2020年11月21日

どうせ生きるなら幸せな方がいいよね。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。カーシェアで車借りてドライブしてこよっと。

応援クリックよろしくお願いします→



置かれた環境をどう捉えるかで、人生自体も変わるように感じております。

辛いと思うか、楽しいと思うか。感じ方ひとつで歩み方も変わるよね、と。



大家さん仲間の方とお話をしていると、たまに言われることがあります。

「ブログ読んでるよ」「なんかいつもトラブル多くて辛そうだね」



確かに、普通に生きてたら絶対に出会わないようなおかしなトラブルに当たることは

多いです。金銭的なダメージが多くて凹むこともあります。入居者様の考え方が私の持つ

常識の斜め上をいきすぎていて唖然とすることもあります。また、管理会社さんや

修繕の業者さんなどにも、考え方の違いで唖然とすることもありますし、またその逆に

私の配慮不足で嫌な思いをさせてしまったと凹むこともあります。



でも、それで凹んだり辛かったりする時間って、私の場合そんなに長くないんですよ。

鈍感力が高いというか、凹んだり怒ったりすることを続けるだけの体力がないというか。

ずっと負の感情を抱えようとしても、自分が疲れてしまって続かないんです。



比較的持続するのは、相手に迷惑をかけたり不快な思いをさせたりしてしまった場合。

相手のことを思うと自分が凹みます。でも、それも誠意を尽くして謝罪して、

後は相手がどう捉えるか次第、というところまで来たら、自分としてやれるだけのことは

やったぞという気持ちも出てくるので、徐々に薄らいでいきます。勿論反省はするので

その後同じことを繰り返さないように気をつけることは言うまでもありません。



持続しないのが相手のご無体で怒りモードになること。いやもう、怒るのって疲れるので

怒り続けることができないんですよ。そもそも沸点そんなに低くないですし(意外と

イラッとするのは早くって、それがちらっと出てしまうことはあるんですけど)、

沸いた後もすぐまた平常運転に戻ります。



負の感情を持ち続けること自体があほらしい、と思う気持ちはあると思っております。



負の感情って、使いようによってはとんでもない瞬発力と爆発力を生み出すのですが、

そればかりに頼っていると、最終的に抜け殻にしかならないような気がしていて・・・。



そういう思いがあるのも影響してなのか、とにかく負の感情は一過性のものとして

処理できるように私の脳みそは都合よく作られているようです。



誰かが健美家コラムで書いていたような気がしますが(見つけられなかった)

成功している大家さんはネガティブワードを使わない、という話があったと思います。

これはとても同感で、私も負の感情に引っ張られたくないなと思う気持ちはそれに

近いものがあるのだろうと思っています。ま、私は成功してないですけど(笑)



どんな逆境でも「まあ何とかなるでしょ」とニコニコしながら、それでいて行動の

アクセルだけは全力で踏んでいく。そうすることで、周りも巻き込んで変化が生まれる。

これは大失敗した札幌2棟目で強く学んだことです。



空室が埋まらない、借金が返せない。それで絶望して立ち尽くす。



立ち尽くしていて状況が変わるなら立ち尽くせばいいんですけど、絶対に変わらない。

だったら動くしかないでしょう。少しでも改善する方向に動くことを忘れなければ

もしかしたら改善が待っているかもしれません。



そしてそれを悲壮感を出さずに、周りにも行動する意思を伝えること。

負のエネルギーをまとった人についていきたいと思う人より、正のエネルギーに

溢れている人を助けたいと思う人の方が多いのではないでしょうか。



札幌2棟目の時は、本当に周りの仲介業者さんに助けられて何とかなりました。

勿論、彼らの無茶ぶりにも相当応えましたが、それはそれで管理会社さんと一緒に

「これも勉強ですね」「こういう人を入れたらどうなるか、頑張ってやってみます」と

前向きに捉えて入居させていたものです。



おかげさまで、札幌2棟目のエリアの仲介業者さんは、たぶん今行ってもある程度

知った顔がいると思います。お、久しぶりですね〜!みたいな感じで会話が弾む相手も

いるはずです。あと極東セミナーに行った時にも、当時回っていた店舗にいたことが

あるという方にお会いしましたし。見たことあると思います!と言われました(笑)



生来の性格もあるとは思いますけど、やっぱ鬱々していていいことないですよ。

パッと気持ちを切り替え、上を向いて歩くことで周囲の助力も得られるはず。

一人の力で解決できないことも、皆さんと力を合わせて解決できるはず。

そんな思いでここまで危ない橋を渡り続け、何とか落下せずに生きてます。

(その綱渡り自体もやや楽しんでいる自分がいるのも否めません)



ピンチも楽しみ、ピンチを前向きに学びの機会と捉え、最終的にそのピンチが

チャンスに変わる。毎回そううまくいくわけではないと思いますが、下を向いて

絶望するくらいなら、可能性に賭けてピンチをチャンスに変えられるように動いた方が

結果として楽しい人生になるのではないかな、と私は思っております。



一度きりの人生、不幸に感じるより幸福に感じた方が楽に生きられるはずです。

その不幸の中に何を学べるか、前向きな目線で捉えて幸せに楽しく過ごしては

どうでしょうか、という能天気な私からのおせっかいなご提案でした。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:19 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

後悔しない人生を歩むための心がけ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。会社は休日出勤の代休を取りました。

応援クリックよろしくお願いします→



やりたいことを先送りせず、最後に後悔しないような人生を歩みたいものです。

せめて心構えだけでもそうありたいと思います。



人生、何があるかわかりません。今日までそこにあったものが明日なくなっている。

そんな可能性だってあるわけですから。



行ってみたいお店があったけど、コロナでいきなりつぶれてしまい、行くこと叶わず。

行ってみたいアーティストのライブがあったけど、解散してしまい、行くこと叶わず。

親孝行しておきたい両親がいたけど、無くなってしまい、それも叶わず。



そういう外的な要因もあるでしょうし、場合によっては内的な要因も考えられます。

明日、交通事故で自分が死んだら、それですべては終わります。まあこの場合は後悔も

何もなく、無になってしまうのだとは思いますが・・・。



後悔しないために、今やりたいと思うことはできる限り今すぐやれるよう企画する。

私自身はそんなことを心掛けて生きているつもりです。



学生の頃は年間100回近くライブハウスに通ってライブを観に行っていた時期が

ありました。大好きでツアーを追いかけまくったミュージシャンとかいましたが、

その一方で「いつかこの人のライブみたいなあ」と思っていた人が、ある日突然

活動休止してしまい、その夢はかないませんでした。行くチャンスはあったのですが

何かがバッティングしていて行けなかったんですよね・・・。



それでも、メンバーが健在なら活動再開もあり得ます。実際、私も活動再開した

ミュージシャンの復活ライブを久々に観て、鳥肌が立つくらい感動したものです。

諦めずに追いかけていれば、そういう形で思わぬ再開を果たすことができるケースも

あります。



でも、ソロで活躍されていたミュージシャンの方が亡くなってしまったケースだけは

何をどうしてももう一度体験することはできないんですよねえ・・・。



全ては一期一会だと思って、今を精いっぱい生きていかないと。

チャンスは二度と巡ってこないかもしれない。



そんな気持ちを根底に持ち、私は日常を生きているつもりです。



色々な制約があるのはわかっていますし、現実的にその制約を取り払うことができない、

というのもその通りです。私だってサラリーマンの時間は拘束されますし、会社都合で

やりたかったことを断念したことだってあります。また、若かりし頃は金銭的に難しく

やりたいことを断念したこともありました。



今はサラリーマンの年収もあがり、大家業で副収入を得られるようになりましたので

金銭的な問題はだいぶ減ったような気がします。クラシックホテルと温泉に行くのが

好きなのですが、今は宿泊料金をそこまで気にせず泊まれるようになりました。

ゲームもそこそこ課金しても生活に支障はなくなりました。美味しいものを食べる時も

昔は金額をかなり気にしていましたが、今は一食数万になっても、それを体験したいと

思う気持ちがあれば躊躇はありません。



お金に関しては、サラリーマンの年収にプラスアルファする形であれば、何ら問題は

ない状態になりましたが、時間については相変わらず拘束されています。次はこの

時間成約を取り払いたいところですが、そうするとサラリーマンの年収分だけお金に

不自由になることになります。まあそこは事業を大きくすることでカバーすることを

模索していくことになるでしょう。



時間に余裕が出来たら、海外旅行とかゴルフとかもやってみたいところですね。

ダイビングなんてのも楽しそう。ひたすらゲームして引きこもるというのも、

一時的にであれば楽しいだろうなと思います。



また、後悔しない人生を歩むためには、知らずに損したと後悔するケースもできるだけ

減らしたいと思っています。そのため、アンテナを高く掲げたいと思う次第です。



例えば、何気ない友人との会話やSNSでの投稿、あるいは好奇心でネットを検索して

新たに知る興味深い事実など、そういう小さな一期一会を大事にすることが、自分の

見分や興味の幅を広げることに役立ちます。



何に価値観を見出し、何を為したいと欲するかは、人それぞれで異なります。

食事をするお店を選ぶこと一つとっても、人により重きを置く内容は違います。

味を重視する人、安さを重視する人、コスパを重視する人、特定の要素を重視する人。

様々な人がいます。多様な価値観があることを尊重し、自分の価値観を押し付ける

ことをせず、その多様な価値観の中で自分が吸収してみたいと思うことを取捨選択して

自分なりに軸を作っていくことが大事かなと思っています。

そういう中で、自分がやってみたいことが増えるかもしれません。



上記のような生活が実現できるよう、キャッシュフローを積み増していきたいと

思います。不動産をコツコツと買ったり売ったりすることで達成したいと思います。

稼ぎ方は他にもいろいろな方法はあるのでしょうけど、不動産が一番手慣れた手段で、

かつ性に合ってるのです。時間はそこそこかかりますけどね。今迄みたいに、

キャッシュフローを増やすより買うことを優先するような状態が続かなければ、

たぶんキャッシュフローは正しく増えていくと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:55 | Comment(1) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

きっかけがあれば、点と点は繋がり線になる。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。久しぶりにしっかり睡眠取れた気がする。

応援クリックよろしくお願いします→



楽しく妄想し、心にとどめておくことで、いつかそれが実現するかもしれない。

考えなければ実現しないので、まずは考える。それがまず第一歩だなと思いました。



昨日は管理会社さんのスタッフの方に誘われ、余市の石蔵を改装したカフェの

お披露目会に参加してきました。



蔵とか赤れんがとか石造りとか、明治くらいの雰囲気を感じられる建物が大好きです。

この嗜好は割と昔からだと思います。札幌に来はじめた最初の頃は、戸建の前の風除室や

1階がRCのガレージになっている3階建木造アパート、雪が落ちるように鋭角になった

屋根などを見て、地域によって建物ってこんなに違うのかとびっくりしていたものですが

それと同じくらい気になっていたのが石造りやレンガ造りの建物でした。北海道は

開拓の歴史が始まったのが近代に入ってからなのもあるのでしょう。明治の頃の遺産と

思われる石造りやレンガ造りの建物、あとは石蔵なんかが(東京に比べれば)街の中に

ちょいちょいあったりします。目を奪われることが多かったです。



今も時折、田舎の方で蔵を見かけると「いいなああれ・・・」と思ってしまう習性が

ありますし、東京でも近所のターミナル駅から徒歩圏に蔵を改造した喫茶店があり

入ってはニヤニヤしていたり。そんな感じで、日常でたまに蔵を感じると、自分が

蔵が好きなことをふと思い出したりしたものでした。



そんなある日。知り合ってまだ日が浅い不動産関係の方が、北海道の余市で小さな蔵を

改装したカフェをオープンするという話を聞きました。なんということでしょう。

そんなドンピシャに素敵な空間、どうしたらいいんですか。余市と言えばこれぞ明治の

近代建築と言う感じのニッカの工場とかあるところじゃないですか。そんな街の蔵。

興奮する以外の要素がありません。



その蔵のカフェのお披露目会を今週末やりますと言う情報をキャッチ。共通の知人である

札幌10棟目の管理会社さんの担当の方から「行きませんか?」とお誘いいただいたので

東京から行くことにしました。



蔵は雰囲気良くリノベーションされており、月並みな感想ですが居心地が良かったです。

水道も引き込んであり、トイレもありました。造作したのでしょう。蔵なので採光は

ありませんが、おしゃれなライティングとフェイクグリーンが落ち着いた空間を

作り出しているように思いました。スピーカーも大きめのが設置されており、

ちょっとしたDJイベントとかできそうだなと興味をそそられました。



お話を聞くと、賃貸した人と企画した人は別で、寄り合いみたいな感じで営業されると

いうことでした。全体像はきちんとは見えてないですが、シェアしながら運営する、

全部一人でやるわけではない、というところは面白いなと思った次第です。

お披露目会の最中だから色々な人が入れ替わり立ち替わりいらっしゃるので、

あまり拘束して話を聞くのも申し訳ないと思い、あまり突っ込んだ質問は避けたものの

またお会いしてお話を聞いてみようと心に誓いました。



そういえば札幌駅からそう遠くない場所に、赤れんがの建物の中でカフェをやってる

お店があるんですが、あの雰囲気も素晴らしいんですよねえ。



見てきたことを整理しながら妄想していくと、なんとなく姿が見えてきました。

サラリーマンを辞めた後、何をしようかという観点で。



元々やりたいと思っている音楽関係のビジネス。

音楽のイベントができるイベントスペース。

ここまでの活動で培った人とのつながり。

札幌で行っている不動産賃貸業やリノベーション経験。

石蔵やレンガ作りなど明治のモダンな建築への憧憬。

一つの仕事に縛られず、いろいろなことをしてみたい欲求。

多拠点生活志向。



アイディアの丸パクリかもしれないけど、今回見学したみたいなものを札幌でやりたい。

ただの断片的な妄想が、少しだけ具体化した妄想に変わった瞬間。



ちょっとした音楽イベントをやれる箱がほしいと思っています。

ライブハウスとかやりたいけど、現実的なところは貸切でDJイベントとかできる

音響に少しこだわったカフェだろうと考えていました。ただ、カフェと言っても

私が現場に立つわけにもいかず、かといって人を雇うのも大変だよねと思ってました。



人を雇うのではなく、共同経営とか日替わり週替わりオーナーとかにすることで

自分がそこに縛られることもなくなり、雇用の必要もなくなります。

音響を整えればイベントもできるし、蔵を借りれば蔵欲も満たせます。

不動産やリノベーションの知識も内装作りに活かせます。

東京だと条件を満たす建物がなく、郊外だと人が集まりませんが、札幌市内なら

多少中心から離れることで、人もそこそこ集まる場所に蔵やレンガの建物を借りることが

できる可能性はあると思います。駐車場と魅力的なコンテンツがあれば、郊外でも

人は来る可能性があります。実際、郊外で流行っているおしゃれなカフェも知ってます。



いけそう感のある妄想になってきた気がします。

なんか楽しくなってきましたよ。妄想が現実化する日も遠くない(はず)。



ほうぼうで「サラリーマン辞める辞める詐欺」と言われている私ですが、

それはあくまでサラリーマンで今従事しているプロジェクトを途中で放り投げて

辞めるのが嫌だから、というところを重視しているから辞めないわけです。

やりたいことも具体的にみえてきたので、今のプロジェクトが終わったら辞めたいと

より強く思うようになりました。



まあ、プロジェクトが短くても来年いっぱいくらい続きそうなので、当面辞めるのは

難しそうなんですけどね(やっぱり辞める辞める詐欺じゃん、との誹りは受け付けます)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:21 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

今は物件を買うタイミングではない(勿論探してはいるけど)。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。今週末は税務関係終わらせて顧問税理士の先生に送るぞっと。

応援クリックよろしくお願いします→



コロナによる世界の激変で、不動産価格も激変するかと少し期待していましたが、

むしろ高値で踏みとどまってしまっている印象を受けています。



私自身は、新規物件を買うよりも既存物件の稼働率の立て直しの方が急務なのと

築浅物件の頭金をキープしておきたいのとで、東京での物件探し(築古リノベ要な

相続系の戸建や小規模アパート)を少しお休みしています。



でも、そうは言っても新着物件情報は軽くチェックしておりますので、築古の情報も

チェック自体はしております。そしてその価格は、どちらかというと上がっています。



恐らく、融資が締まったことで大きな物件を購入できなくなり、手元の現金で

対応できる小ぶりな物件を求め始める流れができたのだろう、と思っております。

加えて、コロナ融資で手元資金を大きく拡充した方が、その運用先として不動産を

購入しているのではないか、とも考えています。



中古をリノベする手法で東京の物件を買い始めたのが2014年頃から。

あの頃は、月に1件くらいは見合うものがありましたが、今は全然です。

ちょっと高いよねーと思うものばかり。東京5棟目くらいまではネットに出ていた

物件に少し指値を入れて購入できていましたが、東京8棟目以降は元付さんを

知っていて、市場に出る前に情報を貰ったとか、ずっと売れ残っていたのをガッツリと

指したとか、そういうパターンでしか購入デキておりません。過熱気味の価格です。



じゃあ地方はどうか。札幌の新築・築浅なんてキーワードで最近は探していますが、

これもまた全然出てこないです。まあ、全然とはいえ、私が声をかけている会社さんが

さほど多くないというのも当然あるとは思っています。でも、どの会社さんも口を揃えて

「土地が出ない」「土地が高い」と言っています。そして建築費もそこそこ高止まり。

(それでも本州に比べたら圧倒的に安いですけどね)



遠隔融資の道がかなり厳しくなった今、誰がそんな高いの買ってるのよと思ったのですが

地元の投資家さんで回っているようです。意外だ。

「他に買うものがないからじゃないですかねえ」と営業マンの方が仰っておりましたが、

ある程度財を成した投資家さんなら、頭金を入れて新築RC建てれば充分回る水準です。

そういう人が購入しているんだろうなと思いました。



スルガショックで不動産融資が締まったことで、価格は下落局面に入ると思ってました。

買える人が減るから、プレイヤー減で需要減、価格も減という展開だと思ったのですが

当ては外れて、意外と高止まり。



コロナ禍で狼狽売りや資金繰り売りが出るかと思いきや、手厚いコロナ融資や過去の

狼狽局面の教訓を活かしたホールドが多く、むしろコロナ融資のために手元資金が

増える人続出という展開で価格は高止まり。



素人が浅知恵で都合の良い期待をしてもダメですねー(苦笑)



※あくまで個人の主観ですので、全然違うよと思う人もいると思いますがご容赦を。



無理をしてしょうもない物件を買っても仕方ないので(金融緩和で融資ゆるゆる時代に

買った札幌8・・・げふげふ)、待つときはじっくり待つことを心がけようと思います。

今のところ今年は一棟も購入しておりません!物件を全く買わなかったのは2014年が

最後ですので、もしこのままフィニッシュすれば6年ぶりのボウズです。



今はそういう踊り場があった方がいいのかもしれません。私もそんなに買うぞ買うぞと

目を血走らせている感じではないので。



キーワードはじっくり構えること。これで進めようと思います。

ネットの情報に目を光らせるよりは、各営業マンの方との人間関係の構築に力を

費やした方がいいだろうなあ。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:51 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

コロナの影響による退去の第二波が来た?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。ようやく暑さがひと段落した・・・のかな?

応援クリックよろしくお願いします→



周りの話を聞く限り、コロナの第二波と思われる動きが増えてきております。

退去予告の中に「コロナの影響」を感じさせる内容がある、と複数の知人が言ってます。



9月に入り、第二繁忙期と呼ばれる季節がやってきました。この第二繁忙期の動きは

まだ全然読み切れていないのですが、今年はコロナ禍という特殊要因もありますので

今までとは違う形の動きになるのだろうなと予想しております。



そろそろヒアリングをしながら条件の調整など行った方がいいのかな?と思いつつ

いろんな作業を溜めこんでしまい、何もできていない状態が続いております(汗)

保険の話とか、東京12棟目の結論とか・・・。考えている余裕があまりないというか。

今は千葉1棟目に気持ちがだいぶ移ったので、こいつを何とかしないとねというのが

目下の悩みと言うことになります。で、現地に行こうと思っているけど、週末は

すごい台風が来るとかなんとか。関東圏はルートから外れているようですけど、

なんとあんくソワソワするのは変わらないです。悪天候を予想して、カーシェアで

車を調達しておこうかな?



で、この繁忙期の状況ですが、私は先日1件お申込をいただくも、諸事情を顧みて

お申込をお断りすることになってしまいました。これで振出しに戻りました。

現在の空室は以下の通りで、決して好ましい状態ではありません。



東京:3室(10棟目1室、12棟目2室)

札幌:9室(5棟目2室、6棟目1室、8棟目3室、9棟目3室)

仙台:0室

富山:1室(1棟目1室・・・加えて1室退去予告あり)

千葉:1室(1棟目1室)



稼働率は90%を割っており、あかんなーこれという状態です。特に札幌が厳しい。

物件を大胆に入れ替えるなら、札幌が間違いなくその候補になりそうです。

東京はきちんと決めて募集開始するとか、家賃を下げるとかすれば、まあ問題なく

決まるだろうと思っています。千葉はこれからの作り方次第、富山は・・・頑張れ!



今のところ、富山1棟目以外で退去予告は来ていないのですが、最近になって

ちらほらと不安になる話を聞くようになりました。



冒頭に書いた通り、コロナが理由での退去と言う事例が周りから聞こえてきています。



学生さんが後期もオンライン授業になるのが確定したので、家を借りる意味が

なくなったから退去する、という事例だったり・・・

社会人さんがテレワーク前提になったので今の住居にいる意味がないから退去する、

という事例だったり・・・。



コロナによる困窮での退去、という話ではなく、新しい生活様式に伴う生活の変化が

引き金となって退去に至るケースがここにきて増えているように感じております。



私の物件では幸いにしてそういうお話は今のところ出てきておりませんが、・・・

一番危ういのは東京6棟目でしょうか。オフィス街徒歩圏という立地を売りにして

おりましたので、通勤が不要になると弱含みになってしまうのでは、と懸念しています。

幸いというか幸か不幸かというか、オフィス街特化型の物件や学生特化型の物件は

基本的に持っていませんので、それ以外の物件で大きな影響は出ないだろうと

思ってはおりますが・・・。強いて言えば仙台1棟目もか?立地はいいけど物件の

スペックは微妙なところもありますし。



この変化がより大きなものになるのか、それとも一過性のものになるのか。

パソナが淡路島に本社移転というニュースもあり、今後企業が都心離れをしていくのか。

はたまた、それは一過性のブームみたいな感じで終わるのか。



かく言う私も、テレワーク化の流れを少し感じたことがあります。

原則テレワークで勤務しているのですが、先日、サラリーマンの会社に久しぶりに

出社しました。ランチタイムに外に出てお店を探しましたが・・・以前より明らかに

お店が空いている感じがします。いつも長蛇の列だったお店の行列が短くなってたり

行列なしでふらっと入れたり、客入り微妙だなと思っていたところが閉店してたり。



オフィス街でもあり学生街でもある立地なので、学生さんのオンライン授業の影響も

あるんだろうと思います。だから余計そんな印象が強くなった部分もきっとあるかと。

それにしても、ランチタイムは1時を過ぎても行列だったお店が、12時半に行ったら

ほとんど行列がなかったので、驚きました。テレワークと言うけどどこまでの企業が

実際に導入できてるのよ?と思っていましたが、意外と多いのかな・・・。



コロナ禍の中で総理が電撃辞任し、次期総裁が半月後には決まるという激動の時代。

新総理がアベノミクスを継続するのかしないのか、といった点も不動産や社会生活に

影響を及ぼすことでしょう。



今後の賃貸業の未来を考えるなら、社会情勢も含めて注視する必要があると思います。

私も関心を持っていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:05 | Comment(1) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする