2020年10月19日

他の地域の人と話すことで得られる刺激や知識。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。接骨院行かないとダメだなあこりゃ。バキバキです。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日はお友達の物件を見学させていただきました。GOTOを使っての遠出でしたが、

出かけて他の人の物件を見るのって楽しいですねー。気づきがありました。



セミナーで遠出していたので、そのまま帰るのも勿体ない。そのエリアでしばらく

会ってないお友達に会いたいなあと思って、頭に浮かんできた友人に声を掛けたら

時間があるということで会ってくれることになりました。ありがたいです。



お昼頃に移動して、現地でお友達に拾って貰って、まず昼ご飯。新しくできた商業施設に

行ってきましたが、13時近くなのにどの店も待ち行列。けっこう人出も多くて、

コロナと共に気をつけながら生きることが前提になってきているように感じました。

マスクしてれば、自分の飛沫が飛び散りにくくなるということは浸透しているようです。



そういえば、東京で感染者が200人とか300人とか報道されても、以前に比べて

ざわつかなくなったような気もします。コロナと共に生きる社会、という受け入れざるを

得ない状況に一般庶民が順応しているのか、あるいはコロナが長期化してだんだんと

麻痺してきているのか・・・そんな風に思いました。



ご飯の後は、別の友人が運営する宿泊施設を見学→一緒にいる友人の築浅物件を見学

→一緒にいる友人の新築用地を見学、という流れで午後まるまるお付き合いをして

いただきました。お忙しい中、お時間取っていただきありがとうございました。



居住地域以外の場所に行っても、その地域のお友達が相手してくれるというのは

とても幸せなことだと思います。ブログを書いていることや、セミナーに足を運んで

いること、そもそも持っている性格、などなど・・・そのような状況になるに至った

要因はいろいろあるのだと思いますが、いずれにしてもそうなれるように行動したことが

この結果を生んでいるのだと考えています。



居住地域以外の人と話すと、その地域の感覚や常識がおぼろげながら伝わってきます。

それが自分の地域での賃貸経営に繋がるものか、繋がらないものかはわかりませんが、

少なくとも知識のストックにはつながります。引き出しが増えれば、今後現れるシーンで

その知識を使えることになるかもしれません。



今回お話したお友達は、札幌でも投資しているとか、DIYはあまりしないとか、

スタイル的には私との共通項が多い方です。そういう方の話を聞くと、参考になることが

多いものです。半日じっくりと話をすることができ、刺激を得ることが出来ました。



札幌や富山などに出張する時は、管理会社さんとの懇親を深めることが多いため、

大家さん同士でじっくり交流する機会は出張回数の割に多くないように思います。

GOTOキャンペーンもあるので、密を回避するとかマスクや手洗いの励行とか、

基本的な感染症防止対策を取りながら出張も増やしていきたいと思いました。



お付き合いいただき、ありがとうございました!



波乗りニーノさんも言ってます。

移動距離とクリエイティビティは比例する、と。

コロナ禍の中であまり大きな声でそれを言うのも空気的には微妙ではありますが、

そこの折り合いをうまくつけながら、徐々に移動を増やしていこうと思います。



ということで、ちょっと手短ですがこの辺で。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:43 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

その道のプロに聞くのが一番手っ取り早い。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。深夜の〆のチャーハンはデブの元(自戒)。

応援クリックよろしくお願いします→



蛇の道は蛇。その道のプロに聞くのが一番手っ取り早い。そんなことに改めて気が付いた

セミナーでした。



久しぶりにリアルでセミナーを聞いてきました。オンラインセミナーも便利なのですが、

それでもやっぱり顔と顔を合わせて聞くリアルなセミナーの魅力はとても大きいです。

コロナ禍になったからこそ、その当たり前の事実に気が付けたというところもあると

思います。



セミナーの内容は口外無用というか門外不出というか、墓場まで持っていく系だと

判断したので書けませんが、やっぱり物事はその道に精通した人に聞いた方がよく

我流で進めてもあまり効率は良くないのだな、という感想を抱きました。



一つだけ、セミナーで話が出た差し障りがなさそうな例を書いてみようと思います。



広告料は、ただ闇雲に積めばいいと言うものではない。



大家サイドとしては、自分の物件を紹介してほしいから、仲介業者さんに広告料を

提示して紹介を促進することになります。ではその広告料はいかほどにするべきか。



単純に考えれば、高ければ高いほど仲介業者さんは成功報酬を狙って頑張って

紹介するだろうと考えます。だから相場以上の広告料を設定すれば、目を惹くかな?

と思うのが大家さん側の自然な発想です。私自身も最近札幌9棟目の広告料を相場より

さらに1ヶ月上積みしたばかりです(詳細は過去ブログを参照ください)。



しかし、そこに落とし穴があるぞ、と。



今回のセミナーでは現役の仲介営業マンが講師だったのですが、講師曰く広告料は

確かに紹介のきっかけにはなるものの、それは過剰に高い必要はない、と。

あくまで相場を満たす金額か、あるいはそれよりちょっと高いくらいで良いそうです。



その心は・・・

最後に選ぶのはお客様なのだから、過剰な広告料をかけるくらいであれば、そのコストを

使ってお客様に選んでもらえる条件を整えることを優先すべきである、ということでした。



いくら広告料が高い物件だと言っても、それだけをお客様にぶつけて成約させるのは

かなり難易度が高いでしょう。それであれば、いくつかの候補物件の中から比較検討して

選んでもらうために、部屋の設備のグレードを少し上げるとか、初期費用を軽減するとか、

そういう話に持っていく方が得策だ、というわけです。



当たり前のことなのですが、確かにそんな目線が欠けた状態で広告料ばかり上げても

決まらないよね、というのは納得です。



そういえば、うちの嫁ちゃんがリーシングの仕事をしていた頃、なかなか埋まらない

ファンド物件は東京なのに広告料が4ヶ月とか6ヶ月とかすごいことになっていたと

言ってました。それでも決まらないのだそうです。家賃が高すぎるからというのが

明白な原因であるものの、ファンドも都合があって家賃は下げられない、だから広告料で

釣るけど、それもうまくいかない。そんな展開になっていたようです。



さて、この話を自分の物件に当てはめると・・・

自分が条件変更した札幌9棟目は果たしてどうなのか。顧客に選ばれやすい条件を

備えた上での条件変更だったのか。自問自答してみる必要があるなと思いました。



まあ、そもそもがどうしようもない部屋なので、もはや広告料以外に目を惹かせる

条件が作れない、というところはあるんですけどね・・・。初期費用はゼロにして、

広告料マシマシという形になっています。



なんせ、駅から遠い、長屋形式の入口で中の階段が急、在来工法の枡風呂、かろうじて

バストイレは別だけど、家賃が安すぎて和室を洋室に変える予算も取れないですから。

とにかく家賃と初期費用を安くし、広告料をマシマシするくらいしか思いつかず。

(なんでそんな物件を買うんだね君は、というツッコミは甘んじて受け入れます)



物事には全て理由があるし、その道のプロはその理由を知っている。

だから聞いてしまうのが一番早いのでしょう。我流や思い込みで遠回りな道を選ぶのは

ナンセンスだなと改めて思った次第です。勿論、そのプロを見極める目が教わる側には

必要なのですが(実はそこが難しいんじゃないかなと思っています)。



そんな気付きを与えてくださった久しぶりのリアルセミナーでした。

講師の方、参加した皆様、主催の皆様、ありがとうございました。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:57 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

ニーノの部屋に参加(皆様ありがとうございました)

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。久しぶりの夜更かし朝寝坊。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日はニーノの部屋でゲストとしてお話をさせていただきました。

聞いていただいた皆様、どうもありがとうございました。



事前にニーノさんからは初心者が多いという話を伺っておりましたので、遠い過去に

なってしまった感はありますが、札幌2棟目を購入してヒーヒー言ってた頃のお話を

いろいろ思い起こしながら資料に起こして、お話をさせていただきました。



あの頃は今と違った意味で必死でした。生きるか死ぬかってくらいの状態だったので。

でも自分でも不思議なくらい悲壮感はなかったなあという・・・。やっぱどこか

図々しい心というか、何とかなるだろうというポジティブな心があったのだろうと

思っています。



父親は事業家の家系で、サラリーマンになったのはうちの父くらいだそうです。

くよくよせず前を向く、凹んでる暇があったら次の一手を考える。私は割とそんなとこが

ありますが、きっとそれは父方の血が受け継がれているからなのかなと思いました。



実際に参加者さんにアンケートを取ったところ、本当の初心者さん(これから1棟とか

そういう人)はそこまで多くなく、1棟買ったぞ〜くらいの人がボリュームゾーンだった

ようです。ちょうど私がしくじった頃と同じ規模と思われるので、何かの参考には

なったのではないかと思います。



アンケートを見ている限り、今回はベテランの方も多かったのではないかと思います。

一応10年以上ブログやってるので、昔から不動産をやってる人でブログを見ていた人が

申し込んでくれたのかもしれません。あとFB経由の申込も多かったので、お友達の方が

あいつ何話すつもりなんだろうって興味本位で見に来てくれたのだろうとも思います。

チャットでコメントをくださる方が、どこかで見たことある人ばかりだったので(笑)



初心者の方にはリアルな失敗談を、ベテランの方やお友達の方には質疑応答の中で

ちょっとした笑いを提供できたのではないかと思います。それであれば本望です。



スペシャルゲストの極東船長さんから、札幌2棟目を埋めるために駆けずり回っていた

時代の話の後「あの頃、あの辺の仲介業者さんの中では有名だったよ」「皆さんも

あのオーナーさんの物件何とかしたいんですけどねぇって言ってたよ」というコメントも

あり、皆さんがそういう思いで私を見てくださっていたことが嬉しかったのと同時に

あの頃そんなに親しくなかった船長がそんなところまで見ていたのかという驚きもあり

自分のことを話してみることで、自分の知らなかった角度で当時のことを知ることが

できたのは興味深かったです。



現役サラリーマン大家ですし、不動産に時間を使うことを優先したいという思いもあり

セミナー講師みたいな話は基本お受けしていないですが、お世話になった知人友人からの

依頼であったり、知人友人向けのクローズドなものであれば、喜んでお受けしてます。

私自身も周りの方のご厚意でなんとかここまで生かされている身分です。私のやることが

周りの皆様のお役に立つなら、是非私も役に立ちたいと思っております。

そこにあるのは短期的な経済的メリットではなく、長期的な目で見た無形資産です。



聞きにきていただいた皆様、主催のニーノさん、ゲストの船長、事務局の皆様。

この度はどうもありがとうございました。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:47 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

「ニーノの部屋」にゲストとして出演します。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。大雨だけど内覧会行こうかな。

応援クリックよろしくお願いします→



再来週ですが、波乗りニーノさんが企画する「ニーノの部屋」というセミナーと対談の

合いの子のようなオンラインイベントにゲストとして参加することになりました。

(詳細およびお申込はこちらから)



突然ですが、皆さんTwitterやってますか?私は一応アカウントはあるのですが

ほとんどがブログの更新情報を自動連係しているだけです。ぼちぼち読んだりは

していますが、あまり有効に活用できているとは言い難いです。



情報発信はブログを通じて行っているのだから、Twitterだって使えばいいじゃないと

自分でも思うのですが、見ての通り長文を書いてしまう私にとってTwitterの文字数は

足りないんですよねえ。ブログなら長文でも大丈夫だから、ブログの方が好ましいです。

インターネット初期にホームページを作ってる時も日記を書いていましたので、

かれこれ20年以上ずっとこのスタイルで文章を書いてます。今から短文に移行するのも

大変なんですよねえ。だから時代に合わないのはわかっていても、ブログやってます。



あと、短文の近況やネタ的なものを、不特定多数に見て貰おうという気持ちが希薄なのも

あるのかもしれません。その証拠に、割とクローズドな世界になっているFacebookは

ちょいちょい投稿しています。こちらはリアルでお会いしたことがある人に絞って

承認させていただく運用にしているため、書いたことは基本的に私の手の届く範囲で

片付きます。そこがいいんですよね。だからどうしてもFB中心になってます。



外向けの情報発信はブログ、内向きの情報発信はFacebook。そうなると必然的に

Twitterで発信する動機がなくなってしまいます。これがもし自分自身を第三者に

売り込む必要のあるビジネスなら、積極的にTwitterをやるべきなのだと思いますが、

不動産賃貸業なので特にそんなニーズもありません。少し前に流行った高額塾とか

その更に前に流行った情報商材の販売とかで食っていくなら別ですが、そんなつもりも

毛頭ありません。



ああ、でも書きたいことを誰にも遠慮せず思いきり書きたいとか、自分の書く文章を

どれだけの人がお金を払ってでも読みたいと思うか試したいとか、そういう気持ちは

あるので、有料メルマガには興味はあります。できるだけ誰が読んでも不快にならぬよう

書いてるつもりですが、どうしても配慮が足りずに不快な思いをさせてしまうケースも

過去にはありました。全方位的に読まれることを意識すると、どうしても毒気は

抜けていくことになります。ベクトルが同じ方向を向いている人限定で書くなら、

そういう制約を取り払って書くことができるよなあ、と思う気持ちはあります。

(でも「あいつ返済比率高いから苦しくてキラキラに走った」と思われるのも

 嫌なので実行に移す勇気はないんですけどね〜)



それから、今流行りの情報発信と言えばYouTube。ユーチューバーが増えてますね。

動画の方が文章よりわかりやすく伝えられるというのはその通りの一面があります。

壁紙の貼り方とかは文章で書くより動画の方が確実にわかりやすいです。だから

多様な情の観点では良いのではないかと思います。



私も家では嫁ちゃんがいつもゲーム実況とかゲーム攻略の動画を見ています。

そんなに好きなら自分で発信すりゃいいじゃない、と勧めたこともありますが、

どうも彼女は自分の声にコンプレックスがあるのか「女性は声が良くないと流行らない」

とかたくなに固辞しています。自分で殻を設けずにやってみりゃいいのに、と思う私。

別に流行らなくたって損失があるわけでもないじゃない、と。

(お前の有料メルマガ云々だってそうだろって?いや普通にキラキラ認定とかされたら

 強烈に損害あるのでリスクあるんですよ)



では、私がYouTubeで配信するという選択肢は?という問いなのですが、これまた

あまり必要性を感じていません。私自身はそんなにYouTubeを見ておらず、文字で

発進された情報中心に収集しています。発信するのも文章の方が好きですね。



一人暮らしを始めてインターネットを手にした頃から、テレビはほとんど見てません。

テレビは受動的だし、時間も相手が準備したプログラムにあわせないといけません。

その時間の束縛が嫌いなんです。YouTubeなら自分で早送りとか必要な箇所だけ再生とか

やることもできますが、それだったら文字で必要なところだけササっと情報を読んだ方が

早いし楽だと思っています。



たぶん、子供の頃から両親に「本を読め」と毎週図書館に行って、1日1冊以上の

ペースで本を読んでいた影響は大きいと思います。文字を読むことに対する抵抗が

全然ありません。読むのも早い方だと自分では思っています。

そんな素養もあって、文字を読むことや書くことのハードルが高くないのでしょう。



自分があまり見ないYouTube。そこをプラットフォームにして発信する必要ってある?

ないですよねえ。YouTubeで発進したら入居者様の長期入居に繋がるとか新規の内見が

増えるとかならやるかもしれませんが、そうでないなら特に必要ないな、と。



現状維持は緩慢な退化なのかもしれませんが、今のところこれまでのブログで

情報発信するスタイルは変えるつもりはないですし、Twitterに移行するつもりも

ありません。なんか頑固老人みたいでちょっと嫌なんですけど、必要性がない以上

積極的にそこを変える必要もないなあと思ってます。



ただ、新しいツールについていく必要はあるだろうと思うのです。



Twitter文化圏にはTwitterのみ使う層によるコミュニティが醸成されます。

その文化圏がスタンダードになった時、私はただの時代遅れな老人になるでしょう。

なので、動向をつかんでおく必要はあると思っています。



インターネットを使い始めて24年。初めて触れたインターネットは大学で触った

ワークステーションにインストールされていたNCSA MOSAICでした。白黒端末で

夢中になってインターネットをしていたものでした。ニュースグループはFJより

JAPAN派、IRCチャットでコミュニケーション。ネトゲやってた頃はICQの

便利さに衝撃を受けたものでした。ホームページはHTMLタグでしこしこ書いては

FTPでアップロード。CGIの設置はパーミッションエラーとかよくやらかしてたり。

インターネット老人会というハッシュタグで検索すると出てくる内容、おおむね

わかります。実年齢は40代ですが、インターネットだけに限定すればじじいです。



あの頃からみれば、ツールは飛躍的な発展を遂げ、生活必需品としてインターネットが

自然に存在するようになりました。一部のギークの趣味のツールという色合いは

もうありません。



ギークの時代には新しいものを追いかけてきてましたが、2010年後半くらいからは

私自身そういう動きをあまり取れていませんでした。このまま時代に置いて行かれるのは

本意ではないなあ。そんな思いから、最近ようやく重い腰を上げてTwitterもフォローを

増やし、更新通知で入ってくる情報を眺めたり、なんとなくいいねしたりしています。



YouTubeは相変わらず時間がとられるのが惜しいと思ってしまうため、あまり見ては

おりません。でも、YouTubeではないけど、オンライン配信をする側には慣れておこうと

考えて、大家の会でオンライン勉強会をやってみたり、仲間うちに対してオンラインで

東京13棟目の内覧会をやってみたり、いろいろ試しています。



そんな折でした。ニーノさんから「ニーノの部屋のゲストに出てくれない?」と

お誘いを受けたのは。ふんわりしたオファーでしたが、オンライン配信に関して

身内の中で試していた私にとって、見知らぬ人が視聴する環境でのオンライン配信は

ちょっと興味もありましたので、OKすることにしました。



ただ、ニーノさんと言えばニーノスタイル(なんくるないさーに近いもの)で

有名です。具体的に何したらいいとか、雰囲気はどんな感じなのとか、そういう

有益な情報はニーノさんからは得られません(笑)

※本当に何も決めないわけではなく、大まかなところはちゃんと決めた上で、

 あとは出たとこ勝負というのがニーノスタイルです。ある程度は決めてくれるので

 その点は誤解なきよう。



百聞は一見に如かず。受講した方が早いと判断して、昨夜のニーノの部屋を受講。

ゲストはポールさんでしたが、相変わらず面白い(笑)



面白おかしく話しているポールさんでしたが、初心者の方に対してのメッセージは

自分にできるのかと不安になって行動しないのではいつになっても変わらない、

種銭がないなら種銭を貯める努力をする、借金が怖くても売ってチャラになるなら

何も怖がる必要はない、とにかくやってみないで尻込みしたり文句を言うのは止めよう、

というものだったと思います。リタイヤについても、リタイヤしたことない人が

どうこう言うのは良くない、一度リタイヤしてみて、それでサラリーマンに戻って

リタイヤはこういう点が良くないという話をするなら納得できるけど、それもせずに

リタイヤは良くないと言うのはどうなのか、と。いいこと言ってるなあと思いました。



ポールさんは行動力があります。そして前向きです。凹むことがあっても歩みは止めず

どうしたらよくなるかを考えて行動する。これこそが「僕ちゃん天才」という言葉に

集約される自己肯定感なのかもしれません。こういう話を聞いて、人生が変わる人って

少なからずいるんだろうな。うん。



江古田島塾長の塾生の今小作さんが最近書いてるアパートを塾長から売って貰った話

世の中にはこうして他人の人生を意図的に変えてしまうパワーがある人もいるんだなと

ちょっと胸が熱くなったものでした。



私も自分では意識していないところで関わる方の人生を変えたこともありました。

(後から聞いて「おお、そうなのか」と思ったんですけどね)

そういう形で、良い方向に影響を与えられる人にはなりたい、と思ってます。

私も色々な方に助けていただいて、たとえ返済比率60%でもここまで死なずに

やってこれています。その恩返しはしたいです。



というわけで(?)、私がゲストで参加するニーノの部屋は7/11(土)20:00から。

お申込はこちらからできます。お時間ある方は遊びに来てくださいませ。

ゲストに極東船長も来ていただけますので、船長の含蓄あるお話を聞きたい方にも

おすすめです!いやむしろ船長が本丸なんじゃないの?これ。



ミニセミナーの内容は「札幌2棟目は地獄の一丁目の入口だった・・・」と題して

初心者の頃に買ったマンションが埋まらずに大変な苦労をした話をしようと思います。

大家力が無茶苦茶上がりましたよ、あれ。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:55 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

DX@母ちゃんの作る物件の色遣いに驚愕。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。プチ寝坊気味。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日は神戸でDX@母ちゃんの手掛けた物件の見学をさせていただきました。

コラムでは拝見していた色遣い、実際に見るとまた違った感想も出てきます。



せっかく神戸に行ったのだからと、母ちゃんの物件見学でも実施されないかしらと思って

事前に母ちゃんに「見学会とかないんですか?あれば参加したいです!」と連絡をして

おきました。検討してみますと回答をいただき、実際に実行されることになりました。

言ってみるものですね〜。



母ちゃんの物件は前にゲストハウスを見せていただいたことがあります。その時も、

内装がすごいなあと思ったものでした。色や柄がこれでもかとふんだんに使われており

一歩間違えたら「うるさい」「落ち着かない」「ガチャガチャする」という感じに

なりかねませんが、母ちゃんの物件はそのギリギリのバランスが素晴らしいのです。

私が真似をしたら絶対に「落ち着かない」「バランスが悪い」という結果になるものと

考えられます。



百聞は一見に如かず。実際、母ちゃんの物件の写真を撮影してきたので、掲載します。



額縁フレーム

額縁の中にグリーンが描かれたフレーム、濃いめなウッドな天井と床という組み合わせ。

私にはできません。冒険しまくり。でも不思議と落ち着くのは何故なのか。



洗濯機置場が派手

洗濯機置場という狭い空間に、ワイルドなウッド柄とお花の壁紙の組み合わせ。



ファンシーなトイレ

トイレにも色や柄がふんだんに使われております。



水滴の壁紙

全面に採用される水滴模様。この辺の方向性、よしゆきさんと似てる気がする。



脱衣所

脱衣所もかなり派手です。



白い壁紙はほぼ使われておりません。センスの塊だからこそできるのだと思います。

(センス以外にそれを伸ばす努力も勿論されていると思います)

真似しようとすると事故を起こすぜ。うん。



素人でも真似できそうなものとして

・ジョリパッドで塗った風な凹凸のある壁紙

・外壁に絵を描く

・駐車場は白線を引くのではなくスタンプコンクリートで表現する

などは使えそうだなと思いました。いずれどこかで真似させていただきたいです。



(本当は上記パクれるポイントの写真も掲載したかったのですが、時間切れで割愛)



母ちゃんのホスピタリティのおかげで、とても充実した見学会になりました。

本当にありがとうございました。改めてお礼申し上げます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:33 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする