりあえず書いて送り返しておいた方がよさそうな感じ。



記載内容に誤りがあってもいけないと思い、念のため太陽光発電設備を導入した際に

お願いした会社さんに、記載内容の照会をしました。改正FIT法への対応についても

こちらの業者さんがアフターサービスの一環で対応してくれたという経緯がありますので

そこと異なる回答を経産省にしてしまうのも問題だよなあと思ったので。



というわけで、確認のメールを何の気なしにしたところ、その返答にびっくりしました。

曰く、認定がまだ受理されていない状態だった、と。



業者さんにて、なんでこのハガキが来たのかを経産省に問い合わせてくださったとの

ことでした。そしてその結果が、まだみなし認定の申請が受理されていない状態だから

ハガキを送った、ということだったようです。



業者さんもこれにはびっくりで、みなし認定の申請は昨年中に行っているということを

伝えたところ、代行申請センターへ事情を伝えることを勧められたということでした。



この代行申請センターがかなり混雑しているようで、なかなかつながらず・・・。

ようやく繋がったので状況確認した結果、大量の案件を抱えているがゆえに何かの

手違いが生じ手続きが進んでいない模様でした。あぶねー。



業者さんの方で代行申請センターさんと確認をした結果、私の書類一式は既に受領済と

いうことがわかりました。よって、設備取消や買取価格に変更等は一切なしという

ことになります。



まずは、保守契約もしていないのに、きちんとアフターフォローをしてくださる

業者さんにお礼を述べたいと思います。感謝します!



その上で、今回のケースについての反省ですが・・・

業者さんに任せきりになっていたことについて、今後気を付けないとと思いました。

任せるところは任せるけど、最終チェックとかは自分で最終提出先に対して行わないと

今回のような認識違いや抜け漏れが発生してしまうのかな、と。



一歩間違えれば太陽光の認定取消に発展してもおかしくない事案です。

心して念入りに確認しておくべきでした。可能性を考慮する危機管理能力がやや

不足していたようにも思います。



同様の事案を発生させないよう、気を付けます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:04 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

改正FIT法に伴う法令順守のための対応開始。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。予想はしてたけど、名古屋で2キロ太った・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



夏休みの宿題をギリギリにならないとやれない私ですので、改正FIT法への対応も

当然ギリギリ。今頃になってようやく設置する看板を発注しました。



改正FIT法施行に伴い、改正FIT法以前から太陽光発電を行っている事業者は

「みなし認定」の状態になっておりました。みなし認定状態を解消するためには、

事業計画書の提出が必要となります。事業計画自体は、私の場合は施工業者様が

対応してくださったため、必要な情報を送付するだけで済みました。



事業計画を送付した後、やらなくてはならないこととして

・標識の掲示

・メンテナンスの実施

・フェンスの設置

の3点があるということを施工業者様より連絡いただきました。



このうち、フェンスの設置については当初よりフェンスがあるため問題ありません。

標識の掲示とメンテナンスの実施の2つが必要となります。



標識については、こちらのサイトにあるような内容を記載して掲示することになります。

義母が「なんでうちの個人情報を晒さなきゃならないのよ」とご立腹だったのですが

(仙台法人で太陽光を設置したので、義母の自宅の住所を掲示する必要があります)

やらないと電気を買い取ってくれないからということで渋々承諾して貰いました。



そしてこの週末、ようやく重い腰を上げ、設置するための看板を発注しました。




こんな感じのやつです。お値段は5000円を切る程度でおさまりました。



高圧なので、太陽光にも保守メンテナンスの業者さんを入れています。

電話番号は「発電事業者とメンテナンス業者のいずれか片方を掲示で良い」と

なっていましたので、保守メンテナンスの業者さんの電話番号を入れました。

義母の憤りも少し和らぐことと思います(たぶん・・・)。



実際に設置する日をいつにするかは考えなくてはならないですが、とりあえずモノは

さっさと発注してしまわないとですね。3月末までに仙台に行く予定がないんですが

臨時で設置しに行く予定を作らないとダメかなあ・・・。



なお、ついでにグランドカバーのためのクローバーの種も発注しました。




クローバーって背が低くて地面に密集して生えるから、他の雑草が生えにくくなる、

かつ太陽光パネルを覆い隠すまでの大きさにはならない、結果として背の高い雑草が

生えにくくなり、太陽光パネルの発電を阻害しにくくなる、という効果があります。

雑草が生い茂り、太陽光パネルに対して影を作る状態になると、発電効率が極めて

落ちてしまうというデメリットがありますので、その対策としてのクローバーです。



2年連続であまり生えてこなかったのですが、今年は何とか生えていただきたい。

もう何年か取り組んでダメならあきらめます。生えてくれると雑草対策になるので、

できれば群生していただきたいところなのですが・・・難しいかな?



それからメンテナンス。施工業者さんから送られてきた資料には、以下の内容が

記述されておりました。



メンテナンスの内容は、メンテナンス計画に則る必要があります。

メンテナンス計画には「定めるべき内容」として以下の6つの項目が挙げられています。



計画に定めるべき内容

【いつ】保守点検及び維持管理スケジュール

【だれ】保守点検及び維持管理の人員配置・体制計画

【どこ】保守点検及び維持管理の範囲

【どう】保守点検及び維持管理の方法

【法律】保守点検及び維持管理時の安全対策

【記録】保守点検及び維持管理結果の記録方法



最低限、この6項目を民間のガイドラインに従って決める必要があります。

民間のガイドラインでは、メンテナンスの頻度が設置容量10kW未満と以上で、

このように示されています。



10kW未満の頻度:1年目、5年目、9年目、以降4年に1回

10kW以上の頻度:4年に1回




要するに、計画書を作って、その通りに運営しなさいと言っているのかな?



高圧なので、保守メンテナンスに関しては当初より保守をしてくれる業者さんを

入れております。これまでのトラブルの際にもその業者さんが駆けつけてくれています。

そういう日常の計画とは違い、何年かに一度点検する際の保守メンテナンスの計画、

という捉え方をすればいいのでしょうか。



うーん、正直よくわからない^^;

このガイドラインを送ってくれた施工業者さんに連絡してみようか・・・。

(誰か詳しい方教えてください・・・)



まあとりあえず、改正FIT法対応は3月末までに終わらせます!

今から始めれば間に合うでしょうというギリギリのタイミングにならないと始められない

だらしない私がようやく動き始めましたよ、ということで。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:52 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

野立て太陽光発電所、発電量ゼロになるトラブル発生。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。仕事がいっぱいいっぱいで手に負えないorz

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



今週早々に関東地方に住む方を騒がせた大雪。昨日は東北地方でもだいぶ降ったようで、

こちらで手掛けた野立て太陽光にもその影響が出てしまいました。



昨日のお昼頃、太陽光の遠隔監視装置からエラーのメールが届いていました。

内容を見ると、どうやら発電量がゼロだよというメッセージになっているようです。



普段なら慌てて保安協会さんの手配にかかるところですが、今年は一味違います(?)

たぶんこのトラブルではないか?という予想が立っているからです。

何かと言うと・・・冒頭で書いた通り、雪だろう、と。



昨年の同じくらいの時期にも、同様のトラブルがありました。突然発電量がゼロになり

急いで保安協会さんを手配したところ、パネルに雪が積もって発電しなくなっていた、

というオチだったのです。

(当時のブログはこちらを参照ください)



義母に「そちらは雪降ってますか?」とメッセージを入れたところ、降っていると

返信がありました。仙台市内で20センチ以上積もっているから、おそらく太陽光の

現場も10センチ以上は積もっているんじゃないか、と。

そうなると、昨年の事例から考えれば今回も大雪でパネルが発電していないものと

考えて良さそうです。自然の力で発電する太陽光発電。自然の力に負けて発電できない

ケースもあるということですね・・・^^;



発電しない状況が何日も続き、かつ義母から雪が降っていないようだと言われた場合は

改めて保安協会さんを手配しようと思います。念のため、隣の区画を持っている

投資家さんにも状況確認してみるか。



余談になりますが、昨年の太陽光発電の実績と今年の実績を遠隔監視装置を使って

ざっくりと比較してみました。



前年度割れしているのが3月、8月、10月。10月は前年度比較で6割くらいしか

発電していません。8月に至っては5割です。3月は1割減。

逆に9月は前年度の1.5倍くらい発電しています。4月は1割増しでした。



※2016年1月は月の途中まで遠隔監視装置が稼働していなかったため対象外

※2017年6月は遠隔監視装置故障のため記録が取れない日が多いので対象外



トータルで見ると、昨年より発電量は減少しています。夏から秋にかけての天候不順が

モロに影響していると考えられます。あまり芳しくない成績だったので、今年は収支的に

やや厳しい感じになりそうです。



収支があまり良くならない理由の一つとして、保証協会に払う保証料があります。

けっこう高い値段を持っていかれてしまうので、これがキャッシュがあまり残らない

大きな要因の一つであることは理解しています。借入している金融機関さんに対して

保証を外してプロパーに切り替えられないかと相談したこともありましたが、金利が

けっこう高くなってしまい、あまり意味がないという話と、段階的に保証料も下がるから

何年か辛抱してほしい、という感じのことを言われてしまいました。



この太陽光に関しては、当初補助金や消費税還付などで手元に初期費用がだいぶ戻って

きております。そのことを考えれば、別にトントンでも十分利益は出ているし、

手元資金が増えたという功績は間違いなくあります。法人の売上を押し上げている

要因にもなっていますし、基本的にはとても良いものと認識しています。



太陽光パネルは出力が年々低下しくということですが、それと同等かそれ以上に経費も

減っていきます。例えば、元金均等で借りているので、返済額が年々減っていくとか、

保証料が段階的に減っていくとか。そう考えれば、もう何年か経てばそれなりに手元に

お金が残るようになるだろうと考えられます。



今年は天候がよくいっぱい発電してくれると嬉しいのですが・・・。

そんな願いとは裏腹に、いきなり降雪トラブルということで、先が思いやられます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:59 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

改正FIT法に対応した発電所に変身させるために必要なこと。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。ドラクエ11は裏ボス前の各地巡礼中。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



改正FIT法が施工され、仙台法人が保有する高圧太陽光発電所に関してもそれに則った

事業計画の提出を施工業者さんに行っていただきました。あとはそれ以外の手続きを

1年以内にやらなくてはなりません。



残っている手続きは「看板設置」「メンテナンス計画の策定・実施」となります。



仙台法人で運営している太陽光発電所は、250kWのパネルを積んだ野立てです。

野立てとなると、看板設置は必須。フェンスも必須ですが、フェンスは既に設置済につき

新たな設置は不要なはずです。隣の所有者の違う区画と一部だけフェンスがなく繋がって

いる箇所はありますが、「外からの侵入」という意味ではそこは経路にならないので

たぶん大丈夫なのだろうと思っています。もしNGが出たら設置するしかないですけど。

ですので、わかりやすいところではフェンスの設置が急務となります。



幸い、ネット通販を見てみると、改正FIT法に則った看板も売ってました。




こういうところで探して購入し、針金かなにかで設置しておけばいいだけですから

まあこちらについてはそれほど大きな問題にはならないでしょう。



あとはメンテナンスです。

施工業者さんから参考資料として送られてきたものを読むと、以下の記載がありました。



【いつ】保守点検及び維持管理スケジュール

【だれ】保守点検及び維持管理の人員配置・体制計画

【どこ】保守点検及び維持管理の範囲

【どう】保守点検及び維持管理の方法

【法律】保守点検及び維持管理時の安全対策

【記録】保守点検及び維持管理結果の記録方法



最低限、この6項目を民間のガイドラインに従って決める必要があります、とのこと。



民間のガイドラインでは、メンテナンスの頻度が設置容量10kW未満と以上で、

以下のように示されている、ということです。



10kW未満の頻度:1年目、5年目、9年目、以降4年に1回

10kW以上の頻度:4年に1回



これは明文化したものを手元に置いて、その通りに遂行していけばいいのかな?

高圧なので、そもそも保安協会さんにメンテナンスと対応は依頼しておりますので

【だれ】に関しては解決しております。【いつ】に関しても、年に1度の点検は

実施していますから問題なし。【どう】は遠隔監視システムがあるので、それを見て

異常があれば対応する(基本的には異常時に自動送信でメールが来ます)という形で

いいのかな、と思いました。



残りの【どこ】【法律】【記録】に関しては、正直よくわからないので確認が必要です。

他の人のやっていることを参考にしながら、うちでも改正FIT法に則った内容で

ちゃんと対応しなくては・・・。やることリストに加えておこうと思います。



法律にもきちんとついていかないと、いつの間にか違反業者になっていて売電の権利が

なくなってました、なんてことになりかねません。追随していきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:08 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

停電されるとさすがに太陽光発電は何もできません。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在7位です。ドラクエ、そう来たか!うわー。これは絶望感が半端ない。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



太陽光発電所のある地域限定で、まさかの停電発生です!



とある日の朝、遠隔監視装置からエラーを示すメールが届いておりました。内容を見ると

「系統連携で異常が発生」とあります。この手のエラーは他に「発電されていません」

というものが過去にはありました。発電されていないというエラーの場合は、パネルや

パワコンなど電気を作る部分で問題が発生していることが多いです(パワコンの故障や

雪でパネルが覆われて発電されていないとか)が、系統連携で異常というパターンは

電気は作られているけどそれを送電できないということが多いのです。



電力会社さん側で何かあった?



とりあえず義母にメッセージを打ち、保安協会さんに電話してみてくださいと伝言。

ほどなくして返信・・・あれ、隣の区画を所有しているからだぞ?



「停電したって連絡が今入りました」



なるほど、停電か!それだったらうちも隣も発電しないわけだ。

電力会社さんから直接連絡がきたようです。そして電力の供給が再開されたとしても

自身の発電所の発電を復旧させるには、現地に行って復旧の手続きをしなくてはならない

と言うことでした。私が知りたかった情報を先に確認してくれていたので、助かります。

仙台法人で持っている発電所なので、第一報は仙台に行ってしまいます。

私は義母からのまた聞きでしか把握できないことが多いので。

(あれ、でも隣の区画の人から聞いてもまた聞きには変わらないか?)



「保安協会さんへの復旧作業の依頼もまとめてやっておきますか?」と言って

いただけたので、ありがたくお願いすることにしました。



そんなやりとりをしている中、義母からも反応が。確かに電力会社さんからそのような

連絡は受けた、と。ですので、隣の区画の人との話を伝え、こちらでは発電が復旧したか

遠隔監視装置で確認するだけでいいですから、としました。



そして停電から4時間超が経過したくらいの頃合いで、義母から「復旧した」という

連絡がありました。良かった!



「でも天気悪くてほとんど発電してないけどね・・・」

「8月は天気最悪で発電量ものすごく少ないかも」



ま、まあそれは悲しいけど仕方ないです^^;

今年は昨年より調子がよさそうだったんだけどなあ。



ともあれ、無事に復旧して良かったです。

太陽光って、思っていたよりいろいろとあるんだなと実感しました。

そして、この復旧のために現地作業して貰った分の費用も、保安協会さんから

いずれ請求が来るんだろうなと思うと、なんか釈然としない思いは残ります^^;



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:13 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする