2019年03月03日

札幌で不動産賃貸業仲間と交流を深めてきました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。予想通り、午前中は全く動けず。夜更かししたからねえ。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日は極東船長プレゼンツ、佐藤元春さんと天野真吾さんのセミナーに参加しました。

健美家さんに近い系統の方が山ほどいらっしゃり、楽しく過ごさせていただきました。



セミナー自体は、天野さん1時間・元春さん1時間・質疑応答や座談会で1時間という

感じの構成でした。天野さんは福岡セミナーの内容をベースに新規事業の状況を

アップデートしたバージョン、元春さんは福岡セミナーの内容を凝縮した内容でした。

質疑応答は事前に参加者の皆様から募っていた質問と、途中からは天野さんが

元春さんに対してインタビューする形式?みたいな雰囲気で進んでいきました。



2度目ということと、時間が短かったことがあり、正直なところを言ってしまうと、

福岡セミナーで受けた衝撃よりは衝撃度は小さかったです。でも今回初めて受講した

友人は「すごい内容だった」と感動していたので、初めて聞いた人は私が福岡で感じた

衝撃や熱さを感じていたのではないかと思います。



懇親会では、久しぶりにお会いする方、ちょいちょいお会いしている方、初めて会う方も

含めて皆様と楽しく交流を深めさせていただきました。ホテルでの開催と言うこともあり

ビュッフェの料理も手抜きなし。こういう懇親会では料理の質が微妙なことが多いですが

そういうことが一切ないのが船長のホスピタリティだと思います。

そして私自身も、友人から「この人はすごいから是非紹介したい」と何人かの凄腕の

大家さんをご紹介いただきました。こういう形でつながりが増えるのって嬉しいです。

ありがとうございます。



二次会では夜のすすきのから強引に引き戻されたフン様のふんどしの舞、そして

フン様とポールさんのガチホモ疑惑を助長する安定の二人でジャグジーイン。

(写真は自主規制させていただきますが、そのうちポールさんのブログに載るでしょう)



結局5次会の〆のラーメンを終え、防人1号さんと固い握手で再会を約束して別れたのが

3時半とかそんな時間でした。一日よく頑張った、自分。



最近はサラリーマンの仕事が大変なのもあり、セミナーには参加できておりません。

特に無料セミナーなんてもう久しく参加していないです。でも、時間がなかったとしても

どうしても出たいと思えば無理やり調整するのだと思います(それもできないことは

当然ながらあるので、泣く泣く諦めるケースも多いですが)。



調整を必死に試みるかどうかは、テーマに対する興味も勿論ありますけど、懇親会付の

セミナーであれば、どんな主催者がどんな意図でそのセミナーを開くのか、という

ところも重要な要素になるだろうと考えています。



自分がそのセミナーに求めるものは、単純にそのセミナーを受けることで知識をつける、

あるいはその主催サイドのサービスを受ける、ということであれば、主催者側の実績や

知識などを見て判断すれば良いのだと思います。

もし知識だけではなく、参加者とのつながりを作ることも重視したいと思うならば、

主催者が参加者同士の交流を願っているか、主催者のレベルやステージ・主催の意図は

何か(これを図ることで、セミナー参加者のレベルがわかるはず)という要素も

加える必要があるでしょう。



今回のセミナーであれば、セミナーの内容はもとより、主催者がそのセミナーで

期待することが自分の欲しいものと一致している(カモを見つけることでもなく、

後進を育成することなので、セミナーや懇親会を通じて成長してほしい意図)ので、

積極的に参加したいと言う気持ちになりました。幸いにして、だいぶ前から日程が

告知されていたので、それにあわせてスケジュールを調整することができました。



今回のセミナーは、知識というより新たな刺激がないか、自分より上のステージの先輩の

考えを参考に整理する場だったと思います。そして全国から集まった精鋭の大家さんとの

交流をすることで、また刺激を受けることになりました。



船長主催セミナーはまた今年も継続して行われるようなので、時間が合う場合は是非

参加させていただきたいと思います。お世話になった皆様、ありがとうございました。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 12:26 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

新築の内覧会に参加し、大いに刺激を受ける。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在20位です。本日は東京12棟目(仮)の契約です。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日は引き落としのお金の入金や通帳の記帳など済ませた後、新築見学会へ!

見応えのある物件でした。



本当は昼間もっと色々やりたかったのですが、気持ちが乗らずダラダラしてしまい

金融機関さんのATMに行って、週明け分の引落の口座残高調整と各種記帳程度しか

対応することができませんでした。たまには休みなさいと言われているのだと理解して

ダラダラしましたが、そもそも締切が迫ってこないと動けない体質なのがダメだよなと

いう気持ちもあり、やや複雑です。



取引行も増えたし、小口借入も増えたし、口座の残高にいつも追われている状態の自分を

「もっと安定させないとダメだよなあ」と思ったりもしますが、かといって全然ダメとも

思っていないので、それを変えようと言う真剣みもなく・・・。まあ、本当に困ったら

整理するだろうと思います(適当)



で、そういった作業が終わった後で、都内某所へ向かいました。友人が建てた新築物件を

見学させていただくためです。私が得意としているエリアでの新築案件、興味津々です。

都内では東京1棟目が一応新築だったものの、結果的に建売状態で購入しているため

新築やった感はなく、それ以外はボロの再生しかやったことがありません。新築、興味は

とてもあるのですが、まだよくわかっていない感じです。



どうしてもボロの小さいやつを探す目線に慣れてしまっているので、大きい物件だったり

土地だったりといったものを探す嗅覚がまだ備わっていないように思います。ボロ系だと

パッと見た時に「ん?」と違和感が働くし、新着物件の情報もボロを探しやすい条件しか

入れておりません。この辺、もっと工夫をしないとなかなか難しいのかなと思います。



で、今回見せていただいた物件は、16坪の幹線道路沿い商業地域の借地に目いっぱい

上まで伸ばして建てた物件です。商業地域とはいえ、16坪でしょ?建蔽率80%として

1フロアにつき40平米ちょっとしか取れないじゃないですか。そこに更にエレベーター

つけてるっていうんだから、本当に収支合うのか?とソワソワしてしまいます。



でも、ちゃんと収支が合う状態で建築されてました。利回りはちゃんとは聞いてないけど

ざっくりした土地・建物価格と募集家賃から8%くらいは取れているのかなと思います。

1フロア1部屋でEVまでつけて6階建ということを考えると、驚異的です。



こんな狭い敷地でも、これだけの物件を作ることができるとは!という点での衝撃も

ありましたが、それ以外にも、屋上はスペースマーケットで貸せるように電飾や鍵の

工夫をしてたり、場所柄簡易宿泊所として借りたい人もいるかもと想定して、ある程度

そこにも対応した形の設計にしていたり、そういったビジネス感覚にも優れている

物件でした。うーん、参りました。



実際に、ホテルとして1棟借りをしたいという問い合わせもあるようでして、その場合は

逆に高く借りて貰う形で話しているようです。本当にそうなれば、余裕で利回り10%を

超えてくるというのだから強烈です。借地とはいえ、23区内新築S造で利回り10%。

鼻血出ますよ、鼻血。



屋上からスカイツリーを臨む

これだけ見事なスカイツリービューなら、ホテルでもお客様つくでしょうねえ。



設備の面ではオーソドックスで住みやすい形式だなという感じで、目立つ装飾などは

特にありませんでしたが、それが普遍的な良さにもつながるのだろうと思います。

各フロア1部屋しかないというのも、入居を考える側からすればメリットですね。

部屋によっては建築基準法の関係?道路拡幅の関係?のどちらかはわかりませんが、

かなり広いルーフバルコニーがありました。花火大会を見ながらビールを飲む、

なんてこともできそうな物件です。



施工上の苦労などで言うと、建物を上に伸ばすことでコストが思っていた以上に

かさんでしまったと言うのがあったようです。



例えば、同じ40平米4部屋を作るとします。

田んぼの田の形に平屋で4部屋作るのと、4階建で積み重ねるのとを比較しましょう。

前者は部屋1つに対して壁が2面、屋根が1面、合計(2+1)×4=12面。

後者は部屋1つに対して壁が4面、屋根が全体に対して1面、合計4×4+1=17面。

明らかに壁が多くなっており、その分施工の費用も掛かります。



それに、上に伸ばせば伸ばしただけ、階単位の建設コストもアップします。

具体的に何が要因でアップするかはわかってませんが、感覚的にも建物を高くしたら

その分いろいろと安定させるためのコストはかかりそうだな、と感じます。



「普段作っている物件より明らかに坪単価が高かった」と施主さんは仰ってました。

最低でも1フロア2戸はないと、よほど安く土地を買わない限りうまくいかないだろう、

と感じた次第です。



それから、スカイツリーのおひざ元あたりの下町って、杭をとにかく打たなくてはならず

高層のS造やRC造はお金がかかる印象があります。今回その辺をどうしたのか伺った

ところ、杭を打たずにベタ基礎で対応したのだとか。え、そんなのできるの!?と

びっくりしましたが、新しい技術?基準?を使えばできる可能性もあるようです。



覚えているのは、ボーリング調査ではなく別の調査で地盤をチェックし、その数字から

計算した結果、上物を軽くすればベタ基礎でもなんとかなるという算出をしたのだとか。

理論としてはわかるけど、建築確認を出す機関も「本当に杭打たなくていいのか?」と

なってしまい、時間がかかったそうです(笑)



杭を打つよりは安いけど、たぶんその基礎にもいろいろ工夫したり、建物全体を軽く

仕上げるための工夫をしたりで、大きくコストダウンできたわけでないようです。

とはいえ、新しいことにチャレンジできた、手持ちのカードが増えた、という

技術肌の満足感はあったんだろうなあ、と感じました。



その後の懇親会も含め、大変充実した一日となりました。

ご参加していた皆様、施主様、本当にありがとうございました。

最近、サラリーマンの仕事が多忙で、あまり週末は他の方の見学会などにも参加できず

刺激を受ける機会も少なかったのですが、今回の見学会は有意義であったと思います。

新築やりたーい!と思いましたし、楽しいひと時を過ごせましたし。充実感いっぱい。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:38 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

不動産投資家から事業家になったお二人のお話を聞いてきた。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。福岡から幕張に移動中。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日は天野真吾さんと佐藤元春さんのセミナーを福岡で拝聴してきました。

不動産投資家から事業家にシフトした方々のお話、集中力を削がれることもなく

夢中になれた5時間のセミナーでした。



誰の発信した情報で、そう思った理由は何かなどの細かい感想は今回は書きませんが、

自分にとって共感できたところを順不同にピックアップして書きたいと思います。



・節税せずにきちんと支払う

突き抜けている方は、過剰な節税などはしていないように見受けられました。

税金を気持ちよく納めたら、その分次の利益が返ってくる、と考えているのだと

想像します。確か極東船長もそんな話をセミナーでしていた記憶があります。



・変化を恐れない、積極的に変化する

ここは自分が出来ていないところだと思います。言い訳でしかないけど、圧倒的に

時間が足りないので、サラリーマンの余暇はある程度勝手がわかっている不動産賃貸業に

特化しています。いずれ会社を辞めて時間ができたら、そこからが本当のスタートかな。

でも東京8棟目みたいに不動産賃貸業の枠の中では変化しようと取り組んでいるので、

そこは多少は頑張っていると自分では思います(まずは自己肯定から)。



・闇雲に挑戦するのではなく、最悪の場合の逃げの一手は考えておく

これは当然ですね。ただ、そのリスク分析が甘いと、後が厳しくなります。

私も甘い方なので自戒の意味を込めて。



・相手への最高の復讐は、自分が幸せになること

憎しみや妬み・嫉みは同様の感情を引き寄せるだけ。自分にとってプラスにならない。



・好奇心旺盛であれ、謙虚であれ

後者は私も意識しています。できているかは別にして。

そして好奇心も割とある方だと思いますが、その好奇心が今は不動産にしか向いてない、

ということは意識しなくてはならないと思いました。会社員と不動産でキャパシティを

オーバーしている自覚はあるので、不動産以上に興味があるものが出たら不動産活動の

歩みを止めることになるかもしれません。あるいは会社を辞めて不動産ともう一つの

何かに全力投球するという手もあるのかな、と。



別の友人に「学ぼうとしていない」と言われたことがありますが、それをふと

思い出しました。何となくですが、自分より上のステージに到達した人から見れば

まだ広い世界が広がっているのに、不動産という一つの島で満足するのは勿体ない、

と言われているような気がしました。



・危機感を持つ

現状に満足していると、それ以上の成長は望めない。

不動産を保有し、不動産だけで食っていけるようになり、不動産一本に絞る。

満足してしまい、それ以上の成長を望まなくなる。

現状維持をすることは、時代とともに成長できていないことを示す。

それはもしかすると緩慢な死に向かって歩んでいるということなのかも。



・空室対策はしない

デザイン/写真/コンセプトで差別化を図り、ライバルのいない物件を作る。

オリジナリティを出せるところは出す。



・サラリーマンよりリタイヤした大家の方が偉いという風潮は間違い

サラリーマンとして給料を貰っている以上、サラリーマンの仕事に全力投球するべき。

仕事をさぼって物件情報を探すなど、業務外のことをするのはもってのほか。

自分が経営者の立場で、その勤務態度を見たらどう思うか?

会社は従業員のために社会保険を半分負担し、採用や教育にお金をかけている。

そのお金に見合った成果を出すのがプロのサラリーマンというもの。



これに関しては心から同意しました。私も仕事中に物件情報の検索をしたり、

不動産関連の作業を行うことは絶対にしません。基本は昼休みに全て行いますし、

会社のパソコンでそういったことをすることもしません。どうしても緊急のことがあれば

少し中座して電話したりはしますが、それも最小限にとどめています。



かつては私も物件情報を検索したりゲームをしたりしていた時期がありました。

でも、いつからかわかりませんが、それは会社に対して誠実な行動ではないと反省し、

その後一切そういう行為は止めました。



自分が管理する資産管理法人でも、義母に給与を出そうとすると、社会保険が重く

のしかかります。自分がサラリーマンで勤める会社の経営者であったら、それだけの

負担をしている社員が業務外のことをしていたらどう思うか・・・失礼な行為ですよね。



・取引会社の悪口は言わない

大家の会でネガティブ情報も共有するケースは多いが、不満なことがあったとしても、

それは双方の行き違いという側面もあり、一方的に相手が悪いケースではないかも。

自分自身も、その会社から「あのオーナーは・・・」と言われているのかもしれない。

そういった側面をわからず、この会社はダメと吹聴することは果たして如何なものか。

本当に自分に落ち度がなかったのか、客観的に見る必要があるのではないか。



私もネガティブ情報を出す時は自分にどんな落ち度があったからこうなったかという

点もあわせて伝えるよう意識はしているつもりなのですが、果たして全てのケースで

そうできているかというと、何とも言えません。今後はネガティブ情報を共有する時は

そうなった理由が自分にないかをよりしっかり考えたいと思います。



サラリーマンの会社でも、リーダーの仕事の進め方がどうとか、同僚のやり方が

おかしいとか、そんな愚痴めいたことを言う場面に遭遇します。自分もそう思って

しまうことがあるため、会社でも同様に自分のふるまいに悪いところはなかったかと

自問自動する一呼吸を持つことにします。



・不勉強のまま、新しいことに手を出す

好奇心は旺盛であるべきだが、勢いで新しいことを始めるのは別。

例えば海外不動産。自分の地元ですら川上情報を得る機会は少ないのに、海を越えた

海外の川上お得情報を得られると本気で思っているのか?



・・・耳が痛いです(汗)



・自分の幸せだけでなく、周りの幸せも考える

本物の富裕層は周りの人も幸せにしようと私財を投げうって奉仕する。

自分のことばかり考えて、自分の幸せを最大化しようとしていないか?



心当たりあります。ていうか、同じようなことを私よりステージが高いと思われる

友人から言われたことがあります。どうしても、自分の周りのことしか考えられない

自分がいるんです。



ただ、最近その「自分の周り」が徐々に広がっているような気がしています。

以前なら自分の幸せだけだったのが、妻の幸せを考えるようになり、親族の幸せを

考えるようになり、友人の幸せ、自分が関わる地域の幸せのことを考えられるように

なってきたと感じています。たいした額ではありませんが、関わりのあった地域が

災害に見舞われれば、そこに寄付金を躊躇なく送るとか、そういう形で周りの幸せを

少しずつですが考えて行動できるようになってきている気がします。

小さいながら、少しステージがあがったのかな?と思います。



・比較からブレイクスルーは生まれない

融資額、所有物件戸数、利回り、成長速度などを他人と比較するばかりであれば

そこに絶対的な価値は生まれない。相場を作る、新しい価値を作るといった行為には

繋がらない。



私自身に新しい価値を作るほどの能力があるとは思っていないのですが、他人との比較は

意味がないことというのは昔から思っています。他人に興味がないだけなのかも

しれませんが・・・。



しかし、自分の総戸数をブログで公開しているあたりは、もしかすると潜在的に

そういう比較を求めていたり、称賛してほしかったりするのかもしれません。

自己紹介の一環で、規模とかわかった方が話のとっかかりになるかな?という気持ちで

書いているつもりなんですけどね。

自分でも自分のことをちゃんとわかっていない気がします。



・give and takeという言葉の通り、まず与えることから

takeを期待するならまずgiveが必要。しかし、takeは返ってこないことも多々あるので

究極的にはgive and giveでも仕方ない、自分がそうしたいからそうするという領域に

達することも必要なのだろうなと思いました。



giveをすることで相手が笑顔になってくれること。相手が喜んでくれるのだから、

それで目的は達せられる。そんな考え方が必要なのだろうと解釈しました。



・付き合う人間がステージで変わる

そのステージに合った人間がその人の周りに集まる。

周りの友達のレベルがその人のレベルを決める。



一つどころか、大きく上のステージに到達しているお二方のお話を聞くことで

自分が見えていない世界のことを少しだけ垣間見せてくださった気がします。

こういう方と定期的にお話をすることで、自分自身が見えていない別の何かに

気づかせてくれるのかもしれません。



周りにそういう人を増やせるよう、私も活動を強化していかなくては。

たぶん、今と違う領域でそういうのを増やす必要があるのでしょうね。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 13:23 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

仙台で狼旅団セミナーに参加してきた。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。今週は新幹線に合計6回乗るという罰ゲーム状態でした。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日は仙台まで足を伸ばして、仙台大家の会&狼旅団共催の狼旅団セミナーに

参加してまいりました。久々に大型セミナーに参加してきましたが、楽しかったです。



最近、不動産投資セミナーからすっかり足が遠のいている私。別にキラキラした人の話を

聞いても得るものなさそうだなと思ってしまったり、今更高額塾に行く気もないし、

あまり「これ聞きたいなー!」と思える話がないからというのもありますし、自分で

主催する大家の会に参加している方のスキルが高いので、彼らと話をしているだけでも

充分に満たされるということもあり、どんどん内向きになっているような気がします。



そんな中、仙台で狼旅団セミナーが開催されると言う話を聞いて、仙台だったら物件も

持っているし、東北の大家さんともある程度のお付き合いがあるし(昨年の年末には

恐れ多くも仙台大家の会のセミナー講師としてお呼びいただきました)、東京だと抽選に

当たるのが至難の業だし、そんなこんな考えるとここで参加しておいた方がいいような

気がしたので、ちょっと仙台まで行ってくることにしました。



セミナーの内容は墓場まで持っていくのがお約束。というわけで今回受講したセミナーの

内容についてはここでは触れませんが、背筋が凍るような恐ろしい事例が出てきたり、

最新のキラキラ共食い事情の説明(しかも実名入り!)など、最近の私があまり収集して

いない情報だったので、参考になることがいっぱいでした。



正直、私の周りにいる大家さんは皆さん凄腕なので、かぼちゃとか絶対無理でしょという

感じで見向きもしない人ばかり。だから失敗事例というのをあまり話に聞いてなかった、

というのがあります。しかしそこはブログランキング一位の狼旅団長です。実際に

失敗気味な人から相談を受けているようで、もう少し早く来てくれていれば・・・という

パターンも多いようです。そんなに失敗している人が多いのかと私はびっくりしました。

そして、自分の目が届く範囲は失敗する大家さんを減らしたいという気持ちでセミナーや

ブログ等の活動をされているのだなということがよくわかりました。

(勿論そこには純粋な「モテたい」「人気者になりたい」という気持ちも見え隠れ・笑)



懇親会では、元・金融機関勤めだった方に金融機関側はこう考えているという話をして

いただき、なるほどと納得。そういう行動をしているのであれば、それに対してこちらは

金融機関の担当さんが「あ、この人助かるなあ」「またお付き合いしたいなあ」と

思えるような動きを取ればいいわけですね。非常に参考になるお話でした。



私自身もできるだけ金融機関さん側のことは考えながら動いているつもりですけれども

まだまだ意識できることは色々あるんだなと思いました。お土産の渡し方、口座からの

お金のおろし方、万が一延滞になる時に心証を悪くしないテクニック、万が一の時に

信用情報に傷をつけない振る舞い方、などなど。大変興味深かったです。



ちなみに狼旅団長からは「いつもドタキャンしてる」「いつか信用なくすよ?」という

ツッコミをいただきました。いや、それを言われると、確かに狼さんに対しては

ドタキャンになってしまっているケースが多くて何も言えない・・・(汗)



ブログランキング一位祭の時のお礼の飲み会を自分で言い出しながら、当日仕事が

どうしようもなくなり、結局参加できなくなってしまったり、狼旅団セミナーも

狭き門を潜り抜けて当選したのに当日急な用事で不参加になったことが少なくとも

2回はあったし。やっぱり、こういう一回一回の積み重ねで印象が決まってしまうと

いうのはあると思います。別の方にも指摘されたことがありますが、どうも私は

そういうところの詰めが甘い・・・。ドタキャンの可能性がある日は予定を入れない、

入れる場合にもその旨先に伝えておく、などのリスクマネジメントができないと、

人に対しての配慮が欠けている人間だと言うレッテルを貼られてしまいます。



人と人との信頼が大事な不動産業界ですから、ちゃんとしないとね。

改めて言っていただき、ありがたいと思います。40も越えて他人から注意して

貰えることなんてそうそうありませんから。



だいぶ話は逸れましたが、今回のセミナーを企画してくださった仙台大家の会の

菅原さん、そして狼旅団の狼さんとエスパーくん、その他関係者の皆様、当日お話を

させていただいた皆様、ありがとうございました!本当は一泊にして二次会以降も

参加したかったところですが、用事もあり終電で帰ってしまったのが心残りです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:49 | Comment(1) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

居心地の良い空間。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。今日の移動距離は半端ないぞー。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日はフン様出版記念セミナーに参加してきました。3度目です(笑)

ニーノさんが「来るよね!?」と言うので勢いで「行きます!」と。

巻き込み力が半端ないです。ニーノさん。ダイソンかよと。



もう3回目の参加なので、フン様およびニーノさんのセミナーの内容については

過去のブログ記事(名古屋札幌)を参考にしていただければと思います。



昨日は江古田島平八塾長のセミナーも聴講させていただきました。内容については

ここでは触れませんが、性格は全く破綻しておりませんでした。むしろ頭脳明晰で

責任感もあるナイスガイとしか思えませんでした。そして「自分より塾生の方が

人気がある場合は懇親会を途中で帰る」宣言に爆笑してしまいました。



フン様もニーノさんも塾長も、そして過去にコラボセミナーしているポールさんや

防人1号さんも含め、共通しているのは「不動産賃貸事業で食っていくことが主であり

セミナーそのものから派生する共食いビジネスを嫌悪している」というところでは

ないかと思います。



江古田島塾長は懇親会で参加者の方に言ってました。



自分は助言はしないし、そうやすやすとしていいものではない。

助言をするなら、その相手の家族構成やサラリーマン年収、親族の状況など全て

把握しないといけない。それが責任のある助言だからだ。

熟成に物件紹介をするが、それも最悪何かあった時に自分で買取ができるなどの

責任を持てるものしか紹介しない。そのくらいの覚悟を持って助言をしている。



あなたに助言してくれる人は、500万何も聞かずにポンと貸してくれるか?

自分は塾生に対してそれができる。それができない人はただの知り合いだ。

知り合いの助言に惑わされず、自分の意思で判断をするべきだ。



有償の塾を運営している有名大家さん、物件紹介をしている有名大家さんも多いですが

塾長のような姿勢を貫いている方はどのくらいいらっしゃるのか・・・。素人大家さんが

主催する有償の塾に参加したことがないので、どこまでのことをしてくれるのかは

わかりませんが、塾長のような真摯な姿勢で責任を取るタイプの方だと、人数が多すぎて

パンクしてしまうだろうなあと想像できることから、推して知るべしかな、なんて。



私は塾長ほど極端ではないのですが、やっぱり何が正しい助言なのかというのは

その人が持つ目標や人生観、現在の悩みなどから方向性を見出すことができないと

総合的な助言はできないと感じます。物件情報に対してその物件の良いところや

悪いところを挙げるようなことは難しくない作業だと思いますが、その物件を購入する

ことが、その方にとって正しいことなのか?というところまで踏み込めません。



他の収入を生活の基盤とするので、不動産は節税のために使いたい。

他の収入を捨てて不動産一本で生きていきたいから、不動産は食っていくためのツール。

不動産が好きで仕方ないから、究極まで拡大したい。不動産は趣味と実益。



上記のどの思想になるかで、アドバイスする内容は変わらなくてはなりません。

本来、コンサルタントは問題解決をしてクライアントを導くことが仕事なのです。

局所的なコンサルタントを名乗るならいいんですけど、コンサルタントを名乗る以上

それに裏付けされた知識や経験はあってほしいものです。



そういう意味では、完璧な人間なんていないんだから、その人から学べるところを

細かく設定して、いいとこどりすればいいんだというニーノさんの発想は素敵です。

一人におんぶにだっこせず、自分の頭で考えて、自分なりに相手のいいところを捉えて

そこを盗もうという話であれば、私も「行動力」「銀行開拓力」などは多少お手伝いを

することが出来そうな気がします。



メンターの大切さ、縁の大切さを説いている講師が多かったですが、この懇親会に

いらしていた有名大家さんはメンターとして最適ではないかと思います。

ブロガーの方だけピックアップすると、吉川英一さん赤井誠さんゲテモノさん

スワさんプロパン星人さんといった皆さん。この方々は奉仕の精神で様々なことを

教えてくれる方々だと私は思います。

(教わる一方ではなく、儲かったら飯でもごちそうしてあげてくださいね・笑)



改めて、昨日は居心地の良いセミナーおよび懇親会でした。

私自身も共食いビジネスはあまり好ましいとは思いませんし、知っていることであれば

できるだけ情報は無償で伝えたいと思うタイプなので、そういう集団と一緒にいる方が

心地よいです。



願わくば二次会まで行きたかったのですが、新横浜から自宅はちょっと遠かったし

本日かなりハードな一日になるので、断腸の思いで一次会にて帰宅しました。



私自身も参加された方から仮想通貨や太陽光のお話など、最近自分の中でアップデートを

できていない話を聞く機会もあり、また、ニーノさんから「いい土地あるよ!買う?」と

セミナー中に聞かれるという珍事もありました。買えるなら買います(笑)

あと、富導算塾の副塾長の「社蓄・今小作」さんに「ブログ楽しく読んでます!」と

お声がけいただいたのも地味に嬉しかったです。



学びや気づきがあり、楽しい一日でした。皆様、ありがとうございました。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:22 | Comment(1) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする