2021年12月23日

今年もお歳暮贈りました(遅くない?というツッコミは黙殺します)

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。祝日ですが、関係なく仕事ですよ!ああもう。

応援クリックよろしくお願いします→



遅ればせながら、お歳暮の手配を行いました。お世話になっている業者さんに、

感謝の気持ちを込めて・・・といったところです。



お中元やお歳暮。こういった文化は昭和のものであり、令和の時代である現在になっても

お中元やお歳暮を贈るなんてどうかしてる。そんな気持ちも一般的にはあるのかなと

思っております。私自身もサラリーマンのお仕事に従事する中で、お中元やお歳暮の類を

贈ったことは一度もありません。IT系なので比較的そういうところはドライだという

話もありますけど、もしサラリーマンだけ続けていたら、お歳暮なんて昭和の文化だと

思っていただろうと思います。



うちの実家も、バブル華やかなりし頃はよくお中元やお歳暮が届いておりました。

一介のサラリーマンにすぎない父のところによく贈り物が届き、子供心に「また何か

美味しいものが届いた」と思ったものでした。自分がサラリーマンになってみたら、

そんなイベントは全くありません。時代の移り変わりを感じたものでした(笑)



しかし、不動産賃貸業を始めてみたら、生まれて初めてのお中元・お歳暮が届くように

なりました。確か、贈ってくださったのはガス会社さんだったと記憶しております。

プロパンガスはいつ乗り換えられてもおかしくない競争社会だから、導入している

オーナーさんにお中元やお歳暮を贈ることは普通に行われています。面識の有無に

関係なく贈られてくるので、オーナーリストに対して機械的に贈っているのでしょう。

そうとわかっていても、ちょっと嬉しかった覚えがあります。



私の場合、お歳暮を贈ってくださるのは管理会社さんとガス会社さんが多いですね。

毎年同じものを手配してくださるところもあれば、毎年手を変え品を変え趣向を凝らして

くださるところもあります。どちらにしてもありがたいことです。感謝感謝。



昔は貰いっぱなしで終わっていたのですが、先輩大家さんに「自分がして貰って

嬉しいことは相手にもした方がいいよ」「他の人がお返しなんかしてないんだったら

自分がお返ししたらそれだけで印象に残るでしょ」という助言を受けたことをきっかけに

私からもお中元やお歳暮を贈るようになりました。サラリーマン生活の中でこういうのを

贈ったことがないので、まず時期はいつなのかとか、水引はどうしたらいいのかとか、

そんな感じでわからないことを一つずつ調べてようやく発送に至ったものでした。

相手の方も喜んでくれたので、今後も続けようという気持ちに。



小さい組織だと、確実に「この人のもとに届けたい」と思う人に届けられるので

良いのですが、ある程度大きな会社になるとそれも難しくなります。富山1棟目の

現管理会社さんは、どんなに個人宛にしてお中元やお歳暮を贈っても、会社で勝手に

取りまとめられてしまい、私が感謝の気持ちを示したい方のところには小分けになって

分配されてしまっていたようです。何かの折のお歳暮の話をしたら、誰から来たかは

わからない状態なんです、と言っておりました。そうなると、お中元やお歳暮を贈る

張り合いがなくなってしまいますねー。



幸いにして、富山1棟目の現管理会社さん以外でお付き合いしている不動産業者さんは

どこもそんな大所帯のところはありません。富山1棟目の新管理会社さんは割と

大きい会社さんですが、ここは仲介店さんにドンピシャで贈ればいいので、狙った人に

配送できるからオッケーかなと(管理担当さんにも贈りたいですが、そっちは管理が

正式に移管されてからでいいやと思っています)。



今年のお歳暮もありがたいことに結構いただいてしまいましたので、遅くなりましたが

先日私からも手配をかけさせていただきました。なんとか年内に届きそうです。

不動産業者さんってお休みに入るの早いから、年内に受け取ってもらえるか心配(笑)



今年は管理会社さん(除・富山1棟目現管理会社さん)と直接発注してる施工業者さん、

仙台で管理会社的なポジションで動いてくださる仲介業者さん、そして顧問税理士の先生

(こちらは先日手渡ししてきました)に贈りました。代り映えしないいつもの品物ですが

ご賞味いただければと思っています。



ちなみに、当然ですがお歳暮を贈るお金も経費です。楽天で調達しているので、

クレジットカードのポイントと楽天ポイントがダブルでゲットできます。

楽天はポイントアップとか狙えばさらに美味しいですね。私はそこまでカリカリに

チューニングしていないゆるふわ系なので、本気の方に比べればかなり適当ですが

それでもたまに課金しているソシャゲの課金分くらいはポイントで賄えてます。



もしお中元やお歳暮を贈ってないという方がいらっしゃれば、費用対効果を考えてみても

いいんじゃないかなと思います。考えた上で別に贈る必要なし、という結論の方も

当然ながらいらっしゃるでしょう。それもひとつの経営スタイルです。私は一人だと

何もできず、頼れるパートナーさんにおんぶにだっこスタイルの経営なので、皆様に

感謝の気持ちを示すことは大事なタスクだと思うのでそうしている、というだけです。



ということで、こんなデブをおんぶにだっこするのは嫌ですと言わず、皆様引き続き

よろしくお願いいたします。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:00 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月07日

尊敬する先人の言葉に耳を傾ける有意義な時間。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。髪の毛がうっとうしくなってきたので美容室に行ってきます。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日は札幌出張最終日でした。しばらくお会いしていなかった某お友達に声をかけて

ランチしたら、極東船長も来てくださいまして。有意義な時間となりました。



出張や旅行に行くと、できるだけ予定を詰め込まないと気が済まない私。

この詰め込み癖で、旅行の時嫁ちゃんに「予定入れすぎ」と怒られることも多々。

なので、嫁ちゃんと動くときは旅行案らゆったりめ、出張ならソロで予定を入れることを

心掛けております。自分のことだけ考えて動くのはもう卒業したつもりです。

でも今回の札幌出張はソロなので、予定はビシバシと入れてしまっていいのです。



札幌にいる間は、サラリーマンの仕事のない日のランチと全日程の夜で誰かしらと

食事をすることができました。お付き合いが浅いので関係を構築する、久しぶりに

タイミングが合って会うチャンスがあった、なんとなく話したいと思った、などなど

理由はそれぞれですが、やはり人と会って話すのって楽しいですよね。コロナ禍が

またいつ猛威を振るいだすかわからないので、今のうちに会える人と会っておきたい。

そんな気持ちはあります。



そんな中、昨日の帰る前のランチでは、何かとお世話になっているお友達とランチの

お約束をしました。お仕事上も環境の変化があったようなので、野次馬根性丸出しで

裏話でも聞けたらなあと思ったというところもあります。我ながら民度が低くて

申し訳ないですが。



どうせランチするなら何人かお友達に声かけてみていいですか、と相談されたので

勿論良いですと回答したら、なんと極東船長さんがランチに登場。札幌12棟目の

決済を行った日にたまたまお会いしたので、1ヶ月ぶりくらいでしょうか。

こんな短期間に船長に2回も会えるなんて、ちょっと嬉しいです。

だってすごく人格者だし、話も勉強になることが多いのですもの。



ランチでたっぷり2時間半、更に船長の事務所に移動して1時間。

いろいろとためになるお話を聞けて有意義な時間になりました。



船長の事務所に行った時、今こんなの読んでるけどなかなか勉強になるよと言われて

紹介された本が、ジャンルがすごく多岐にわたっておりまして。



例えばこれは「若い投資家の人から推薦して貰った」と言っていた本。






そしてこんな本も読まれていました。






その他、弘兼憲史さんの「60歳からの〜」シリーズなど、すごく多岐にわたる

ジャンルの本を紹介いただきました。私も本は好きですが、最近全然読んでなくて

知識のアップデートがこういうところから遅れていくのだなと思った次第です。



船長曰く「どれもお金に関わる本だよ」とのことでしたが、直接的なお金の本ではなく

間接的に捉えたり別な角度から捉えたりすることで、知識や発言に深みが出てくるので

あろうと。それがこういう読書の効果なのだろうなと思います。



私も上に書いた2冊は読んでみようと思います。聖書なんて全く興味なかったけど

今後またインバウンドが盛り返してくるシーンにおいては、キリスト教をバックボーンに

持つ旅行者の方と接する機会が増えるはずです。そういう時にも役に立つのではないか、

とも感じますので。



話をした中で心に響いたり、同じ考えだなあと思ったことを記そうと思ったのですが、

船長がご自身のTwitterでつぶやいていたので、そのまま紹介します。









サラリーマン、別に無理して辞める必要はないと思う気持ちもなくはないですが

世界のあちこちを旅行してみたいとか、もっと読書の時間を取るべきではないかとか

(今回の話を受けてそう思いました)、ゴルフにチャレンジしてみようかなと思う

気持ちなど、いろいろ総合的に考えればいったん辞めてみるのも悪くないですよね。

私は今43歳。頃合いとしてはちょうどいいと思います。



そして私は友人や知人の助言を自分では聞く方だと思っているのですが、周りの評価は

「あいつ言うこと聞かないからなーw」なので、いさめられた時に話を聞く勇気も

持った方がいいのだろうなと思いました。ただ、ここは本当に見極めが難しくて、

それぞれの方の助言がどのようなバックボーンでどの立場に立っているかを考えて

判断する必要もあります。札幌12棟目にしても、船長は結果としてゴーだったけど

気の置けない札幌仲間の大半はノーでした。誰の意見を聞くか、というのを見極めるのが

意外と難しいんですよね。だから結局、自分の感性に従ってゴーしてしまうんですが。



いろいろと考えさせられる話が多く、シナプス細胞を刺激されることが多い時間でした。



また気軽に遊びにおいでと言ってもらった(と思いこもうとしてるだけか?)ので、

出張に行った際には是非またランチご一緒して貰おうと思います!



出張期間中お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました!

有意義で楽しい札幌出張でした。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:22 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月16日

リフォームの部材の値上げを家賃に転嫁できない問題(そうだ、選挙に行こう)。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在6位です。本日夜、出張先に移動します。

応援クリックよろしくお願いします→



不動産賃貸業は物価情報を家賃に転嫁できない業種です。なので、マクロな見方としては

適度なインフレと給与所得の底上げが必要ではないかと考える次第です。



何を急に大きなことを言いだしてるんだこいつ?と思う方もいるかもしれません。

いや、実際こんなマクロな話はたいした見識もない私がする必要はなく、有識者の方が

既に論じていることだろうと思います。とはいえ、選挙も近いし、私のような浅学の輩が

いち市井の民として何を考えているかを書くことにも多少の意味はあるのではないか、

なんて思ったもので。



本当はブログに今書けるネタが特にないからだろって?

お、おう・・・それも否めないです。



最近、いろいろなものが値上げされているじゃないですか。食品もそうですし、

不動産賃貸業絡みだとウッドショックは記憶に新しいと思います。建材が一気に

値上がりして、収支想定が変わってしまった方もいるのではないでしょうか。



値上げの要因は「原材料の価格高騰」と書かれていることが多いと思います。

統計を取ったわけではないですが、ここでいう原材料はだいたい海外からの輸入品と

考えられます。仙台の牛タン屋さんが値上げしたのも、海外から輸入している牛肉の

仕入価格の高騰が原因と書かれたニュースがありました。

「企業努力のみではもはや限界」 牛タン専門店が一斉値上げ、いったい何が起きているのか



牛タンに関してはオーストラリアの干ばつ、コロナ禍による需要拡大に伴う牛タン不足、

コロナ禍における工場の労働者不足とあります。どれも海外での出来事が原因です。

グローバリズム社会においては、海外で起こっていることは他人事だというスタンスで

いるわけにはいかないってことですね・・・。



しかしここで注目すべきは「企業努力」の部分です。



ここからは裏付けのデータなどない話なので恐縮ですが・・・



今までもこういった材料の高騰などは小さなものはあったのではないかと思われます。

そしてそれを日本企業は「カイゼン」の名のもとに何とか内部のコストを下げて対応して

価格を維持してきたのだと思います。



この過程の中で、内部コストの大きな要因になる人件費は抑制される対象になったのでは

ないかと想像します。



そして、バブル崩壊後の企業は有事に備えての内部留保の増加に邁進してきたようにも

見えております。大企業の内部留保の推移は2012年に330兆だったのが、

2016年には400兆円を突破しているそうです(財務省「法人企業統計」から

作成されたデータが掲載されているレポートを参照・こちら



内部留保は厚くしたいし、原材料高騰なども企業努力で価格を維持したい。

こういった企業のマインドが重なると、経営者であれば当然ながら賃金をある程度

抑制する方向に走るのではないかと思います。



賃金は上がらないけど、物価が維持されてるなら別に問題ないじゃないですか。

モノが安いのはいいことじゃないですか。



ごもっともです。ただ、全ての企業が企業努力で価格差を吸収できるわけではないです。

不動産賃貸業なんてその最たるもので、ウッドショックで建材が上がればリフォームの

見積は高くなるし、職人さん不足になれば工賃も高くなります。じゃあそこにどんな

企業努力ができるのと問われても、一人社長である自分自身の利益率を下げるという

ことしかできません。入居者様だって給与が上がらないのだから、経営者のあなたも

手取りを下げなさいよと言われればそれまでかもしれませんが・・・。



収入が減れば、当然ながら支出も減り、国内での消費は減っていくことになります。

すると企業はモノが売れないから、よりコストを下げる方向に走ります。

これがデフレスパイラルってやつですね。



これがグローバリズムのない時代なら良かったのかもしれません。

しかし、世界はつながっています。そして世界各国は経済成長による適正なインフレが

起こっています。物価も上がるけど給与も上がる。相対的に、経済成長が起こらず

インフレも起こらない日本が世界の中での価値が下がることになります。



「日本って割安じゃね?」と気づいた世界各国から旅行者が押し寄せてきていたのが

コロナ禍前のインバウンド需要でした。そして今も外資が日本の不動産を買っています。

日本人から見たら「高いなあ」と思うものでも、海外の人は自国の不動産と比べると

「相対的に安い」と思って買っていくわけです。



極論かもしれませんが、日本の価値が下がることで、日本中のあらゆるものが

外資に買収されるリスクもあるのではないでしょうか。



そんな大きな話でなくても、単純に今のまま「企業努力」が続けば、海外は経済成長に

伴いモノの価格が上がるのに、それを日本企業がやせ我慢して吸収、賃金はますます

上がらないということになると・・・その「企業努力」で吸収できている間は良いけど

今回挙げた牛タンのように吸収しきれなくなって、いよいよ価格に転嫁された時に

それを買える市民が誰もいない、という状態になってしまうのではないでしょうか。



もうね、企業努力の方向を変えて、従業員にある程度給与で還元する、その代わり

モノの値上がりは容認して貰う、という方向がいいんじゃないかと私は思うのです。

勿論これは私利私欲の観点がおおいにあり、外資系に日本の不動産を買われてしまうと

私が趣味で買える不動産が減るじゃないかという話だったり、私がリフォーム代を

家賃に転嫁しやすくなるじゃないかという話だったりが念頭にあります。そういう

変更バイアスのかかった結論であることは否定しません。



昨日、衆議院が解散となり、総選挙が近々行われます。

私は労働者の所得向上に目を向けている政党に投票をしようと思っております。

各党の公約を読んで、そこにどれだけ実現性があるか論拠がしっかりしている政党に

投票したいなと思っております。政治がダメなのは国民が政治をダメにしている面も

あると思います。政治に興味を持ち、自分のやっている不動産賃貸業とのつながりを

意識しながら、誰に投票するかを考えてみることを是非やってみてほしいと思います。



自分の一票では何も変わらない?そんなことないですよ。

先日Twitterでご紹介した内容、貼っておきます。





投票したい人がいない?

確かにそうかもしれません。私も自分の小選挙区の候補者さんは皆微妙だなと思います。

それでも私は消去法で選ぶつもりです。100%自分と同じ考えの議員さんがいるとは

誰も思っていませんから。



嫁ちゃんが「この候補者の中からだと誰にも投票したくない」と騒いでたので、

だったら白票入れればいいよと言いました。投票率が上がることは政治に興味がある人が

多いということ。年代別投票率が高くなれば、その年代から支持を得るためにその年代に

向けた政策を打ってくるでしょう。私が政治家ならそうします。



あとは小選挙区がダメでも比例で支持する政党に投票することもできますからね。

参加しないのが一番ダメで、参加してお前らクソだなと言えばよいのです。



賃金と物価が正常な形でインフレしていく社会を作れる政党・政治家の方を私としては

応援したいと思います。これを読んだ方が一人でも「んじゃ選挙行ってみっかー」と

思ってくれればいいなと思いつつ、ネタがないので思うことを適当に書いたブログ記事を

〆とさせていただきます。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:16 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月23日

コロナ禍で会えないからこそお中元。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。連休とか全然関係なく仕事してますが何か・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



お中元のシーズンです。いろいろいただいてしまい恐縮です。ありがとうございます。

こちらもお中元お返しする予定です。



コロナ禍であちこちに気軽に出かけるのがややはばかられるご時世となって一年以上が

経過しました。その1年の間にも、多少の変化はあるものの、基本的には今までと同様に

不動産賃貸業をやってこれています。その力の根源は管理会社さんからの温かいご支援が

あるからに他なりません。本当にありがとうございます。



コロナ禍でなければ、各管理会社さんのところにお邪魔して、お酒でも振るまいたい

ところなのですが、コロナ禍ですとなかなかそれが難しい一面も。今までのように

お店が開いていないとか、保守的な地域(私の持つ物件の中だと富山の管理会社さんは

比較的保守的な判断をすることが多いです)だと、東京から行くこと自体が迷惑に

なってしまうとか・・・。そんなところを考慮するとなかなか難しいものです。

まったくもって不自由な世の中になってしまいました。



ワクチンで重症化するリスクが軽減され、東京は感染爆発と言われているけれども

重症化する人数は減っている、という事実を考えれば、インフルエンザと同様に

ワクチンを打てばちょっと辛い風邪と同じくらいだし、ワクチン打たないのは自己責任と

いう形で、緊急事態なんてやめて通常営業に移行してしまえばいいのに・・・と

思わずにいられない私です。残念な医師会が利権ばっかり考えてコロナ受け入れないから

医療崩壊が起こることが問題だったわけで、重症化しなくなるなら医療崩壊は起こらない

という判断もできると思うんですけどね。風邪を撲滅するなんて無理なんだから、

どう共存するかを考えるフェーズに来ていると思います。マスコミも視聴率取るために

扇動的な報道ばかりせず、多角的に分析して事実を淡々と流すことがあっても

いいのではないかと思うんですけどね。ま、地上波見てない私が言うことじゃないか。



えーっと、違う違う、コロナに対する愚痴を書きたかったわけじゃないんですよ。

そんなコロナ禍において、どうやって管理会社さんに対してこちらの感謝の気持ちを

示すべきか、という話ですよ。



私としては、やはりここは「お中元・お歳暮」が妥当ではないかと思うのです。



悦に名目は何でもいいのですが、プレゼントをされて喜ばない人はあまりいないと

思うんです。そりゃあ変なものとか扱いに困るものをプレゼントされたら困ってしまうと

思いますが、保存のきく食べ物とかであれば、そうそう困らせることはないでしょう。



私は基本的にお中元とお歳暮を管理会社さんに贈ることは欠かせておりません。

貰って嬉しいと思うなら贈った方がいい。昔、先輩大家さんにそう教わりました。

それ以来欠かさず贈るようにしています。



コロナ禍や遠隔など様々な理由で管理会社さんとなかなかお会いできない人は

たまにはプレゼントを贈ってもいいんじゃないでしょうか。

普段から会ってて関係がきちんと作れている人であれば、無理に贈る必要もないかとは

思いますけど、関係が希薄になっている人や、何かしらインパクトを与えておきたい人は

贈ってみてもいいんじゃないかと私は思っています。



私は日頃お世話になっている管理会社さん、施工業者さんあたりにお中元を贈る予定で、

あとは顧問税理士の先生とか売買系の業者さんとかにもたまには贈ろうかなーなどと

考えております。



管理会社さんと少し近い距離になりたいと思う人であれば、少し手間をかけて

お中元を贈るってのもいいかもしれませんよ。



ということで、今日は手短ですがこの辺で。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:53 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

収入の複線化は人生のリスクヘッジ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。やりきれない気持ちもあり、昨日は飲み過ぎ食べ過ぎでした。

応援クリックよろしくお願いします→



今の状態に満足しているかどうかは別にして、その満足な状態が不満足になる可能性も

考慮して人生設計をしないといけないです。その対策としての不動産は優秀です。



あまり細かく記載するのははばかられますが、今の仕事をする中で何年も付き合ってきた

お客様が病みかかってます。というか病んでしまってます。本来なら速やかに心療内科に

行くべきなのですが、会社や上司とのしがらみもあり、自分自身で「通院できない」と

決めてしまっているように見えました。



その船に乗っていれば一生安泰、という船がたくさんあった時代も確かにありました。

でも今は、どんな立派な船でも、何かの拍子に座礁する可能性があります。

巨大な船に乗っていたはずなのに、いつの間にか切り離されて小さな船になったりとか、

船団の長がいつの間にか別の船になっていたり、親船を支えていた船が別の船の手下に

なってしまったり。もはや安泰の船なんてありません。



その船の乗り心地がいいなら、積極的に別の船に乗る必要はないです。しかし、前述の

ように船に何かあったら、乗り続けるしか選択肢を持たないことはリスクになります。



自分の身体を壊してまでその船に乗り続けても、船員として働けなくなってしまったら

いつ船から追い出されるかわかりません。放り出された時、身体が健全でない状態だと

誰も船に乗せてくれません。そして心の病は我慢して適切な治療を受けずにいる状態が

長ければ長いほど、完治するのに長い時間を要します。



自分の心身に悪影響を及ぼす船(=会社)であれば、その会社からは離脱すべき。



私個人の意見としては、会社に忠義を尽くすことは別に悪いことではないと思いますが

身体や心を壊してまでその場に残り続けることは個人の人生においてダメだと思います。

あなたの身体をいたわれるのはあなたしかいません。



今回のケースに有効だったかは私にはわかりかねますが、人によっては「経済的不安が

あるから会社を辞められない」という理由で、自分の心身を犠牲にしながら働く人も

いると思います。そういう方にとっては、きちんと手元にお金が残る不動産投資は

心の安定や最悪会社を辞めるという決断を後押ししてくれることでしょう。



現状に不満がなくても、リスクヘッジのために収入の複線化を図っておくことは

良いことだと思います。老後の生活の充実にも一役買ってくれることでしょう。



私も最近になって、やっぱり平日突発的に時間が作れる状態でないとダメだなと思う

出来事がありました。そして、今回のお客様の一件で、自分が気持ちよく取引ができる

会社さんとだけお付き合いできる、自分で顧客を選ぶことができる仕事に就くと

今回のような悲しい気持ちにならなくて済むのかな、とも思いました。

それができるのは自営業なのだろうなと。



不動産投資を10年以上やってる割には、やんちゃな買い方ばかりで手元のお金は

安定していませんが・・・それでも慎ましく生活する分には何とかやっていけるのでは

ないかというくらいのキャッシュフローは得られていると思います。

足りない生活費は、目線に合う不動産があれば増やしていけばいいし、仮に買えなくても

別の時間に融通が利く仕事をすればいいでしょう。リモート前提で不動産屋さんの

IT化やシステム開発を支援するお仕事とかしてもいいかなあとも思っています。



不動産投資をする、という決断をしてよかった、と思っています。

自分の人生、自分で守らないといけない時代なので・・・。



不動産ではなくてもいいと思いますが、収入の複線化については是非取り組んでほしい。

そう思っています。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:28 | Comment(1) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする