2019年09月01日

作業中の事故でシルバー人材センターさんとてんやわんや。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。やべ、ゲームばっかしてて事務処理できてない・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



いいことが続いたのですが、やっぱその反動で(?)悪いことも起こります。

既存の太陽光発電で予期せぬトラブルが発生しました。



この一週間の間に、東京8棟目が一気に2部屋埋まって申込ベースで満室になったり

その1その2)、札幌5棟目に申込が入ったり低圧太陽光を4基契約したり

東京9棟目の売却に成功したりといいことが続き、ちょっと嬉しい気持ちでした。

ブログには書けないけど、ちょっと仙台で発生した事案も想定の範囲内の最小限の被害で

済んだし、最近ついてるなあと自分でも思っていたところです。



しかし、やっぱり世の中うまくバランス取れているようで・・・

大きな問題ではないものの、ちょっと想定していなかった事故が発生しました。

その問題は・・・太陽光発電所の草刈り時に、シルバー人材センターの作業担当者さんが

電気の配線を草刈り機で少し切ってしまった、という事故です。



仕事中にシルバー人材センターさんから着信が。仕事中なので出られません。

とりあえず後で電話しようと思いつつ、他の電話がいろいろ入っていてそこまで手が

回らなかったので、義母にお願いして電話して貰うことにしました。



で、別の電話とか諸々対応して昼休みが終わる頃に、謎の携帯電話から着信が。

いろいろかけた電話の折り返しかなと思って、あまり時間もないけど出てみたら

「シルバー人材センターのものです」と。おっと、なんかこれは急ぎの事態の予感。



話を聞くと、どうやらシルバーさんが草刈りをしている時に、送電するためのケーブルを

草刈り機で切ってしまったとのこと。応急処置をするために電気屋さんを呼びたいが

問題ないか、という内容でした。



よくわからないですが、その辺にいる電気屋さんでこの辺簡単に直せるものなのかしら?

パネルの下から伸びている、たぶんパワコンに向かっている電線の被覆部分を少し切って

しまったようなので、電気が一部送電されていないような気がします。単純に電線を

繋ぎ直せばいいのかもしれませんが、太陽光なのであまり適当な工事をされて送電が

うまくいかなくなってしまったら困るよねえ、と。



どうしようかと悩みましたが、施工業者さんに電話して、簡単に直せるものなのかを

確認した方がいいなと判断。一旦保留としてくださいとして電話を切りました。



ただ、もう昼休みが終わり時間がありません。義母に電話して施工業者さんと

シルバー人材センターさんに連絡を取ってほしいと伝えました。まず施工業者さんに

電気工事をしてもいいのかという確認をして、指定業者さんや指定の工法があるなら

それをシルバー人材センターさんにお伝えしてほしい、と。



こういう時、私だけだと会社の仕事をしているので、限界があります。

義母がこの辺の対応をしてくれるなら、とても助かります。実際、いろいろやって

くれるので、私の負担がある程度軽減されております。感謝しなくては。



その後、義母から対応結果について連絡を貰いました。

施工業者さんに連絡を取り、現地に近い電気屋さんを紹介して貰うことにしたけど

電気屋さんとなかなか連絡が取れず、シルバー人材センターさんとしては早く処置を

しなくてはと焦っているので、シルバーさんが知っている電気屋さんを手配した、

という状況のようです。



結局、私としてはそれでいいのかが今ひとつ判断できかねます。

電線の被覆を切っただけならいいのですが、触ると多少ビリッとするということで

伺ってますので、きっと電線まで影響しているものと思われます。

たぶん単純に電線を修理すれば終わるような気もしますが・・・それでいいのかな?



こういう時、技術的なところがわからないと判断ができないので、歯がゆいです。



この後、私も施工業者さんに電話して、症状としてどこの電気屋さんでも問題なく

対応できるようなレベルなのかを聞いてみようと思います。

そこがわかれば、なんとなく対応の方向性が見えてくると思うので。



なお、この対処の費用はシルバー人材センターさんの保険から出るそうです。

さすがに抜かりはないですね。金銭的な負担がなくてよかったです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 12:13 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

低圧太陽光を大人買いすることに。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。一日中雨みたいですね、嫌だなあ・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



過去に難産した太陽光と比べると収益性は低めですが、低圧太陽光発電所を少し

購入することにしました。利回りは一応10%くらいになりそうです。



ちょっと前に、仲良くさせていただいている業者ポジションの方から、低圧の太陽光が

あるけど興味あれば資料送るよと言われていました。どんなものか情報を送って

いただいたところ、NEDOベースで機器に対しての利回りは10.5%程度の案件。

大きく儲かることはないでしょうけど、あまり利回りは盛ってなさそうなので、

損することもなさそうです。

※過去に試算した時のブログ記事はこちらです



そして信販会社さんの融資が機材の分は全額出るということでしたので、手出しは

土地の使用権の分だけ。まあそれだったら、やってみてもいいかなあと思ったのでした。



信販会社さんの融資が通るならやろうかなと思い、決算書などの資料を揃えて審査を

依頼しました。東京法人と仙台法人の両方で出してみました。数年前に同じような

太陽光の審査を依頼した際には、東京法人も仙台法人も審査NGでしたが、今回は

どうかな?というのを試してみたかったという側面もあります。



今回の低圧太陽光は4区画あります。東京法人と仙台法人とで両方買えたらいいなと

思っていましたが、審査結果は両社とも2区画ずつなら融資可能だということです。

おぉ、もしかしてこれって全区画買い占め可能ってこと?それだったら全区画買って

しまいましょうか。え、買い方が雑だって?言われると否定できないです(苦笑)



義母に太陽光の話をしたところ、信販会社さんではなく銀行を使いたいと言い出したので

太陽光を進めるのはちょっとだけ待ってもらい、メインバンクさんに義母から相談して

貰いました。メインバンクさんも色々と検討はしてくれたようですが、やはりちょっと

難しいとのこと。でもまあこうやって相談に乗っていただけるだけでもありがたいです。



義母も銀行さんが厳しいなら信販会社さんでも仕方ないということで妥協して

くれたので、話を進めることにしました。



ちなみに信販会社さんの金利は2.5%程度。元利均等で15年の融資期間です。

計算すれば、まあ利回り10%くらいでも当初数年は節税効果も含めて数字は出ると

判断した次第です。



そんなわけで、昨日その太陽光の契約をしてきました。直接紹介してくれた業者さんの

懇意にしている業者さんが売主さんでしたが、紹介したからにはちゃんと変なことに

ならないようにという配慮か、直接紹介してくれた業者さんも同席してくれました。



信販会社さんは事前審査がOKになっているので、まあ恐らく問題ないでしょう。

土地は借りる方式で20年一括で最初にお金を払います。20年後にどう戻すのかは

「更地返し」「無償譲渡」「1年単位での契約延長」の3つのオプションがあり、

その時に相談して決めることになりそうです。できれば更地返し以外でお願いしたい

ところです。



私が地主さんなら、ただで発電設備が手に入ると考えて、無償譲渡の道を選ぶと

思いますが・・・。この地主さんがどんなタイプの人かもわからないので、はてさて

どうなることやら。ま、基本的には20年の売電収入でちゃんと利益は取れるはずと

見ているので、最悪壊すお金が激しく高くなっても、どうにかなることでしょう。



それに、国だってこのまま廃棄の費用が高くつく状態を放置していれば、解体費を

負担できずに放置する事業者さんも現れることくらいは予想しているでしょう。

世の中に空き家問題ではなく空き太陽光問題が発生してしまうとなれば、何かしら

対策を練るでしょう。あるいは技術革新で処分費が安くなる可能性もあります。



あとは草刈りなどの保守メンテナンスも業者さんを紹介可能と言うお話でしたが、

草刈りは年2回しかやってくれないようなので、そこに頼んだ方がいいのかは

改めて検討をすべきですね。今ある太陽光発電所は年間5〜6回草刈りしてます。



そんな具合で、ぼちぼちと進めていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:14 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

太陽光発電の遠隔監視装置にトラブル発生(でもすぐ復旧)。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。いきなり秋めいた雰囲気になってきました。

応援クリックよろしくお願いします→



またまた遠隔監視装置にトラブルが発生しました。結構多いです、この遠隔監視装置は

トラブルが。やっぱ安いからそんなもんなんでしょうねえ。



太陽光発電の発電量のチェックは、最近は義母の仕事になっています。

売電金額のお知らせは仙台に届き、振込は仙台法人の口座に行われるので、気にするのは

やっぱり義母になってしまうというところがあります。



なので、遠隔監視装置による発電量のチェックも義母が自発的に行ってくれています。

こういうことを率先してやってくれる義母がいるということだけ取っても、私はとても

恵まれているのだと自分で思います。つくづく、周囲の人に恵まれていきております。

毎日が感謝。大げさかもしれませんが、そんな感じです。



そんな感謝の日々の中、急に義母からLINEで「16日〜18日の発電データがない」

という連絡がありました。発電データがない!?



まあまず落ち着こう。

プッチ神父



まず、原因の切り分けです。



可能性1:発電装置が故障して発電がストップしている

可能性2:遠隔監視装置が故障して発電量の計測がストップしている

可能性3:電力会社さん側のトラブルで売電がストップしている



可能性3については、これだったら発電自体は行われているので、遠隔監視装置には

発電の記録が残るはずです。買い取って貰えたかどうかは遠隔監視装置では判定は

できません。遠隔監視装置に発電が記録されていないので、この可能性は無しとして

良いでしょう。



可能性1も捨てきれませんが、うちの太陽光発電所にはパワコンが2つありますので

両方同時に故障するというのはやや可能性に乏しい印象があります。2系統あるうち

1系統だけ発電量がゼロだということなら話は分かるのですが、そういうわけでも

なさそうです。それに下手にこの可能性を疑って、保安協会さんに出動して貰えば

それだけで出張料2万円がかかってしまいます。できるだけそれは避けたい。



そうなると、可能性2の遠隔監視装置自体がおかしいという可能性が一番高いかな?

遠隔監視装置は以前にもトラブルを起こして、基盤を取り外して送付したことが

ありました。あまり信頼性が高くないという印象なので、今回ももしかしたら・・・。



どうしようかと考え、遠隔監視装置の開発元にメールをすることにしました。

以前も何かのバージョンアップがあるということでやり取りしたこともありますし、

故障した時もメールした方がいます。その人に送ればいいかなと。



事象を書いてメールすると、ほどなくしてサクッと返事が返ってきました。

曰く、お盆休み中にデータを蓄積しているサーバがダウンしてしまったようで

その間は記録が取れていなかったということです。今は復旧しているとのこと。

復旧しているのは19日以降再度記録が始まったので把握しています。



なんか頼りないけど、まあ安い機械だし仕方ないか・・・

ともあれ、問題は解決していたようで何よりです。



遠隔監視装置が動いていないと、補助金を貰ったことに対する定期報告をするのに

支障があるため、本当はかなり困るんです。でももうそこは、取れなかったものは

仕方ないので、補助金の給付元の社団法人さんにその旨伝え、その分記録する期間を

延長して貰ってご容赦いただくとか、そんな感じにするしかないですねー。



まあひとまずは、また現地に行って基盤を外すとかやらなくちゃならないという事態に

ならなくてよかった、ということだけでも幸運だったと思うことにします。

ネガティブにとらえてもしょうがない!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:59 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

太陽光発電所は昨年よりキャッシュフローが向上。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。午前中が山場。つつがなく進みますように。

応援クリックよろしくお願いします→



太陽光発電所も稼働して3年半が経過しようとしています。あっという間です。

各所報告用に、3期目の実績を取りまとめてみました。



買取価格が変わるのではないか、と言われている太陽光発電。私は最初の頃は

国策で価格が変わる可能性があり、市場原理に基づいていないという点から、

ルール変更で収支が一気に変わる可能性があるという点を危惧しておりまして

あまり乗り気ではなかったのです。しかし、大家仲間の友人が太陽光の良さを

勉強会で発表してくださり、かつ仙台が市場価格高騰で何も購入できない状態に

なってしまったこともあり、じゃあやってみるかと手を出したのでした。



試しにやってみるか、の割にはちょっと大きめの250kWhの野立て太陽光に

取り組んでしまい、いろいろ大変だった記憶があります。太陽光の企画業者さんが

土地を押さえたと言いながら実は全く押さえられてなかった、企画業者さんが

他の現場で詐欺を働いて機能しなくなった、土地の価格交渉で第三者を交渉人として

入れたせいでかえって混乱した、徹夜に近い状態で何日も補助金の分厚い資料を

作りこんだ、にも関わらず電力の系統連系が補助金の期日に間に合わない危機、

銀行融資もなかなか確定せず、最終的に現場を2つに割って片方しかやれない、

などなどとんでもなく紆余曲折を経て、2年近くかかってようやく完成させた時は

感激もひとしおでした。



補助金を貰ったので、その補助金をどう有効に使ったかを報告する義務があります。

毎年5月末がその報告のタイミングですので、資料を作成する必要があります。

タイミングよく、仙台法人の決算も2月末なので、4月末に決算書が出そろいます。

このタイミングで、金融機関さん向けの実績提出資料も作成すれば都合が良いです。



そんなわけで、資料作成を開始しました。



補助金は昨年資料作成しようとして、その前の年のことを全然覚えていなくて

作るのにすごく苦労したことから、報告が必要な残り2年分の雛形を作っておいて

ここに何を入れる、というふきだしも入れてありました。おかげで今年は作成がとても

楽チンになりました。ありがとう、去年の自分。



補助金の報告書に必要な情報(変数となる部分のみ抜粋・建築時情報は除外)

・月ごとの発電量(1月〜12月)

・固定資産税

・定期点検費

・保険料

・運転員人件費

・水道光熱費

・金利負担



保険は5年一括で払っているので、案分した数字を既に入れてあります。運転員人件費は

うちの発電所の場合はゼロ。金利負担も返済予定表で事前にわかるので既に記入済み。

固定資産税、定期点検費(保安協会への支払)、水道光熱費だけ書ければOKです。

勿論発電量も。



金融機関さん向けに必要な情報

・月ごとの売上金額(3月〜2月)

・固定資産税

・元本支払、金利支払

・水道光熱費

・定期点検費

・草刈り、種まき

・信用保証料

・交通費



金融機関さん向けにはキャッシュフローの情報を提示しますので、こんなところです。



金融機関提出用のExcelを義母に渡して、埋めて貰いました。なんだかんだ言われるかと

思いましたが、すんなり埋めてくれたのでありがたいです。



前期は前々期と比べて手残りが倍くらいになっておりました。今年は信用保証料も下がり

だいぶキャッシュフローが出るようになってきています。今までは保証料が重くて、

あまりキャッシュフローは出ていなかったのです(勿論、最初に補助金で回収してるから

収支的には問題ないんですけど)。そして信用保証料の他に、太陽光の売上自体も

前期より上がっていました。天気が良かったようです。ありがたいことです。



今期は固定資産税の優遇が終わるため、また少し収支は悪化するだろうと思われます。

ここは一喜一憂しても仕方ないですね。元金均等で借りているので、だんだん楽に

なっていくことでしょう。固定資産税も償却資産税なので段階的に減っていきます。

後半になると結構楽になるんだろうなあと予想しています。



太陽光の実績は来年以降も定点観測しておきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:03 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

太陽光発電所の償却資産税が急に上がった件。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。眠くてブログ書いている途中で少し仮眠した。

応援クリックよろしくお願いします→



義母から、太陽光発電の設備部分の固定資産税が寝上がっている、という報告が

ありました。原因はこれから確認しますが、軽減税率の終了のせいという噂です。



仙台法人では野立てで高圧の太陽光発電所を運営しております。250kWhという

規模ですので、まあそこそこの大きさだと思います。こいつを作る時の産みの苦しみも

たいがいなものでしたが、その話は今日は割愛します。



経産省からの許可を得て、発電が始まってしまえば、その後はたまに発生する故障への

対応であったり、草むしりの手配をするくらいしか用事はありません。賃貸物件のように

原状回復や空室対策が不要、というだけでも価値があるというものです。



正直、現段階でそんなにドバっとキャッシュフローを生んでくれてはおりません。

15年返済なので、太陽光自体の利回りに対してちょっと融資期間が短いことが1つ。

保証協会付の融資を使っている関係上、保証料を毎年払うことになるのですが、

これがなかなかハードな金額であることが1つ。固定資産税も割とバカにならない

金額をとられていることが1つ。そんなことの積み重ねで、キャッシュフローは

そんなに出ていません。ま、それでも最初にガッポリと補助金をいただいているので

当面はCFが出なくても困りませんが。それに、保証料と固定資産税は年々下がって

行く前提なので、今後はキャッシュフローが出やすくなると信じております。

その日まではじっくりやるしかないですね。



さて、そんな太陽光発電で、本来なら下がるはずの固定資産税が逆に上がっているという

現象が確認されました。



不動産でも、土地と建物には固定資産税評価額が国によって設定されます。土地は

地価の上下によって評価額が変わりますが、そんなに大きく変わるケースはないだろうと

思います。建物は新しいうちは価値が高いので評価額も高く、年々評価が下がっていき

支払う固定資産税は少し安くなる、という感じですね。



太陽光発電の場合は、この傾向がより顕著です。太陽光発電の発電設備は償却資産の

扱いとなり、減価償却されるごとに評価額が減り、償却資産税も減っていくという

形です。償却資産の申告を毎年顧問税理士の先生がやってくれていますので、それを

基準にして固定資産税が決まっている、という理解です。



申告する償却資産は、減価償却が済んで毎年減っているので、固定資産税も同様に

理論上は毎年減っていくはず。そういう発想で考えておりました。しかし、それとは

違う形で今年の固定資産税は送られてきておりました。



義母から連絡が来たのは昨日のこと。なぜか太陽光の固定資産税が上がっているので

調べてみたら評価額が1000万以上上がっている、これは年々下がるものという

理解をしていたが、そうではないのか?という質問でした。



私もその理解なのですが、なんで増えたんだろう?考えられるとしたら、なんらかの

固定資産税の減免措置があって、それが終わったから評価額が上がったのかなとも

想像しました。ただ、どんな優遇があったのかまではわかりません。



顧問税理士の先生に聞こうと思いましたが、その前に大家さん仲間の友人で太陽光に

詳しい人に聞いてみようと思い、その旨質問。返ってきた回答は「償却資産税の

軽減措置が終わったのではないか」ということでした。なるほど、そんな感じの何かが

あるのだろうと思っていましたが、やっぱりあったみたいです。

教えて貰ったページはこちらです。確かに最初の3年は軽減されるっぽい。

たぶんこれだな。



一応、顧問税理士の先生にこれが原因ってことでいいよねという確認は取りますが

今年は想定外に税金が上がるということになりそうです。無念ですが、むしろ今まで

少し安くすんでいたということだと思うので、まあやむを得ないですね。



制度にも詳しくないと、思わぬところで足をすくわれます。私も勉強不足です。

今後も継続して学びたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:36 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする