2017年04月24日

太陽光発電の定常業務と突発業務への対応。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。ブログをアップする時間がずれるとアクセスも減るなあ・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



また地味な話で恐縮ですが、仙台法人で保有している太陽光発電所関連に関して

今年の分の作業の発注などを開始しました。



うちの太陽光発電所のルーチンワークは以下の通りです。



・春〜秋:草刈り+フィルタ清掃

・春:クローバーの種まき

・春:補助金のための実績報告書作成



・・・これくらいしかありませんでした^^;

アパートよりもさらに気楽かもしれません、これ。



太陽光発電所において、草刈りは大変重要な仕事です。背の高い雑草が生い茂ると、

パネルに陽の光が当たらなくなってしまいます。そうなると発電量が減ってしまい、

収益の減少につながります。これを防止するためには、草刈りを定期的に実施する

必要があります。



また、これは業者さんや太陽光仲間に聞いたのですが、パワコンの設定されている

ボックスのフィルターの清掃も定期的に行った方がいいとのこと。フィルタの詰まりが

発生すると、結果として中のパワコンに影響を与えるということのようです。



以前、別件で施工業者さんに現場入りしてもらった時にチェックしていただきましたが

「これは確かにたまに清掃した方がいいです」というコメントをいただきました。



そんなわけで、フィルタ清掃と草刈りは同じタイミングで実行できるように手配を

かけることにしました。昨年も草刈りをお願いしたシルバー人材センターさんに今年も

作業を依頼し、その際にフィルタ清掃も一緒に依頼できないかと打診しました。



しかし「できれば作業内容を現場で一度支持してほしい」と言われてしまい・・・^^;

仕方がないので、明日現場に行ってその内容を説明することにしました。たまたま法事や

銀行さんとの打ち合わせがかぶっていたので、うまく調整してなんとか時間を確保。

ま、現場の人とお話をして顔見知りになっておくことは重要です。一度顔合わせして

仲良くなってきたいと思います。コーヒーの差し入れも持っていこうっと。



パワコンの鍵を現地に設置しなくてはならないので、昨日キーボックスを義母に

買ってきてもらいました。これに鍵を入れて、シルバーさんに取り出してもらえるように

しておけばバッチリです。



それからクローバーです。雑草対策のグラウンドカバーとしてクローバーを植えてます。

背が低く、繁殖力が強いため、うまく育成できれば背の高い雑草を抑止できる効果が

見込めます。昨年は蒔いたけどほとんど目が出ませんでしたが、何年かは継続して

取り組んでみようと思っています。



今年の分の種はネットでまとめて購入。仙台の実家に送ってもらいましたので、

明日現場に運んでいこうと思います。




太陽光の補助金の実績報告は、むこう60ヶ月分の実績を補助金を出してくださった

協会さんに報告する必要がある、という内容です。クリーンエネルギー創出の効果が

補助金に対してどの程度あったのか、ということの説明を補助金の協会さんとしても国に

提出しなくてはなりませんので、そのための情報提供です。

昨年作った実績報告書をある程度いじればOKのはずです。忘れないようにしなくては。



ことしはそれに加え、以下のお仕事も必要です。

・みなし太陽光の事業計画書の提出

・フェンス修理の保険申請と支払



ちょっと前にブログに書いた改正FIT法ですが、高圧も対象となっているようです。

となると、私もこれを提出しないといけないということでして・・・。

関係各位のご指導を受けながら作らなくては!という感じです。



フェンスはちょっと前にブログに書いた事案です。

最終的に、折半ということと保険申請は私がまとめて行うことを合意しました。

それに従い、仙台法人から隣の区画の法人に実費の半額の請求書を切ること、

工事はこちらから一括で発注すること、保険申請もこちらで行うことに決定。



資料をまとめて代理店さんに被害報告と見積を提示したところ、早速動いていただき

素早く災害を認定していただきました。ありがとうございます!今年は雪が凄かったから

多少の災害が出るのも致し方ないのかもしれませんね。

あとは請求書が来たら代金を支払えば万事完了です。



このくらいの事務作業で毎月売上が計上されるなら、割のいい商売だと思います。

同じような案件に取り組めるならやってみたいけど、ここまで利回りが出るのは

そうそう出てこないだろうなあ・・・。



ともあれ、本日これより現地に出発して、シルバーさんといろいろ会話してきます!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:04 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

改正FIT法施行!太陽光発電事業者への影響は?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。相変わらず携帯故障継続中。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



のほほんとしていて知らなかったのですが、改正FIT法なるものが2017年4月から

施行されておりました。FBでお友達が書いているのを見て初めて知るという・・・。

太陽光をすでに持っている人にも影響がある内容だ、ということでしたので、早速内容を

確認してみることにしました。



大きな変化としては、設備認定から事業計画認定に変わるということだと思います。

これまでは、計画を経産省に設備認定という形で許可してもらい、そのタイミングで

売電価格が決まっていました。着工や電力会社さんからの連系は設備認定の後なので

とりあえず設備認定だけ取っておいて、あとはゆっくり作るという流れが横行しました。

設備認定数に対して稼働している太陽光発電所が少ないという現象はこの流れにも

その一因があったと言えます。



ここを改善したのが今回の改正FIT法で、認定を取り単価が確定するのが最後の

タイミングになります。これにより、申請してから放置していると、どんどん買取単価が

減っていく可能性が出てくるので、認定を取るだけ取って放置するケースはかなり

減るのではないかと考えられます。



事業計画の申請はいつでもできますが、事業計画を認定してもらうために必要な

手続きとして、電力会社さんからの連系承諾と工事費負担金契約が必要になります。

今まではこの2つは系統連系の後で良かったのですが、今後はその流れが逆になります。



個人的には、これはこれでまあ自然な流れかもしれないと思いました。私も太陽光発電を

ひとつ稼働させていますが、経産省の認定より電力会社さんとの連系の方が手間と時間が

かかり、かつ不確定要素が多い印象でしたから。しかも下手すると、変電所の工事に

1年かかるとか平気で言いだします。そっちを固めてから事業計画書を申請する方が

最終利回りが計算しやすく、ダメだと思った時に速やかに事業を停止することができる、

と感じました。



この事業計画ですが、どうやら既存の太陽光発電所でも提出が必要のようです。

屋根でも野立てでも、規模と時期によっては何らかの書類提出をしなくてはならないと

いうことなので、すでに太陽光を持っている皆様、および旧FIT法で系統連系を

取得されている方におかれましては、速やかに確認をしていただくのがよろしいかと。



現在仕掛中の太陽光発電所がある方は、ほぼ確実に事業計画の提出が必要になります。

(10kw未満の特例太陽光のみ提出不要みたいです)

資源エネルギー庁が出している改正FIT法に関する直前説明会の資料を見ていると

P17あたりにそんな雰囲気のことが書いてあります。



※ただ、こちらのサイトを見ていると、低圧(=50kw未満)は提出対象だけど

 高圧は提出対象外に見えます。資源エネルギー庁の資料からは読み取れなかったですが

 何か見落としているのだろうか・・・。



それ以外にも、看板を掲げないといけなくなるようで、個人情報的には微妙だなあという

感覚はあります。個人で取得していると、思いきり個人情報をさらけ出すことになるし。

でも近隣からすれば、その太陽光発電所に何か異変があったり危険性があった場合の

問い合わせ先は明記してほしいでしょうから、流れとして仕方ないと思われます。



私の保有している太陽光は200kwの野立てなのですが、果たしてこれは何らかの

手続きは必要なのか?施工業者さんや経産省さんにお伺いを立てておかなくては。

皆様もお気を付けください!



なお、こちらのリンク先のサイトに細かいこともまとまっておりますので、今回の

ブログを見て気になった方はご一読いただくことをおすすめします。

今日のブログもこちらのリンク先の内容をだいぶ参考にさせていただきました。



解釈に自信がない部分もあります。間違い等あれば教えてください!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:28 | Comment(1) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

フェンスが倒れる事故が発生するも、そのフェンスの持主は誰?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。う、一気に落ちてしまった・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



はじめに、昨日のブログを書いた後、この「なんだかなー」感を感じている方の記事を

見つけましたので、ここに貼っておきますね。

「民泊」解禁どころか後退へ、経産省の不作為

シェアリングエコノミー後進国に忍び寄る圧力


米グーグルやフェイスブックなどが加盟する米最大のIT業界団体、

米インターネット・アソシエーションは米国時間の24日、

日本のシェアリングエコノミー政策を痛烈に批判する声明文を公表した。

照準は、民泊新法。


いいぞいいぞ、もっとやれー。外圧かけろー。トランプ大統領にもツイートさせろー。



さて本日のテーマは全く別なお話となります。普通にトラブル事例な感じのお話です。

仙台法人で運営している太陽光発電所のフェンスが倒れるという被害が発生しました。



太陽光発電所は不動産仲間が見つけてきた大きな土地を皆で区画分けして分割保有し、

一気に発注することでコストを抑えて収益性の良い太陽光発電所を作ろう、という

企画からスタートしております。この企画、ふたを開けてみると業者さんの不義理や

土地の売主さんのしたたかなやり口など様々な障害があり、うまくいったのはほんの

一部の区画だけでした。その1つに運よく私の担当する区画があり、今に至ります。



そんな生い立ちなので、この発電所は私の区画の他にもう1区画あり、そちらは

不動産仲間の友人が保有しております。メンテナンスの際にも共同戦線を張ることで

コストを下げていこう、という話をしております。



今回は、その隣の区画の投資家仲間の方が現地を視察した際にトラブルを見つけました。

写真が送られてきたのを見てびっくり。フェンスがぐしゃっと倒れるじゃないですか。



フェンスが倒れている



うわーと思った方はお見舞いクリック!→人気ブログランキングへ



ちょうど私の区画と友人の区画の境目くらいがやられています。2区画で施工した際に

ざっくりとこの辺で境目だねというところは決めていますが、じゃあその境目にある

フェンスはどちらのものとか、そういう細かいことはあまり決めておりませんでした。



こういう場合、どうやって損害額を案分したらいいんだろう?

災害と思われるため、火災保険での対応となりますが、その火災保険も一体どのような

形で申請したらいいんだろう?

初めてのパターンにやや戸惑っています。



まず、状況から見て雪害もしくは風害であることは間違いないと思われます。

仮にいたずらだとしても火災保険の対象になります。この状況で火災保険の対象に

ならないということは、まず考えにくいです。



いろいろ相談しましたが、まず明確にここからがあなたの持ち分という情報がないのと

修繕するなら双方の敷地のフェンスを直さないといけないということ、などを考えて

私と友人でそれぞれ被害総額の半分ずつの見積を作ってもらい、お互いに保険申請して

発注もお互いに同じ業者さんに半分ずつ出す、ということで話がまとまりました。



隣の区画が顔見知りの人だったから、こんな感じでゆるく決められましたが・・・

普通の建売太陽光発電だったら、隣の区画の人と顔なじみなんていう状況の方が

珍しいことだと思います。もしそういう状態で、双方にまたがる被害が発生したら

どのように処理していたんだろう・・・。



やっぱり、権利関係とか持ち分とかは事前に取り決めておかないとダメですね。

今回はそういうことにならなかったからよかったです。

もし第三者とこういう共有があるものを購入するときは、事前に権利関係をしっかり

固めておくようにしたいと思います。



さて、そんな感じで動き方も決まりましたので、太陽光の施工をしてくださった

業者さんにさっそく電話して見積の依頼をさせていただきました。被害そのものは

隣の区画の友人から伝わっていたので、基本的には見積金額の案分方法などの情報を

提供しただけです。あとは現場を見て見積をしてくれることでしょう。



電話した時「前に指摘いただいていた工事、本日入ってます」と先方から先に一言あり。

なんだっけ?ああ、絶縁抵抗値が低いとかそんな感じのお話を指摘しておりました。

保安協会さんとやり取りして、初期不良の範疇で対応してくださったようです。

それで遠隔監視のメールから「パワコンが止まった」的なメールが来たわけね。

電話しなかったら何も言わなかったのだろうか・・・まあいいか(笑)



今は見積があがってくるのを待っております。そちらが完成次第、保険代理店さんに

補償の申請をして、工事を発注するという流れになります。何とか今回は手出しは

無しで対応できそうで、ほっとしています。



太陽光、トラブルフリーって言いながら、意外とちまちまいろんなことがありますね。

発電量は昨年同時期を少し上回っているようなので、電力量くらいは順調に推移して

期待通りの売上をあげてほしいものです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:41 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

発電量がゼロになるトラブル発生、その原因は・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在8位です。ちょっと時間がないので手短系で。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



先日あった高圧の太陽光発電のトラブルのお話を書いてみようと思います。

まあトラブルというか、自分でトラブルと思い込んだだけなんだけど。



あれは全国各地が寒波に覆われた、その少し後くらいの日のことでした。

昼くらいに太陽光の遠隔監視システムから通知のメールが届きました。はて、何だろうと

中身を見てみると・・・「発電量がゼロです」という通知。え、なにこれ、トラブル?



過去にも発電量がゼロになったことは何回かありました。電柱の移設とか、パワコンの

故障とか、そんな感じの割とガッチリしたトラブルやメンテナンスが原因でした。

今回もそういう類のことなのかなあと心配になります。



そういえば、以前保安協会さんから「絶縁状態が低いものがある」という指摘があり

その内容を施工業者さんに相談していたところでした。その関係で工事でもしてる?

意外と連絡なしでひょっこり工事したりしていること多いしな、あそこの業者さん。

というわけでとりあえず電話してみたのですが、いやいや今は何もしていませんよ、と。

あれー?てことは本当に障害?それはそれでまずいなあ。



で、いろいろ手配しなきゃなあと思いながら、たまたま開いてた仲間うちの情報交換の

グループに太陽光発電してないって書いたんです。そしたらすぐに私の隣の区画を

持っている投資家仲間からメッセージが届きました。うちも発電ゼロなんです、と。



私の区画と隣の区画が発電量ゼロということは、私の区画の故障というわけではなく

地域自体に何かが起こっているということになります。電力会社さんのところで

買い取れない何かが発生しているのでしょうか。相談して、私サイドは電力会社さんに

隣の区画の友人サイドは保安協会に連絡をしてみることにしました。



義母に電話してもらったところ、電力会社さんとして特に何かメンテナンスや

トラブルなどの話は発生していないとのこと。ひとまず現場を確認していただける

ことになりました。同時に保安協会さんも現場に向かってくれているとのことです。



やきもきしながら宝庫億を待っていると・・・義母から連絡が!



「パネルに雪が積もっているのが原因じゃないか、って」



・・・マジですか!去年はそんなこと一度もなかったのに。そんなに降ったのか・・・。

そして時を同じくして、保安協会さんに現場を見てもらっていた友人からも、積雪が

原因で発電していないのであろうという調査結果が保安協会さんから戻ってきたよ、

という連絡を受けました。両社がそういうなら間違いないのでしょう。



言われてみれば、このグラフも積雪なら納得です。

グラフ

徐々に落ちてるのは、雪が徐々に積もっていってるからなのですね。

故障ならもっといきなりぶちっと切れるはずですし。



故障とかでなくてよかったけど、意外といろんなことが起こるものですね〜。

やってみないとわからないことがいっぱいです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:04 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

50%即時償却!太陽光発電で生産性向上設備投資促進税制の適用を目指す。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在6位です。ご祝儀クリックで順位上がった感じ?

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



以前、低圧太陽光発電設備を3月末までに購入したいなあということを書いてましたが

無事に仙台法人で1機購入できそうです。まだファイナンスアレンジ中ではありますが

購入できる前提で動きを加速させてく必要が出てきました。



いくつかの業者さんと低圧太陽光の取得について検討を進めてきました。

私の出している条件は以下の通りでした。

条件1:3月末で切れる生産性向上設備投資促進税制の申請に間に合うこと

条件2:利回りはNEDOベースの日照量で10%以上であること

条件3:信販会社さんのファイナンスアレンジができること



条件1が一番大きな話です。これをはずすと償却効果がだいぶ小さくなってしまいます。



生産性向上設備投資促進税制は平成29年3月末までの期間限定の制度となります。

この制度を活用すると、即時50%償却もしくは税額控除4%の恩恵にあずかれます。

利用できるのは青色申告をしている法人および個人事業主。



生産性向上設備投資促進税制の詳細がわからなかったので、経産省のページを見たり

既に申告を経験した投資家仲間の方に質問したりして、内容を把握しました。



この制度にはA類とB類があり、A類は一定金額以上で最新モデルであること、

生産性が向上していることが要件となるようです。設備メーカーから証明書を

受け取るだけでOKというシンプルな制度ですが、適用範囲が機器に留まります。

B類は基本的にA類と同じですが、生産性向上の数値目標が投資利益率に変わり、

事前申請が必要という手間がかかるものの、機器に留まらず設備がまるごと優遇の

対象になります。



太陽光発電もA類B類ともに投資家仲間の人が実績を作っているので、どちらでも

OKなのですが、手間がかかってもB類の方が節税効果は高いです。フェンスとか

エコめがねとかも対象になりますから。頑張れるならB類に取り組むべきです。

ただし、申請から承認まで1ヶ月くらいかかるようですので、今から考えるなら

相当準備良く進めないと間に合わないと思います。



ではB類をターゲットとするとして、どういう流れで進めていけばいいのか?

生産性向上設備投資促進税制を受けるためには、事前の申請書が必要になります。

申請書を経産省に提出し、面談を受けて承認してもらい、その後初めて設備投資を

実施することになります。事前に買って、後から申請はNGなのです。



申請のために必要な書類は経産省の各地方ごとの産業局を見れば掲示されてます。

関東ならこちら、東北ならこちら

これらの書類を準備し、税理士さんに確認書を発行して貰った上で、必要書類を

経済産業局に提出して面談してもらうことになります。



経験者の方に確認しましたが、この作業はかなり手間がかかるとのこと。

面談の予約も早めにとった方がいいと助言いただきましたので、早め早めで準備を

進めていきたいと思います。



そして、こちら側の準備だけではなく、業者さんも3月末までに設備の引き渡しを

してもらう必要があるため、そこに間に合わない案件だと困ってしまうわけです。

この制度のことをよく理解していて、こちらに対しての支援もしてもらえるような

そんな関係でいられる業者さんの選定も重要だと思っています。



条件2については、償却が主たる狙いなのでそこまで大きくこだわりませんが、

できれば単品でマイナスのキャッシュフローになるようなものは避けたいなあという

思いがあるため、一応入れてみました。



条件3については、たぶん民間の金融機関さんで融資を組んでいる余裕がないと

思われることから、とりあえず手間のかからない信販会社さんの提携ローンをさくっと

使えることを条件にしたいと思った次第です。



そんな3つの条件をうまく満たしてくれる案件が・・・出たんですよ。ええ。

懇意にしている業者さんからのご紹介で、関東地方の某県の低圧太陽光。24円案件で

設備投資額がそこまで大きくなく、ほどよく償却がとれるやつです。借地なのもグー。

底地を買うとなると利回りでないですから。



仙台法人で取得することになるため、お付き合いしている金融機関さんではまず融資は

出ないので、信販会社さんでの融資ということになります。お話をいただいた後、

これは積極的に検討しようということで、事前審査をかけてもらっておりました。



先日、その業者さんと打ち合わせをしてきました。



まず、事前審査については少々テクニックを使うことになるものの、何とかなるだろうと

いうお話でした。個人で通して、法人に切り替えるみたいな感じの動きを取ります。



そしてちょっと想定してなかったのが、その融資条件。賃貸の場合であっても、

融資期間分の地代を一括で支払うように、ということでした。それだと買取の方が

値段が安いんじゃない?ということで、土地は結局買取にすることにしました。

これで利回り10%はとれなくなりました^^;



また、信販会社さんが火災保険の内容にうるさいということでしたので、急ぎで

見積を出してもらい、信販会社さんにそれでOKかどうか判定してもらうことに

なりました。この間札幌6棟目(仮)のためにご足労いただいたのに、またまた

この件で動いてもらうことになってしまいました。ま、いいよね。見積ってことは

その先儲かるかもしれないわけですし!



更に、見積に入っていなかったのが「遠隔監視」「フェンス」の2点。

遠隔監視は入れておきたいところです。動いてないことに気が付かない、とかに

なると悲しいし、最近も高圧太陽光のトラブルがあったばかりですから。

フェンスについては、設置する場合も地型を考慮して全面でなくてもいいだろう、

という話になりました。設置しない人もいるからここは任意で良いそうです。



これらも組み込むと、残念ながら利回りは8%台まで落ちてしまいました。

うーん、まあでも償却取るためだから、ここは割り切ろう。そしてきっと、売電量は

NEDOベースなので、実際にはこれの1〜2割上回ったところに来るでしょう。

そこで何とか持ち出し無しで回ることに期待したいと思います。償却されて相殺される

税金の額の方がメリットがありますので。



そんな感じで、ここにきて急ピッチで太陽光の話が進んできております。

生産性向上設備投資促進税制への対応もあるし、今週は飲み会を自粛して資料作りを

しっかり進めることにします。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:51 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする