2017年02月18日

往生際の悪い私は、新たなる金融機関さんにアプローチを始めた!

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。ご祝儀ポチ貰ってもあがらない激戦区がここにある。

さらなる応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



最後の1行の審査が進んでいる関東圏中古RCですが、先を見据えて一手打ちました。

その一手とは、さらなる金融機関さんへの融資打診です。え、まだカードあったの?

だったら先に出しておけって?いや、いろいろ理由はあるんですよ。



説明する前に、最後の1行の審査状況について簡単にコメントしておきます。

現在、本部での審査が進んでいる状況で、約1週間強が経過しております。

今のところまだ本部から返答がないということで、行員さんも待ち状態とのこと。



一番つっこまれそうなのは物件所在地までの距離ですねと言っていたので、個人的に

一番気がかりだった個人属性などはうまいこと作文してくれたのだろうと思います。

けっこう借入多いし、無担保分とか合わせると返済比率も高いんですけどねえ。



ただ、ここも1週間以上審査にかかっていることを考えると、良い返事が来ない

可能性は大いにあります。そしてここがダメだと、おそらく2番手以降の方が融資を

つけてしまい、私の手元からは離れることになるでしょう。



ただ、もし二番手以降の人も融資がつかなかったら・・・?



可能性は低いかもしれませんが、そういうことも考慮しておいたほうがいいかと思い

改めて当たる予定の銀行一覧を眺めてみました。すると、今後紹介してもらう予定に

なっていて、第一弾ではあたっていなかった金融機関さんが2行ほどあります。



紹介を待つより、突撃しちゃおうか。

紹介を受けられた段階で支店を変えるという手もある。



あ、でもこの間、お友達の大家さんから「融資つかなかったら紹介しろやー!

わしが買ったるで!ガハハ!!」って言われてたなあ(セリフはだいぶ脚色あり)。

その人も待ってるし、どうしよう。



ま、今回の案件に限らず、今後の関係づくりにもなるよね。やっぱ行っちゃおう。



というわけで、追加で2行あたってみることにしました。ダメ元の突撃は得意です!

あたって砕けたからって何がなくなるわけじゃないし。プライド?そんなのないです。



さて、そうは言いながらも、紹介待ちの中で早めに紹介いただけそうな雰囲気の方には

一度確認してからがいいかなと思ったので、メッセージを入れてみました。

結果としては、そちらはすぐに動いてくださり、紹介経由で話ができることに。



ただ、紹介された支店さんが、私の居住地がエリア外ということで難しい、と。

いつもそうなんですよ、この金融機関さん。前にも何回かあたろうとしてたんですが

いつも私の居住地がエリア外って言われて、たらいまわしにされるんです。

3つ支店があって、どれも範囲外ってどういうことよー!どこならワタクシの面倒を

見てくれるのさー!



結局、食い下がったけどうちの支店じゃ無理なんですごめんなさいの姿勢は変わらず。

どうしようと思ったとき、別の支店さんで取引している友人の顔が浮かんできました。

早速コンタクトを取ったところ、強く後押ししてくれたようで、月曜日に連絡を

いただけるということになりました。まあでも、エリアがどうこうまた言われて

ダメかもしれないなー、と疑ってしまう私もいます^^;



もう片方のご紹介はたぶん時間がかかるだろうなと思ったので、特にお声がけをせず

前に持ち込んだことがある支店さんに突撃することにしました。その頃の担当さんは

すでに転勤になっているということは把握していたので、新規の飛び込みになります。



電話して前任の方の名前を告げると、転勤してしまいましたという回答。

ここまでは予定通りの動きです。では、融資の担当の方をお願いしますという形で

依頼をかけて、出てきてくださった方といろいろ会話し、持ち込みOKに。



そんなとこで、昨日会社に行く前に行ってきました。そちらの金融機関さん。

出てきてくださったのはたまたまかもしれませんが副支店長さんという肩書の方。

電話に出たのもこの方でした。



余談ですが、銀行さんの肩書ってよくわからないですよね。調べてみたところ、

副支店長さんは本当にナンバーツーみたいです。支店長代理が実はそんなに偉くない、

というのが罠としてあるのを知ってたので、念のため調べた次第です。余談でした。



副支店長さん、慎重な姿勢を見せつつもいろいろ話を聞いて組み立ててくれている模様。

法人より個人の方が資産の組み換えという形で話を通しやすいかな、とか、やり方を

考えてくれているようです。金額は物件価格が上限、金利もこの辺かな、みたいな

ベースラインを考えてくれて、そこに向かっていけるよう審査を進めます、と。

なんかちょっと力強いです。最初からここ来ればよかったかな?



ただ、耐用年数の範囲でしか融資が出せないということなので、年数は微妙です。

平成元年築のRCなので、18年しか引けません。うーん、せっかくだから20年以上

引ければいいなと思うのですが・・・。まあ短いなら残債が減るのが早いということで

それはそれでよしとするか。



90分にわたる長い打ち合わせになりましたが、なんとなく手ごたえがありそうです。

早速本部に担保評価を出し、支店内で下準備だけしておく、ということでした。



あと、できれば現在審査が進んでいる金融機関さんの動向を見ながらにしたい、

本部に出してしまうと、承認が出たらやってほしいということになるから、先方の

金融機関さんでOK出たからそっちにしますという流れはちょっと辛い、と。

まあそりゃあそうですね。本部に持っていく前に今の金融機関さんの結論が出るなら

それに越したことはないし、出ないようならその辺ちゃんと説明して仁義を切ってから

依頼します、ということにしました。



さてどうなることやら。できればこの金融機関さんの出番がなく、今の金融機関さんで

決まってしまうのが一番いいのでしょうけどねー。いずれにせよ、今後の足掛かりに

なるように動いていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 12:10 | Comment(0) | 新規案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

次々と砕けゆく希望の星(訳:買付入れた案件がいよいよ融資の目途が立たず玉砕し始めた)。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。肩凝ってるのでマッサージにでも行きたいところ。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



いくつか抱えていた買付入れた購入案件、融資のあてがなくなりそうです(><)



しょっちゅう書いているのでもう飽き飽きかもしれませんが、私が現在買付を

入れている案件は3つあります。札幌築古RC、関東圏中古RC、田舎新築です。



このうち、関東圏中古RCについては、最後の1行が審査を進めてくださっている

はずなのですが、今のところ融資可否の連絡はありません。最後に連絡を貰ったのは

金利が多少高くなってもいいでしょうかという少し期待できそうな話だったのですが

その後良いも悪いも連絡がないまま1週間が経過。やきもきしております。



我慢できないので、今日ちょっと様子を聞いてみようと思います。追加で融資に

有利になるはずのネタもあることですし。



正直、この金融機関さんがNGであれば、もうダメかなと思っておりました。

なぜなら、他に融資の目途が立ちそうな2番手、3番手がいるという話があり、

そちらに融資が付いたら1番手はひっくり返されると聞いていたからです。

今から新規のところにあたっても間に合わないよね、と。



ただ、昨日仲介業者さんに状況確認したところ、まだどなたも融資審査中ということで

もしかしてみんなこけるんじゃないの?などと思う気持ちも出てきました。それだったら

ここがダメだった時のために動き始めてもいいんじゃないかなあ、って。

頭の中に3つくらい浮かんでいますので、そこに連絡してみようかなと思います。

(諦めようとか思ってたくせに、つくづく往生際の悪い私)



続いて札幌築古RC。こちらはファミリー間取りで利回りもそこそこ高いのですが、

いかんせん旧耐震になっちゃうくらいの築古っぷりが融資の障害になっておりました。

メインバンクさんでは耐用年数以内の融資しかできないという連絡をいただき、

それだったらということで別の金融機関さんに打診をしておりました



こちらは昨日連絡がありましたが、この物件に関してはNGという残念なお知らせorz

古いこともあるのですが、どちらかというと前面道路がちょっと狭いことが資産価値を

落としているということを気にしていたように思います。耐用年数を超えてこれを

保有するということが本当にいいことなにかがわからない、的なニュアンス。



一番期待していたところにNGを突きつけられ、非常に苦しくなりましたが・・・

まだ一応もう1行打診しているところが残っています。昨日軽く電話してみたところ、

稟議書は作っているものの、感覚的には耐用年数を超えるのは難しそうな印象だと

いうことを仰っておりました。何か有利に働く材料の提供が必要であれば、できる限り

準備するので連絡してくださいと伝えましたが・・・なかなか厳しそう。



そして仲介業者さんの方で、別の金融機関さんにあたってくださっておりましたが

こちらも耐用年数の関係でNGになってしまいました。旧耐震の物件だと融資を

しづらい、ということのようです。うーん、いよいよ暗礁に乗り上げてしまいました。



とりあえず、最後の1行の連絡待ちとしますが、なかなか厳しそうです。はい。

どうしたものでしょう。ここがダメならもうリリースするしかないかなあ。



最後に田舎新築。こちらはそもそもエリアの関係で融資の可能性がある金融機関さんが

かなり少ないという難点がありました。メインバンクさんに持ち込んだところ、

エリアが離れているのでNGという話に。それならということでその町に支店がある

金融機関さんに紹介で持ち込んでみましたが、こちらも残念ながらNG。けっこう

こってりと自己資金を求められてしまいました。



最近緩いという噂の金融機関さんにも打診してみたのですが、こちらも購入の

ペースが早いということでNG。ただ、物件自体は面倒を見てくれそうな雰囲気でした。



建設会社さんでもいろいろと動いてくださったのですが、ご紹介いただいたところも

エリアの関係でNG。仙台法人なので、札幌に支店しかない点が引っかかったようです。

たぶん、私が札幌に住民票を移していれば、融資通るんじゃないかなあという気がして

いるのですが、たらればの話をしても仕方ありません。



こちらはまたもうちょっとエリアがはまる案件が出たらご提案しますね、ということに

なりました。残念ですが、今回の田舎新築は断念して、次の機会を待つことにします。



ここまでの流れで収穫だったのは、いくつかの金融機関さんを開拓できたことです。

特に仙台法人に関しては、状況次第で新規に取引できる可能性があるところが

いくつか増えたということになります。たぶん、新築とかなら通ると思います。

そういうところを狙っていけば、新規案件でキャッシュフローを伸ばしていくことは

できるのかなと思いました。



関東圏の個人としても、今回最後まで審査に付き合ってくれている金融機関さんは

今後も類似の案件があれば話は聞いてくれそうです。それ以外にも、新たな取引が

できそうなところが見つかったので、今度お邪魔して面談してこようかと思います。



その経験から何を得るかは、その人の心がけ次第。

得られるものをより多くできるよう、アンテナを高く張っていこうと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:41 | Comment(0) | 新規案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

当たって砕けた金融機関さん、まだ砕けてない金融機関さん。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在8位です。今週は肩こりが激しい一週間でした。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



関東地方中古RC、9回裏ツーアウトまで追い詰められましたが、最後の一打で

逆転勝利をもぎ取れる可能性がまだ残っているような気もしています。



以前、融資をしてくれそうなところを改めて開拓しているということを書きました。

今回、その手法で電話した金融機関さんは実に14行。頑張ったなあ、自分。

東京1棟目の時は40行近い金融機関さんに電話したので、それに比べたらまだまだ

しょぼいし、頑張りきれていないなあと思いますが、当時と今じゃ事情も違うので

これはこれで頑張っている方だと思います。



本来、メインバンクさんがあり、その担当いただける範疇でまずは限られたところに

融資を申し込む方が王道なのだということは認識していますが、今回はメインとなる

金融機関さんがエリア外でNGという話を早々に出してきたので、割り切って新規の

金融機関さん開拓のために活用しよう、という気持ちになった次第です。



さて、電話にて問い合わせたor紹介して貰う人に聞いてもらったor仲介業者さんに

代理で連絡して貰った、などの形でコンタクトを取った金融機関さん14行のうち

13行からは昨日時点でNGもしくはOKだけどとても購入に値しない条件での

承認というところが確定してしまいました。



NGの内訳を確認すると、門前払いが6行、事前審査に乗せてみたけどNGになったのが

7行。そして現在本部審査中が1行という状況です。



門前払いのところの理由は、物件のあるエリアが遠いという話や、そもそも不動産融資に

積極的ではないという話、初回取引だと難しい、といったところが多かったです。

変わったところでは「うちは1棟目専門です」みたいなことを言うところもありました。

そんなこと言ってると、もし個人の物件全部売ったら話を聞いてくれるんだな!?(笑)



審査してNGになったところのうち、既存取引行(積金などの預金取引も含めて)は

2行ありました。両方とも都内にしか支店のない小さな金融機関さんなので、むしろ

審査してくれるんだ!ということにびっくりしたくらいです。片方は特に理由は言わず

総合的にNGと言われましたが、面談の時に個人の残債が多いことを気にしてたので

それが理由だろうと思います。もう片方は、前にブログに書いた通りです



今回は広域に営業エリアを持つ民族系金融機関さんにもあたりました。

積算評価と収益還元で評価が低い方に合わせて融資する、という基準を語っていた

金融機関さんは、物件価格の55%程度の融資額、しかも期間10年という極めて

それで買えって無理だろ!みたいな条件を提示してきました。勿論お断りしました。

別の民族系金融機関さんは、ちょっと前なら融資が出せたようですが、今は姿勢が

変わってしまい、新規には難しいという話が出てきてしまっておりました。

あと数ヶ月早ければな〜。。。まあ、たらればは禁物ですが、営業エリア的に

こことはお付き合いできればいいなと思っておりましたので。



最近緩いと噂を聞く金融機関さんにもあたってもらいましたが、残債が多いとか

ペースが早いとか、なんだかんだ言われてあまり色よい返事はもらえませんでした。



紹介で当たらせてもらい、事前審査の土俵に乗った金融機関さんも3行ほどありました。

1行は個人としてはまあ入口時点で土台には乗るけど、対象物件に難ありということで

NG判定になりました。1行はたぶん個人属性でNG。昨日返事いただきたてほやほやの

新鮮なNG判定でございます。さあ召し上がれ(何)



唯一残っている金融機関さんが、以前ご紹介いただいたところです。融資取引としては

ご縁がなかったものの、いろいろと話をした感じ頑張ってくれそうだなあという印象を

持っておりました。今回、そういえばあそこの金融機関さんもギリギリでエリアに

入っていることを思い出したので、電話してコンタクトを取ってみた次第です。



不動産業者さんにも行員さんから積極的にヒアリングしてくれたりしていたので

もしかしたらいい感じかも、と思っていましたが、この金融機関さんは金融資産が

いくら以上みたいな基準があると聞いていたので、そこで足切りされそうだなあ、

なんて心配もしていました。



その金融機関さんから昨日お電話をいただきました。

現在本部に持ち込んでやり取りをしているが、これまでの借入平均金利から考えて

もっと金利を高くしてもいいのではないかと本部に言われてしまったらしく、

多少金利が高くなっても許容いただけますか?という確認でした。



金利の話が出るということは、もしかしてけっこう確度高いのかな?

勿論、多少金利が高くても大丈夫です、という回答をさせていただきました。

お付き合いする中で、もうちょっと安くなりませんかと言う機会はあるはず。

まずは借入して既存取引先になり、物件を確保することが優先です。



たぶん、この金融機関さんの結果も近々出てくると思います。

もしここがNGだったら、次の金融機関さんということになりますが・・・

たぶんその前に別の人が融資つけてきちゃうだろうなあと。既に買付は何本か

入っており、あまり時間がかかるようだと番手変更すると宣言されています。

というわけで・・・頼む、ここで通ってくれー!(祈)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:57 | Comment(0) | 新規案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

更なる融資打診!メインバンクさんでNGだった案件を拾ってくれるところを探す。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在6位です。ランキング、結構接戦です。あがれ〜あがれ〜(祈祷)

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



現在、買付を入れている物件は3つあります。関東地方中古RC、札幌築古中古RC、

そして田舎の新築。昨日はこのうち、関東地方中古RCの某信組さんの審査結果が

出たのですが、物件価格の6割にも満たない金額までしか融資が伸びず断念しました。

現在進行中の金融機関さんは残り2行。今週中には良くも悪くも決着する予定です。



さて、本日の本題は耐用年数問題でメインバンクさんから融資期間が取れないと

言われてしまった札幌築古中古RC
の次なる一手を打ちにいった話です。

そう簡単にあきらめるようなタマじゃございません。新たな金融機関さん開拓の

チャンスというくらいの感覚でとらえるポジティブさが私の売りですから。



この物件、立地も良いし間取りも良いので、問題になるのは築年数だけなのです。

その築年数からくる劣化に対してだって、購入した後大規模修繕をきちんと行って

対応できるという気持ちがあります。でも、けっこう難しいんですよね。耐用年数を

超過していても頑張ってくれる金融機関さんを探すこと自体が。



仙台に本店がある法人で、札幌の物件が融資対象になる金融機関さんは既にいろいろ

リストアップしております。まずはメインバンクさんできちんと融資審査をして

貰った上で、どうしてもだめなら他を当たろうと思っていました。今回、残念ながら

そのリストを活用せざるを得ない時が来たようです・・・。



昨日は昼休みの間に、そのリストを活用して金融機関さんに総当たりしました。

とはいえ、そもそも対応できるところがあまり多くないため、私が電話したのは4行。

それ以外に、仲介業者さんが1〜2行当たってくださっております。



1行は担当者様不在のため、追って折り返しということになりましたが、他の3行は

それぞれ話を聞いてくださり、方向性を見出すことができました。



まず、私が求める内容を以下にまとめます。

・耐用年数は超過した期間で融資してほしい

・大規模修繕も含めた事業総額になるので、できるだけ建物はフルローン近い金額で

・上記を満たせば、金利等諸条件はこだわらない



上記に対して、各金融機関さんの回答は以下の通りでした。

電話に出なかった金融機関さんを除いて記載しますので、それぞれA、B、Cとします。

A、Bは広域をカバーする金融機関さん、Cは私が既に札幌4棟目、札幌6棟目で融資を

受けている金融機関さんです。金額的には個人におけるメインバンクなのかもしれない。



耐用年数超過の融資

A:取組可能

B:条件付きで取組可能

C:取組可能



Bで聞いた話ですが、多少イレギュラーかもしれないけど、耐用年数の考え方について

企業が減価償却を計上する際には、どんなに耐用年数が切れていても、その20%は

加算することになるのだから、その期間を加算して考えれば耐用年数超過に対しての

説明はつく、ということでした。なるほど。良い理由づけですね。



Cに関しては、既に私が受けている融資が耐用年数超過なので、大規模修繕の計画とか

きちんと入れていれば、そこまで気にしないのかもしれません。



建物はできればフルローン

A:条件次第では考えるが原則無理

B:無理

C:規定はない



Aで言われたのは、初回取引の場合は原則として事業計画の総額の2割の自己資金を

入れてほしいということでした。ちょっと厳しいですね。まあ売却がうまくいけば、

出せないお金ではないのですが・・・手元資金はできるだけ温存したいところです。



ただ、リフォームや大規模修繕等含めての事業総額からの2割なので、どうしても

欲しい場合は、大規模修繕の見積をゴニョゴニョして、業者さんに根回しして支払時に

ゴニョゴニョ・・・いや、やめときましょう。そういう小細工は後で発覚した時に

大変なので、あくまで正攻法が良いと思います。



あと、Aからは耐震補強を入れるよう言われたので、やっぱりきついかな、と。



Bはそもそも取り上げるにしても難易度は決して低くない案件ですと言われております。

元々不動産賃貸業に対しての融資は15年が最長ということも仰っておりますので

実際に持ち込むのは少々厳しいかなという印象を持っています。明確に自己資金○割の

ようなルールはないようですが、Aの話をした際に「うちもそのくらいは求めると

思います」と言っていたので、ここも楽ではなさそう。



Cは既存取引先ということもあり、割と柔軟に話は聞いてくれそうでした。

札幌6棟目で物件価格以上の融資を出してもらっていること、直接の担当者の方が

お休みであったことから、あまり突っ込んだ質問はしませんでしたが、手ごたえは

決して悪くないと思います。



Cで引っかかるとしたら、直近で札幌5棟目を購入してしまっていることでしょうか。

過去にCで仙台法人をちらっと見せたことがあるのですが、その時は太陽光が動いて

1年くらいして実績が見えてからの方がいいですね、というようなことを言ってました。

連続での購入には比較的慎重なところがあるので、札幌5棟目からあまり期間が

空いていないところをつつかれる可能性はあります。



ちなみに、個人での購入だと札幌6棟目を融資したばかりなのでやりづらいという

ことを仰っていました。まあそりゃそうでしょうね。納得です。



担当者不在だった金融機関さんへの打診は残っておりますが、基本的には既存取引行の

Cを最優先で取り組み、それ以外のところは様子見かなという感じがしております。



というわけで、今朝ブログを書きながら、先方に送る書類を印刷しておりました。

この努力が報われることを切実に祈ります!



あとは、仲介業者さん経由で地場の大手行に軽く探りを入れてもらっております。

あわせて、つてやコネを頼って金融機関さんの偉い人にアプローチしてもらったりも

していただいております。仲介業者さんにも一緒になって頑張ってもらっています。

ここはなんとしても決めたいところです。あとは運を天に祈ります。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:36 | Comment(0) | 新規案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

耐用年数の壁を乗り越えられないという悲報が届きました・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在8位です。ゆったりとリフレッシュ中。お、7位射程圏内!?

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日は関東のRCの話でしたが、今日は札幌の築古RCの融資付けについてのお話です。

いくつ買付入れてるんだって?今のところ有効になっているのは3件です。

札幌築古RC、札幌田舎新築、関東築古RC。珍しくRCが2件もあります。



札幌築古RCはメインバンクさんで年明けから取り組んでもらっておりましたが、

そもそも今回のように気合を入れて取り組んでもらうまでには紆余曲折がありました。



前支店長から「札幌の物件も対応できますよ」と言っていただいて以来、いろいろな

案件を持ち込みました。まず耐用年数超過の木造はNG、それじゃあということで築古の

RCを持ち込んだら、規模が小さすぎるからとNG。続いてそこそこの規模の田舎新築を

持ち込んだら、エリアの問題でNG。それらを経て条件を見極めたタイミングで、今回

満を持してエリアもOKで耐用年数もまだ残っており、規模も大きめの少々築古のRCを

持ち込みました。



初めて融資して貰った仙台1棟目が、S造+SRC造という変則的な中古物件でしたが

S造という目線で見た場合には、微妙に耐用年数を超過して融資した年数の融資をして

もらったことがあります。だから、若干耐用年数を延ばすことはできるだろうと考えて

おりました。実際、田舎新築の審査をしてもらっている時は、木造でも25年という

期間で諸々運んでくれておりましたので、今回も多少はいけるだろうと。



メインバンクの担当さんも、土地と建物の比率で、その中間の年数に持っていけるという

話をしてくれたので、それなら採算取れそうだねということで持ち込んでみた次第です。



しかし、1ヶ月経過しても融資審査の結果は出てきません。法人としての評価はすでに

終わっているはずなので、ちょっと時間かかりすぎなのではないかとそわそわ。

そして進捗をたまに確認するのですが、メインバンクの担当さんの声が電話すると

微妙に元気がない感じだったので、何か引っかかっているのではないかと気になって

おりました。



何が問題なのか聞いてみると、本部にはもうあがっているけど金額が大きいから本部側で

もう一度法人として問題がないか確認をしているところだとか、店舗内でどうやって

遠隔地物件を管理するか、内部的な話が煮詰まっていないとか、都度違った話が出ており

いろいろ苦労して組成してもらっていることが汲み取れる内容でした。



でもなんか声が冴えない感じなんですよねえ。やっぱり気になる。何かもっと大きな

問題があったりするんじゃないのか、と少し思っていたりしました。



そして先日、メインバンクさんから仕事中に着信がありました。落ち着いたタイミングで

折り返してみると・・・審査自体は問題なかったが、耐用年数を越えられなかった、と。

え、なんか前に話してた時は耐用年数とかうまく越えられるような話をしていたのに!?



どうも話を聞くと、以下のような状態だったようです。

・支店として何度も審査NGで迷惑をかけているので、なんとか今回のは対応したかった

・金額も大きいので支店の成績的にも是非やりたかった

・過去の組成の仕方から、この方法なら耐用年数超過でいけるのではなと思って今回

 いろいろ本部とやりとりしてみたが、結局どうしても本部が首を縦に振らなかった

担当者さん及びその上席の方から何度も謝罪されてしまいました。



私自身は、今までダメだったから今回は何としても頑張ろうという気持ちで取り組んで

いただけたのであれば、結果はともあれ感謝したいと思っています。結果として、

行員さんとしても徒労に終わってしまったわけですし、お互いに残念だったねという

お話で済むだけのことかと。



強いて言えば、できれば最初に耐用年数超過はチャレンジ案件だからと一言言って

くれていれば、各所にそのことは事前に話ができたし、他の金融機関さんと並行で

話を走らせることができたかなとは思いますが、そのくらいです。



融資なんて基本通らない、ご縁があるものだけが手元に残る。そういうものです。

良い物件だと思うのですが、融資がつかないということはきっと何かあるのでしょう。

これもまたご縁なのだと思います。



さて、これで札幌築古RCは振り出しに戻りました。

2月末までに決済できれば、けっこうな金額の消費税還付も狙えたので、2月末までに

決済したかったのですが、これでかなり厳しくなりました。



仙台の法人で札幌で融資してもらえそうなところ、これからまた開拓し直しです。

いくつか頭の中に候補は浮かんでいますが、実際にどうするかは本日中に情報収集して

決めようと思います。あそことあそこに持ち込もうかなー。へこたれませんよ!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:16 | Comment(0) | 新規案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする