2021年02月21日

パネル修理のメリットとデメリットを考える。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。確定申告の準備が進みません!(ゲームしてるから)

応援クリックよろしくお願いします→



高圧の野立て太陽光発電所のパネルが何枚か割れているという話がありましたが、

これに関しては火災保険で直すことはしない方がよさそうだ、と判断しました。



ちょっと前に、低圧野立て太陽光を販売してくれた業者さんの営業担当の方が

「直接お義母様のところにご挨拶に伺いたい」と申し出てきました。



前にブログに書いたのですが、低圧太陽光は今とても危うい状態にあります。

経産省さんが事業者の変更を認めないと言い出したため、事業者変更が完了できずに

宙ぶらりんになっています。借入は私名義、事業者は先方の会社とはまた別の

どこかの会社名義、東北電力は変更を認めているのでお金は入ってくるのだけど、

もし今事業者と認定されているところが廃業したり、私以外の誰かに事業者認定を

変えてしまったりすると、きわめてややこしい事態になります。リスクが高いです。



先方業者さんも今この問題の解決に向けて具体的に動きを取っているようなので

もう少し静観しますが、結果が出ない場合は少なくとも当方の債権を肩代わりして

いただくことはお願いしますと伝えております。期限を区切ってまた打ち合わせをして

あまり長引かせないように話を片付けないと、と思っています。



そんなお話があるので、先方も一度義母に直接この話をして謝罪をしたい、という

意図での面会の打診でした。義母は人と話すと雰囲気でその人とビジネス上の付き合いを

していいか悪いかを判断できる野生の勘があります。これがバカにならないほどに

精度が良いので、そういう意味でも、少なくともこの営業マンさんが最後までケツを拭く

つもりがあるかを見極めるには良いかなと思いました(勿論、彼が大丈夫だったとしても

会社として逃げる可能性はあるので、気休め程度の話ですけどね)



義母との面談が終わった後、営業マンの方が私に対して電話をかけてきました。

「既存の太陽光のパネルが壊れて困ってるようでしたら、うちでもやれますんで」

「火災保険使えばタダで直せますから」

ん?なんだなんだ?話がちょっと見えないぞ?



詳しく聞くと、どうも義母が既存の太陽光発電所のパネルが割れている話を営業の方に

したようなのです。親切心か数字稼ぎの意図かはわかりませんが、それだったら保険で

無料で直せるので、とPRしてきた模様。



義母に電話して意図の確認をしましたが、雑談の中でそんな話はしたとのことです。

そしたら相手がやたらと「無料」を強調して話をしてきたので、まあ無料なら

いいですよねみたいなことは言ったとのことです。



以前もパネルが割れてるという話を義母はしていました。たまに現地に行って、

草刈りの状態など含めて現地のチェックをしているとのことです。その時に写真を撮って

これってこのままでいいのかしらと連絡してきたことがありました。

その時は太陽光の施工をしてくださった業者さんにも少し相談して、数枚程度の

パネルの欠損なら放置しても大きな影響はないですよ、とご助言いただきましたので

このままでいいやと放置の決断をしました。



なんでそんなにパネルのこと気にしてるのだろう?と不思議に思ったのですが、

何となく話していて理由はわかりました。どうやら毎年保安協会さんが現地確認して

報告書を作っており、その中にパネルの割れた枚数と修繕を推奨する文言が含まれて

いるようなのです。義母はこういう報告があがったことに対して放置することが

大の苦手な「すぐやる課」の人です。毎年「修理をおすすめします」と書かれているのに

それを放置していることが気持ち悪い、という感情があるから、なにかの拍子にこの話が

出てきてしまうのだな、と解釈しました。



こういう時は、きちんと直すか、直すことによるコストとそれで得られる効果の

バランスが取れてないから直さない方がいいとか、そういう話をした方が納得して

くれるだろうと思います。



私の予想では、この修繕を保険で行うと火災保険の保険金が上がるはずです。

そのコストが高ければ、手元から出ていくお金が増えることを嫌って、義母としても

直さなくて良いという納得感を持ってくれるはず。



というわけで、保険代理店さんにこの件について相談をしました。

事情を説明して、仮にこれを保険申請したら、次の更新の時の保険料はどうなることが

予想されるか、という問いに対して、保険代理店さんは「あくまで予想ですが・・・」と

前置きしつつ、値上がりするとか5年契約が結べずに1年契約になるとか、そういった

事態になることは予想できる、と。



考えてみれば、大家さんやってると建物の火災保険の対応が当たり前になって

しまうのですが、自動車保険をはじめとした一般的な保険は、使ったらその分

リスクが高いとみなされて保険料が上がるのは普通のことです。むしろなんで

火災保険だけどんなに保険金申請しても据え置きなのか、という方が不思議。



ただ、必ず上がったり条件が悪くなったりするというわけでもなさそうです。



過去、実際に太陽光のフェンスが強風で壊れてしまったことがあり、保険申請の上で

保険金を受け取りましたが、こちらは継続して5年契約を締結することができました。

多少保険料は上がってましたが、全体的に上がっている分の範疇だったと思います。



逆に、休業補償は初年度に初期不良で発電しない日が何日かあり、その時に申請して

保険金を受け取りましたが、こちらは1年契約でしか契約を認めないし、保険金も

かなり割高になっておりました。



基準は正直なところわかりませんが、義母には休業補償の例を挙げて、保険金が

上がる可能性があるし、パネル直したところでその発電量の上昇よりも保険料の方が

高くつく可能性がある、ということを伝えようと思います。



これで納得して、パネルの件は忘れてくれればいいのですが・・・。

ただでさえ仙台2棟目で苦労をかけているので、少しでも気苦労を減らす努力を

したいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:13 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

地震の影響で太陽光発電が行われていない状態に。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。今日こそ節制と思いつつ、ついお酒に手が出てしまう・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日のブログでは仙台1棟目で地震の影響があったことを書きましたが、野立て太陽光も

影響が出ておりました。なんと発電されなくなってしまったのです。



地震、さすがに震度6となると社会的にも大きな話となります。首都圏以外で災害が

発生しても、割と扱いは軽めだったりする傾向があるようにも思うのですが(例えば

先日の北陸方面の大雪とか・・・あれも相当酷い話だったと思うけど、マスコミ報道は

そこまで取り上げてなかったような・・・あくまで個人の感想ですけど)、今回の地震は

首相が支援表明するとかそういうニュースも届いており、東日本大震災というものが

本当に大きな事件であったこと、その余震ということで大きく取り上げられて

いるのだろうなあということを感じた次第です。



10年経つけど、まだ被災地には復興が実現できていない人もいると聞いております。

私もせめてもの支援として、ふるさと納税でもして被災地の復興に貢献しようかと。

そんなことを改めて思った次第でした。



・・・という大きな話も大事なのですが、今は自分の話ですよ。自分のビジネスが

順調にまわらないことには、復興支援とか他の人の支援の話をしている場合では

なくなってしまいます。自分のビジネスがうまくいって、自分が幸せになることが

できないうちに、他人を助けるとか他人を支援するとか言っても、できることなんて。

たかが知れてます。清貧は美徳かもしれませんが、自分に余裕がない状態で他人に

気を回せる人なんてごく一握りではないか、と考える俗物の偽善者。それが私。



そんな私が何かに気が付いたのは、地震の日の翌朝でした。



高圧の野立て太陽光発電所の遠隔監視システムから、発電がされていない旨の

エラーを知らせるメールが届いていたのです。



これまでもたまにこういう現象は発生しておりました。雪が降ってパネルが雪に覆われて

発電しないケースとか、電力会社さんが定期メンテナンスしているとか(義母のところに

連絡がいくので、私には伝わってなくて焦るケースがよくあります)。



今回もそんな話かなと思ったのですが、地震の後ということもあったので義母にはその旨

連絡しました。しかし義母は昨日ブログに書いたトイレの水が出なくなった事案

かかりきりで(?)、特にこの件に関しては返信なし。

(ちなみにトイレの原因は地震により配管がずれて水漏れしていたのが原因でした)



午後になっても発電が再開される様子もないので、改めて義母に発電について連絡を

しました。これは契約している保安協会さんに連絡して様子を見て貰った方が

いいのではないか、と。保安協会さん、出動して貰うと出張費がかかるので、

できるだけ出動を避ける運用にしたいのですが、そうも言っていられなさそうです。



しかし義母からは「今日は日曜だから保安協会も休みよ」と。あぁ、そうか・・・。

それじゃしょうがないので、平日になってから連絡するしかないですね。



それからしばらくして、義母から「発電所復旧しました」と連絡が。え、なんで?

義母曰く、保安協会の緊急連絡先の電話番号を探し当てて、そこに電話したとのこと。

そして現地に行って復旧して貰ったそうです。なるほど、素晴らしい。



結局何が悪かったのかまでは聞いていませんが、地震が原因で発電しない状態に

なっていたというところは間違いなさそうです。自然災害って怖いなあ。



ま、なんだかんだドタバタはしましたが、無事に復旧してくれてよかったです。

半日程度ロスしてしまいましたが、天気が悪かったと思ってあきらめることにします。



これで地震の被害は打ち止めになってほしいところです・・・。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:01 | Comment(1) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

太陽光発電所の草刈りをしてくださる業者さんを見付けました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。ようやくバリウムが一通り出て行った感じがする。

応援クリックよろしくお願いします→



仙台法人が保有している高圧太陽光発電所の除草問題、代替の業者さんに依頼しました。

値段はかなり高くなってしまいましたが、今までが異常に安かっただけなのでやむなし。



保有している高圧太陽光発電所の草刈りを依頼していたシルバー人材センターさんが

諸般の都合にて来年以降対応できないという通知をしてきたのが先週のことでした。

安くてきちんと清掃対応してくださっていたのですが、継続できないとのことで

とても残念です。今まで真摯に対応いただき、本当にありがとうございました。



太陽光発電事業はまだまだ続きますので、こちらとしては速やかに次の清掃業者さんを

選定しなくてはなりません。見積取りに行きますよ。



真っ先に候補として挙げられるのは、太陽光発電所が設置されている町のシルバーさん。

太陽光発電所を作った時は、この町にはまだシルバー人材センターさんが存在せず、

隣町のシルバー人材センターさんを頼っておりました。数年前にこちらの町にも

シルバー人材センターさんが出来たので、まずはそちらに作業を依頼するのが妥当と

判断した次第です。



問い合わせは義母に対応して貰いました。前の時は私が窓口になっておりましたが、

最近は義母も自分でどんどん問い合わせできる状態になっておりましたので、それなら

地元にいる人に任せた方がいいだろうという判断です。私自身も仕事中は電話に

出づらいなど制約がいろいろとありますので。



義母に依頼して、作業見積を依頼しました。数日経って出てきた見積は、これまでの

価格の4倍。ただし、それでもまだ安いと思います。今までの価格が異常に安すぎです。

先日購入した低圧太陽光は、3区画あわせても今回の規模の7割程度の大きさですが、

そっちの草刈りの方がお値段は高いですから。低圧太陽光の業者さんが口にしていた

清掃の相場観から見ても、今回のシルバー人材センターさんの出してきたお値段は

決して高くはないだろうと予想します。



・・・ということは頭では分かっているのですが、それでもやっぱり心情としては

「なんか高いよね〜」「今までに比べると高いよね〜」というもの。わかってるんです、

今までが異常に安かっただけなのは。それでも、その値段で何年も発注していると

それが当たり前になってしまい、負担感を感じてしまうという・・・。贅沢病です。



義母には、あと一声安くならないか相談してみてほしいと伝えました。

無茶な値引を要求しているわけではなく、前のシルバーさんが異常に安かったので

今から事業としてコストアップを考えるのが辛いのです、という形で説明して

多少でも出精値引いただけないかを確認して貰うことに。



あわせて、パワコンのフィルター清掃もお値段据え置きでお願いできないか、と

相談してもらうことにしました。図々しく、厚かましく。



相談の結果は、フィルター清掃はOKでしたが、価格交渉はNGでした。

既に安く出しているので、これ以上はちょっと・・・ということだそうです。

ダメ元で言ってみただけなので、これは仕方ありません。

そしてフィルター清掃は一度現地でやり方を教えてほしい、その内容次第でOKかどうか

最終判断する(難しい作業でなければOKの前提)、ということでした。



義母と相談して、この内容でOKしようということで決断しました。



除草の1回の費用がかさむことになったので、それであれば回数を減らすなどの

作戦を練った方がいいのかなあとも思います。除草剤を撒いて一定期間は雑草が

生えないようにするとか、そういうことも必要かしら?クローバーを群生させて

低い雑草ばかりにして高い雑草を生えにくくする作戦も数年間やってみましたが、

一向にクローバーが定着しないため諦め気味。それだったら不毛の大地にしてしまう

作戦の方が好ましいような気もしてきてます。



いずれにしても、作業を依頼するにあたり、一度現場で打ち合わせも必要でしょう。

フィルタ清掃の指南のために現地に行く必要もありますしね。

除草剤or草刈りのどちらにするか、フィルタ清掃を受けて貰えるか、の2点については

現場でよく相談して決めたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:14 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

太陽光発電の保険更新のタイミング(保険料が高くておののく)。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。バリウム飲むんだおねえ、今日。憂鬱ですわ。

応援クリックよろしくお願いします→



5年前に作った高圧太陽光発電の火災保険の更新時期がやってまいりました。

お見積をいただきましたが・・・高いな〜。負担感ありですが、仕方ないです。



当時、様々なドラマやミラクルを産みながら、なんとか稼働にこぎつけた太陽光発電所。

色々なことがありすぎて、忘れることができない思い出深い案件です。

朝7時台の新幹線で仙台に行き、朝9時から打ち合わせしてすぐ東京に戻って

午後からサラリーマンの仕事・・・ってのを何度もやりました。難しい話が多く、

トラブルも発生してかなりのいばらの道でしたが、今はしっかりと稼いでくれてます。

補助金で自己資金が回収できているので、後はもうひたすら回収するのみです。

生みの苦しみがあったからこそ、今はだいぶ楽になっています。



これをやっている時にすごく力になってくださったメインバンクの支店長さん、

今は本部にいるらしいですけど元気かなあ。また食事でもご一緒したいものです。

あの時の苦労話を酒のつまみにして。



そういえば、メインバンクさんとも一時期ちょっと関係が悪化したこともありましたが

社長の機転で誤解が解けたものでした。あの事件も大変だったなあ。



太陽光の苦労話も、メインバンクさんとの事件も、とてもブログに書ける内容では

ありませんので、心の中にそっとしまっておこうと思います。



さて、1〜2ヶ月前くらいでしょうか。火災保険の代理店さんから連絡がありまして、

太陽光発電所の各種保険更新にあたり、事前にアンケートを実施させていただきたいと

要請がありました。5年前に比べて厳しくなっているようで、例えばハザードマップを

踏まえているか、強風に関する構造計算が行われているか、などの12項目について

回答を要望されました。



専門的な内容も多かったので、申し訳ないと思いつつ5年前に施工いただいた業者さんに

連絡を取り、このアンケートに答えてほしいと依頼。今更感があって申し訳ないとは

思ったのですが、聞かないとわからないことも多々ありましたので・・・。



業務の合間の時間を使って、施工業者さんより回答いただいたのが12月初旬でした。

お金にならない仕事をさせてしまい申し訳ないです&ありがとうございます。



保険代理店さんに返信したところ、すぐに見積が送られてきました。



太陽光発電所は以下3つの保険に加入しています。

・火災保険

・休業補償

・施設賠償責任保険



火災保険は保険料が多少上がっていましたが、これは保険商品の価格改定の影響の

ようですので、どうにもならないやつです。昨今、自然災害も多くて保険商品の

価格が上がっているようですし、仕方ない部分かもしれません。



施設賠償責任保険はほぼ現状維持。



問題は休業補償です。過去5年の中で、パワコンの故障で発電されなかった時期が

ありましたので、その時に休業補償を使って保険金を払っていただいたことがあります。

今回の更新においては、前回契約期間中に保険を使ったからと言う理由で、保険料が

大幅に値上がりしています。かつ、5年契約は結ぶことが出来ず、1年契約のみ

対応可能という結果になってしまいました。



前回の5年契約の保険料と今回の1年契約の保険料、年数をあわせて比較すると

保険料は2.5倍以上に上がっています。うーん、かなり大きな値上げですね。



この保険の結果を受けて感じるのは、火災保険ってすごくありがたい商品だなと

いうことです。自然災害などで損傷した場合に火災保険で修繕することがありますが

火災保険の場合は使ったとしても次の保険料が上がることはありません。

でも、そういう保険の方が少数派です。大半の保険は自動車保険のように使ったら

次は保険金が上がるものばかり。むしろ火災保険の方が少数派で珍しいです。



上がってしまったものは仕方ないので、今回はこの内容で進めるしかないですねえ。

休業補償を使うような事故がないのが一番ですが、まさかに備えるのが保険なので

やっぱりかけた方がいいのは間違いないですし。



今の保険の契約が切れるまであまり時間がないので、義母にも一応確認した上で

更新の書類を仙台に送ってもらい、手続きを進めようと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:18 | Comment(1) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

草刈りできません宣言。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在7位です。相変わらずバタバタしております。

応援クリックよろしくお願いします→



シルバー人材センターさんで安く対応してくださっていた太陽光発電の草刈り、

来年からは引き受けられないという残念な連絡がありました。



太陽光発電所にとって、草刈りは大事な仕事です。パネルが影になると、発電効率が

一気に落ちるという話をずっと聞かされて来ておりましたので、草を放置して

背の高い雑草がパネル以上の高さになるような事態は避けなくてはならない、と

考えていた次第です。実際にどのくらい発電効率が落ちるか試してみたわけでは

ないですけど、ネットを検索する限りは効率が落ちるのは間違いなさそうなので

とにかく草は刈っとこう、という感じになっています。



2015年に購入した野立て太陽光に関しては、土地が1200坪とかあるので

草刈りするのも一苦労です。さすがに義母に行って貰って草刈りして貰うわけにも

いきませんので、ここは草刈りを外注でお願いする方針としております。



とはいえ、地縁も何もない土地でどうやって草刈りをやっていただける業者さんを

探したものか・・・。考えた結果、まずはシルバー人材センターさんに当たってみよう、

という方向にて考えることにしました。



見積を取ったところ、かなり安い金額で対応してくださることがわかったので、

それ以降春から秋にかけて年に数回の草刈りを依頼しております。

草刈り後の現場を義母が確認に行ってくれましたが、丁寧に対応してくださっており

この価格でこれだけやってくれるとは、とありがたい気持ちになっておりました。



今年でお願いして丸5年。大きな問題もなくここまでやってこれました。



しかし、先日シルバー人材センターさんから電話があり「来年からは草刈りの仕事は

請けられない」ということを言われてしまったのです。え、何かうち悪いことした?

特に心当たりはないのですが・・・。



戸惑う私達に対して、先方は来年から仕事ができない理由を伝えてくださいました。

今年は何回か配線を切ってしまう事故を作業担当の方が起こしてしまっており、

その都度保険で対応していたが、あまりに事故が多くなってしまったので今後は

同様の作業を引き受けることができないと判断した、ということのようです。



確か、前に別のシルバー人材センターさんに電話して相談した時、その仕事をやりたいと

手を挙げる方がいないと引き受けられない、みたいな話をされていたのを覚えています。

ここからは完全に想像ですが、シルバー人材センターさんの中では、この現場はこの人、

みたいに担当が割り当てられており、その人がやらないと言えば次の人を探さないと

いけない、でも今回は今の作業担当の方が辞めると伝えたのに対して補充ができないので

対応できかねるということで通達したのではないかな?と考えております。



シルバー人材センターの方も、別のシルバー人材センターさんなら引き受けてくれる人が

いるかもしれないということを仰っておりました。今は太陽光発電所の所在地の隣町の

シルバー人材センターさんが作業を請け負っているのですが、作業をお願いした後で

所在地の町にもシルバー人材センターさんが出来ました。そっちに相談してみるのも

良いと思う、ということを今回の電話で示唆されたように感じます。



できないものを無理にやってもらうわけにもいかないので、ここは一旦受け止めて

所在地の町のシルバー人材センターさんに相談するのが良いのでしょうね。

義母に依頼して、作業して貰えるか相談して貰うことにしたいと思います。



今は安定していて問題なくても、そのうち問題が出たり継続して作業を引き受けて

くれなくなったりするケースって、今回に限らず普通にあると思います。その時に

1社だけに頼っていると、どうしてもあたふたすることになってしまいます。



本当は、ドミナントを進めていくつかの会社さんと取引をして、万が一そこの会社さんが

引き受けられない状態になったとしても、別の会社さんで事業継続できるようにするのは

大事なことなんだろうなと思います。太陽光は完全に飛び地なので、それが難しいです。



札幌とか東京とかなら、物件のボリュームもあるので、複数の業者さんとの取引も

しています。どこか一社と何かあったとしても、他の会社さんにスイッチさせることは

可能な状態です。こういう状態にしておくのが良いのでしょう。だから購入するなら

同じ地域に集中させた方が良いよね、と思ってはおります。



まあ太陽光は草刈りくらいだと思いますから、これはこれでリスクとして受け止めるしか

ないのでしょうね。



新しい草刈りの業者さんを早く見つけて、来年からの運営も問題ない状態にすることを

実現してまいりたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:04 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする