2018年05月02日

太陽光発電の前期の収支は、前々期より良化していました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在7位です。GWは温泉三昧。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



GWもサラリーマンのお仕事の対応があるため、不動産のお仕事に力を全力で割くことが

できずにおりますが、隙間を縫って仙台法人の太陽光の前期の収支を可視化しました。



まず、結論から言うと、前々期より前期の方が収支は多少良化しておりました。

銀行さんに対してちゃんと見せられる収支になっており、ほっとしました。



前期は冷夏で太陽光の発電量が伸びずに、もうこれはダメかなと思ったのですが、

前半戦でだいぶ頑張ってくれていたようで、その貯金のおかげで前々期と同等の

発電量を確保できたようです。完全に今期はダメだと思っておりましたが、嬉しい

誤算でした。良かった。



次に支出ですが、元金均等返済で借入しているため、利息の減りが大きかったです。

太陽光の収支を組んだ際に、年々発電量が落ちることを加味して、元金均等で借入を

する方向で考えておりました。その狙いはうまくはまっているような気がします。



あと、下がっているのが固定資産税。土地の価値はあまりない場所ですので、

太陽光発電設備そのものに対しての償却資産税が大半を占めます。その償却資産税の

観点でいくと、新築時が一番高くて、その後は年々下がっていく形になります。

後半にいけばいくほど安くなるため、発電量が落ちてもここでカバーできるだろう、

という読みをしています。



そんなところから、昨年に比べてわずか15万程度ではありますが、税引前の

キャッシュフローは良化した、という結果になりました。いやーよかった、何とか

銀行さんに対して説明がつく内容になりました。



それにしても、やっぱり信用保証協会の保証料が重いです。キャッシュフローの

半分以上を食いつぶされています。前にメインバンクさんにこの保証料付の借入を

プロパーの保証料無しのものに変更できないか、と相談したことがありますが、

当時の担当者さんからは「結局その保証料と同じくらいの負担になる金利設定を

せざるを得なくなる」と言われてしまいました。今年から保証料が下がるから

なんとか我慢してくれないか、と言ってましたが・・・う〜ん。



私、あまりみだりに借換とかはしたくない人なのです。だから金利が高いという

説もありますが、まあそれでも協力してくださる金融機関さんが減ることの方が

ダメージ大きいだろうし、私ばかり一方的に良い思いをしていてはダメで、お互いに

ほどほどに良い思いをしないと長期的には事業として成立しないだろう、という考えも

あるため、借り換えとか金利交渉って基本的にあまりしないタイプです。



でも、支店長が変わってからのメインバンクさんはどうにも姿勢が渋くて仕方ないです。

仙台1棟目と太陽光発電一式、金利も2%台と安くありません。ちょっと揺さぶりを

かけて、今後の事業拡大にご協力いただけないなら、こちらもそれなりの対応をさせて

いただいてもいい頃合いかなという気はします。



本日、メインバンクさんと札幌7棟目の融資をしてくださったサブバンクさんに

お邪魔して、決算の説明と札幌の物件情報を持っていく予定です。メインバンクさんに

関しては、その時ちょっとぶち込んでみようかな・・・。そのくらいしても罰は

当たらないはずだ。うん。最近あまりにも渋すぎるんですもん。



そんなことをもくろむためにも、収支がグダグダですということでは格好がつきません。

太陽光もキャッシュフローが良化しているし、決算内容も前々期と比較して良くなり、

納税額も増えています。たぶん評価して貰える内容になっていると思いますので、

ここでざっくばらんに経営課題として仙台1棟目の金利と太陽光発電の保証料について

ねじ込んでみたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:11 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

太陽光発電のメンテナンスの手配。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。今日はもしかしたらビックリな連絡があるかも・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



サラリーマンの仕事に引きずられ、なかなか不動産活動に時間を割くことができませんが

そんな中でもやるべきことはやらないといけません。というわけで、草刈りの発注を

シルバー人材センターさんにさせていただきました。



仙台法人で運営している野立て太陽光発電、昨年はあまりお天気がよろしくなかったため

発電実績は初年度を下回ってしまいました。この点は残念なのですが、自然が相手なので

仕方のない話だと思っています。文句を言ったところで太陽が照り付けてくれるわけでも

ありませんしね。



無力な人間にできることは、太陽が照り付けてくれた際に最大限の発電効率を確保できる

ように準備をしておくことだけです。



太陽光発電の大敵は「日陰」です。太陽光がパネルに当たることで発電するのですから

至極当たり前な話なのですけど、とにかくパネルに日陰を作らないことに尽きます。



そういう観点で言うと、意外と大事なのが草刈りです。草刈りを怠ると、パネルに陰を

作ってしまうくらいの高さまで雑草が生い茂ってしまいます。これが意外と発電効率を

悪くする、ということでした。



仙台法人で所有する太陽光発電所では、毎年以下の対策を行っております。

1.定期的な草刈り

2.クローバーの種まき



1は言わずもがなです。だいたい5月〜10月くらいの間はシルバー人材センターさんに

依頼をして敷地内の草刈りをお願いしております。シルバー人材センターさんは費用が

安い割には仕事が丁寧でありがたいです。敷地が1000坪以上あるので、民間の

業者さんに頼むと非常に高額になってしまうため、当初はどうしたものかと思って

おりましたが、シルバーさんはとても安い見積だったので、それ以降ずっとお願いを

している次第です。



2はそもそも「背の高い雑草を減らそう」という作戦です。要はパネルよりも高く

雑草が生えなければ良いのです。クローバーは繁殖力が強くて背丈があまり高くならず

太陽光発電所のグラウンドカバーとしては最適です。地面にびっしりと生え、他の雑草を

生えさせなくする効果もあるということですので、うまく群生してくれれば草刈りの

頻度を減らすことが出来るという目論見もあります。



しかし、毎年種まきしているのですが、ここまではなかなかうまく繁殖させることが

できずにいます。もう何年か頑張ってみて、ダメだったらグラウンドカバーで草刈りと

同等の効果を得る方式は諦めようかな、という気持ちです。



今年は義母が「自分で種まきしてくるわよ」と言うので、任せました。

終わった後「こんなに大変だと思わなかった」と言っていたので、来年からはまた

シルバー人材センターさんにお願いしようと思います^^;



それと、シルバー人材センターさんにお願いしている作業として、フィルターの清掃が

挙げられます。パワコンが入っている箱の中にはフィルターがあります。フィルターの

清掃をこまめにやった方がいい、と大家仲間の友人や太陽光発電の業者さんから助言を

受けましたので、シルバー人材センターさんに草刈りのついでにやっておいてもらうよう

お願いをしております。



エアコンもフィルター層時をすることで効率よく部屋を適温にすることができます。

たぶんそれと同じなのでしょう。汚いフィルターではフィルターの役目を果たしません。



定期的にやっていることと言えば、そのくらいです。

あとはたまにある故障に対応するだけ。まあ気楽と言えば気楽です。

また高利回りで仕込めるなら、やってみてもいいなあと思うんですけど、最近のだと

業者さんのパッケージもので利回り10%とかが多くて、あまり面白くないです。

15年ローンしか引けないわけだし、ちゃんと儲かるものを仕込みたいですね。

ま、無理してやることでもないので、良い話になりそうな情報を得たら考慮する、

といったところでしょうか。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:41 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

認定取消になりかねない危険な状態でした。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。確定申告がー・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



みなし認定状態だった太陽光発電、手続きを済ませて認定済みにしたはずでしたが

受付センターの不備で未だに認定されていない状態になっていました・・・。



ことの発端は義母からのメッセージでした。経産省からハガキが来た、という内容で

内容を見ると、太陽光発電の認定内容についての確認のように見えます。

なんかよくわからないけど、とりあえず書いて送り返しておいた方がよさそうな感じ。



記載内容に誤りがあってもいけないと思い、念のため太陽光発電設備を導入した際に

お願いした会社さんに、記載内容の照会をしました。改正FIT法への対応についても

こちらの業者さんがアフターサービスの一環で対応してくれたという経緯がありますので

そこと異なる回答を経産省にしてしまうのも問題だよなあと思ったので。



というわけで、確認のメールを何の気なしにしたところ、その返答にびっくりしました。

曰く、認定がまだ受理されていない状態だった、と。



業者さんにて、なんでこのハガキが来たのかを経産省に問い合わせてくださったとの

ことでした。そしてその結果が、まだみなし認定の申請が受理されていない状態だから

ハガキを送った、ということだったようです。



業者さんもこれにはびっくりで、みなし認定の申請は昨年中に行っているということを

伝えたところ、代行申請センターへ事情を伝えることを勧められたということでした。



この代行申請センターがかなり混雑しているようで、なかなかつながらず・・・。

ようやく繋がったので状況確認した結果、大量の案件を抱えているがゆえに何かの

手違いが生じ手続きが進んでいない模様でした。あぶねー。



業者さんの方で代行申請センターさんと確認をした結果、私の書類一式は既に受領済と

いうことがわかりました。よって、設備取消や買取価格に変更等は一切なしという

ことになります。



まずは、保守契約もしていないのに、きちんとアフターフォローをしてくださる

業者さんにお礼を述べたいと思います。感謝します!



その上で、今回のケースについての反省ですが・・・

業者さんに任せきりになっていたことについて、今後気を付けないとと思いました。

任せるところは任せるけど、最終チェックとかは自分で最終提出先に対して行わないと

今回のような認識違いや抜け漏れが発生してしまうのかな、と。



一歩間違えれば太陽光の認定取消に発展してもおかしくない事案です。

心して念入りに確認しておくべきでした。可能性を考慮する危機管理能力がやや

不足していたようにも思います。



同様の事案を発生させないよう、気を付けます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:04 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

改正FIT法に伴う法令順守のための対応開始。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。予想はしてたけど、名古屋で2キロ太った・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



夏休みの宿題をギリギリにならないとやれない私ですので、改正FIT法への対応も

当然ギリギリ。今頃になってようやく設置する看板を発注しました。



改正FIT法施行に伴い、改正FIT法以前から太陽光発電を行っている事業者は

「みなし認定」の状態になっておりました。みなし認定状態を解消するためには、

事業計画書の提出が必要となります。事業計画自体は、私の場合は施工業者様が

対応してくださったため、必要な情報を送付するだけで済みました。



事業計画を送付した後、やらなくてはならないこととして

・標識の掲示

・メンテナンスの実施

・フェンスの設置

の3点があるということを施工業者様より連絡いただきました。



このうち、フェンスの設置については当初よりフェンスがあるため問題ありません。

標識の掲示とメンテナンスの実施の2つが必要となります。



標識については、こちらのサイトにあるような内容を記載して掲示することになります。

義母が「なんでうちの個人情報を晒さなきゃならないのよ」とご立腹だったのですが

(仙台法人で太陽光を設置したので、義母の自宅の住所を掲示する必要があります)

やらないと電気を買い取ってくれないからということで渋々承諾して貰いました。



そしてこの週末、ようやく重い腰を上げ、設置するための看板を発注しました。




こんな感じのやつです。お値段は5000円を切る程度でおさまりました。



高圧なので、太陽光にも保守メンテナンスの業者さんを入れています。

電話番号は「発電事業者とメンテナンス業者のいずれか片方を掲示で良い」と

なっていましたので、保守メンテナンスの業者さんの電話番号を入れました。

義母の憤りも少し和らぐことと思います(たぶん・・・)。



実際に設置する日をいつにするかは考えなくてはならないですが、とりあえずモノは

さっさと発注してしまわないとですね。3月末までに仙台に行く予定がないんですが

臨時で設置しに行く予定を作らないとダメかなあ・・・。



なお、ついでにグランドカバーのためのクローバーの種も発注しました。




クローバーって背が低くて地面に密集して生えるから、他の雑草が生えにくくなる、

かつ太陽光パネルを覆い隠すまでの大きさにはならない、結果として背の高い雑草が

生えにくくなり、太陽光パネルの発電を阻害しにくくなる、という効果があります。

雑草が生い茂り、太陽光パネルに対して影を作る状態になると、発電効率が極めて

落ちてしまうというデメリットがありますので、その対策としてのクローバーです。



2年連続であまり生えてこなかったのですが、今年は何とか生えていただきたい。

もう何年か取り組んでダメならあきらめます。生えてくれると雑草対策になるので、

できれば群生していただきたいところなのですが・・・難しいかな?



それからメンテナンス。施工業者さんから送られてきた資料には、以下の内容が

記述されておりました。



メンテナンスの内容は、メンテナンス計画に則る必要があります。

メンテナンス計画には「定めるべき内容」として以下の6つの項目が挙げられています。



計画に定めるべき内容

【いつ】保守点検及び維持管理スケジュール

【だれ】保守点検及び維持管理の人員配置・体制計画

【どこ】保守点検及び維持管理の範囲

【どう】保守点検及び維持管理の方法

【法律】保守点検及び維持管理時の安全対策

【記録】保守点検及び維持管理結果の記録方法



最低限、この6項目を民間のガイドラインに従って決める必要があります。

民間のガイドラインでは、メンテナンスの頻度が設置容量10kW未満と以上で、

このように示されています。



10kW未満の頻度:1年目、5年目、9年目、以降4年に1回

10kW以上の頻度:4年に1回




要するに、計画書を作って、その通りに運営しなさいと言っているのかな?



高圧なので、保守メンテナンスに関しては当初より保守をしてくれる業者さんを

入れております。これまでのトラブルの際にもその業者さんが駆けつけてくれています。

そういう日常の計画とは違い、何年かに一度点検する際の保守メンテナンスの計画、

という捉え方をすればいいのでしょうか。



うーん、正直よくわからない^^;

このガイドラインを送ってくれた施工業者さんに連絡してみようか・・・。

(誰か詳しい方教えてください・・・)



まあとりあえず、改正FIT法対応は3月末までに終わらせます!

今から始めれば間に合うでしょうというギリギリのタイミングにならないと始められない

だらしない私がようやく動き始めましたよ、ということで。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:52 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

野立て太陽光発電所、発電量ゼロになるトラブル発生。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。仕事がいっぱいいっぱいで手に負えないorz

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



今週早々に関東地方に住む方を騒がせた大雪。昨日は東北地方でもだいぶ降ったようで、

こちらで手掛けた野立て太陽光にもその影響が出てしまいました。



昨日のお昼頃、太陽光の遠隔監視装置からエラーのメールが届いていました。

内容を見ると、どうやら発電量がゼロだよというメッセージになっているようです。



普段なら慌てて保安協会さんの手配にかかるところですが、今年は一味違います(?)

たぶんこのトラブルではないか?という予想が立っているからです。

何かと言うと・・・冒頭で書いた通り、雪だろう、と。



昨年の同じくらいの時期にも、同様のトラブルがありました。突然発電量がゼロになり

急いで保安協会さんを手配したところ、パネルに雪が積もって発電しなくなっていた、

というオチだったのです。

(当時のブログはこちらを参照ください)



義母に「そちらは雪降ってますか?」とメッセージを入れたところ、降っていると

返信がありました。仙台市内で20センチ以上積もっているから、おそらく太陽光の

現場も10センチ以上は積もっているんじゃないか、と。

そうなると、昨年の事例から考えれば今回も大雪でパネルが発電していないものと

考えて良さそうです。自然の力で発電する太陽光発電。自然の力に負けて発電できない

ケースもあるということですね・・・^^;



発電しない状況が何日も続き、かつ義母から雪が降っていないようだと言われた場合は

改めて保安協会さんを手配しようと思います。念のため、隣の区画を持っている

投資家さんにも状況確認してみるか。



余談になりますが、昨年の太陽光発電の実績と今年の実績を遠隔監視装置を使って

ざっくりと比較してみました。



前年度割れしているのが3月、8月、10月。10月は前年度比較で6割くらいしか

発電していません。8月に至っては5割です。3月は1割減。

逆に9月は前年度の1.5倍くらい発電しています。4月は1割増しでした。



※2016年1月は月の途中まで遠隔監視装置が稼働していなかったため対象外

※2017年6月は遠隔監視装置故障のため記録が取れない日が多いので対象外



トータルで見ると、昨年より発電量は減少しています。夏から秋にかけての天候不順が

モロに影響していると考えられます。あまり芳しくない成績だったので、今年は収支的に

やや厳しい感じになりそうです。



収支があまり良くならない理由の一つとして、保証協会に払う保証料があります。

けっこう高い値段を持っていかれてしまうので、これがキャッシュがあまり残らない

大きな要因の一つであることは理解しています。借入している金融機関さんに対して

保証を外してプロパーに切り替えられないかと相談したこともありましたが、金利が

けっこう高くなってしまい、あまり意味がないという話と、段階的に保証料も下がるから

何年か辛抱してほしい、という感じのことを言われてしまいました。



この太陽光に関しては、当初補助金や消費税還付などで手元に初期費用がだいぶ戻って

きております。そのことを考えれば、別にトントンでも十分利益は出ているし、

手元資金が増えたという功績は間違いなくあります。法人の売上を押し上げている

要因にもなっていますし、基本的にはとても良いものと認識しています。



太陽光パネルは出力が年々低下しくということですが、それと同等かそれ以上に経費も

減っていきます。例えば、元金均等で借りているので、返済額が年々減っていくとか、

保証料が段階的に減っていくとか。そう考えれば、もう何年か経てばそれなりに手元に

お金が残るようになるだろうと考えられます。



今年は天候がよくいっぱい発電してくれると嬉しいのですが・・・。

そんな願いとは裏腹に、いきなり降雪トラブルということで、先が思いやられます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:59 | Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする