2021年03月24日

コロナ融資最後の金消契約も完了。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。月曜・火曜とめちゃ仕事忙しかった・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



コロナ融資、最後の金消契約をしてきました。本日融資実行される予定になっています。

これでコロナ融資関係でできることはほとんど終わったかな?



これまで、東京法人と仙台法人では売上が前年同月と比べて大きく下がったタイミングが

ありましたが、個人事業主としてはそのタイミングがありませんでした。先日とうとう

個人事業主としても大きな売上減となる月が発生しましたので、このタイミングを

逃してはいけないと金融機関さんにご相談。セーフティーネット5号や危機関連保証の

認定を受け、コロナ融資を受ける条件を整えさせていただきました。



本来なら、売上が下がるってのはあまり好ましいことではありません。一応言い訳は

ありまして、イレギュラーが重なった結果だったのは確認できております。自分でも

不動産賃貸業という安定した業種で、かつ物件の売買も特にしていないこの月に

なんで昨年と今年でこんなに差があるの?という疑問はありました。調べてみたら、

家賃1年分払われてるタイミングだったとか、たまたま2ヶ月分送金がまとまって

発生していたとか、そういう偶然の要素がいろいろ重なった結果だったようで、

純粋な売上ダウンではないということにちょっと安心した次第でした。



ちなみに、売上は多少ダウンしていても別に良いと思いますが、キャッシュフローや

粗利が下がっているのはちょっといただけないと思っております。売上という指標は

わかりやすいですが、売上が伸びても経費が同じくらい伸びていたり、キャッシュフロー

ベースで考えた時にCFが延びていなかったりすると、結局それは経営規模が拡大して

いるだけで、むしろリスクが増大しているように感じられます。特に不動産賃貸業は

銀行借入して売上を増やしている業種ですから、売上と共に固定負債が増えている状態と

考えられます。レバレッジが効きすぎると、ちょっとした事故が一大事になります。



指標として見るべきは、キャッシュフローが良いと思っています。

で、先輩大家さんたちに聞くと、最初はCF重視でも、だんだんBSの資産の部を

増やすことを意識した方がいいよと言う話を聞きます。純資産が積み増されることで

経営が安定するということなのだろうと思います。



コロナ禍を経験し、どんな会社も何が起こるかわからないなあとしみじみ感じました。

経営環境の変化に追随できる体制を作るには、やっぱりお金が必要になると思います。

手元資金を増やす、売却したら手元資金が増える物件を持つ、みたいな観点で考えると

BSの良化も大事なのかなと最近はちょっと思うようになりました。

(昔はBSなんて別にいいじゃん、CFさえ良ければと思っていましたよ)



BSの観点からも、手元資金を蓄積する行為は好ましいと思います。

なので、コロナ融資で手元資金を増やしつつ、返済比率を下げるのは良いことです。



個人として保証協会さんの保証付きの融資は3件あります。メインバンクさん、

準メインバンクさん、サブバンクさんの3件で、準メインバンクさんとサブバンクさんは

既に実行済み。あとはメインバンクさんを残すのみでした。



私のメインの金融機関さんは家の近所の信用組合さんです。牧歌的な昭和の金融機関さん

といった趣で、アットホームな感じがします。新年になったら、人形とか干支の置物とか

持ってきちゃうタイプのところです。窓口の方とも顔見知りな感じで、一応礼儀として

名乗ってますが、ほぼ顔パスな状態です。支店長がよく店頭をうろうろしてお客さんと

話をしており、コミュニケーションを取りやすいです。フットワークも軽いです。

担当さんは割とぼんやり系の人が多いですが、その上の融資課長がちゃんと締めて

なんとなくまとまっている感じが代々続いています。



今回のコロナ融資は、人の好さそうなおっとりした営業担当さんが窓口になりました。

承認の連絡は素早くしてくださり、多少減額されるかと思いきや、満額でOKが出たので

盛り上がった記憶があります。



ただ、これがあくまで仮承認。保証決定の通知を得るためのは、個人情報保護云々の

書類を出さなくてはならない、と。担当さん、書類を持っていくのを忘れたみたいです。

ちょうどその時長期出張に出てしまっていたので、出張から戻ったら書類書きますねと

いうことで話をしました。



戻ったらすぐ連絡して、書類を書きに金融機関さんに出向きました。ついでなので

印鑑証明など他の必要書類もまとめて置いてきました。当日は途中から外訪に行くので

もしそうなったら窓口に言伝しておくから預けていってください、と言われてました。

私が窓口に行くと、担当から聞いておりますと窓口の方が書類を預かってくださったので

なかなか手回しがいいじゃないと思っていたのですが、後から担当さんが「私この後

外訪行っちゃうので、窓口に預けてください」と電話してくるのですよ。え、もう既に

窓口に預けましたよ?と返すと「あれ、私いたので出ていくつもりだったのに・・・」

と。頑張れ、担当さん(笑)



保証決定の通知書が送られてきたら、こちらから連絡しますねので金消の日程を

決めましょう、と担当さんに言われておりましたが、連絡が来ると言われていた週は

結局連絡なし。相変わらずゆったりした時が流れているなあと思いましたが、私自身も

別に急いでいるわけではないからいいかと思ってそのまま放置。でもさすがに1週間が

経過しても何もないのはアレなので、こちらから電話して日程の調整をすることに。



そして先日、金消のために金融機関さんをお邪魔しました。テレワークなので、

コンビニに行く感覚でふらっと少しだけ抜けて金消できるってのが素晴らしいです。

(勿論会社には離席の旨伝えて、勤務時間からも差し引いてますよ!)



書類に署名押印して、担当さんのチェックを受けて、その間に支店長がふらっと現れて

よもやま話をして。後ろの待合スペースでは、なにかの手続きをしに来たおばあちゃんが

別のおばあちゃんとなんだかんだ話をしています。井戸端会議がお店の中で行われる

不思議な感じですが、まあこれも牧歌的な雰囲気がなせる業なのでしょう。



今回、東京3棟目のリフォームのために設備資金として借りていたものを、コロナ融資で

運転資金に置き換えました。もう5年くらい返していたので、半分くらいまで残高が

減っていたのですが、これを10年で再度満額借りることが出来ました。返済比率は

あまり減ってないですが、手元のお金がちょっと増やせたので良いかなと。

また返済比率計算しておかないとだなー。



そんなところで、無事に手続も完了し、あとは実行を待つばかりです。

本日実行予定で、実行されたら担当さんから連絡があるとか。

のんびり待ちたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:40 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

コロナ融資の印紙代が戻ってくるようです。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。なんか色々メール返すの忘れてる気がする・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



コロナ融資の印紙代が返ってくるよ、という連絡がコロナ融資を受けた金融機関さんから

ちらほらと入っております。大きな金額ではないですが、ありがたいです。



個人事業主、東京法人、仙台法人とそれぞれコロナ融資を受けてきました。

振り返ってみれば、某政府系金融機関さんの場合はコロナ融資の金消契約の際に

収入印紙の貼付は不要と書かれていた記憶がありますが、それ以外の金融機関さんは

貼付が必要だったり不要だったりとまちまちだったような気がします。

たぶん、融資を受けたタイミングで、まだ収入印紙の貼付を免除すると決まる前に

話をしたところがあったのだろうと今にして振り返っています。



最初にコロナ融資を受けたのは、東京10棟目に対して融資をしてくださっている

サブバンクさんで、それから少し経ってご紹介による新規開拓をさせていただいた

金融機関さんで東京法人の本店がある区の制度融資を活用しております。

この2つはタイミングが早かったということもあり、印紙代がかかっていたはずです。



その後、コロナの拡大を受け、支援のための融資制度が拡張され、印紙代も保証料も

免除と言う条件に変わりました。この条件になってから受けたところに関しては、

金消契約の際に印紙の貼付はなかったはずです。先日金消してきた金融機関さんでも

「印紙の割印押さないのが変な感じなんですよね、慣れなくて」と仰ってました。



ネットでは、国のコロナ支援対策は今ひとつだという声がよく挙がっているようですが、

こういうところから考えると、借入と言う手段にはなるものの、事業者に対する支援は

頑張って行っているのではないか、という印象を私自身は持っております。

これ以外にも、無条件の持続化給付金とかやってくれてましたしね。



という個人の感想を間に挟みつつ・・・



前述の印紙代がかかった2行から、印紙代が返ってくる手続きができるという連絡を

タイミングは異なりましたが双方から受けました。

たいした金額借りてないので、大きな額ではないのですが、それでも嬉しいものです。



サブバンクさんの方は、連絡を受けたのは確かなのですが、自分で手続きをしたかは

記憶が怪しくてあやふやです。もしかしたら金融機関さんにて他の件で金消とかした時

委任状を書いていたかもしれませんが、忘れてしまいました。ともあれ、東京法人で

コロナ融資を借りた時の印紙代が戻ってきていることは確認できました。ありがたい。



新規開拓の金融機関さんは、先日お電話があり、コロナ融資の印紙代が返ってくるので

記入する書類を送る、という電話がありました。その後ほどなくして書類が届きまして

金融機関さんが融資したよと証明する証明書が1通と、印紙代を返してくださいという

申請の書類が3通。これに署名押印や必要事項の記入をして、所轄の税務署に直接

送るという感じでした。



3枚同じことを書く必要があり、だるいなーと思いながら対応したのですが、

後からよく見たら税務署のホームページで同じものの直接PCで記入できるやつが

ダウンロードできたみたいです。しまった、こっちに早く気づいていれば、手書きで

書類を書く必要なかったな・・・。説明をよく読まずにすぐ始める悪い癖です。



金融機関の担当さんとも電話しながら、一通り書いて税務署さんに送付しました。

これでしばらくしたら印紙代が振り込まれるはずです。まあ、言っても2000円という

少額ではあるのですが。それでも2000円あればランチ3〜4回食べられますし、

ランチのお寿司なら1回くらい食べられるでしょう。事業をやっていると金額の桁数が

どんどん麻痺していくのですが、たまにこうして金額の重みを再確認しておくことで

その麻痺を少し和らげることはできると思います。



コロナ融資はほぼひと段落した感じです。返済比率、少し低くなったんじゃないかな?

コロナで傷んでいる事業者さんにちゃんと行きわたっていることを祈りたいと思います。

(私も東京12棟目や札幌8棟目で痛手受けてますが、もっと辛い人はいるはずなので)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:50 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

コロナ融資(個人分)が着々と実行されています。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。寝坊したので急いで書きました。

応援クリックよろしくお願いします→



個人へのコロナ融資、無事に実行されてきております。3行中2行が実行済です。

残るは1行。そして貸越とかしてると少しややこしくなることを学びました。



東京法人、仙台法人と既にコロナ融資を受けておりますが、個人事業主としては

売上がそこまで下がらずにコロナ融資は受けておりませんでした。前回書いたブログ

個人事業主としてもコロナ融資を申し込むことができ、3行中2行は満額での承認が

なされたということまで書きました。



なぜか残り1つの金融機関さんだけ承認が遅かったのですが、こちらも無事に満額での

承認が保証協会さんから出たとのこと。まあ、残り2つで承認出てるのだから、

出ないわけはないですよね。なんで1行分だけ承認が出るタイミングが遅かったのだろう

という疑問は残りますが、まあ融資が出たならそれでよし。



さて、無事に全行で承認が出たので、次は実行のタイミングの調整です。



先に承認された2行のうち、1行は承認されたらすぐ家まで担当の方が飛んできて、

金消契約の書類など書くよう手筈を整えてくださいました。そしてさくっと実行。

早かったです。当月ノルマに入れたかったとかあるのかな?



先に承認されたもう1行は、個人情報とか何かの書類を書いてもらうのを忘れたと

いうことで、それを書いて提出して正式に承認を貰うことになるとのことでした。

先週は私がサラリーマンの仕事の出張で東京にいないという話をしておいたので、

今週金消契約しましょうと担当の方は仰っていました。が、未だ連絡はありません。

相変わらずのんびりした金融機関さんです。



承認が遅れていたサブバンクさんに関しても、承認が出てからの動きは素早い

ものでした。出張に行く前に金消契約を済ませ、実行も完了。



ただ、この金融機関さんに関しては、東京13棟目を買う時に総合口座から貸越を

作っておりました。そのため、その貸越分が融資で埋まるのはよろしくないと

いうことで、できれば貸越分を先に現金で一旦返済にできないか、と。



言われたのが金消の日だったので、各行に散らばっているお金をかき集めてくるのは

厳しいと判断。一旦定期を解約して、また同額の定期を作るということで説明をして、

定期解約で対応することにしました。



このまま定期なしだと次の融資にも響きそうなので、頃合いを見てお金集めてきて

定期作らないとだなあ。



というか、メインバンクさんも同様に貸越しちゃってるから、もしかしたらそっちも

同じように現金で一旦穴埋めが必要?まあそうだとしたら、やるっきゃないですね。

ネットバンク使えないところは平日窓口に行かないと振込もできないので、ちょっと

ハードル高いのよねえ・・・。



金融機関さんの話だと、3月末で金利0%などの超優遇措置は一旦終了するとのこと。

継続される優遇措置はありますが、金利0%はなくなるようなので、コロナ融資を

引っ張るなら今のうちに申し込んだ方がいいですよ、と助言を受けました。

私はもう一通り申し込んだので大丈夫ですが、このブログを読んでいる方の中で

条件を満たすけどまだ申し込んでいないと言う方は、早めに検討された方が良いかと

思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:28 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

満額で融資承認出るとは思ってなかった。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。今日はドラクエウォークを全力でやるぞー。

応援クリックよろしくお願いします→



個人事業主としてのコロナ融資、無事に承認が出たようです。3行のうち2行から

承認を得られたという連絡をいただきました。思ったより金額も伸びました。



個人事業主としての売上がダウンしたのでコロナ融資を申し込んだ話を先日書きました

個人で保証協会さんに借入をしているものは3行ありまして、それぞれに対して

元々借りていた金額か、それよりちょっと多いくらいの金額でお申込をさせていただき

結果を待っているところでした。



どうしても個人と法人は一体で見られてしまうので、東京法人で枠いっぱいまで借りた

私としては、たぶんそんなに金額は伸びないだろうなあと思っておりました。

なので、遠慮がちに今までの金額でどうだという感じにした次第です。



東京法人で最後に借り換えしたのが10月だか11月だかで、その時も当初借入金額で

申し込んだのですが、結局今の借入額に少し毛が生えた程度での承認となりました。

今回もどうせそうなるんだろうな〜、なんて思っていたので、元の金額でしか申込は

しなかった、と言う感じです。



ただ、1行だけ残債100万を切ってるところがあったので、そこは倍の200万で

申込をしました。絶対額が小さいから、これはなんとなくいけるんじゃないかなと

思ったし、金融機関さんも少しでも金額が多い方がいいだろうなと思ったので。



そして申込からおおよそ1週間。昨日、3つの借入のうち一番大きな金額を借りている

メインバンクさんからご連絡をいただきました。その結果は・・・



「満額で承諾取れました」

「数日であっさり承諾書が送られてきましたよ」



ほほー、満額!なんだ、よくわからないけど少し余裕ができたのか?それとも保証商品の

枠が違うからこうなったのか?理解が出来ないですが、数ヶ月前の苦戦は何だったんだと

言いたくなる結果です。いや勿論嬉しいんだけど。



そのご、認定を取ってきてもらったサブバンクさんからもお電話があり、こちらも満額。

あららー、嬉しい誤算ですわこれ。手元資金ちょっと増えたぞー。



残りの1行からはまだ回答は来ていませんが、まあたぶん同じように承認されていると

思われます。保証協会さんは同時に申込が来たらバランスよく配分されるようにすると

聞いてますので、2つ満額なら残り1つも満額で固いでしょう。



少し手元資金増えたので、利回り良くなりそうな再建築不可でも買おうかなー?

あ、それを無駄遣いと言うのですね、うへへ。

無駄遣いしないよう、ちゃんと考えてお金を使うことにします。



個人および東京法人としては、昨年1棟も物件は買ってません。一昨年末に東京法人で

買った物件をホテル化したので、だいぶ色々やった気持ちになっていましたけど、

蓋を開けてみたらたいしたことはやってなかったです(笑)

今年は東京でも1つくらい再生系やりたいなあ。



そんな妄想を胸に、とりあえず今回コロナ借り換えがうまくいったところと金消をして

手元資金を増やしたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:26 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

危機関連保証の認定を取りましたが、そこにちょっとした罠が。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。相変わらず肩こりが激しい・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



危機関連保証の認定がとれたと金融機関さんより連絡がありました。個人の分の

保証協会さんでの借入の借り換えに向けて弾みがつきました。



先日、個人の売上が(若干のイレギュラーもあったので)前年同月対比でダウンしている

状態であることを確認しました。ここまで、仙台法人と東京法人はコロナ融資を受けて

おりましたが、個人事業主としてはそこまでの大きな売上ダウンには至っておらず、

コロナ融資の動きは取っていませんでした。しかし、これを機に個人でも既存の

保証協会さんでの借入をより条件が良いコロナ融資に置き換える活動をしようと

思い、一番フットワークの軽いサブバンクさんに相談をした次第でした。

ここまでが先ほど貼った過去ブログで書いたことです。



先日、その対応の一環で金融機関さんが自宅を訪れてくださいました。コロナ禍と

いうこともあり、マスク+フェイスシールドという超厳重な状態で登場。会社の方針で

万が一のこともないように厳重にするようルールが作られているそうです。



売上の推移のわかる資料を見せて、だいたいこんな感じなんだけど4号取れますかね?

と相談しました。持ち帰って検討してくださるそうです。4号を取るには売上の

ダウンが足りないかもしれない(20%ダウンが3ヶ月続かないといけない)けど、

4号認定や危機関連保証など15%ダウンで良い商品もあるので、1月・2月が

今の売上と変わらない前提で何パーセントダウンになるかを見てみる、とのことでした。

変に数字をなめなめして・・・というのも良くないと思うので、今与えられている

正しい数字の中で、正しく判定をしたらどうなるか。その辺ですかね。



どのパターンになってもいいよう、4号認定・5号認定・危機関連保証認定の3種類の

書類と、保証協会さんへの申込書を書くよう依頼されましたので、その通りにせっせと

署名押印をさせていただきました。



そして持ち帰った翌日、金融機関さんから電話が。

「危機関連保証の15%ダウンは満たしているので、危機関連保証で行きます」

「保証協会の融資は商品が変わりますが、4号と条件は同じです」

ということでしたので、ではそれで進めてくださいと連絡。金融機関さんにて代理で

区役所に行って、危機関連保証の認定を取ってきていただきました。



さて、そうなるとこちらも急いで動かなくてはなりません。危機関連保証の認定の

有効期限は1ヶ月。この1ヶ月の間に、借り換えの融資を全3行で実施しなくては

ならないためです。



他の2行にも連絡して、かくかくしかじかで危機関連保証を取ったので、保証協会さんに

相談してほしいと連絡。今週中に各行にお邪魔して書類を書くことになりました。



ただ、その中でメインバンクさんだけが「危機関連保証だと100%保証の商品しか

借り換えできないはず」という気になる一言を発しておりました。



保証協会さんの商品には「80%保証」「100%保証」の2種類があるようです。

(それ以外にもあるのかもしれませんが、私が担当さんから聞いたのはその2種類)

仮に融資した対象が破綻した場合、その債務を100%保証する商品と、80%のみ

保証する(20%分は金融機関さんでかぶる)商品がある、とのことでした。



危機関連保証の場合は「100%保証」の商品しか借り換えできず、「80%保証」の

商品の借り換えができないとのこと。逆に5号認定だと「80%保証」の商品しか

借り換えできず、「100%保証」の商品の借り換えができないとのことでした。



メインバンクさんは自分のところの商品がどっちかを確認すると仰っておりました。

後ほど結果を連携するとのこと。



・・・申請を依頼したサブバンクさんも、もう一つのサブバンクさんも、そんなことは

一言も言ってなかったけど、果たして大丈夫なのかしら?



と思っていた傍から、危機関連保証の取得を代行してくださった金融機関さんより

電話がありました。仕事中なのに何回も電話してきているので、なにか問題が発生して

いるように見えます。もしかして、さっきのメインバンクさんが言ってた保証割合の

問題で引っかかったかな・・・?



休憩中に折り返すと「すみません、うちで使っている保証協会の商品が80%保証の

商品でして、5号認定を取らないと借り換えできなかったです・・・」とのこと。

ああ、やっぱり。



相談の結果、5号認定でも同じ15%ダウンで取れるので、5号認定も取ってきます、

ということになりました。危機関連保証がとれた段階で、前回5号向けに書いた書類は

破棄してしまったので、再度書類を書いて貰いに行きます、とのことでした。

本日来ていただけるとのことです。



5号取ってから動き出した方がいいかな、これは。他行さんにも5号と危機関連保証と

どっちが使えるか再確認しよう・・・。



来週からサラリーマンの仕事で長期出張になるため、今週中に申込書類の記述と

保証の認定書の提出はしないといけません。サラリーマンのお仕事に支障がない範囲で

ギア上げて対応したいと思います。尻に火がつかないと動けない私です。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:02 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする