2022年04月15日

仙台法人の決算対応を終えて、あとは顧問税理士の先生の対応待ち。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。出張予定が変わって各所予定調整しなおし・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



仙台法人の決算対応を行いました。例年に比べたら楽でした。ちゃんと毎月情報を

整理していたので、最後の1ヶ月分だけ対応すれば終わりでしたから。



昨年より心を入れ替え、税務対応は毎月ちゃんとやろうという活動を心がけています。

もうずっと私のスタイルは「夏休みの宿題はぎりぎりになってからやる」で来ており

子供のころからそれだからしょうがないと自分でも開き直っていました。顧問税理士の

先生も、そのせいで確定申告ぎりぎりまで仕事させられる羽目になっていたと思います。

今思えば申し訳ないのですが、それが悪いこととわかっていても、ぎりぎりにならないと

どうしても作業に手がつかない残念な人でした。



実際にこのスタイルで痛い目を何度も見ることはありましたが、それでもなかなか

悪癖は直らず。今回なぜそれを直そうと思ったかと言えば、東京法人は赤字決算で

個人事業主は想定以上の黒字決算となり、これ絶対調整できたなあと後悔したこと、

倒産防止共済を無駄にかけすぎてしまったこと(掛金減らせばよかった)、仙台法人も

事前に計算しなさすぎで着地点が大幅に増えてしまったことなどいくつかの事故が

重なったこと、そして何よりコロナ禍で出歩くことが減ったので、こういった反省を

活かすためにも少し決算対応を早めにやってみようかと思い立ったことが重なったから、

と言えるでしょう。



実際に一度ちゃんと毎月入れるようにしてみると、その時に入れるボリュームは

さほど多くないから、週末の時間をある程度使えば対応しきれるし、数字も事前に

着地点が見えるようになったし、間際でばたばたしなくて済むようになりました。

想像以上に効果が高いことを実感したので、これは次回以降もやるべきだと痛感。

めでたくきちんとやる人に変わることができました・・・と宣言するにはちょっと

早いかもしれませんが、そんな感じで今後もやれそうな手ごたえはつかみました。

きちんとしようと思います。



さて、仙台法人の決算時期が2月末です。3月中からちょこちょことクレジットカードの

明細と領収書の称号とかの作業はしていたのですが、クレジットの明細が全部そろうのに

多少時間が必要でしたので、全部できてから送ろうとしておりました。そのため、

提出した時期が先週末までずれ込んでしまいましたが、必要な情報を取りまとめて

顧問税理士の先生に送ることができました。



義母は今回素早く動いてくれて、3月中にとっくに提出していたとのことです。

義母はクレジットカードをあまり使わないから、レシートを整理して通帳のコピーを

送ればだいたいOKになるからというのもありますが、今回は早かったです。

普段割と「総勘定元帳つけるのめんどくさいのよね」と言って、すぐやる課所属の割には

ぐずぐずしてることが多かったです。良い方向への変化は好ましいことですね。



私もクレジットカードの明細と実物の領収書の照合をして抜け漏れのチェックをしつつ

法人・個人のどの経費かを判定するところが一番時間がかかっている認識なので、

そこが毎月やることで素早くなったことから、提出までのスピードが上がりました。



仙台法人もすでに12月末まで入力は終わっているので、あと2ヶ月分だけです。

そして必要な資料は送ったので、あとは先生が作るのを待つばかりです。



すっきり素早く対応するのは気持ちがいいですね!(と自分を洗脳)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に
人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:03 | Comment(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月28日

生命保険やがん保険を東京法人から仙台法人に移す。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。昨夜は嫁ちゃんの調子が悪くなって焦りました。

応援クリックよろしくお願いします→



会社でかけている生命保険やがん保険を、東京法人から仙台法人に移すことにしました。

法人規模と保険で落ちる経費を比較し、ボリューム的に見合わないという判断です。



東京法人では、生命保険とがん保険を私に対してかけております。私に何かあったら

嫁ちゃんがつつがなくやっていけるよう、一時金が支払われる形にしております。

勿論、何もないのが一番ですけど、なかなかそうも言ってられませんからね。



正直なところ、私自身は火災保険を掛けるということに対して懐疑的なタイプでした。

実際のところ、それは今でも変わっていません。医療保険は都民共済で充分ですし、

生命保険だって物件いっぱいあればそこからのインカムが毎月あるので特に不要でしょ、

というスタンスです。



ただ、万が一私が先に死んで、嫁ちゃんだけ残された時に、遠隔地のややこしい物件や

暑苦しい物件を果たして彼女が維持管理できるか・・・という点は疑問が残ります。

平時なら頑張れるかもしれませんが、今嫁ちゃんはちょっと病んでおり、パニック障害や

躁鬱の症状を持っています。そして今は他人と関わることを恐怖する症状もあります。

長期的にずっとそれが続くのか、明日にも治るのかはわかりませんが、人とのかかわりが

大事な仕事で、関わることが怖いと言うのはちょっと厳しいよなと思うわけです。



そして、私自身がとにかく「お金は動かしてなんぼ」と思っているタイプなので、

基本的に口座にお金がありません。そんな状態でポックリ逝ってしまった日には、

確実に嫁ちゃんに苦労をかけることは間違いありません。



なので、少し手厚い形で保険を準備して、万が一のことがあっても当面は保険金で

しのぐことができて、その間に厳しいものは売って楽なものだけ残す、みたいな

選別をできるようにしておきたいと考えております。



私は生命保険の代理店さんと火災保険の代理店さんを別々にしており(意図的に

そうしたかったわけじゃないのですが、結果としてそうなっちゃいました)、

生命保険の保険代理店さんが医療保険やがん保険なども扱っております。

今は全額損金になるタイプの保険商品が減っているようですが、そういうものが

なくなりそうなタイミングで声をかけてくださり、それじゃあそれ加入しますと

いう感じでいくつか加入しております。



さて、最近法人の間での経費のバランスが悪いと思うことが多々ありました。

決算してみれば東京法人は経費過多で赤字になったり(実際は減価償却が原因です)、

仙台法人はガッツリ黒字になってたり。でも仙台法人で経費はあまり落とせておらず

年商が小さい東京法人でばかり経費が落ちている状態がありました。



倒産防止共済の是正などに加え、この生命保険や火災保険もバランスが悪いので

できれば仙台法人に移したいということを考えていました。



昨年末、生命保険の保険代理店さんと打ち合わせした時、この話を持ち出しました。

保険代理店さんも両社の決算書を見ているので、確かにバランス悪いですねという

認識は持ってくださいました。これだったら仙台法人に保険を売却して、今後の掛金は

仙台法人で支払う方がいいと思います、と。売却の手続き自体は可能だそうです。

それだったら、保険を売却しちゃった方がいいなあ。



問題は、仙台法人は義母の管轄であるということ。義母のOKが出ないことには

保険を移すこともできません。毎月けっこうな金額のお金が出ていくのに、それは

会社のためではなくある意味私と嫁ちゃんのため。義母的にそれは良いというか

ちょっと怪しいんだよなあ・・・。手元資金がないと落ち着かない人だし。



年末、仙台に戻った時に、この話について義母に相談しました。税金で持っていかれる

一部のお金を、節税として私たち夫婦の保険の分にできませんか、と。

思ったよりすんなり「いいんじゃない」と言ってくれたのは、税金に費やすよりは

娘夫婦の将来に使う方が有意義という親心だったのかも。ありがとうございます。



ということで、OKを貰ったことを保険代理店さんに報告。最初は決算の結果によって

売却のタイミングを変えた方がいいのかなと思っていたので、決算の着地が見えたら

相談させてくださいとしていたのですが、決算の着地が見えていざ相談してみたら

全額損金の保険なので別に決算には影響しない、ゼロ円での譲渡なので売買そのものは

PLに影響を及ぼさず、その後の毎月の掛金がPLに影響するだけ、とのこと。

なんだ、それだったらもっと早くやっちゃえばよかった。



手続きの書類を郵送して貰ったので、これを書いて保険代理店さんに返送。

その後、保険代理店さんが義母のところに行って、保険の具体的な内容を説明して

署名押印して貰うという流れになりました。



別に義母のところに対面で行かなくてもいいのですが、やっぱりどんな保障があるか

知っておいてもらった方がいいでしょうし、保険代理店さんのことは割と好ましく

思っている節があったので、それだったら話し相手になって貰おうということで、

ご足労いただくことにしました。



義母は火災保険の保険代理店さんとも仲良しなので(東京に来ると結構な頻度で

火災保険の代理店さんとの会食を設定しています)、私がお仕事をお願いしている

保険代理店さんとは相性がいいのかもしれません。



これで、事業規模が大きい仙台法人で経費が多く使われる形が作られます。

東京法人は割とホイホイ売ったりしちゃったので、元々の事業規模で想定した

経費がかかっており、なんかバランス悪い状態になっていましたが、徐々にそれも

解消されてきています。うまくバランス取りながら、こういう調整をしていこうと

思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:49 | Comment(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月23日

仙台法人の決算着地点確定、それにあわせて動きを取り始める。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。今日は領収書の整理デーにします。こまめにやらないと!

応援クリックよろしくお願いします→



仙台法人、今期の落としどころについて顧問税理士の先生と打ち合わせて合意しました。

修繕が多かったので、ある意味調整しやすかったです。あとは粛々と処理を薦めます。



少し前に、仙台法人の落としどころを探るために試算表を作って貰ったと書きました。

ざっくり言えば、札幌11棟目、千葉1棟目、仙台2棟目でガッツリと修繕費がかかって

いることから、今期はそれを全部修繕費にぶち込んだら赤字になるというお話でした。



ただ、それは本当に修繕費でいいのか、実は資本的支出ではないのか、という質問を

先生からは受けておりました。バリューアップをしている、耐用年数が長くなる、

みたいなケースだと修繕とは言えないですから。



前回のブログの最後に、先生に電話して話をした方が早いなということを書きました。

それに従い、顧問税理士の先生に電話で諸々確認してみた次第です。



まず修繕費の件。

先生にヒアリングを受け、今回対象になっている修繕が本当に資本的支出に相当しない

内容かという確認はありましたが、内容をお話した結果、修繕費と判断しても大丈夫で

あろうという判定でした。ということで、これらのお金は修繕費でも資本的支出でも

どちらにでも振り分けることができるということになりました。



そうなると、今年の決算はがぜん余裕が出てきます。全部修繕費にしたら赤字ですから

それをうまく資本的支出と修繕に振り分けて、赤字にならないほどよい塩梅の利益に

着地させることは割と容易でしょう。



そこで、次に出るのが倒産防止共済の話。

昨年から積立を開始し、期末に一括納付。今年も利益が出るだろうと思っていたので

一括納付するつもりで資金を準備していましたが、これだったら一括納付なんか

しなくてもいいんじゃない?むしろ最低の掛金でいいですよね?と。



先生も確かにそうですねと納得。ということで、まさかの掛金を最小まで落とすという

展開になりました。倒産防止共済って上限があるから、そこに至るタイミングは少しでも

遅い方が戦略的には都合がいいです。これは東京法人の失敗に学びました(笑)



そしてこうなるともう一つテーマが増えます。それは、低圧太陽光発電所の返品(?)。



低圧太陽光発電所は以前よりちょっと想定外の問題があり、販売会社さんにて買取して

いただくよう話をしており、来月〜再来月には売却が完了する予定でした。

(細かいことはまた追ってブログに書こうと思います)



しかしこの低圧太陽光発電、買い取ってもらうのはいいのですが、定率法で処理して

いるので、初年度で大きく減価償却を取ってしまっています。よって、残債での売却で

あったとしても、簿価は初年度で大きく減らしていることから、利益はかなり大きく

出てしまうことになります。



この売却も期末に押し込んでしまえば、今回の修繕費と相殺されるのではないか。

そんなことを考えました。



この趣旨を顧問税理士の先生に伝えて計算して貰ったところ、確かに結構な金額の利益が

出てしまうこと、ぶつければ損益をうまく差し引くことができそうだということでした。

よーし、プランは固まりましたよ。なんとか2月中に売却を終わらせて、損金とぶつけて

いい塩梅のところに着地させますよっと。



顧問税理士の先生には、とりあえずこの辺を着地点にしたいという意思を伝えました。

その辺にうまく着地できるよう、資本的支出にするか修繕にするか決めてくださいと

お願いをして、了承いただきました。



これで今年の仙台法人は着地点が見えたので良しとします。

事前にちゃんとやっておくと、こうやって安心して決算を迎えられるのね〜。

今までギリギリになって必死にやっていた自分はやはりダメだったと反省しました。

コロナ禍で出かける機会が減り、事務作業をするタイミングが増えたので、今回のように

事前に決算を整えることができた側面もあると思います。コロナも悪いことばかりでは

ないのかな、なんて。



その後、太陽光の業者さんに電話して、決算の都合があるからこの日までに絶対に

所有権移転する形でお願いします、と連絡。それにあわせて動きますという回答を

得ることができました。これもちゃんと期日までに対応できるか、引き続きチェックを

しなくちゃですね。絶対に間に合わせて貰わないと。



ということで、なんとなく見通しが立って安心した仙台法人なのでした。

事前に決算の予測をしておく。来年以降もこの動きをきちんと取れるように頑張ります。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:50 | Comment(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月19日

仙台法人、思ったより利益でなくて済むかも?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。糸ようじ使うようにしたら歯医者さんに出血が減ったと褒められた。

応援クリックよろしくお願いします→



今年の仙台法人、覚悟していたより利益は出ないことになりそうです。

試算表作って貰って、そう感じました。原因は大規模修繕が重なったことです。



12月末で個人事業主の期末、2月末は仙台法人の期末です。この時期は決算が多く

割と忙しい時期となります。



今までだと、2月末にようやく個人の資料を出す、4月に入って仙台法人の資料を出す、

という具合にかなり後手後手で資料を送ってしまい、結果として顧問税理士の先生に

ご迷惑をおかけしておりました。確定申告、事務所に所属するすべての先生の中で、

担当の顧問税理士の先生が一番終わるのが遅く、その中でも私がラストに必ず来るという

常にオーラスを飾る人になっておりました。



今年は顧問税理士の先生にあまり迷惑をかけないよう、早めの資料提出を心掛けて

動いております。今のところそれは順調に進んでおります。



個人事業主としては、売上は全部入力、経費はカードの明細がまだ届いてない分以外は

全部入力した状態で試算表を年末に作っていただいております。着地も悪くない箇所に

来ていることがわかり、安心して確定申告を迎えられる状態であることがわかりました。

残りの資料を送ったらきっとすぐ確定申告が終わるのではないか、と期待しています。

例年にない素晴らしい出足です。



そして1月は仙台法人の決算前の準備をしています。

12月末くらいまでの資料を一通り送付し、現時点での着地点から最終系を予測し

倒産防止共済の費用を期末に一括で納めるかを判定することにしております。



義母には年末年始で行った際に、この話を説明して年明け早々に出納長をまとめて

顧問税理士の先生に送るようお願いをしました。そんなに早くできないわよとブツブツ

言ってましたが、10日までには資料を整えて先生に送付しておりました。

さすが、すぐやる課所属の義母です。仕事が早い。



私の方は年末に資料をだいたいお渡ししていたので、あとは先生が入力して試算表を

作るだけの状態になりました。



そして昨日、その内容が届きました。

もっと利益が出るかなと思っていましたが、想像していたよりは少ないようです。



理由として、修繕でかなりの費用が出ていることが挙げられました。

1.仙台2棟目の外壁塗装、屋上防水、各部屋のリフォーム

2.千葉1棟目の外壁塗装、屋根修繕、室内リフォーム

3.札幌11棟目の室内リフォーム

この3件を合わせて1000万以上の支出になります。改めて金額見るとゲロ吐きそう。



これらが全部修繕費として計上されると、むしろ赤字になるというオチです。

今期はでかい修繕の当たり年だったな、とこれを見てしみじみと思いました。



顧問税理士の先生からは「実態としてこれは修繕なのか資本的支出なのか」という

ことを問われております。元々一切なにもされていなかったのであれば、防水工事も

資本的支出に当たるのでは、ということで実態を教えてほしい、ということでした。



1の仙台2棟目に関しては、築43年とかなり古い物件です。前のオーナーさんは

何もしていなかったようですが、この年式になるまで一切何もしていないとなれば、

建物はもっと悲惨な状態になっていたことでしょう。



そして、外壁塗装時に塗料の色を変えてイメージを変えることこそしましたが、

この工事はバリューアップは特になく、普通に外壁塗装をして屋上防水をしただけです。

外廊下の防水は元々貼ってあったシート防水がダメになっている箇所がありましたので

全体的にやり直しをしました。



顧問税理士の先生が言う「実態」という話であれば、「明らかに維持管理・原状回復の

ための支出」であり「資産の価値を高めたり使用可能期間を増加させるものではない」と

判断できるのでは、と考えております。



2の千葉1棟目も同様です。

外壁塗装は前オーナーさんも実施していることは把握しております。屋根の修繕は

台風の被害で瓦がめくれたところの対応ですので、これも原状回復にすぎません。

室内も間取りを変えたり和室を洋室に変えたりはしていないので、単純な原状回復と

考えることができると思います。砂壁にベニヤ貼ってクロス貼ったりしたところは

「使用期間を増加させるもの」と判断できるかもしれないなあ、とは思いますが。

あと、室内洗濯機置場を追加で設置したことは明らかなバリューアップなので、

この部分は資本的支出なのかもしれません。



部分的に資本的支出に相当する箇所があるような気はしますが、大きな括りで見れば

原状回復であり修繕費であると判定していいのではないかと思います。



3の札幌11棟目も、原状回復と考えるのが妥当であろうと思います。

間取り変更一切なし、和室→洋室化もしていない、むしろコスト削減の観点で

DKの床がジンギスカン鍋のように中央が膨らみ勾配ができているにも関わらず

「そのままにする」という決断をしたくらいです。



細かく見れば、配管がサビていたのを交換した時の素材が、過去に使ってたものより

耐久性に優れたものを使っていたりすると「使用期間を増加させるもの」になる

可能性はありそうです。ただ、ここはどんな素材に交換したかを把握できていません。

あとは、トイレや洗面台を現代のラインナップの製品に交換したことが、もしかしたら

資本的支出に当たるのかもしれない、というのは感じております。

でもまあ、むしろ洗面台もトイレも別の解体される物件で出た新しめの廃材を

再利用しているので「使用期間を増加させるもの」ではないような気もしています。



そんな感じなので、私の中では3件とも「修繕費」でいいんじゃないかと考えてます。

ただ、全部経費計上すると、先ほど書いたように赤字決算となりますのでよろしくない。

一部は修繕費であっても意図的に資本的支出にして、程よい黒字を確保するのが

吉ではないかと考えます。



そうなると、今年は倒産防止共済を一括で払う必要がなくなる?



あ、低圧太陽光の売却を含めたらどうなるかも試算したいな。瑕疵があったので買取を

してくださいという求めに販売会社さんが応じてくれそうなので、来期売ろうと

思っていましたが、今期そんなに利益が出ないなら今期売却ぶつけてもいいかも。



ちょっと今日の昼休み、先生のところに電話して相談します。

倒産防止共済の掛金変更の期日が近いので、迅速に結論を出さなくては。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:02 | Comment(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

中小企業経営診断サービスを使って東京法人を分析して貰う。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。今日も一日頑張りましょう。

応援クリックよろしくお願いします→



McSS経営診断報告書なるものを生命保険の保険代理店さんに作っていただきました。

経営指標が数値化されて出てきます。へー、なんか面白いですねこれ。



私はお付き合いしている保険代理店さんが2人いらっしゃいます。片方は火災保険で

いつもお世話になっている代理店さんと、その代理店さんで生命保険に入ろうとした時に

過去の履歴でどうしても入れず、その代理店さんの仲間の代理店さんをご紹介いただき

お付き合いが始まった生命保険の代理店さんです。



生命保険は本来不要派なのですが、某地銀さんと融資について会話している時に

できれば団信で賄えない分を生命保険などで独自に賄ってほしいというお話が出たので

そこに対しての手当てで生命保険を必要とした、という次第でした。



そしてこの生命保険の代理店さんが非情にできる人で、なるほどと思えるご提案を

都度都度繰り出してこられるのです。どれも説得力があり、ついつい言われるがままに

保険に加入してしまっている自分がいます。キャッシュフローをそこに入れるのって

本来違うよねと思ってしまうのですが、いろいろと手回し良く説明が進むので、

うん、それじゃ入った方がよさそうだね、みたいな感じでつい(笑)



そしてこの生命保険の代理店さん、いろいろな社長の相手をしているだけのことはあって

経営分析というか財務諸表の読み方が上手です。3期分見せると「銀行融資引きやすく

するなら、ここをこう見せた方がいいですよ」などと助言してくださいます。

私もなるほどと思うことがちょいちょいあり、勉強になるなあとありがたくお話を

伺っております。これは職人系の社長さんから信頼得られるだろうなあ。自分自身で

財務諸表を見てなくて、経理畑の番頭さんに任せちゃってるタイプの会社の社長とか。



先日、東京法人の決算書が赤字になってしまったのを受け、内容をろくすっぽ吟味せず

「ちょっと保険で出ていく金額が多い気がするから減らす相談しようっと」と思って

赤字なのでちょっと相談したいと伝えたら、決算書見せてくださいと言われたので

渡したところ、これ減価償却が取れすぎてるだけで経営上何の問題もないですよ、

保険減らす必要ないですよ、とさっくり言われちゃいました。そもそも保険代理店さんに

減らしたいって言ったって、はいわかりましたと即答するわけはないので、当然と言えば

当然のことです(笑)



そのやりとりをした時、なんか見やすい資料をくれたのです。

それが「McSS経営診断報告書」というもの。一般社団法人CRD協会というところで

作っているそうで、決算書3期分渡すと、信用保証協会の保証料率決定に利用されている

スコアリングモデル『CRDモデル(法人)』で評価し、集積された約100万社の

決算データと比較した『現状診断』を行ってくれるのだそうです。



ネットで調べてみたらサイトもありました。こちらをどうぞ。

中小企業経営診断システムサービス



東京法人の総合評価のスコアは「B」でした。某金融機関さん曰く「Aはなかなか

出ないのでBもかなり良い評価ですよ」とのこと。偏差値は55とのことでした。

デフォルト企業の平均偏差値が36ということでしたので、これを金融機関の人や

保証協会の人が見たら、少なくとも危なくて貸せないという風には見えないだろうなと

思った次第です。



債務償還年数なんかもこの分析に出てきますが、東京法人は11.94年ということで

不動産賃貸業としては悪くない数字になっていました。最大の借入が15年だから、

まあそうなりますよね。現金で買ってリフォーム代だけ融資して貰っている物件ばかりで

まともに全額借入して買ったのは太陽光くらいですから。



今度は仙台法人でも同じ分析して貰おうっと。



数値化されるとなんとなく面白いですね。ゲームやってるみたいです。

こういうの好きなので、定期的に見て貰おうと思います。自分で見ようとしても

めんどくさくなって分析する前に力尽きるのが常なので、ここをアウトソースできると

気持ち的に楽です。保険加入したことによるサービスとしてこれがついてくるなら

多少保険かけすぎな気がする分も手数料と割り切れるかな。

またお願いしようと思うので、よろしくお願いします!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:12 | Comment(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする