2020年10月31日

太陽光発電所、行政に認定関連の書類を出さないといけないらしい。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。籠もって作業しないとだけど、魅力的なイベントもあり悩む。

応援クリックよろしくお願いします→



前から持ってる高圧の太陽光発電所、なにやら行政から書類を出せという話が

義母のところに届いているようです。行政独自の動きっぽいです。対応しなきゃ。



ちょっと前の話ですが、義母のところに太陽光に関してどうのこうのというお手紙が

届いていたようです。私はその頃ちょっとサラリーマンのお仕事でテンパってたようで

そのことを全然覚えていなくて・・・。面目ないのでございます。



そして先日、お手紙が再度届いたということが義母より連携されました。

私の気持ち的には初見なのですが、義母的には初見なわけないでしょ!と仰います。

大変失礼をば致しました。



届いた文書を読むと、行政区域にて策定された「太陽光発電施設の設置等に関する

ガイドライン」に基づき、高圧の場合は以下の書類を提出してほしいとのこと。



・令和2年3月31日以前に、FIT法に基づく認定を得ている事業者

 国に提出した「事業計画認定申請書」の写し及び通知された「認定通知書」の写し

 (みなし認定の場合は、「事業計画書(みなし認定用)」の写し)



これを見る限り、稼働した後にルールが変わって改めて申請したみなし認定の書類を

出しなさいと言っているように見えます。みなし認定か・・・。施工業者さんが

アフターケアの一環としてやってくれたところで、あまり明確に覚えていない(汗)



手元の資料を探しましたが、当初の認定通知書しか見当たらなかったです。

施工業者さんに聞いてみようか。そもそもこの記述であれば、本当に出すべきは何なのか

それも教えていただいた方がいいだろうと思いました。



ということで、施工業者さんにメール。こんなこと言われてるけどどうしたら良いか、と

お伺いを立てました。お忙しいでしょうから、そんなにすぐ返事は来ないと思いますが

頃合いを見て連絡が来てくれればいいな、という感じです。先方の利益にならない仕事で

急かすつもりはありません。



メールを送ってから数日。施工業者さんの社長から着信がありました。私も仕事中で

電話に出られず、後日折り返し。



私がそう理解したというだけかもしれませんが、先方は「最初に取った認定通知書を

送るだけでいいのではないか」という見解でした。とはいえ、色々話す中で、

みなし認定の申請書類一式も念のため送ります、ということに。一応両方あった方が

安心できるから、それでお願いします!



後日、メールでみなし認定の申請をした時の書類が送られてきました。承認を受けた

書類はなかったですが、とりあえずこれも含めて送っておこうっと。後は連絡があれば

追加対応しますって感じで。



これで義母も「行政への書類どーすんのよ」と騒がなくて済みます。

すぐやる課の人なのでタスクが溜まっているとイライラしてしまうタイプです。

寿命が縮んでも困るので、なるべくすぐやる課でいこうと思います。

(サラリーマンの仕事も性格的なものもあるので難しいんですけどね〜)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:23 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

低圧太陽光が分譲認定されちゃったようです。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。インフルエンザの予防接種があるんですよね、今日。憂鬱。

応援クリックよろしくお願いします→



ノールック野立て太陽光、売電収入に直接の影響はないのですが、業者さんの方で

想定外があり、所有権が移転できずに困っているようです。



来週末ようやく見に行くことになったノールック低圧太陽光。やっとノールックという

冠詞を外すことができます。こちら、土地は地主さんが保有しており、20年の賃借権が

設定されています。返却時に更地にして返すなどの約束ごともなさそうなので、最後に

廃棄する費用がかからなくていいなと思っています。



今のところ、売電量も返済は悠々と上回っており、安心してみていられます。

今後冬になるにつれて、たぶん返済に届かない月も出てくるのだろうなと思いますが、

9月は倍近い金額の売上があがっていたので、トータルで見れば問題なくプラスに

なってくれるものと思います。



滑り出しは良好なこちらの案件でしたが、その一方で何やらややこしい話も・・・。



こちらの太陽光は低圧を似たような地域で作っている業者さんが建売というか分譲と

いうか、そういう形態で販売したものです。だからたいした利回りじゃない、という

事情はあるのですが、その業者さんからなにやら打ち合わせをお願いしたいという

ご連絡がありました。



何か書類を取り交わす必要があるような打ち合わせなのか確認すると、そうではないと。

サラリーマンの仕事も多忙なので、もしどっちでもOKな打ち合わせであれば、電話で

済ませたいなあという気持ちも・・・。そこで、電話でやりとりでお願いできませんかと

お願いをして、それでOKということになりました。



都合のつくときにこちらから電話すると、先方としては「本来電話で済ましていいような

お話でもないので、対面でご説明したかったのですが・・・」と切り出してきます。

え、そんなに深刻な話なんですか?こわっ。聞きたくない(とも言ってられないけど)。



切り出された話は・・・「経産省が事業者変更を認めてくれない」というお話でした。



昨今、業者さんが一つの土地を区切って複数の低圧太陽光にして販売することはNGと

されており、経産省さんが認可しない流れが出来ているそうです。各事業者さんは

その流れを受けて、隣接地での開発は行わないようにしているのだとか。



実際、今回私が購入した太陽光も、地番で見ると少し離れたところにありました。

地番が割と飛んでいたり、そもそも別の住所だったり。回るの面倒だなと思った

記憶もあります。



今回、3つの低圧野立て太陽光の事業者を切り替えるため、業者さんがポータルサイトで

事業者変更の登録をしてくださいました。私たちが承認して、経産省さんの審査でOKが

出て切り替わる流れにはずだったのですが、なぜか経産省から不備を指摘されて差戻を

くらっている情況が続いておりました。



どうやら、この差戻をくらっている原因が、分譲の現場であると認定されてしまって

いることなのだそうです。



「他のお客様でも同様に承認されずに困っている」

「既に販売済みのお客様にご迷惑をおかけしないよう、全社を挙げて経産省と交渉中」

「顧問弁護士とも相談している」



という状況だということでした。なるほど・・・。



分譲はなぜ禁止されているのか調べてみたところ、どうやら本当は高圧の規模なら

やらなくてはいけない手続きが低圧認定されることで省略されてしまうこと、

及び電力会社さんの初期負担費用が増加することが背景にあるようです。

(参考にしたページはこちらです)



業者さん曰く、今までは隣接地でなければOKは出ていたのだが、今回の申請くらいから

それが多少離れていても分譲とみなされるようになってしまった、とのことでした。



情況はわかったのですが、ではそれによる具体的な私の不利益ってなんでしょう?

売電収入は既に入っているので、当面不都合がないように見えてしまうのですが・・・。



この質問に対しては「売却が出来ない」ことに尽きるようです。

今売りたいと思ったとしても、そんな状態の太陽光じゃ確かに売れないですね。

逆に言えば、当面保有するのであれば別に困らないということと理解できました。



業者さんは平身低頭でひたすら謝罪という状態でしたが、それをあまり責めても

仕方ないことでしょう。誰もこうなると思っていなかったのだから、一種の事故です。

時間がかかってもいいので、会社としてきちんと顛末をつけていただけるのであれば

別に急ぎませんから、ということをこちらからはお伝えした次第です。

(甘いやつです、はい)



まあしかし、いろんなことがあるものですねー。会社がつぶれてしまうリスクは

不安材料ですが、こうなってしまった以上は仕方ないので、成り行きを見守ります。

売電収入は入っていることですしね・・・。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:58 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

過去4年間の太陽光の実績を並べたけど、経年劣化ってあまり感じない。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。肩こりがほんと酷いわー。

応援クリックよろしくお願いします→



昔から持っている野立て太陽光(高圧)の収支を年度別にまとめてみました。

天候や経費の過多はあれど、傾向としてはだんだん手残りが増えているようです。



某政府系金融機関さんにコロナ融資を申し込んだところ、何やらいろいろ資料を

要求されたとのことで、義母からこれとこれを作ってほしいというリクエストが

ありました。その中の一つに、太陽光の税引前キャッシュフロー表がありました。



太陽光に関しては、実際のところどのくらい手残りがあるんだろう?という点について

稼働後ずっと不安を持っておりました。そしてそれは金融機関さんも同じだろうと

思っていました。ですので、それがわかる資料を自分のためにも金融機関さんのためにも

作った方がいい、という判断をしました。



一年間の売電実績と、それにかかった経費というかキャッシュアウトの部分を経費ごとに

羅列して、売電実績−各種経費という形で、最終的な税引前キャッシュフローを算出して

おります。



こちらについて、今出ている分まででいいので資料を作ってほしいと依頼されたので、

情報を貰って作成。義母に無事渡すことが出来ました。



さて、それを作った後で、ふと思ったのです。年度ごとのキャッシュフローの推移って

どんな感じになっているんだろう、と。勢いに乗っている今のうちに計算しちゃおう。

そう思って、過去に作った資料を引っ張り出して、年度ごとに並べてみました。



売電額は平均して1100万強。2年前に1140万という数字をたたき出したのが

一番売電金額が高い時でした。この時は固定資産税も3年の優遇のラストイヤーで、

保証協会の保証料もちょうど安くなるタイミングでした。元金均等で借りているので

返済金利も少し減り、返済額も少なくなってきてました。そういった要素もあり、

キャッシュフロー自体もこの年が最高額になっております。



保証協会の保証付きの融資なので、保証料が重いです。最初の2年は、年間90万弱の

保証料を毎年払ってました。なんでこんなにキャッシュ残らないんだろうと思ったら

それが原因だったというオチ。

3年目からは30万ほど減額されています。徐々に減っているとはいえ、重いです。

今回のコロナ融資でさらっと置き換えできないかなあ。。。そうしたら保証料も

かからなくなるし。義母に聞いて貰おうかな。



金利の支払は元金均等なので徐々に下がっています。固定資産税(償却資産税)も

当初3年で徐々に下がっていましたが、原綿期間が終わったようで4年目からは

初年度と同等の金額になってしまいました。土地の固定資産税のように減価しない

ものではないので、太陽光は徐々に固定資産税が安くなります。安くなればその分

手残りが増えることになるので、ありがたい。



傾向としては、ちゃんと毎年キャッシュフローが増えているということになりました。

パネルの売電量が経年劣化で減るという話がありましたが、どちらかというと天候に

左右される要素の方が大きいように感じました。むしろ初年度が一番売電額が低く、

あまり劣化している感じを受けないです。



実際にやってみて色々わかってきた感じがしますが、制度的にはもう今後太陽光を

新たに作る機会ってなさそうですね〜。自然エネルギーに転換すると言っても、

太陽光は蓄積が出来ないという点があるし、天候依存で発電量が安定しないという

問題もあるでしょうし・・・。果たして国のエネルギー政策は今後どうなって

いくのやら。



今後もたまに振り返って成績を眺めてみようと思います。

何か気づきもあるかもしれませんしね。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:13 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

購入した低圧太陽光の手続きあれこれ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。現地行く日程を考えないとだなあ。

応援クリックよろしくお願いします→



ノールック低圧太陽光(さすがに早くルックしたい)、購入後の手続きをしています。

意外とやること多くて、早速めんどくさくなってます(相変わらずテンション低い)。



仙台法人で2基、東京法人で1基購入した低圧野立て太陽光。現在、稼働初期の

手続きをあれこれやっております。



仙台法人と東京法人だと、売上規模も財務状態も圧倒的に仙台法人の方が上です。

ですので、信販会社さんからのウケも仙台法人の方が上。両方とも2基ずつ購入を

目指しましたが、東京法人は1基に留まりました。



しかも、信販会社さんも条件がいい方は仙台法人しか承認してくれず、東京法人は

ちょっと条件が悪い信販会社さんでしか承認が出ませんでした。この条件の悪い方が

太陽光の設備一式に抵当権設定すると主張し、太陽光の施工業者さんが抵抗して

くださったものの、どうしても折れなかったということでやむなく抵当権設定の

手続きをすることになりました。これで10万くらい余計な出費が・・・。



次に、税理士さんにこの太陽光の情報を届けるための情報整理です。

同じ会社さんから4基購入を目指し、うち1基はNGで3基のみ購入になりました。

固定資産として登録して貰うためには、契約書とか必要な情報を送る必要があります。

何を送ったらいいか確認するとともに、買えなかった1基の契約書を別のところに

よけておいたり、購入金額の整理をしたりしました。そして顧問税理士の先生に送付。

今のところこれに関しては返事がないので、大丈夫だったのだろうと思うことにします。



それから、火災保険の手続き。仙台法人で引いた信販会社さんの融資に関しては、

10年の太陽光発電の設備に対する保険がついているので良いのですが、東京法人で

引いた信販会社さんにはそれがありません。なので、今まさに無保険状態という

問題があります。また、仙台法人分に関しても、休業補償や施設賠償責任保険への

加入は必要と考えます。よって、これらについて保険代理店さんにお見積を依頼。



割安になる「5年契約・年払い」のプランを希望していますが、賃貸住宅の火災保険で

あればすんなり入れるこのプランが、太陽光になると、保険会社さんからの所定の質問に

回答して、その回答内容が妥当であれば5年契約にできるという謎のシステムによって

すんなり入れない仕組みになっています。保険引受リスクを測る質問なのでしょうね。

(同じように、ホテルの火災保険も質問に回答することで5年契約可能となりました)



質問の内容がけっこう専門的(と素人から見たら思えました)なので、施工業者さんに

質問を投げて回答を依頼しております。5年契約OKって回答が来ればいいな。



あとは施工業者さんとのやり取り。電力会社さんとの電力受給契約確認書を送ってと

言われたので探し出して送ったり、先方から送られてきたエコめがねのIDと

パスワードを見ながらエコめがねの設定をしたり。



エコめがね、初期登録で住所やら売電金額やら色々入れるのは理解できるのですが、

パワコンのメーカーとかパネルのメーカー、パネルの方位や角度まで入れさせられるって

一体何にこの情報使ってるの!?と不思議な気持ちになります。そんな細かい統計情報は

出さないくせに。めんどくさいったらありゃしません。



これらの情報も施工会社さんに確認して入力し、昨日ようやく登録完了となりました。

正しい数字を表示しはじめたエコめがねさんによれば、8月は20万くらいの売上が

あったようです。おお、これはありがたい。いい感じに発電していて良かったです。



意外とめんどくさくて、だらだらとやっていた太陽光関係の手続きも、火災保険さえ

片付けば完了の見込みです。来年のハイシーズンにガッポリと稼いでくれますように。

(そんな大きくは稼げないのはわかってますけど)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:09 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

ノールック太陽光発電所の売電開始時期や草刈りについて。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。お盆休みはのんびりさせていただきます。たぶん。

応援クリックよろしくお願いします→



ノールック低圧太陽光、未だノールックですが、売電開始時期の変更があったり、

草刈りのご提案を地主様より頂戴したり、ちょうど初期稼働のバタバタをしております。



ノールックで購入の意思を示し、ノールックのまま融資も決めて、ノールックで決済も

終わってしまった低圧太陽光。本当は現場を見に行きたいところなのですが、コロナの

影響もあるので自粛中です。テレワークで飲み会もしない、夜の街にも行かない生活を

送っているので大丈夫だと思いますが、万が一義母にうつして重症化などしたら大変、

という嫁ちゃんの意向により、帰省もせず閉じこもる生活になっております。



もうちょっと自由に動ける雰囲気になってきたら、現地を見に行かないとなあ。

購入までノールックはやむなしとしても、一度も見に行ってないと言うのはさすがに

私としても気持ち悪い感じがしております。



あ、保険もまだ入ってなかった・・・。手続きしておかなくちゃ。

どうも優先度が下がってしまっているんですよね、この件。いかんいかん。

保険と言えば孤独死保険の更新も近々あるし、一部物件の保険の切替もしないと

いけない状態でした。緊急性がなくて放置している話が増えてきているのを感じます。

いかんな、全部やっつけよう。。。



さて、太陽光の話に戻りましょう。



支払が終わった後、太陽光の設置をした業者さんの担当の方から、信販会社さんへの

返済開始は8月、売電開始は7月という話で伺っておりました。少し時間差があるため

1ヶ月分は返済無しで手元にプールできるのかな?と考えると、ちょっと嬉しいです。



・・・と思っていたのですが、先日担当の方からお電話があり、手違いで7月からでは

なくて、8月からになってしまった、と。申し訳ないとかなり丁重にお詫びされて

しまいましたが、私はむしろ7月の発電量は天候不順で少なかったというところから

8月から20年の方がいいんじゃないか、と考えています。確かに、返済がない1ヶ月が

なくなってしまったのは残念ですが、その分きっとトータルの収入は増えるはず。

そう思えば、別に問題ないという気持ちになりました。



しかしこの話にはオチがありました。業者さんがこう言い出したのです。

「お義母様に報告したら大変ガッカリされていたようでして・・・」

・・・そうか、義母は年齢考えたら今早く欲しいよね、お金(汗)

年齢の差を考えたらそうなるよねと納得する一方、今これだけ関係が良くても

いつか死別という形で別れが来るんだよなあ、とか妙にセンチな気持ちになりました。

出来る時に親孝行しよう・・・コロナがなければもうちょっと頻繁に仙台に行って

顔を出したいところですけどねえ・・・。



今回の太陽光は、仙台法人で2基、東京法人で1基購入しました。

仙台法人もぼちぼち減価償却が取れなくなってくる頃合いですし、東京法人はそもそも

売上がだいぶ少なくなってしまったので、太陽光を持たせて売上を底上げするのは

悪くないと思います。減価償却問題があるから、定率法にした方がいいのかな?

仙台法人は2月末決算なので、様子を見ながらじっくり考えれば良いでしょう。

東京法人は7月末決算なので、決算までに届け出しないとまずいですね・・・。

なんとなくこっちは定額法でいいような気もしています。第三者の意見聞いてみよっと。



さてさて、太陽光と言えば草刈りは切っても切り離せないものです。

今回の太陽光発電所も草刈りどうしようかなと思っておりましたが、そんな考えを

見透かすかのように施工業者さんよりご提案がありました。

いや、もしかしたら業者さんではなく地主さんからの提案だったのかもしれません。

(太陽光を設置している土地は、20年の賃借権で取得しています)



その草刈りのお値段ですが・・・残念ながら少し高めでした。既存の高圧太陽光と

比較するとかなり割高。既存の太陽光はシルバー人材センターさんに対応いただいて

おります。ただ、こちらはちょっと過剰に安いくらいなので、この水準まで下げるのは

現実的ではないと思います。



率直に意見を施工業者さんにぶつけたところ「私も高いと思います」とのこと。

過去の経験からこのくらいの価格が妥当ではないか、というご意見も頂戴しました。

うまく落としどころをつけるよう交渉します、と言ってくださいましたので、

お願いすることにしました。うまく話が進めば良いのですが・・・。



決裂したら、シルバー人材センターさんを頼りますかね。



そんな具合で、のんびりと太陽光の稼働後の調整をしております。

売電収入が入るのが楽しみです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:09 | Comment(3) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする