2021年06月28日

倒産防止共済(経営セーフティー共済)の掛金変更タイミングには気を付けよう。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。いい加減サブ機の回線を楽天モバイルに切り替えないと・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



東京法人が来月末で年度末につき、倒産防止共済の掛金を調整すべきか確認を

しておかなくてはと思い立ち、顧問税理士の先生に連絡。今年は大丈夫そうです。



東京法人に関しては、今期もぼちぼち終わろうとしております。前期は売却による

利益が出てしまうだろうと思い、倒産防止共済の年払をあてにしておりましたが、

共済の事務局に年払の届出をするのを忘れてしまい、大変な目にあいました。



何があったかと言えば・・・完全に自分のうっかりミスなのですけど、倒産防止共済の

手続きを忘れて、経費化できなかったというオチです。



倒産防止共済。正式名称は経営セーフティー共済。経営セーフティ共済は有事の際に

積立金の9割を貸付として受けることができる、というものですが、実務としては

節税目的の共済という扱いをされることが多いです。



似たような節税のために使われがちな共済として小規模企業共済がありますが、

うちの顧問税理士の先生はまず倒産防止共済を薦めます。こっちの方がダイレクトに

法人の損金となるためだそうです。小規模企業共済は役員報酬とか絡むので、

どちらも使ってないならまず倒産防止共済を使った方がストレートにわかりやすい、

というようなことを仰っておりました。



そしてここからが失敗の本筋です。



最初に加入する時(前々期)に年払の手続きをしました。これ、1年後には元の月払に

戻るのですが、私としては前期も売却で利益が大きく出そうだったので、前期も年払を

したかったのです。そしてその手続きは確か7月末の引落であれば6月中に実施しないと

いけないということでした。はがきで何かそんなお知らせが来ていたような気もします。



はい、私あまりちゃんと中身読んでなくて、気が付いたらその期間が終わってました。

はがきを読まない私が悪いんです。もうそれは言い逃れの出来ない事実です。

顧問税理士さんがTKCに属しており、TKC経由で倒産防止共済に加入したので、

先生経由で言えばいいんだろうなーとか思って、手紙を適当にしか読んでなかったのが

敗因であり、完全なる自爆です。ほんとバカですねー。



顧問税理士の先生から「え、先月でその手続きは締め切られてますけど・・・」と

言われて絶望した私でしたが、あきらめきれずに独断で前々期に掛金を一括で振り込んだ

口座に勝手に振り込んでみました。これでもしかしたら年度内に一括で払ったことに

ならないかなーとか。振り込んでみたけど、その後音沙汰もなかったので、便りが

ないのは良い知らせに違いないと信じ込もうとしていました。



今期が始まり、8月末になりました。7月・8月とも共済の掛金が口座引落されるのに

必要な金額は入れずにおりました。だって私払ってますもん・・・たぶん・・・。



9月になって、顧問税理士の先生に倒産防止共済振り込んだので経費扱いですよねと

伝えたところ、共済側で受理された形になってないですと言われてしまいました。

(たぶん呆れていたことと思います・・・)



そこから共済の事務局さんに連絡を取り事情を話しましたが、それは掛金を支払った

ことにはなりません、とビシッと言われてしまいました。あーん、やっぱりー?

振り込んだお金に関しては組み戻しの手続きをしてください、と言うことでした。

しかも2ヶ月分口座振替不成立の扱いになっているから、今月と来月で倍の掛金が

引き落とされるので、ちゃんと資金準備してくださいね、3ヶ月連続で失敗すると

ペナルティありますというようなことも言われ、くぎを刺される始末。

(具体的にどんなペナルティがあるかは聞きませんでしたし、そもそもうろ覚えなので

 ややペナルティは怪しい記憶ということはご承知おきください)



組み戻しの手数料もばかにならないし、引落されていれば経費になったはずの7月分も

経費にならず、とにかく踏んだり蹴ったりで最悪でした。でもすべて自己責任というか

自爆なので、自分を責めるくらいしかできません。笑い話にするしかないよねと

いうことで、ブログに思い出しながら書いてみた次第です。



今年はこのような愚かな行為を繰り返さないよう、顧問税理士の先生に先回りして

6月のうちに今期末に掛金を調整する必要があるかを聞いてみました。東京法人も

半期分くらいは帳簿ついてますし、おおよその方向性くらいはわかるのではないか、

と思ったためです。



先生からは、TKCのシステムで見られる共済の残高が怪しいので、通帳を見たいと

連絡いただきました。すぐに通帳の写真を撮りメールで送付。通帳を信じて計算した

掛金を見て「今年は調整しなくて大丈夫そうです」という連絡をいただきました。



途中から掛金を減額させたものの、序盤〜中盤は満額の20万の掛金を払ってました。

その分の蓄積もあるので、今から掛金をいじらなくても税金は程よいところに落ち着く、

と言っているのだろうと判断。でもそこまで細かい話は先生のメールには書いて

いなかったので、念のため電話で何を根拠にOKとしたか聞いてみた方がいいのかな、

とも思いました。



とはいえ、私もそんなに心配はしていないです。前期・前々期は売却の利益が

出ていたので気を遣いましたが、今期は通常営業のみ。規模の小さい法人なので、

そんなに大きな利益が出るとは思えないです。なので、昨年の失敗を過剰に反省して

勝手に私があたふたしているだけ、ということで良いかとも思います。

ま、ブラックボックスにせず根拠も含めて理解することは大事だよねということで。



倒産防止共済からはちゃんとはがきが来ているはずなので、私のようなおバカな失敗は

そうそうする人はいないだろうと思います。でもまあ、一応注意喚起ということで。

お気をつけくださいませ。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:37 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

決算処理でやたらと火災保険のことを聞かれてます。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。慣れない革靴で2時間以上歩いたからクタクタです。

応援クリックよろしくお願いします→



不動産賃貸業において各種保険は切っても切り離せない重要な要素となりますが、

決算処理の時は確認することが多くなり、ちょっと面倒くさいと思うことがあります。



先週〜今週くらいにかけて、仙台法人の決算処理の対応をしております。

仙台法人は2月末の決算なので、4月末までに確定させる必要があるわけですね。



例によってギリギリになってスタートした決算処理。義母は今回割と早めに顧問税理士の

先生に必要な資料を送っておりました。いつもだと「税務関係って面倒なのよね」と

すぐやる課の人にしては珍しくなかなか作業に着手せず、だらだら先延ばししがちです。

しかし今回は早かったです。いよいよすぐやる課の本領発揮となったか?



逆に私は安定の「夏休みの宿題はギリギリにやる」タイプ。ようやく尻に火がついて

作業を着手したのは先々週の週末でした。とはいえ、12月末までの分はすでに整理が

完了していたので、2ヶ月分だけ対応すればよいだけ。週末半日くらい使っただけで

作業自体は完了できたので良かったです。ここで何とか領収書類一式や通帳など

必要なものを送付することができました。



ここからは税理士の先生が資料をまとめるターン。だいたいいつも、資料をまとめながら

あれこれ質問をしてきます。最初は資料の不足に関しての指摘、それがひと段落すると

不明点の確認になり、最後に税額の報告という感じです。



今回手こずったのが「火災保険」でした。



今期は低圧太陽光を購入しており、その絡みで火災保険、施設賠償責任保険、休業補償と

保険に加入しています。東京法人もあわせると3区画あり、どれがどれだかよくわからず

ごちゃごちゃしてしまいました。



あとは、孤独死保険に加入する対象の物件を増やしたことで、その保険料を判別するのに

手こずりました。ほとんどの場合、保険金の掛金の金額でメールを検索すれば情報は

出てくるのですが、たまにそれでも出てこないものがあります。今回も2件ばかり

情報が出てこなかったものがありました。保険代理店さんに照会をさせていただき、

不明だった2件はいずれも孤独死保険ということを把握しました。直接お会いして

提案をいただいている場合とかは、金額がメールに残っていないんですよねえ。

代理店さんにはいつもお手間ばかりかけさせてしまい申し訳ないと思っています。



さて、なぜか特に目立ったのが「保険期間」に関する確認でした。

顧問税理士の先生から一覧で保険金掛金の情報が送られてきて、これらについて

保険期間を教えてください、と。そのメールが来た時、サラリーマンの仕事が多忙で

すぐに手が付けられなかったので、●日以降に確認しますと取り急ぎ返答したら、

これとこれだけは至急教えてくださいと金額高めなやつがピックアップされてきました。



先生曰く、火災保険は長期契約の場合は保険期間に応じて案分しなくてはならないので

早く情報を知りたい、と。言ってることはわかるのですが、今までこんな風に一覧で

まとめて送られてきて、早く教えてくれと急かされたことがなかったので、急に何故?と

やや面喰いました。忘れてるだけかもしれませんが、こんなに保険期間に注目して

質問されたこともなかったし・・・。というか今まではどうなってたんだろう?

なんか案分されて計上されていたような気はしてますが。



急ぎと言われちゃ、やらないわけにもいきませんので、急いで確認をさせていただき

できるだけ早めに回答を作らせてもらいました。



また、先生からはクレジットカード明細にどこの物件の何の保険か書いてくれてるので

そこに期間も書いてもらえると嬉しいと言われました。次回からそうしようと思います。



あと、保険といえば、保険金支払があったものについて、どの物件の保険金支払かを

確認されました。これ、個人であれば修繕と相殺しなくてはならないということで

わかるのですが、法人の場合は問答無用で益金なのに、なんで聞いてくるんだろう?と

疑問でしたが、どうやら太陽光発電に関しての保険金の場合は地方税の計算に

影響するからというのが理由みたいです。なんともややこしい。



なんか例年より保険でめんどくさいと思うことが多かったですが、たぶん一通りの

回答はできたと思うので、これで話は進むのではないかと思います。

というかもう4月も終わろうとしているので、今日〜明日くらいには数字が出てきて

くれないと困っちゃいます・・・。



なんか今年は妙に保険関係の質問が目立ったので、何となくそんな話を書いた次第です。

決算処理、早いとこ無事に終わってくれますように。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:29 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

管理費払えばいいだけじゃないか、と気が付いた。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。ドラクエウォークで歩数稼いでダイエット狙い。

応援クリックよろしくお願いします→



先日、今年は利益が出そうだという話を書きましたが、よくよく確定申告書を

見比べてみたら、東京法人に管理費払うのを止めていたのが原因と判明。なーんだ。



昨年は東京法人にとってはイレギュラーな年でした。東京9棟目の売却という

イベントがあり、利益が割とガッツリ出たためです。いや、一昨年も売却をして

利益が出ているから、2年連続で売却益有というイレギュラーが発生していました。



今年は東京法人はもう売却する物件がありません。いや、ないわけではないですが

今の時点ではまだ売るつもりはないと言えばいいのか。富山1棟目を満室になったら

売却して、それを頭金に富山で土地1つ買って、銀行融資受けて新築したいなという

妄想はありますけど、実現するにはまず満室達成が必要なので・・・。

(富山は退去もなければ入居もないです、昨年は退去も入居もいっぱいだったのに)



それ以外は東京11棟目、東京12棟目、東京13棟目が東京法人の保有物件です。

東京11棟目は裏の再建築不可空き地をゲットして新築したいと思っているので

ホールド、東京12棟目は当面なんとなくホールド、東京13棟目は借地なので

売却は考えておらずホールド、という感じです。



さて、冒頭で書いた「管理費」ですが・・・



東京法人を作った時、個人の保有物件の管理委託契約を東京法人と締結しまして、

一般的な管理費のパーセンテージに相当する金額を毎月東京法人に対して支払って

おりました。ずっとそれを続けていたのですが、昨年・一昨年は利益が大きく

出ているので、一時的に管理費の支払を止めておりました。そして東京法人の決算が

終わった後も、再び支払うことなく時が流れておりました。



今回、顧問税理士の先生からは「5期分を一目で比較できるP/L」が提供されて

おります。先日は、先生からの不明点確認に回答が終わった後、開放感でそのまま

その資料を見ずにパソコンを閉じていたのですが、昨日改めて5期P/Lの存在を

思い出したので、どのくらい減価償却減ってるのかなと見てみました。



あれ、意外と減ってない・・・?

減ってないわけじゃないんだけど、何百万も減ってるわけじゃないです。

いやまあ、そりゃそうか。いきなりそんな減らないよね。



じゃあなぜこんなに利益が今年は出ている?

改めて前年と比較して違いを探ります。



接待交際費が減っている。そりゃあまあコロナ禍だから激減しますよね、納得。

でも何百万もの話ではないです。



保険料が減っている。いやこれは昨年が異常値なだけだな。物件買った分かな。



広告宣伝費が減っている。そんなに入退去なかったか?これは何の費目を広告宣伝費に

つけているか、後で総勘定元帳を見てみないと。



備品消耗品費も減ってますけど、これもよくわからない。後で確認。



管理費・・・うわ、めっちゃガッツリ減ってる。これだ!間違いない!

個人→法人に支払う管理費を元に戻していないから、その分黒字出てるんだ。



数字を横並びにして比較するのって大事ですね。あっさり原因わかっちゃった。

そしてこれだったら対策も取れます。管理費払えばいいんだもの。



管理費を払ったところで、個人で計上すべき利益が法人に移るだけで、トータルでは

変わらないのでは?というご意見もあるかと思います。実際、そういう面もあると

思います。でも、それでも法人で利益を出した方がいいなとも思うのです。



税率の観点。

東京法人は規模が小さいので、管理費を払っても利益が800万を超えることは

恐らくないでしょう。他方、個人はサラリーマンの仕事もあるので、税率はその分も

加味されて決まります。個人の分はプラスマイナス0かちょいプラスくらいに抑えて

法人で利益を出した方が、税率の面では有利になるのではないかと予想しております。



節税の観点。

法人の方が、小規模企業共済とか経営セーフティー共済とか、利益を抑えるための手段が

取りやすい印象があります。法人でしか使えない節税のことを考えると、利益を出すなら

法人の方がいいだろうということを想像しています。



事業展開の観点。

今後は法人で事業を主体的に展開するつもりですので、法人の決算書が美しい方が

メリットが大きいのではないかとも思っております。これは完全に感覚的なものですが。



ということで、早速管理費を復活させることにしました。過去にさかのぼるのは

ちょっとアレなので、4月からということで。これで来年は問題ないでしょう。

早速道筋が見えてちょっと安心です。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:27 | Comment(1) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

予定納税を済ませましたが、ちょっと金額が重かった。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。やったー、アンクルホーンのこころS、2個目できたー。

応援クリックよろしくお願いします→



3月末に東京法人の予定納税を済ませました。昨年は売却があったので利益が出たから

その金額に合わせての予定納税です。重いんだよなあ、金額が・・・。



個人の確定申告の現時点での結果と未確定勘定についてのメールが顧問税理士の先生から

届いた数日後のことです。「東京法人の予定納税はお済みでしょうか」と、顧問税理士の

先生よりメールが届きました。



予定納税?それって食べれる?



現実逃避してる場合じゃなかったです。予定納税か・・・。当然しておりません!

(威張って言うな)



予定納税とは、昨年の実績に基づいて「今年も同じくらい利益が出るだろう」と

予想される金額に対して、事前に納税をする仕組みのことを言います。

なぜこの制度があるのかは調べていませんが、税額が確定したタイミングでドバっと

税金を請求するよりは、ちまちまと請求した方が回収できる可能性が高いとか、

そんなところなんですかねえ。



予定納税の時期は、半期が過ぎた時点から2ヶ月後。東京法人は7月末決算なので、、

1月末で半期、そこから2ヶ月後なので3月末が期限となります。

予定納税額は前年度の実績額を基礎として納税額を計算します。

前事業年度の確定法人額の半額が対象となります。



昨年の東京法人は、東京9棟目の売却というビッグイベントがあり、利益が出てます。

その金額を基準として予定納税しなくてはなりませんので、なかなか重たい感じです。

今年はそんなに利益出ないってばー、と言ってもそんなことは制度上考慮されて

おりませんので、昨年のイレギュラーな利益から計算した金額を支払うしかありません。



まあ、ここで払っておけば年度末楽になる、と考えるしかないですね。



それに、予定納税した金額が払いすぎだった場合、期末に還付されることになります。

還付加算金の利率は・・・かつては4%台の時代もあったようですが、ググってみた結果

今年は1%のようです。資料貼っておきますね。

延滞税・利子税・還付加算金について

https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/tins/n04_5.pdf



・・・表を見てると「市中金利の実勢を踏まえ、事業者等の負担を軽減する観点等から、

延滞税等の水準について引き下げを実施。」とあるのですが、一番引き下げられてるのは

国税が出す還付加算金だというオチ。いやまあ、利子税とか納税の猶予があった時の

延滞税も引き下げられてはいるのですが、延滞税がわずか0.1%しか下がってないのに

還付加算金は0.6%も下がってるのって、事業者等の負担を軽減する観点等ではなく

国庫の負担を軽減する観点等なんじゃないの?と思って今います。

(その観点があるから、観点「等」なのか!?お役所っぽい断定しない言い回し・・・)



まあそれでも、定期預金半年で1%還元されることは市場金利から考えればまずないので

少しはオトクってことになるのでしょうね。贅沢言っちゃいけません。わーいオトクだ、

と喜んでおきましょう。



今回の予定納税は以下の3つです。

・法人税の予定納税

・地方法人税の予定納税

・地方税(事業税、特別法人事業税、都道府県民税)



東京法人は東京に本店がありますから、上2つは国税、下は都税として払う必要が

あります。そしていずれもクレジットカード払が出来ますので、クレカで払って

ポイントやマイルを貯める予定です。



最近は●●ペイが増えていて、実はそっちで払った方がオトクだったりする事案も

あるのかな?と思ったりはするのですが・・・。そこまで追いかけきれていないので

普通にクレカでマイル貯める方向にします。これだと手数料がかかってしまうので

純粋な納税額は上がってしまいますが、まあやむなしです。それ以上に戻ってくる

マイルの特典の方が美味しいので。



都税については、クレジットカードで払うために都税事務所に電話する必要が

あります。納付書を送って貰って、それを都税クレジットカードお支払サイトで

支払う感じです。言わないと納付書が送られてこないので注意です。



支払は有効期限が実質的にないユナイテッド航空の提携クレジットカードで払います。

疑似的にANAマイルとして使えるので、国内移動の時はほぼ飛行機代がかからない、

というありがたいことになります。



ま、コロナ禍で出張したくてもしづらいので、貯める意味ある?はあります・・・。

私一人の身だったら、ホイホイと自分が必要と思う出張をするのですが、家族の反対も

ありますし、確かに少し慎重に動いた方がいいのかなという気持ちも芽生えています。

私は元来自分勝手な人間ですが、嫁ちゃんのおかげでだいぶ矯正されました。

でも性根はやっぱり自分勝手な人間なので、家族から何か言われないと自分勝手な

判断をすることは未だ多いです。でも今回は少し自重できるようになったので、

多少は成長したかな?



脱線しましたが、とりあえず予定納税は済ませましたので一安心。

いつもギリギリにならないとやれない人なのですが、来期はもうちょっと余裕を持って

取り組めるようにしたいと思います(と、その時だけは思うんですよね)。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:28 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

思っていた以上に利益が出てしまった確定申告・・・来年以降が課題。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。今日はとりあえずウォーキングしてこようっと。

応援クリックよろしくお願いします→



個人の確定申告、ようやく顧問税理士さんから返ってきた結果を見始めました。

うーん、思っていた以上に利益が多いぞ。減価償却費が減ってる影響だろうなあ。



3月初旬、一応本来の確定申告に間に合うタイミングで、確定申告の書類を仕上げて

顧問税理士の先生に送付しました。あとは先生に入力いただき、不明点の質疑応答を

行った上で数字が確定するという次第です。



3月中旬。本来の確定申告の期限が終わりましたが、まだ入力結果は届きません。



3月後半。ようやく先生からメールがきましたが「●●の口座情報を送ってください」

とのこと。確認すると確かに漏れていました。えっと、今入力してるんですね。。。

確かに、私は資料を送るのが遅いくせに、売ったり買ったりするから複雑だという理由で

先生の中では確定申告対応はいつもオーラスだと聞いてます。所長からも「皆終わって

さっぱりしてるのに、あなたの担当の所員だけは最終日ギリギリまで必死に仕事してて

何かと思ったらひろ*さんの分の対応なんですよ」と苦笑いしていたことがありました。



ということで、先生の対応が遅いのは「夏休みの宿題は最終日に間に合うギリギリに

始める病」に罹患している私が悪いのです。それは重々承知しているのです。



そして3月末。先生から入力結果と不明点の確認のメールが届きました!

今年は減価償却が切れ始めるタイミングなので、そこそこに黒字が出てしまうだろうと

思っておりました。果たしてどのくらい利益が出ているのか・・・。



しかし届いたメールにくっついていた添付ファイルが、パソコンでしか見れない

ファイル形式だったので、スマホからちゃっちゃっと内容が確認できません。

そして今、仕事は絶賛多忙中。出張先で会社の人との親睦会なんかもあったりしたし、

他の滞留しているメールの処理を優先しなくてはいけないという事情もありまして、

結局パソコン開いて中を確認する余裕がありませんでした。



このブログを書き始める前にようやく内容を確認。



・・・ぉぉぅ、過去最高の利益じゃないか(吐血)

個人は売りも買いもしてないので、実情は何も変わっていないのに、利益だけが

だんだんと増えていく。これぞ減価償却マジック。恐ろしい。みんな、気をつけよう!



未確定勘定の内容を見ていると、未確定収入と未確定支出の差が70万くらいあるので

これを組み込めば利益は70万ほど減るのはわかりました。しかしそれでもまだまだ。



メールをよく見ると、減価償却の明細もついていました。先生曰く、任意償却に

なっているものは未計上です、とのこと。なるほど、利益が多くて焦るだろうと思って

任意償却をぶつけていいかを暗に確認してくださっているのでしょう。



先ほどの70万に加え、任意償却を全部ぶつければ、利益は半分くらいに抑えられる

計算になることはわかりました。とりあえず、青くなる事態は避けられた模様です。

でも、それでもまだちょっと多いよね・・・。



まあ、今年の分は今年の結果として受け止めるしかありませんが、問題は来年以降です。

今より更に減価償却費は減りますから、来年はもっと青い顔になるのは間違いないです。

私のように借入が無駄に多いと、金利の分の支出が減って、減価償却が減るという

ダブルパンチで経費計上できる金額が減っていきますから。



それこそ、適当な太陽光でも買って定率法で償却してしまうとか、そんなことも

考慮しなくてはならないのかもしれないです。



税金との戦いになるという認識はあったのですが、いざその時が来ると憂鬱ですね。

知恵を絞って乗り切れる分は乗り切りますし、乗り切れない分は融資の為の手数料と

割り切ってニコニコ払うようにしたいと思います。



サラリーマンやってるから税率が重いのよね。そうだ、辞めちゃえば今の税率でも

リーマン時代と同じくらいですってことになるのか!(手取り減ってるので勘違いです)



でも、さすがに来年〜再来年はもうサラリーマンに一区切りつけてると思うので、

割り切って税金払うってのも一つの案なのかもしれませんね。



ぼーっとしてると、あっという間に1年なんて過ぎてしまいます。

今後のことも考えていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:42 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする