2017年06月26日

外国人向け賃貸住宅や軍用地など、地域独自の投資について学ぶ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在8位です。沖縄、半日に一度シャワー浴びたくなる。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日に引き続き、沖縄視察を続けております。沖縄の投資は通常の賃貸住宅以外にも

いろいろなやり方があるということを改めて理解してきました。



一般的に、不動産投資と言えば購入したアパート・マンションを賃貸に出すことが

王道でありセオリーであると思うのです。そして派生形として、商業ビル投資とか

シェアハウスとか、少し賃貸住宅よりも難易度が高いものが出てきます。



どれも(需要の過多によって成功するかどうかは変わるものの、テクニックとしては)

全国どこでも再現可能な投資法だと思います。



しかし、全国どこでも再現できる投資法ばかりではありません。その地域独特のやり方で

あり、持ち帰っても全く真似することができない投資法もあります。沖縄の場合、それは

米軍基地に絡んだ投資法です。一つは外国人向け賃貸住宅、もう一つは軍用地。



外国人向け賃貸住宅は、米軍基地に勤めるアメリカ人のために用意する賃貸住宅です。

基地に近い特定の地域に集中しており、とにかく高い賃料で借りてくれるのだとか。

前述のテラスハウス方式であれば、うまく高く貸せれば2戸で40万とかの家賃に

なるという話でした。いやはや、とんでもない賃料です。



視察の中で聞いたパターンは、ファミリー向けに戸建、単身orカップル向けには

2LDKのガレージ付きテラスハウス(2世帯住宅みたいな2戸で1棟の戸建)が

あるそうです。それ以外のパターンもあるのかもしれませんが、特に視察の中では

それ以外の間取りの話題は出てきませんでした。



実際、外国人向け賃貸住宅が立ち並ぶ地域には、ナンバープレートのひらがなのところに

見慣れない「A」「Y」と書かれた車が多く停まっており、道行く人も欧米の方ばかり。

建物もどことなく東南アジアっぽい雰囲気とカリフォルニアっぽい雰囲気が入り混じる

独特の雰囲気で、なかなか日本では味わえない不思議な感覚でした。



米軍基地があるところであれば、ある程度再現する可能性はあるのでしょう。

実際、横須賀あたりでもこういった投資はあるという話を聞きかじってはおります。

おそらく岩国とか三沢あたりにも探せばあるのかもしれません。ただ、マーケットの

規模は沖縄ほど大きくないでしょう。何にせよ、地域限定の投資ということになります。



それから軍用地。

アメリカ軍基地として貸している土地の地主になるという投資法です。

アメリカ軍から賃貸収入を得るわけですね。



アメリカ軍からの賃料は毎年少しずつ・・・1%から3%くらいは上がるそうです。

ほぼ滞納も退去もないということで、利回りは低いものの人気のある投資法なのだとか。



そして見逃せないのが、毎年市場価格が上がっていること。

5年とか寝かせておくことができるまとまったお金があるなら、軍用地を購入して

・毎年の賃貸収入

・売却時の値上がり益(賃料が上がる&市場流通利回りが下がることによる利益増大)

という2点を達成することができます。

※値上がり益は必ず得られるわけではないと思いますが、過去の傾向としては

 上がっていっているそうです



そして軍用地投資にはそれ以外にもメリットがあるということを地元大家さんから

伺いました。銀行関係で割と大きなメリットがあるのですが、そこはブログ上では

割愛させていただこうかと思います。



近年、軍用地は人気が高まっており、出物がそもそもないという話でした。

地元の大家さんは情報収集をネットと新聞に頼っているということです。

新聞がある分、地元の方が有利ですね。



これもまた、沖縄でしかできない投資だと思います。

三沢や岩国、横須賀とかではなぜこの投資は行われていないのか不思議です。



投資法ではないですが、

・建物がとにかくさびやすい(築3年でも鉄部がボロボロ)

・RCの坪単価は現在70万くらい(札幌よりは高いけど一般的には安い)

など、地域性のあるお話を伺うことが出来ました。



今回、地元の大家さんと交流する機会を設けていただくことができ、大変勉強に

なりました。地域ごとに必勝法は異なるので、いろいろな地域のお話を伺っていき

自分の賃貸経営に反映できることであれば反映していきたいと思う次第です。

沖縄はちょっと難しかったけど、余裕資金があってタイミングが合えば軍用地投資は

面白いのかなと思いました。



お付き合いいただきました皆様、どうもありがとうございました!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:30 | Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

「満室の3倍儲かる非常識な投資法」は再現性があるのか?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。ソーキそばが好き。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



突然ですが、沖縄不動産の視察に来ました。簡易宿泊所の事例に興味がありまして、

いろいろと細かいお話を伺いたいと思った次第です。



沖縄視察の話をする前に、そもそもなぜ沖縄に視察に来ているか、そのきっかけなど。



そもそもは、健美家に執筆協力している方のみご招待いただけるパーティーに

いろいろあってお邪魔させていただいた際にお会いした沖縄の投資家、三浦弘人さんと

お話させていただいたのがきっかけでした。



三浦さんは「満室の3倍儲かる非常識な投資法」という著書で有名な方です。

からくりだけさらっと言うと、通常賃貸ではなくマンスリーマンションや簡易宿泊所への

コンバージョンなどを駆使して、あまり利回りが高くないと言われる沖縄でも大きな

利益を挙げておられます。





↑著書↑



その健美家パーティーの懇親会で会話させていただき、是非一度見学させてほしいと

言ってみたところ、あっさりOKいただきました。それじゃあということで沖縄行を

企画して、どうせなら東京にいらっしゃらない大家さんとの交流ができればいいなと思い

東京以外の地方にお住いの大家さんに「皆で沖縄に行こう」とお声がけしてみたり。

賛同してくれた人と一緒にお邪魔するアポを取った、という感じで本日に至るわけです。

なんでも図々しく言ってみるものだ・・・(笑)



そして昨日、念願の沖縄視察が実現!

全国から様々な大家さんが沖縄に集合。会うなり話が面白すぎて笑いが止まりません。

いやはや、これはすごいわー。また企画したくなるこの楽しさ!

※視察だから楽しんでばかりじゃダメですけど・・・



ひとしきりお話して自己紹介も済んだところで、いよいよ三浦さんの物件へゴー。

著書だけだとよくわからなかった簡易宿泊所の許認可とか、聞きたいことがあります。

著書を拝読す限り、区分所有で簡易宿泊所をやっている?ように見えたもので。



三浦さんには、ご自身が保有してる簡易宿泊所物件にご案内をいただきました。

どれも素晴らしい物件でしたが、その中で私が勘違いしていたことが。

私は区分を簡易宿泊所に変更したものと思い込んでおりましたが、実際はそうではなく

自己保有の物件そのものを簡易宿泊所に認定してもらい、そのうちの一部のお部屋を

宿泊用としている、ということでした。



てっきり、区分を購入して、その区分のお部屋を簡易宿泊所に変えているものと

覆いこんでおりましが、その違いまでは私は著書から読み取れずじまいでした。

区分でどうやってクリアするんだろう?と思っていたのですが、そもそも区分では

なかったのか〜、と。東京の区分でできるんだったら夢が拾ったんですけど(笑)



やはり、実際に見に来て直接オーナーから話を聞くと、いろいろな違いが見えてきます。

だいぶ違うなあと思ったのは、簡易宿泊所を認める要件の緩さ。三浦さんが運営する

沖縄の簡易宿泊所と同じ内容の物件を都内で作った場合は、おそらく簡易宿泊所として

利用する許可が下りないでしょう。それが下りるからこそ、今のこの投資が成り立って

いるものと思われます。



都内だと、区ごとに微妙に異なりますが、共用部のトイレの数をいくつにしろ、

みたいなルールが旅館業法の基本ルールに追加して設定されているそうです。

それがあるため、ワンルームマンションをコンバージョンするようなことが

難しい、という側面があると理解しています。



しかし、その要件が沖縄にはありません。だから、賃貸マンションと変わらない仕様で

簡易宿泊所として運用できる、ということになります。そしてそれこそがこの投資法の

キモなのであろうと思います。コストが通常の賃貸住宅とあまり変わらない上に、

最悪の場合に賃貸物件にコンバージョンすることも容易なわけですから。



実際、賃貸住宅としても簡易宿泊所としても、どちらでも使えるようにという感じで

準備をしていた、というのが三浦さんのお話でした。なるほど、それは実際に話を

聞いてみないとわからないポイントです。



東京だとちょっと再現性なさそうだ^^;

建設費がかさむ&レンタブル比が取れない&再販しても売りにくい(融資つかない)

という点がネックになると思われます。



全国の中には、沖縄のように観光客が多くて、簡易宿泊所の要件が緩いところも

もしかしたらあるのかもしれません。そういうところであれば、三浦さんの投資法は

再現性があるものになるのかも、などと思った次第でした。それがわかっただけでも

充分収穫であったと思います。



三浦さん、突然のぶしつけな訪問に対して快くご案内いただき、感謝します!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:10 | Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

現場を確認して、反省と次回の教訓を探す。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。もう一声上位に行きたいな〜。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



札幌出張の中で、細かいテーマとして以下の確認もしてきました。

・札幌5棟目の共用部照明の改修状況の確認+α

・札幌6棟目のリフォーム進捗状況の確認



ここ一年以内に購入した札幌5棟目と札幌6棟目。それぞれ1部屋ずつ募集をしてます。

共に初めての募集ですが、札幌6棟目は類似物件を運営したことがあるのでなんとなく

家賃の予想がつきます。他方、札幌5棟目のようにロフトのあるお部屋を募集したことは

まだないため、こちらは手探りで家賃を調整している感じです。また、札幌5棟目は

駐車場もまだ3台空いていますので、募集をかけていかなくてはなりません。



今回の札幌出張で、そんな状況の両物件の現地確認をしてきました。

札幌5棟目は共用部の照明の交換の結果確認、札幌6棟目はリフォームの進捗状況の

確認が主な目的です。加えて、札幌5棟目の駐車場の募集でちょっと問題が発生して

おりますので、そちらの状況も確認してくることにしました。



まずは札幌5棟目。この物件、なんとなく共用部が薄暗い印象がありました。

購入前から気になっていたところなので、ガス会社さんからの協賛金を得ることが

できたことをきっかけに、共用部の照明を明るくする工事をしてもらうことにしました。



従来は普通の富士型の蛍光灯で、なぜか一部の照明が外されていたのですが、

外されているところもちゃんと点灯するように変更、かつLEDにすることで

明るさの回復と電気代軽減を実現する工事としました。



管理会社さんから、業者さんが少しサービスしてくれて、同じ富士型の蛍光灯ではなく

ちょっとおしゃれな感じの照明で施工してくれたということを言っておりました。

こんな感じの照明です(画像はパナソニックさんのサイトから拝借しました)

共用部照明器具

普通の照明器具よりおしゃれな感じなので、いいんじゃないかなーと。



札幌出張前に工事が仕上がったという連絡を受けましたので、現地を見てくることに。

昼間だったので正確な雰囲気はつかめないかもしれないと思いつつ、でも見た方が

いいだろうと思いましたので。



確認当日はさんさんと陽の光が降り注ぐ大変天気の良い日でした。外が明るくて

気持ちいい。そんな日です。



そんな明るいところから共用部に入ったせいか、第一印象は「あれ、あんま明るく

ない気がする!?」でした(汗)



蛍光灯をちょっとおしゃれなやつにしたことで雰囲気はいい感じなのですが、下ばかり

明るく横に光が拡がっていっておらず、スポットライト的に明るくなってしまっている

ような印象を受けました。特に、天井の低い入口部分はその傾向が顕著。しかも、

天井が低いので照明が出っ張って邪魔な印象を与えてしまっています。



逆に、各部屋に入る前の内階段など、天井が高い場所に設置されている照明については

光量もアップしてややおしゃれな雰囲気にすることができているように感じました。

天井が低いところは富士型の普通の照明、天井が高いところはおしゃれ照明、みたいに

場所によって照明の種類を変えた方が良かったなあ。今後の反省点です。



しかし、最初「暗いなあ」と思ったのですが、空室になっているお部屋に入って、

しばらくしてから出てきたところ、さっきより明るい印象に代わっておりました。

もしかして、太陽があまり出ていない時だと明るく感じるのかもしれません。

やっぱり夜に行ってみないと評価しづらいなあ。でも札幌にいる時って、夜はだいたい

飲みに行ってしまうからなあ・・・(笑)



設置した照明

↑こんな感じ↑



さて、札幌5棟目なのですが、実は照明以外にも確認したい事項がありました。

少し前から、駐車場の募集のぼりが何者かによって外される事案が発生しております。

1回目は清掃業者さんがその状況を発見して報告してくださいました。その時は

清掃業者さんがのぼりを立てなおしてくださったのですが、先日管理会社さんの巡回時に

また外されていて、しかも(夜だからしっかり確認できてないという前置きがありつつ)

のぼりとポールがなくなっている、という話だったのです。



2度もやられるとなると、愉快犯というよりはこの募集に対して何らかの不満がある人、

その不満の内容はわからないけど、おそらく入居者様が外しているのだと思われます。

そうやって強硬手段に出る前に、電話で相談してくれればいいんだけど・・・。



物件の周囲を回ってみると、一番裏の方に目立たないように旗とのぼりが捨てられて

いるのを発見しました。夜中だと暗くて見つけられなかったのでしょう。



のぼり

外された残骸



また立てることも考えましたが、今回はあえてこのままにしました。管理会社さん側で

何か対策を考える、ということでしたので。



嫌がっている理由がわからないのでこちらも有効な対策を考えにくいところはありますが

・駐車場の契約者がいない区画に旗を配置していることに対し、両隣の契約者が

 旗が邪魔だと思っている

・募集している=空き区画があると判断して、第三者が無断駐車するケースが増えて

 気に食わないと思っている

あたりが可能性として考えられますので、それらに対して一つずつ裏取りをしながら

対応を進めていくことになるかと思います。



ほんと、苦情を管理会社さんに申し伝えてくれるだけで、こちらはその気持ちに配慮した

募集ができるんですけどねえ・・・。その行動に至る理由をぜひ知りたいです。



その他、同行していただいた清掃業者さんが、空室の中の細かく気になる点に関して

提案させてほしいということでしたので、提案いただくことにしました。選んでいただく

ためのお部屋づくり、頑張らなくては。



札幌5棟目だけで結構書いちゃいましたが、札幌6棟目にも触れておかなくては。



こちらは1月末に決裁したのに、いまだリフォームをやっているというお粗末な感じで

やきもきしていましたが、ようやくリフォームの終わりが見えてきました。

2部屋のうち1部屋はGW前に完了し、GW中にご入居いただいております。

今回見てきたのはもう1部屋の方です。入居が決まった部屋を優先したから、

こちらの工事が遅くなっているというのはまあ理解できますので、仕方ないか。



お部屋自体はけっこういい感じの出来栄えでした。部屋の雰囲気は白を基調にして、

鴨居や長押も白で塗装。ふすまだったところはアクセント的なグレーのクロスを入れて

元和室感をかなり減らすことが出来たのではないかと思います。



リフォーム後

リフォーム後



デザインはFBで意見を求めた際に参考画像として提示していただいたものをパクって

実装したのですが、これがいい感じでした。やっぱりデザインは誰かのものを参考に

させていただくのが一番!



ただ、リフォーム前はさほど気にならなかったもう片方の和室の畳が、コストダウンで

何もしないという判断にした結果、汚さが目立つ感じになってしまいました^^;

あと、照明器具が古いままだったので、リモコンつきのシーリングライトとか買って

導入した方がいいだろうなあとも思った次第です。この辺は管理会社さんに相談しよう。



リフォームの残りは、キッチンパネルの塗装と浴室の修繕だけです。

浴室の壁がブヨブヨしちゃってるところをポリパテで埋めて平べったくする工事を

入れる予定でしたが、同じ値段でパネルを1面張り替えてくれることになりました。

管理会社さんが交渉してくれたからかもしれません。ありがとうございます。



来月、仕上がったらもう一度見てこようと思います。

(また札幌行かなきゃだ・・・購入物件のこともあるし・・・)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:56 | Comment(4) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

現地調査と情報交換とリフォーム完了後の現場確認と。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。うに丼食べて帰りたいけどプリン体怖い・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日は札幌3棟目の管理会社さんとランチミーティングした後売り物件の現地調査。

夜は売買や仲介をやっている営業マンと情報交換会した後、札幌6棟目の管理会社の

社長さんと打ち合わせを兼ねた懇親会をしてきました。



今回の札幌出張、札幌3棟目の管理会社さんとはよく会ってます。動きやすいところに

オフィスがあるため、ことあるごとにお邪魔している感じです。まるで事務所のように

パソコンを広げて好き勝手させてもらっています^^;



そんな感じでよく顔を合わせていたので、札幌3棟目の細かい情報がポロポロと

伝わってきます。生活保護を受けていた入居者様が仕事を始めたので保護打ち切りに

なった途端に家賃を滞納し始めたとか(前も同じような展開があったんです・・・)、

申込のあったお部屋の入居審査がうまく進んでいるとか、電話に出なくて滞納癖のある

入居者様とようやく会えて直接挨拶と督促をすることができたとか、意外と入居者様同士

仲が良いらしいという話とか、大規模修繕をそろそろ考えないとやばいよね、とか。



こういった話だけでも今後のヒントになるのでありがたいです。無駄に入り浸っている

わけでもないということが言えるのではないかと思います(笑)



それはそれとして、ランチミーティングはランチミーティングで決行。今回は普段の

管理系メンバーだけでなく、賃貸部門の店長も同席してくださいました。そして社長の

娘さん(小学校2年生)と店長の息子さん(幼稚園?)も同席!なんとアットホームな。

このくらいの緩い距離感で仕事はきちんとやってくれる管理会社さん、私としては

とてもやりやすいので助かります。いつもありがとうございます。



そんな和気あいあいとしたミーティングの後、管理会社さんも同行で現地調査に

向かいました。別の業者さんから提案いただいていていて、ちょっと面白そうだから

即日買付を入れた案件です。提案してくださった業者さんは管理は別のところでいいよと

言ってくださっているので、管理をお願いする前提で一緒に来ていただきました。



建物の状態は築年数なりで綺麗でした。一部コンクリートに細かいヒビが入ってたのは

気になりましたが、まあ大きな瑕疵ではないと思います。

外壁のヒビ

↑こんな感じでした↑



この物件の魅力・・・それは何より土地が広いこと!ファミリー物件で全戸分以上の

平面駐車場がついています。さらに、建蔽率、容積率も余っており、数字だけで言えば

もう1棟建っちゃいます。



それもあり、現地で実際に1棟建つのか見てきたのですが、今の建物の配置からすると

やや難しそうな雰囲気・・・。全体的に、駐車場の区割りも含めてどうもセンスがない。

もし購入したら、いろいろやり方を変えて収益性を向上させられるような気がします。

例えば駐車場の区割りを変えて貸せるところを増やすとか雪捨て場を確保するとか。



お部屋も普通の2LDKで、まあまあ使いやすそうな感じの間取りと、少し微妙な

間取りの2種類がありました。原状、空室率はそこそこ高く、半年以上空室のままに

なっているお部屋もありました^^;



空室期間が長引いているのは、管理会社さんの動きがいまいちなのではないかと

推測しています。充分すぎる広告料、内部の仕様や陽当たりに関しても問題なし。

1階のお部屋なんかエアコンまでついてました(最近の新築は別として、基本的には

札幌の賃貸物件にはエアコンついてません・・・夏そこまで暑くないし冬は灯油FFを

使うし)。駐車場も余りがあって安心安全です。普通に決まらない理由がありません。

管理会社さんと「これならいけるね」という共通認識を持てたと思います。



そのまま勢いで札幌5棟目にも足を伸ばして貰ってしまいました。リフォームが

終わったと聞いたので、現地を見てきたいと思いまして。管理物件でもないのに、

お付き合いいただいてしまい恐縮でした。



部屋に入るなり、ロフトへのはしごがデザイン階段化されたお部屋に社長の子供が

大はしゃぎ。「ママー、ここに住みたーい」を連呼しておりました。もういっそのこと

子供の遊び場としてここ借りていただけないでしょうか(笑)



お部屋の細かい不具合は一通り修正されており、TVドアホンもワイヤレスタイプが

装着されていました。木部の剥げている個所も一通りタッチアップされていましたし、

追加で依頼したダイノックシートもバシッと張り付けられておりました。いい感じ。

キッチンのダイノックシート



管理会社さんとここで別れ、次は営業マンとの情報交換。最近の市況や顔なじみの

賃貸営業マンが転職して北海道を離れる話とか、現場で動いている人と会話をすることが

何かの参考になることが多いです。ありがたい。



短時間の情報交換が終わり、次の会合へ。札幌6棟目の管理会社さんの社長と急遽

打ち合わせ兼懇親会でした。札幌6棟目の滞納に関しての今後の進め方の打ち合わせや

札幌6棟目の前面にある戸建を購入したらどの程度の新築が作れるか試算する、など

いくつかのお話の認識を共有することができました。

ブツあげ中の物件の話なんかも伺いましたので、回ってくるのを楽しみにしてます。



あまり予定を入れないでおこうと思っていたのに、結局いろんな予定が入ってしまって

一日ずっと動いていた感じになりました^^;

結局こうやって、いつも何かしら忙しくしていないと落ち着かない感じなんだよねえ。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:59 | Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

地方物件を買うときには、その地方の人の目線を理解することが大事。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。ホテルでブログ更新中。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



利回りを求めて地方大型物件を求める傾向もあると思います。私も利回りは大好きなので

そのこと自体は否定はしません。しかし、その地域に精通していないと、思わぬ足を

すくわれる可能性があるかと思います。



前回のブログで予告した通り、GWの最初のお仕事は北陸地方の視察をしています。

現地の不動産投資家の方々や業者の方々といろいろとお話をさせていただきました。

戸建というかテラスハウスというか、そんな感じの売買物件も内覧してきました。



視察をして思ったことですが、その地方にはその地方の流儀があります。それを理解せず

市場に参入するのは自殺行為です。自分の得意とするエリアと同じ感覚で購入できると

思ってはいけないな、と。



例えば、現地で内覧してきたテラスハウス(というか長屋?)の戸建の話をしましょう。



仮に東京で特に内装に手を入れずに利回り16%を取れると言われたら、若干の難が

あったとしても普通に購入したい人が殺到すると思います。でも、今回視察した北陸では

そういった物件があっても「この難あり部分を受容してまで買う必要はない」「難ありの

割には割高だ」という感じで放置されていたりするのです。



今回見てきたテラスハウス、築70年とかすごいことが書いてあったので、それはもう

ボロボロで玉砕してるのだろうと思いながら見てきました。しかし、半年前くらいまで

賃貸で回していたということで、思いのほか内装はそのまま使えそうだったのです。

そりゃあ部分的に畳がへこんでいたりするところもありましたし、壁も砂壁のままの

お部屋があったりしました。でも金のかかる住宅設備系がそこまで傷んでいないので、

たぶんちょっとだけ手直しすれば普通に貸せるだろう、と。



実際、その前に3万円で借り手がいたという話はありました。駐車場も昔からのよしみで

その物件専用に近所の人が貸してくれるということで運用されているということです。

200万くらいの物件だから、利回り16%。ロットは小さいけど、利回りだけ見たら

別に現金で買っちゃってもいいんじゃないかという感じがしました。



しかし、地元の人と話をすると、皆さん一様に「100万以下じゃないと買う意味ない」

という趣旨のことをおっしゃいます。地元民的には利回りが低いというのもありますし、

テラスハウスだということで単独での建て替えが難しいから流動性が低い、ということを

懸念されているように感じました。それであれば、これを無理して買う必要はない、と。

裏を返せば、他にもこのくらいの利回りのものは出てくるのでしょう。

同じような物件を70万で買った人がいるという話もちらっと聞きました。



東京の人の尺度で考えれば、その条件で見逃すなんてとんでもないという話になると

思いますが、地元に精通した方にとってはどうしようもない物件ということになります。

そして東京に比べて地方は輪が狭いため、投資家さんと業者さんの距離も近く、

業者さん同士もお互いに顔見知りだったりすることが多いです。その輪の中であれは

ダメという評価が出ているなら、客付などにもその影響は出るのではないかと思います。



エリアごとのニーズなんかも、その地域に精通していないと聞けない要素の一つです。

道路1本、線路一本、川一本隔てただけで、需要が変わります。そこまで理解しないで

ハズレ地域を引いちゃったりしたら・・・しかもそれが大型物件だったら・・・。

恐ろしいことになります。はい。



逆に、ここはダメだろうと思い込んでいた場所でも、そこそこいける場所はあるという

事例も聞きました。平成の大合併で町が市にくっついた場所とかは基本的には避けて

おりましたが、この辺だけはむしろ需要が旺盛でいい感じだ、なんて場所を教えて

いただいたりしました。



地元の人の目線を理解し、なぜその目線を持っているかを理解した上で、そこまで厳しい

目線を持たなくていいとか判断して買うならいいのだと思います。それも理解できずに

新中間省略で業者さんが出してきた物件をカタカナ銀行さんで購入するというのは

いかがなものかなあという感じがしてしまいます。



そういえば、北陸であった業者さんが、カタカナ銀行さんが毎週のように営業に来ると

言っておりました。たぶん、都心部では利回りが下がっているので、その金利で借りる

人がいなくなっているのでしょう。だから表面的に利回りが取れる地方の物件に融資を

つけたいと考え、地方を開拓しているのだと思います。



地方は家賃が安いから、都心と同じような考え方をしてはいけない部分があります。

全国どこに行っても換気扇の交換にかかる値段はさほど変わりません。しかし家賃は

都心部と地方では大きな差があります。原状回復の時に同じ費用をかけたとしても、

地方では回収に3ヶ月かかる・都心では1ヶ月で回収できる、という形で経費率に

差が出てきます。競争が厳しければ広告料だっていっぱいかかることがあります。

そこまで補正をかけた上で購入の試算をしている、と自信をもって答えられる方は

問題ないと思うのですが・・・。



まとまりに欠けますが、今回の視察で改めて地元の人の目線を理解しておくことが

大事だなということを認識するとともに、現地も見ない、現地の情報も知らないという

状態で、融資がつくという理由だけで地方物件を買うことへの怖さを感じました。

今焦って買う理由はないと思うので、そこは落ち着いて考えた方がよいかと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:35 | Comment(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする