2017年04月28日

メインバンクさんから物件の紹介をいただきましたが、思わぬオチが・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。スワさん1位おめでとうございました!

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



ちょっと前の話になりますが、仙台法人のメインバンクさんと打ち合わせをしました。

そして物件のご提案をいただきましたが、なんだかなーというオチに。



メインバンクの担当さんから電話がかかってきたのはだいたい一か月前くらいでした。

なかなかはまる物件がなく、持ち込んでは玉砕を繰り返している私にちょっと申し訳なく

思ってくれていたようで、新築の業者さんを紹介したいというお話でした。



やっぱり金融機関さんは新築がやりやすいようで、私好みの利回りが高い築古物件は

あまり食指を伸ばしてくれません。支店でやりたいと言っても本部が止めるということの

繰り返しになってしまうのが問題です。



利回りの高い新築をもっていけば、今度はエリアが離れすぎているとか、札幌なら

地下鉄徒歩圏にしてくれとか、いろいろなリクエストが本部から出てきてアウト。



そんなのが何回か続いたので、金融機関さんとしてもそろそろ融資を通したいという

思惑があるのでしょう。だから、ある程度計算できる業者さんを紹介した、という

感じになっているのだと思います。



こちらとしては、金融機関さんがそう言ってくれるのであれば断る理由はありません。

まあそれでいい部屋ナンチャラのところとか、オレオレパレスとか紹介されたら

担当さんに「なにやっとんじゃー!」と言ってしまいそうですけど^^;



ともあれ、金融機関の担当者さんとお会いするのは悪いことではありませんし、

もしかしたら面白いお話になるかもしれないと思ったので、お邪魔することにしました。



ご紹介いただいたのは、新築も中古も何でもやるという業者さん。

よかった、オレオレパレスじゃなくて(心の声)。

新築の企画をいくつも手掛けているということで、社長が説明してくださいました。



管理を自分のところでやらせてもらうことを条件に、割のいい新築を提案する。

管理を自分のところでやらせてもらうから、無茶なレントロールは提示しない。

楽しく仕事をしたいから、無茶な広告は打たずに、ある程度不動産をわかっている人と

深くお付き合いをしていきたい。



そんな感じの業者さんでした。私としてはなかなか好感触。



過去の実績も見せていただきましたが、どれも場所はいいところで利回り7.5%で

新築を提供している感じでした。供給過剰になっている1Kではなく、1LDKで

その利回りを出しているところは素晴らしいです。まあ1LDKと言っても35平米の

小さいやつなので、図面上は何とか1LDKですって感じではありますけど・・・。

そしてもう一歩利回りあるといいんだけどねえ。



こちらもどんないきさつの法人であるかという説明などをさせていただいた後、

本題の今回提案していただける物件のお話に。



物件として出てきたのは、木造新築利回り8%のものが2現場。いずれも仙台です。

あれ、7.5%くらいで出てくるかと思ったら、8%なのですね。

私がメインバンクの担当さんと「8%はないとやっぱ検討できないですよ〜」なんて

言ったから、担当さんが頑張って押し込んでくれたのかもしれません。



出してもらった物件のうち1棟がまあ比較的悪くないかなという印象ではありました。

前のブログで試算した通り、売却まで含めて試算していくと、8%でももしかすると

検討できるのかもしれないということは理解できたので、この段階で切り捨てるのは

ちょっともったいないです。



難点は、金額が木造のくせにやたらと張ることと、決して一流の立地ではなくて

家賃が高くて手が出ないから仕方なく・・・という感じで選ばれる立地であること。



金額が大きければ当然それだけレバレッジはきかせられるのですけれども、木造だと

10年経過すればもう耐用年数は12年しかありません。銀行融資、難しいですよね。

だからその状態で速やかに売却を成立させるためには、現金購入の方も買いやすい

小さめなロットにしておくことが重要だと思います。現金でも買えないことはない、

という価格帯であれば、耐用年数に関係なく売れる可能性はあります。



今回の案件に関しては、2棟現場であることが図面からわかりましたので、

うまく分筆して1棟ずつバラ売りできるようにしてもらうことが必要と思いました。

それでも小さい金額ではないですけど・・・(5000万以内ならいいよね)



なお、このタイミングで売却前提で買ってもいいものかということを暗に担当さんに

聞いてみましたが、暗に「事業として発展するならそれでいいです」という回答を

してくださいました。うん、某札幌4棟目の融資をしてくれた金融機関さんと違って

柔軟な回答。この点は安心しました。



立地に関しては、業者さんは10年同じ値段で頑張れると言っておりましたけど、

実際はそんなこともなく、普通に落ちるんじゃないかなという気がしております。

私はいつも6年目から10年目で1%ずつ家賃下落するシミュレーションをして

おりますので、その水準からすると10年落ちないというのはちょっと考えにくい。

悪い方向にシミュレーションしておいた方がいいでしょう。



業者さんとメインバンクさんに、この物件なら検討したいと伝えましたところ、

メインバンクさんで概算をはじいてどのくらい融資できるか素案を作った上で

改めて連絡する、ということになりました。この場はこれで解散。



銀行さんとの打ち合わせの後、すぐ現地を見に行きました。古くからの住宅街で

ぼつぼつと築浅のアパートが建っています。戸建用地としてはちょっと古い街で

需要がなくなってきていて、その余った土地にアパートが建っているような

印象を受けました。そういう意味では、将来性は多少微妙かな。



接道している道路は狭いものの、間口が広いので車は停めやすそう。この立地なら

駐車場はある程度ほしいところですが、全戸分つけられる広さがあるのは魅力です。



すごくいいって感じではないけど、銀行さんで融資がついて手出しがないならば

まあ買ってもいいんじゃない?というのが社長である義母と私の感じた感想でした。



帰宅してシミュレーションをすると、10年もって売れば1000万単位で儲けは

出そうということがわかったので、検討の価値ありということにしました。

それなりにリスクはありそうなので、借金抱える金額とリスクとを考慮すると

もうちょっと利益は欲しいところですけどね・・・^^;



そして昨日、メインバンクの担当さんから着信あり。電話に出ると、明らかに声が

さえないトーンです。あー、こりゃダメだったんだろうなと思っていると案の定。



「自己資金を5000万ほど入れていただかないと回らないというシミュレーションの

 結果が出てしまいました・・・。私としてはパッと見た印象はもうちょっと自己資金

 少なくていけると思ったのですが・・・。」



        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄



自分であっせんして自分で検討できませんでしたとは、なかなか芸達者(汗)

とはいえ、頑張ってくださっていることはとてもよく伝わってくるので、この

結論が出た時も特に負の感情は起こりませんでした。むしろ、いろいろと私達の

ために時間を割いてくれて感謝しているくらいです。でもそれと事業としての

判断は別問題。1000万とかであれば検討の余地はあったけど、5000万は

出せません!それだったら高利回りの土地値木造を現金で買った方がいいです。



うーん、これでメインバンクさんから今のご時世で購入できそうな物件というと、

本当に札幌の地下鉄沿線の新築〜築浅RCくらいしかなくなってしまいました。

耐用年数が少ないのはNG、仙台の木造新築NG(RCは高すぎて無理)・・・。

仙台ならもうちょっと頑張ってくれるかと思ったけど、なかなか渋かったです。



気持ちを切り替えて、うまくはまる物件を持ち込むようにしたいと思います。

札幌の築浅8.5%以上のRCとかだな!(いやそんな都合のいい物件今時ないよ)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:09 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

メインバンクさんから業者さん紹介の打診をいただきました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。お花見のピークは過ぎたかな?なんか天気悪いし。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



仙台法人のメインバンクさんからお電話がありました。はて、何だろう?



仙台法人は昨年いろいろと購入に取り組みました。そして購入を検討するたびに

メインバンクさんのところにお伺いを立ててまいりました。しかしその結果はあまり

芳しいものではありませんでした。



札幌市内・地下鉄徒歩圏の木造中古・・・耐用年数超過は扱えないということでNG

札幌市外の新築・・・支店は乗り気でしたが、本部がエリア外というからNG。

札幌市内・地下鉄徒歩圏の小ロット築古RC・・・ロットが小さいということでNG

札幌市内・地下鉄徒歩圏の大ロット築古RC・・・耐用年数内しか出せないのでお断り



結局、仙台法人では木造中古をメインバンクさん以外で購入するにとどまりました。

こちら、15年融資なので返済比率はそこそこ高めになっていますが、今のところ

お金はきちんと生んでくれているので、まあよしとします。



そんな感じで、昨年はメインバンクさんとはあまり良いお取引ができずじまいでした。

定期的にお邪魔して情報交換はしているのですが、なかなかその先に進んでいきません。

要は新築がいいんでしょうけど、そんなにいい新築はぱっと出てこないですもん・・・。



札幌だって仙台だって、今は新築8%あれば利回り高いって言われる時代です。

8%だったらRCで35年引けば確かに回るけど、木造で25年とかだったら

とても回るとは言えない数字です。それってどうなのさ?と思ってしまいます。



札幌はRC主体だけど、仙台は建築費の兼ね合いもあり、利回りを出すには木造です。

木造25年で8%じゃねー・・・。基本的に自己資金は入れたくない人ですから、

まずそもそも数字的に回りません。



メインバンクさんから情報をいただいたこともあるのですが、新築で利回り7%台だと

さすがに私には購入できません、とお断りせざるを得ませんでした。



耐用年数超過の案件を土地としてみて取り扱ってくれるなら、仙台でももうちょっと

よさそうな物件はあるはずなんですけどねえ。なかなか難しいです、はい。

なんとなく口座だけあって取引ができていない信金さんが耐用年数超過でもなんとか

対応してくれる雰囲気を醸し出してくれているので、今度、仙台も築古木造系の情報を

きちんと探すようにしないとなあ・・・。



っと、なんか話が逸れました(いつものことだけど)。

金融機関さんからのお電話の話でしたね。



久しぶりにメインバンクの担当さんから着信がありまして、留守電にメッセージが。

金融機関の方って、留守電に具体的なメッセージは絶対残さないんですよね。

録音を保存されて言質をとられるのがいやなのだろう、と勝手に思っています。



というわけで、具体的な要件はわからないので折り返しをしました。

担当の方から出てきたのは、業者さんの紹介をしたいというお話でした。

支店としてお付き合いしている業者さんがいるから、そこを紹介する、と。

それはありがたいお話です。



基本的には新築の企画をやっている業者さんのようでして、前回ご提案いただいた

仙台の新築もこの業者さんから出てきた情報なのだとか。どれも7%台だったので

お断りしちゃったのですが、結局あのくらいの利回りの情報しか出てこないなら

あんまり意味ないのかなー、なんて思ってみたりもしたものの、せっかくご紹介を

いただけるということであれば、それを断る必要もないかと思いなおしました。



メインバンクの担当さんも、前回私が利回りでNGを出したことは覚えているので

「どのくらいの利回りの目線であれば考えますか?」なんて聞いてきたりします。

立地が良ければ多少利回り低くても考えるし、そこはケースバイケースですねえと

回答しておきました。実際そうとしか言えないわけですし。



今は札幌4棟目や札幌1棟目を売却して、多少は自己資金があります。

これはいいねという立地なら、その自己資金を多少入れることだって考えます。

でも、そうしないと回らない収益性の案件を無理に買う必要もないよねという

思いもあり、なかなか複雑な感じになります。



ファミリー物件であれば、若干利回りが低くても定着率がいいからというのはありますが

これだって面積が広くて原状回復が大変とか、そういう悩みもあるわけですしねえ。



何にせよ、せっかく紹介すると言っていただけているので、ぜひお願いしますと

伝えて、日程の調整をしました。ちょうどおじさんの一周忌で福島に行く用事が

ありますので、その前後ならいいですよという形にしました。



さて、これが新たな出会いになるのか?それともメインバンクさんの顔を立てただけで

終わることになるのか?注目していきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:42 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

マル経融資に対する区の利子補給が実行されました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。いよいよ本日札幌4棟目の決済です。さらば・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



かつて受けたマル経融資ですが、区の金利補助の優遇で少しお金が戻ってきました。



マル経融資は商工会議所が公庫に委託して行っている融資です。金利も安いので

なかなか使い勝手は良いものになっています。条件として商工会議所に入会して

半年の経営指導を受ける必要がありますから、興味がある人は公庫のページなり

商工会議所のページなりを見て内容をチェックです。



当時私がマル経を受けた時のブログは以下となります。よろしければあわせてどうぞ。

申込編

稟議編

承認編



で、返済は順調に行っているのですが、ある日急に商工会議所の担当の方からメールが

届いたんです。何かと思ったら、私の住んでいる区でもマル経に対しての利子補給制度が

開始されました、と。ですので、その利子補給の手続きの書類を送るから、記入して

送り返してくださいというお話でした。



いいですね、利子補給。魅惑的な響きです。だって利子を補給してくれるわけですよ。

まあ借りた金額も利息もたいしたボリュームではないので、返ってくると言っても

たかが知れた金額です。とはいえ、一度払ったものが戻ってくるってのは素直に嬉しい。

断る理由はありませんので、必要事項を記入して返信させていただきました。



それから3ヶ月くらいの月日がたち、すっかりそんな話があったことを忘れていた

私のところに、急に区役所から書類が送られてきました。何だろう、税金の滞納は

していないはずですけど!?(それだったら税務署から来るって)



封筒を開けてみると、どうやらこれはそのマル経の利子補給の承認の封書でした。

無事に承認されていたようで、昨日付けで振り込んだよというご連絡の用紙でした。

そっか、役所の年度末にまとめて一年分振り込まれるってことか。なるほど。



紛らわしかったのがこの書面のタイトル。

「○○区小規模事業者経営改善資金利子補助金交付(却下)決定通知書」

と書いてあるので、え、却下されたの!?何か悪いことした!?とびっくりしました。

「交付もしくは却下の決定通知書」という意味だったようです。私は「補助金交付が

却下された決定通知書」だととらえて、なにごとかと焦ったのでした・・・。



払った利子の金額がそんなに大きくない(金利も低いし金額も少ないから)ので、

まあそれほど大きな金額ではありません。それでも、普通に飲み会に何回か参加できる

程度の金額が戻ってきています。ありがたいことです。



利子補給するということは、それだけ優遇するから頑張って区の経済成長に貢献してねと

いうメッセージだと思います。私も順調に事業展開をして、地域貢献できるように

頑張っていかなくては、と気持ちを新たにしました。けっこう地元近隣で物件も

購入しているし、そういう意味ではしょぼい個人という枠組みで考えれば、地域貢献は

そこそこできていると思うんですよね。今後も地元近郊狙いで頑張ります。



最近は日本政策金融公庫が不動産賃貸業向けの融資を縮小し始めているという話を

ちらほらと耳にします。そういう流れの中で、公庫から直接お金を借りるのが難しく

なっていく可能性は高いですが、商工会議所はまたそれと別な考え方になっていると

推察されます。同じ公庫から借りる形なら、マル経で借りた方が今後は借りやすいかも、

とか思ったりした私でした。表のドアは閉じても、裏口から入れます、と。

年数は10年が限界なので、購入にはあまり向いていないんですけどね・・・^^;



資金調達でも、いろいろな引き出しがあった方が事業は有利に進められるはずです。

この辺、しっかり考えて情報収集しながら今後も進めていきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:20 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

札幌築古RCはNGで断念、住民票がそんなに偉いのか!?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。順位は伸びたけどポイントは微妙〜。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



札幌築古RC、最終的に融資が得られず断念しました。

きっと天から買っちゃダメって言われているのでしょう。残念ですが諦めました。



けっこう大きめなRCの築古物件で、耐用年数は残り10年ちょっとでした。

ファミリー間取りで駅から近く、土地も大きいという点に魅力を感じておりました。



耐用年数を超過して融資を引くことに対しては、そこまで厳しいと思ってなかったです。

メインバンクさんもやる気を見せてくれていたし、札幌6棟目も耐用年数を超過して

融資をつけてくれたところがあったわけですから。利回りも高いし、それなりに

何とかなるだろうと思ってやっていた次第です。



しかし、メインバンクさんからはかなり引っ張った挙句に梯子を外されてしまい

(悪気があったわけではなく、本当に何とか頑張ろうと努力してくれた結果だったから

 そのことには不満はありません)、一気に苦しい展開に。その後もいくつか

当たってみた
ものの、いずれもあまり良い返事は得られません



東京の案件だと、信金さんや信組さんで耐用年数を超過した融資を汲んでもらったり

できるのですが、札幌だとそれがなかなか難しいのです。できなくもない金融機関さんは

いくつか把握しているのですが、今回の案件に関してはうまくはまりませんでした。

初回なので自己資金最低2割とか、前面道路が狭いから資産価値が云々とか、前回の

購入からそんなに期間が空いていないからとか・・・。



いろいろと友人のつてを頼り、札幌は支店だけという状態で、話を聞いてくださる

金融機関さんがないかあたってみたこともあります。しかし、信金さんや信組さんは

ちょっと厳しい感じ。某金融機関さんで制度融資の枠内で金額が小さければ、築古でも

挑戦しますよと言ってくれたところはありますが、今回の築古RCはロットが大きすぎて

そこだと対応しきれないということになってしまいました。



耐用年数を超過しようとすると、やはり信金さんや信組さんのような小さいところに

アタックしていく必要があります。しかし、そういったところは地域貢献を社是として

動いているわけですから、遠方から来た人に対して融資をするなどという離れ業には

なかなか対応してくれません。住民票があれば取り組めるのですが、という声は

割とあちこちで聞きました。



とある友人の投資家さんは、住民票を実家に置きっぱなしにしているそうです。

そのため、ご自身が住んでいるのは東京なのだけど、実家のある地域の信金さんとの

お付き合いをすることができているとか。そういうの聞くと、やっぱり住民票って

大事なんだなあと思います。



じゃあ気軽に住民票移しちゃって融資引いてみる?なんてことも頭をよぎりますが

今住んでいる区の制度融資も使っているので、なかなかそういうわけにもいきません。

行政ルール上、住んでいるところに住民票を移すのは義務になっておりますので、

あまり大っぴらに「住んでないところに住民票移しちゃいました!」と言うのもねえ。



住民票がそこにないと不便なのは、役所との手続き関係が全部住民票をおいている

地域になることでしょうか。印鑑証明ひとつ取るにしても大変です。昔、実の母は

私が一人暮らしで親元を離れた時も「住民票を汚す必要はない」と、実家に置いたままに

させられていました。そのせいで運転免許の試験を受けるために実家まで戻ったことが

あります。あれは面倒くさかった・・・。



でも、実際に2拠点生活とかしている人は、どちらか片方にしか住民票はおけないわけで

そのような実態があり、しょっちゅう行くから別に問題ないよというなら、物件を

購入したい地域に住民票を移すというのもありなのかもしれません。



その場合、今お付き合いしている現住所の金融機関さんとの関係はどうなるの?

という点が気がかりですが、一度口座を開いてしまえば、その後そのことに気付くのは

次の融資を受ける時(印鑑証明がなぜか自治体違いになっている、とかで)です。

それが原因で貸しはがしということもないでしょうし、まあどうとでもなりそうな

気はしております。



サラリーマンしている間は、あまり気軽に住民票を移すことはしたくないのですが

サラリーマンを辞めたら札幌と東京の2拠点生活はありだと思います。その時は

住民票は札幌に置いちゃうという手もありますね。東京は法人で購入していき、

代表は嫁ちゃんなのでそのまま東京に住民票をおいてもらえば・・・美味しいとこを

取れるような気もします。



読者の皆様の中で、住民票を移したりして融資を狙ったことのあるつわものの方が

もしいらっしゃれば、移すことによるデメリットがどれだけあるのか、参考までに

教えていただけると嬉しいです。



またよさそうな物件を探して頑張ります。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:45 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

金融機関さんと深い関係を作るためにしていること。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。トップ10陥落間近!?(汗)

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



小さな金融機関さんと、地道な関係づくりを行っております。



3月に決済することが決まっている札幌1棟目の売却にあわせて、札幌に行ってこようと

予定を調整しております。ほとんど決済に顔を出したことがない私なのですが、今回は

長年お世話になった札幌1棟目ということもありますし、仲介業者さんには札幌6棟目の

購入でもお世話になったということも勘案し、顔を出すことにしました。



どうせ平日に行くなら、現在取引している金融機関さんとの親睦も深めたいところです。

そう考えて、当日の行動予定を組むことにしました。



まず、札幌4棟目と札幌6棟目を融資していただいている金融機関さんです。

ここはまだまだ取引を拡大していきたい金融機関さんです。個人として札幌の物件に

融資してくれる貴重なところであると共に、仙台法人が新規に取引できそうなので

その両面から攻めていくことができると思っております。金利が安くないのは難点ですが

非力な私としては、大事にしなくてはならない金融機関さんです



先日、札幌6棟目の決済の時に、決して強要とか融資条件ではないのですが、今後

融資以外の取引もぜひ検討してほしいということを仰っておりました。その意図を汲んで

売却益の一部を定期預金にすることにしました。預金ノルマもあるでしょうから・・・。

担当さんに電話してその旨連絡すると、大変喜んでくださいました。



裏話的なところで言うと、本当は別の金融商品とかをお願いしたかったらしいのです。

そっちのノルマの方がきついのと、本部からの評価が高いのでしょう。たぶんですが

カードローンとかそういうものだと思われます。しかし、私が札幌に住民票がないため、

本部側が札幌の支店が地元にいない人にそういった商品を勧めるのはいかがなものかと

難色を示したらしく、預金取引に落ち着いた、ということみたいです。



この辺は同じ支店さんで取引している友人とか、前任の行員さんの話からの類推につき

あまり詳細なことは覚えていない&そもそも多少事実誤認もあるかもしれない、という

ことでご容赦ください。



それから、札幌5棟目を融資してくださった金融機関さんともコンタクトを取りました。

こちらは3月末をもって現在の担当さんが退職されることが確定しているという事情も

ありまして、退職前にご挨拶に行かなくてはと思っていたというのもありました。



こちらは先ほどの金融機関さんに比べてさらに小さいところですので、積金などをすると

喜んでもらえることは知っています。ですので、家賃収入の一部を積金として口座に

残すということ自体はとても喜んでもらえました。



あわせて、両方の金融機関さんに、取引行を開拓したいと言っている友人をご紹介。

別にそのこと自体が私に利益を生むわけではないのですが、金融機関さんに対して

「この人にはお世話になった」と思われることが大事なのだと思います。それはいずれ

別の形で私のところに返ってくるに違いない、と。



金融機関さんとの付き合い方のコツとして、金融機関さんの規模によって、先方に

喜んでもらえる取引というのは変わってくる、というものがあります。



メガバンクさんや地銀さんだと、投資信託などの金融商品を購入する方が関係を作れる。

買うことで担当が固まるので、あとは融資についてその人と相談していけばよい。

市中調達金利が低いため、預金はそれほどほしいわけではない。



信金さんや信組さんだと、積金や定期預金が有効。特に積金は継続的な関係が作れる。

投資信託などの販売にはそれほど積極的ではない。市長調達金利が高いので、預金で

貸付の原資を作っている。そのため、借りたいならまず預けることが大事。



このノウハウを教えてくれたのは、元メガバンカーの先輩大家さん、ジェービルこと

岡本公男さん
でした。何かの勉強会でそういうことをお話されていたので、実際に

意識して会話してみたところ、確かに地銀さんクラスは投資信託やカードローンなど

預金以外の取引を求めることが多く、信金さんや信組さんは定期預金や積金などお金を

預ける行為を大変喜んでくれました。



私が得意なのは信金さんや信組さんといった小さいところですから、取引したいと

思ったところには必ず積金をするようにしています。小さなところから始めて、

徐々に拡大する。そんな流れで進めています。



この間事業計画書勉強会をやった時も「ひろ*さんの事業計画書は小さいところには

有効だと思う」「メガだと金融資産とかそっちを重視されるから、細かく書いても

定量評価をひっくり返すほどの定性評価はしてもらえない」という旨のご意見を

いただきました。言われてみればそうかもなー、と自分でも思った次第です。



小さい金融機関さんと良好な関係を作りながら、難易度が高くて収益性のある物件を

購入していくのがこれまでのスタイルでした。このやり方、どうしても大きな物件は

購入できないため、小さいものをちまちまと買い増していく形になります。収益が

爆発的に増えるわけでもない、歩みが遅い、売り相場の時に売れない、といった点が

難点ではありますが、持ち続けて困るものは買ってないつもりです。



なんかこう、話が脱線しまくってますが、とにかく金融機関さんとのおつきあいは

この商売の生命線です。しっかり関係を作っていくようにしたいと思います。



最後に、本文中に出てきたジェービルこと岡本公男さんが新刊を発売なさいました。








ご本人曰く「初心者向けですが、マニュアルや手順書の類にならないよう、不動産投資を

進める上でのコツや注意点を多く盛り込みました。銀行の融資に対する考え方や

ロジックなど他の不動産投資本にあまり書かれていなことも掲載しており、中級者でも

参考になる内容です。」という説明をいただきました。

今しがた、上の方に書いたようなお話も、もしかしたら書いてあるかもしれませんね。



確定申告前であまり時間的余裕がないため、拝読するのは少し遅くなるかもしれませんが

必ず読ませていただきます。楽しみです!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:44 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする