2021年07月23日

コロナ禍で会えないからこそお中元。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。連休とか全然関係なく仕事してますが何か・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



お中元のシーズンです。いろいろいただいてしまい恐縮です。ありがとうございます。

こちらもお中元お返しする予定です。



コロナ禍であちこちに気軽に出かけるのがややはばかられるご時世となって一年以上が

経過しました。その1年の間にも、多少の変化はあるものの、基本的には今までと同様に

不動産賃貸業をやってこれています。その力の根源は管理会社さんからの温かいご支援が

あるからに他なりません。本当にありがとうございます。



コロナ禍でなければ、各管理会社さんのところにお邪魔して、お酒でも振るまいたい

ところなのですが、コロナ禍ですとなかなかそれが難しい一面も。今までのように

お店が開いていないとか、保守的な地域(私の持つ物件の中だと富山の管理会社さんは

比較的保守的な判断をすることが多いです)だと、東京から行くこと自体が迷惑に

なってしまうとか・・・。そんなところを考慮するとなかなか難しいものです。

まったくもって不自由な世の中になってしまいました。



ワクチンで重症化するリスクが軽減され、東京は感染爆発と言われているけれども

重症化する人数は減っている、という事実を考えれば、インフルエンザと同様に

ワクチンを打てばちょっと辛い風邪と同じくらいだし、ワクチン打たないのは自己責任と

いう形で、緊急事態なんてやめて通常営業に移行してしまえばいいのに・・・と

思わずにいられない私です。残念な医師会が利権ばっかり考えてコロナ受け入れないから

医療崩壊が起こることが問題だったわけで、重症化しなくなるなら医療崩壊は起こらない

という判断もできると思うんですけどね。風邪を撲滅するなんて無理なんだから、

どう共存するかを考えるフェーズに来ていると思います。マスコミも視聴率取るために

扇動的な報道ばかりせず、多角的に分析して事実を淡々と流すことがあっても

いいのではないかと思うんですけどね。ま、地上波見てない私が言うことじゃないか。



えーっと、違う違う、コロナに対する愚痴を書きたかったわけじゃないんですよ。

そんなコロナ禍において、どうやって管理会社さんに対してこちらの感謝の気持ちを

示すべきか、という話ですよ。



私としては、やはりここは「お中元・お歳暮」が妥当ではないかと思うのです。



悦に名目は何でもいいのですが、プレゼントをされて喜ばない人はあまりいないと

思うんです。そりゃあ変なものとか扱いに困るものをプレゼントされたら困ってしまうと

思いますが、保存のきく食べ物とかであれば、そうそう困らせることはないでしょう。



私は基本的にお中元とお歳暮を管理会社さんに贈ることは欠かせておりません。

貰って嬉しいと思うなら贈った方がいい。昔、先輩大家さんにそう教わりました。

それ以来欠かさず贈るようにしています。



コロナ禍や遠隔など様々な理由で管理会社さんとなかなかお会いできない人は

たまにはプレゼントを贈ってもいいんじゃないでしょうか。

普段から会ってて関係がきちんと作れている人であれば、無理に贈る必要もないかとは

思いますけど、関係が希薄になっている人や、何かしらインパクトを与えておきたい人は

贈ってみてもいいんじゃないかと私は思っています。



私は日頃お世話になっている管理会社さん、施工業者さんあたりにお中元を贈る予定で、

あとは顧問税理士の先生とか売買系の業者さんとかにもたまには贈ろうかなーなどと

考えております。



管理会社さんと少し近い距離になりたいと思う人であれば、少し手間をかけて

お中元を贈るってのもいいかもしれませんよ。



ということで、今日は手短ですがこの辺で。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:53 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

収入の複線化は人生のリスクヘッジ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。やりきれない気持ちもあり、昨日は飲み過ぎ食べ過ぎでした。

応援クリックよろしくお願いします→



今の状態に満足しているかどうかは別にして、その満足な状態が不満足になる可能性も

考慮して人生設計をしないといけないです。その対策としての不動産は優秀です。



あまり細かく記載するのははばかられますが、今の仕事をする中で何年も付き合ってきた

お客様が病みかかってます。というか病んでしまってます。本来なら速やかに心療内科に

行くべきなのですが、会社や上司とのしがらみもあり、自分自身で「通院できない」と

決めてしまっているように見えました。



その船に乗っていれば一生安泰、という船がたくさんあった時代も確かにありました。

でも今は、どんな立派な船でも、何かの拍子に座礁する可能性があります。

巨大な船に乗っていたはずなのに、いつの間にか切り離されて小さな船になったりとか、

船団の長がいつの間にか別の船になっていたり、親船を支えていた船が別の船の手下に

なってしまったり。もはや安泰の船なんてありません。



その船の乗り心地がいいなら、積極的に別の船に乗る必要はないです。しかし、前述の

ように船に何かあったら、乗り続けるしか選択肢を持たないことはリスクになります。



自分の身体を壊してまでその船に乗り続けても、船員として働けなくなってしまったら

いつ船から追い出されるかわかりません。放り出された時、身体が健全でない状態だと

誰も船に乗せてくれません。そして心の病は我慢して適切な治療を受けずにいる状態が

長ければ長いほど、完治するのに長い時間を要します。



自分の心身に悪影響を及ぼす船(=会社)であれば、その会社からは離脱すべき。



私個人の意見としては、会社に忠義を尽くすことは別に悪いことではないと思いますが

身体や心を壊してまでその場に残り続けることは個人の人生においてダメだと思います。

あなたの身体をいたわれるのはあなたしかいません。



今回のケースに有効だったかは私にはわかりかねますが、人によっては「経済的不安が

あるから会社を辞められない」という理由で、自分の心身を犠牲にしながら働く人も

いると思います。そういう方にとっては、きちんと手元にお金が残る不動産投資は

心の安定や最悪会社を辞めるという決断を後押ししてくれることでしょう。



現状に不満がなくても、リスクヘッジのために収入の複線化を図っておくことは

良いことだと思います。老後の生活の充実にも一役買ってくれることでしょう。



私も最近になって、やっぱり平日突発的に時間が作れる状態でないとダメだなと思う

出来事がありました。そして、今回のお客様の一件で、自分が気持ちよく取引ができる

会社さんとだけお付き合いできる、自分で顧客を選ぶことができる仕事に就くと

今回のような悲しい気持ちにならなくて済むのかな、とも思いました。

それができるのは自営業なのだろうなと。



不動産投資を10年以上やってる割には、やんちゃな買い方ばかりで手元のお金は

安定していませんが・・・それでも慎ましく生活する分には何とかやっていけるのでは

ないかというくらいのキャッシュフローは得られていると思います。

足りない生活費は、目線に合う不動産があれば増やしていけばいいし、仮に買えなくても

別の時間に融通が利く仕事をすればいいでしょう。リモート前提で不動産屋さんの

IT化やシステム開発を支援するお仕事とかしてもいいかなあとも思っています。



不動産投資をする、という決断をしてよかった、と思っています。

自分の人生、自分で守らないといけない時代なので・・・。



不動産ではなくてもいいと思いますが、収入の複線化については是非取り組んでほしい。

そう思っています。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:28 | Comment(1) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

良い保険代理店さんを見つけると賃貸経営が楽になる。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。これから健康診断の再検査に行ってきます。

応援クリックよろしくお願いします→



不動産賃貸業は火災保険に助けられるシーンが多いです。うまく活用することで

経費削減の効果があると思いますので、ぜひ上手に使いましょう。



火災保険はコスト重視で掛金が安いところに入る、という人も多いことでしょう。

それはそれで一つのポリシーです。別におかしな話ではありません。

ただ、私の掲げる方針とは違うなあというだけです。あくまで個人の見解です。



私はイニシャルコストよりも、どの保険代理店さんで加入するかを重視しています。

極論を言えば、どの火災保険の会社さんのプランに加入しているかは一切気にしません。

気の利いた代理店さんであれば、保険会社さんはどこでも構わないのです。

こちらの立場に立って親身に相談を聞いてくれて、保険会社さんにも大家の立場で

保険金を引き出そうとしてくれる保険代理店さんと関係を作ることが一番大事です。



私自身はほぼ全ての物件(仙台2棟目を除く)で同じ保険代理店さんを介して

火災保険に加入しております。



なぜ保険代理店さんがそんなに重要かというと・・・なんと言っても、代理店さんが

こちら側の味方になってくれるかくれないかで、きわどい案件の保険金が出る確率が

段違いだからです。



昔持っていた物件の中には、当時仲介してくれた不動産業者さんを介して火災保険に

加入した物件もありました。そしてその不動産業者さんが倒産した後、火災保険は

代理店さんがいなくなったということで、保険会社直接取引になりました。



保険会社さんは当然ですが保険金はできるだけ払わない方が自社の業績は良くなります。

過去に保険金の支払いを渋って社会問題になったこともありますから、適切に公平に

保険金申請を検討してくれると思うのですが、そうは言っても微妙な案件であれば

わざわざ通す方向に誘導をしてくれることはないでしょう。



これが、こちら側を剥いて仕事をしてくれる保険代理店さんであれば、親身になって

どのように保険金申請をしたら通りやすいか、あるいはこちらが保険金が出ると

思っていない事故でも、それだったら保険金出るかもしれませんよ、と提案して

くださいます。保険会社さんの判断基準を知り尽くした保険代理店さんがこちらの

味方になってくれたら、これはとても心強いこと。自分ですべて組み立てるよりも

保険金が支払われる可能性が高くなりそう、と思いませんか?



当然ですが、何でもかんでも保険が出るよう、小細工や嘘で塗り固めた報告をして

貰った保険金の何割かを手数料として貰う詐欺のような保険コンサルの方は論外です。

保険金の何割を手数料として貰うから・・・みたいな提案をしてくる人は、無視するに

限ります。その商売を継続的にできるとは思えません。保険会社さんにもマークされて

そのコンサルが絡んだら保険金がまともに出ない、という状態になり、廃業という

オチになることでしょう。さらには火災保険の値上がりにもつながってしまいます。



お付き合いすべきは、こちらの立場になって組み立ててくれる保険代理店さんです。

代理店さんは嘘で塗り固めた報告はしないと思います。だって保険代理店さんの

収入は私たちではなく保険会社さんから貰う契約ごとの手数料ですから。私たちから

手数料を取っているわけではありません。なので、保険会社さんに対してリスクを取って

嘘をつくようなことはしないはず。あくまで保険会社さんが認めるロジックの中で、

こういう持ち込み方をすれば保険金が出るかもしれない、と組み立てるだけです。



昨日書いた排水のモーターが焼き切れた件も、保険代理店さんに相談したところ、

断言はできないけどその内容なら人災で事故扱いになるだろうから保険金は支払われる

可能性が高い、という話をして貰いました。



他方、東京6棟目の地中の水道管から漏水した件に関しては、確かに隣地に迷惑は

かけてるかもしれないけど、その漏水で何か相手の所有物を壊して弁償しなくては

ならない状況ではないから、保険金は出ないと思うという見解を示されておりました。



出ないものを無理やり出していては、怪しい保険コンサルさんと変わりありません。

保険代理店さんはそこを適切に処理してくれるから、知らず知らずのうちにルールを破る

可能性は低くなります。



あとはその保険代理店さんが、どれだけ私たち大家の立場の人に向けてどれだけの

アフターサービスをする気があるか、ですね。極論を言えば、契約者に保険金が

支払われようが支払われまいが、保険代理店さんの収支には影響を及ぼしません。

そう割り切ってあまりフォローをしない代理店さんではなく、契約した人の立場になり

親身にフォローしてくれる保険代理店さんを探し出せれば申し分ないでしょう。



ということで、私としては「こちらの立場になってアフターフォローもしてくれる

保険代理店さんで火災保険に加入することがトータルで見て一番メリットがある」

という説を主張したいと思います。逆に言えば、そういう保険代理店さんを皆さんが

選ぶことで、変な保険コンサルのような真面目にやってる人から見たら迷惑になる方々が

はびこる土壌ではなくなるのだと思います。是非、良い保険代理店さんを探してみて

くださいね。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:06 | Comment(1) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

で、家賃収入だけで食えるようになった後は何をするの?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。4万歩近く歩いたので、さすがに今日はやや足がだるい。

応援クリックよろしくお願いします→



不動産投資で生計を立てる。それ自体は良いことだと思いますが、立てられるように

なった時に何をするか。そこが決まってないと、暇で辛くなるのだと思います。



出張先で迎えた土曜日。ホテルで引きこもってるのもきついし、かといって移動手段も

徒歩しかありません。行動範囲が狭いです。最初のころはホテルの周りだけでしたが、

徐々に歩く範囲を広げています。徒歩30分くらいは今は余裕で歩いています。



一人で出張先にいてもやることに困るので、ひたすらゲームしています。

不動産の仕事をやれよという説もあるのですが、今ちょっと不動産に関しては

やる気が微妙にそがれている感じがあり、追い詰められないとやる気になれないのです。

あと、やってるゲームが位置情報使って歩くことが前提なので、楽しみながら

いっぱい歩くことになります。デブなので歩いた方が健康上もよいと思うから、

ゲームする方向でやっています。たまたまこの週末はゲームのイベントもあったので

歩くことに対するモチベーションも高かったです。



さて、話は不動産投資で生計を立てらえた状態になった場合の生活パターンに移ります。

昔は経済的自由を得てサラリーマンをリタイヤする、なんて言ってましたが、最近は

FIRE(Financial Independence, Retire Early)って言葉がそれに置き換わって

いますね。なんかFIREって言われると、You're fired!(お前はクビだ!)と

言われているみたいなので個人的にはあまりしっくりきておりません(笑)

自分の意思で辞めるのにねー。



で、そのFIREした後皆さん何をするつもりですか?



私が仮にサラリーマンを辞めて不動産賃貸業に絞ったとします。

不動産のお仕事は真面目にやったら週に1日程度の事務作業デーと、何かしら

理由を作って現地に行くとか、そんなことをしても週に実働2〜3日でしょう。



ということは、サラリーマンを辞めたら週に4日は昨日みたいに「何をしようか?」と

考えてしまう日ができるということです。



最初のころは、平日に旅行するとか、平日に出かけて空いてることを満喫するとか、

なんなら海外旅行するとか(コロナ禍が落ち着くことが前提です)、ちょっと興味がある

ゴルフの練習をしてみるとか。宅建の勉強してみてもいいかもしれません。

あと溜めに溜めているゲームや漫画、投資本などを読み漁ることもいいですね。

ライブやコンサートも楽しみたいし、気の置けない仲間と美味しいご飯も食べたいです。

そして嫁ちゃんとの時間も大切にします。



でも、それが一巡したらどうしましょう?暇で仕方ないって話になりませんかね?



私はきっと自分で自営業としてビジネスを興すと思います。暇でボーっとしているのは

性に合わないです。今のところ音楽に関する何かをやるつもりではおりますが、

正直なところ具体化はできていません。音楽レーベル作るって言っても、それを

仕事としてきちんと収益化できるには時間がかかるでしょう。ライブハウスや

音響や防音がしっかりしていて音楽イベントができるカフェみたいなのもいいですが

これは物件との巡り合わせが大事なので、すぐ実現できるかもわかりません。



どっかの不動産会社さんにシステム企画の立場で潜り込んでみるのも面白そう。

プロジェクトベースで契約し、ユーザ企業側の要件整理してシステム屋さんへ伝達する

仕事なんてのもいいなあと思います。まあ自前で開発までやる不動産屋さんがどこまで

いるかというのはありますが。少なくとも札幌でお付き合いしている某社さんは

自前でシステム組んだことがあるって担当の人が言ってました。話を聞くにつれ、

システム化の経験がない人がそれをやるのってホント大変なんだよねということを

改めて認識。前に行きつけの居酒屋さんでシステム屋さんに翻弄される現場の人の

愚痴を聞いたこともありますが、それと似ていました。



そんなわけで、私の場合はある程度自分で時間のコントロールがきく形で仕事をしたい、

と思っています。それも不動産投資家の人を相手にするのではない仕事をしたいです。



週休3日で、残り4日のうち1日〜2日は不動産投資、残り1日〜2日は別の仕事。

そんなバランスでやっていきたいなあという感じです。もちろん、自分が楽しめる

仕事を選ぶつもりなので、週休3日とは言っても、この日は一切仕事しないなんて日は

作らないでしょう。仕事と余暇がごっちゃになった感じで動くのだと思います。



FIREしたい人の中には「とにかく今のサラリーマンの仕事が嫌だ」という人も

いると思います。負の感情も大きな動機になるのでそれ自体は否定はしませんが、

その負の感情の原因になる会社を辞めた時に何をするの?というところに関しては

事前にちゃんと考えておかなくてはならないと思います。そのビジョンなしで

辞めると、やることなくて辛いと思いますよ。人によっては奥様から毎日家にいると

迷惑がられるなんて話も聞きますし。



ということで、FIREも計画的にね!

(未だ会社勤めのお前に言われたくないと言われたら言い返せません)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:30 | Comment(1) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

ボーっとしてると、あっという間に人生終わっちゃうよ!

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。緊急事態宣言でもそんなに人出が減ってる感じはないですね。

応援クリックよろしくお願いします→



これからの人生どう過ごすべきか、ぼんやりとですがたまには考えることもあります。

ぼーっとしてると本当にあっという間に人生過ぎてっちゃいますから。



昨日は緊急事態宣言中なのでアレだなと思いつつも、気の置けないお友達大家さんと

少人数ノンアルコールでお食事会をしてきました。換気の良いお店で貸切状態で

マスクもできるだけして、できる限りの感染症対策は行った上でのお食事会です。

当然ですが、お店では酒類の提供もありませんので、ノンアル会合です。



最近全然こういうのやる機会がなく、1回1回がとても貴重だなと思うように

なりました。個人の確定申告の時に、顧問税理士の先生から「コロナで会食が

かなり減っているのも利益が出ている要因」と言われるくらい会食してた私としては

今くらい会食のペースが落ちること自体が想定外でした。普通に会食できることが

こんなに貴重なことになるとは、数年前には夢にも思いませんでした。



望むと望まざるとも、世の中は変わっていきます。今まで当たり前と思っていたことが

ある日急に当たり前ではなくなる。これまでも、東日本大震災や新型コロナウィルスで

私たちはそれを味わってきました。インバウンドに浮かれていたホテル・民泊業界が

あっさりと瓦解していく様を目の当たりにし、私自身の不動産賃貸業にも影響を及ぼした

事実を忘れてはいけない、と強く思います。



当たり前の日常が当たり前ではなくなる。これは別にビジネスに限ったことでは

ありません。例えばそれは「いつか行きたい」と思っていたお店が閉店してしまう、

「いつか見たい」と思っていたアーティストが引退したり亡くなったりしてしまう、

ということもあり得ますし、あるいは「いつか行きたい」と思っていた観光地に

自分の身体の自由がきかなくなってしまい、動くことができなくなる、という

ケースだってあり得ます。



人生は長いようで短いです。昨日会ってきたお友達大家さんのお子様が小学生の頃に

一度お会いしたことがありましたが、その子も今や高校二年生だそうです。マジか!

そういえば義父が亡くなった時に高校受験で悩んでいた女子中学生の従妹がいましたが

彼女ももう大学受験をしているそうで・・・。早すぎでしょ、マジで。



あと、人生は短いと思うことの一つに、身体に徐々に老化が見られることもあります。

視力はそろそろさすがに裸眼で生活するのが厳しいような気がしてきました。

一応まだ、今年更新した免許は裸眼で通せていますが、かなりギリギリです。

嫁ちゃんからは免許の条件になっていなくても眼鏡をしてほしいと言われているので

運転時は眼鏡をするようにしています。



そして、体重が増えているせいもあり、前に比べ階段や坂ですぐに息切れしてしまうとか

なんか腰に違和感を感じることが増えているとか、A5和牛の霜降りとか食べると

胃もたれするとか、そういう現象が徐々に出始めております。

40歳を超えてから、身体が明らかに老化していることを感じざるを得ません。

健康診断の結果もあまり芳しくなく、お医者さんからダイエットを命じられており

最近は酒量を減らしてゆっくりと体重を減らすように心がけています。



とまあ、身体にガタがきはじめているということや、気が付くとかなりのスピードで

何事も経過していることなどを考えると、本当に人生ってあっという間に終焉を

迎えてしまうのだろうな、とも思います。ぼーっとしてる場合じゃないですよ。



行きたい場所には行く、会いたい人には会う、やりたいことをやる。

限られた時間の中で、こういった欲求をきっちりと満たしていくことが、折り返し地点を

過ぎた私には必要なのだと思います。そのために、それに必要な時間を確保すること、

お金を確保すること。お金が目的ではなく、自分が何をしたいからこれだけお金が必要、

という発想に切り替えていく必要があると思っています。



時間を確保するためにはサラリーマンを辞めることが必要と、今でも思っています。

現に、2年前くらいにサラリーマン辞めるぞと誓い、そこからは趣味で変な借り方をして

不動産を増やすのは控えめにして、現金で小ぶりなものを買ってリフォーム分だけ

借りるとか、そもそも購入自体控えるとか、そんな感じでやってきました。

あわせてコロナ融資などで借入条件をより有利な方向に調整し、以前と比較して

返済比率は5%以上下がる方向になっています。今まではサラリーマンを辞める必要は

ないと思っていたので、趣味で不動産を買う感覚でしたが、それを今は止めました。



ちなみに、返済比率がどうであれ、今従事しているプロジェクトが終わったら辞めようと

私自身は思っていますが、そのプロジェクトがもう足掛け3年以上やっているのに、

未だに終わりが見えない泥沼に陥っているので、辞めるに辞められません・・・。

辞める辞める詐欺だと言われるのは仕方ないので甘んじて受け入れますが、立つ鳥は

跡を濁してはならないという考えをしているため、今のところは従事している

プロジェクトに迷惑をかけないタイミングまではきちんと遂行して、その上で辞めると

決めております。



ただ、その一方で、コロナという社会要因が、本当にサラリーマンを辞めることが

時間を作るために必須なの?という疑問を生み出していることも事実です。



うちの会社はテレワークが浸透しており、テレワーク専門で働く雇用形態もできました。

私も今年に入ってから(出張を除けば)1回しか出社しておりません。

テレワークであれば、昼休みに近所の金融機関さんのところに顔を出したり、

途中で宣言して休憩を挟むこともできるので、休憩時間にちょっとした用事を

済ませたりすることもできます。時間の融通が利くようになりました。



また、テレワークなので、別にどこにいてもよいということも言えます。

先日は不動産のお仕事で札幌出張しましたが、温泉宿でテレワークなんて芸当も

できちゃいました。すごく働き方の幅が広がっており、別に会社を辞めずとも

全国飛び回ることだってできちゃうんじゃないか?と思う私もいます。



会社をどうしても辞めなくてはならない、ということではなく、会社を辞めて得る

自由時間で何をしたいかによって判断すればいいのでは?と思うようになりました。

これも大きな変化だと思います。



こういった社会情勢や取り巻く環境の変化をどう活用するか、その上で何が一番の

選択なのかを考えながら行動することも肝要なのだろうなと、昨日のお友達との

食事会の中で改めて思った次第でした。



幸せの形は人それぞれ。自分なりの幸せの形を探して今後も思考を重ねる所存です。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:52 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする