2017年02月20日

不動産で詐欺にあいそうになった友人のお話。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。昨日やろうと思ったこと、半分くらいしかできず。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



今日は友人から聞いた稚拙な不動産詐欺のお話を書いてみようと思います。

人づてに聞いた話なので、どこまで本当かはわかりません。昔の話なのか、最近の

話なのかもわからないです。ただまあ、確かにそういうのもありえなくはないかなと

思ったので、一つの事例として書いてみようと思います。



その方も既に数棟の収益不動産を持ち、ある程度慣れている方だったそうです。

宅建の資格も持っているということらしいです。



そんな彼が、不動産屋さんの広告で、なんか割安な築古店舗つき戸建みたいなのを

見つけました。割安だし、それなりに利回りも取れそう。ロットが小さい戸建だから

手元資金だけでも買うことができてしまいそうです。



早速不動産屋さんに問い合わせをかけたところ、まだその物件は残っているとのこと。

彼はさっそくその物件に買付を入れることにしました。現金一括払いのつもりだったので

融資の申込とかはしないつもりでの取り組みでした。

現金一括なら特に時間もかかりません。話はサクサクと進んでいきました。



売主さんは近所で飲食店を経営している方、仲介は地元の老舗の不動産屋さんです。

割のいい物件と思った彼は、確実にその物件を押さえるため、手付金を多めに入れて

倍返しでの解約をしづらいようにするということで進めました。



現時点で店子さんはいないということだったので、貸スペースみたいなものをその場で

運営することを考えるか、それとも普通に店舗で賃貸に出すか。広い道路に面して

いるのと、その彼の自宅から近いということから、自分で少し手間をかけて運営しても

いいかなという気持ちで考えていたようです。



そして売買契約当日。話はつつがなく進んでいくのですが、ここで少しだけ違和感。

なぜか謄本が出てこないのです。仲介業者さんに謄本はどうしたか確認したのですが

何やら要領を得ない回答。いやいや、普通に考えて契約当日までに謄本の確認が

できないだなんておかしいですよね、仮に自宅に忘れたにしても、地場の不動産屋さんで

自宅はそんなに遠くないはず。売主さんだって近所に住んでいるんだから、契約前に

ちゃんと見せてください、ということを要求したそうです。



とにかく謄本がないということなので、当日の契約は延期。重要事項説明を受けて、

売契と重説のコピーを受領したものの、署名押印は謄本を確認次第するということで

後日仕切り直しということになりました。

ただ、もう手付金は準備してあったので、彼は手付だけ先に入れたそうです。

契約書に署名する前に手付入れちゃダメでしょと思うけど、不動産屋さんのメンツも

立てなきゃということでそこはそうしたということでした。



その日の夜、不動産屋さんから謄本の準備ができたから明日契約書に署名押印を

お願いしますという連絡があり、予定を調整。あとは買主である彼が資金を持ち出して

支払えば決済ということになります。気分の良かった彼は、前祝いだということで

晩酌をしようとコンビニに向かいました。



コンビニに行く途中に、その購入物件があります。

・・・ん?なぜか電気がついてる。賃貸借契約はないはずなのに、誰なんだろう?

のぞいてみると、見知らぬおじさんが生活感のない空き店舗の中にいます。

気になった彼は声をかけてみることにしました。



話しかけてみると、こてこての関西弁のおっちゃんで、なんやわれ!と最初から喧嘩腰。

今度購入する予定の新しいオーナーだという説明をすると、彼はますます態度を硬化。

「わしはここの前のオーナーと賃貸借契約を結んでおるんやで!出ていかんぞ!」

「金を積まんと出ていかへんで!」などとまくしたててきたそうです。



なるほど、売主が何をしたいか絵は読めました。

安い価格で売っておいて、息のかかった人をそこに派遣してごねさせて、お金を

さらにむしり取るか、思うように使えなくて困っているところに声をかけて、

安い値段で買い戻そうという作戦のようです。特に後者なら謄本を見せたくないと

いう理由もわかります。謄本見せたら、オーナーがコロコロ変わって、しかも何度も

自分が買い戻しているということがばれますから。



話の裏を読んだ彼は、理論武装してその関西弁のおっちゃんを詰めに入ります。

付け焼刃の知識しかない彼は最終的に「わしは今のオーナーに頼まれただけや」と

白状したということ。



翌日の契約。何食わぬ顔をして不動産屋さんに行くと、その仲介の担当の方は

「謄本はサインのあとでお出ししますね」とかいけしゃーしゃーと言ったそうです。

サインさせて後戻りできないようにしてやろうと思っていたみたいです。



彼はおもむろに昨夜の出来事を話し「だましたね?」と不動産屋さんに詰め寄ります。

不動産屋さんは「ちょっと待ってくださいね・・・」といそいそと奥に引っ込みました。

しばらく時間がたってから戻ってきて「昨日の重要事項説明の時に賃貸借契約がある旨

説明しましたよ?」と言いながら、重説の継承すべき賃貸借契約のチェックが「有」に

なっているものを見せてきます。彼は昨日貰っていた重説のコピーを見せて、チェックが

「無」になっていることを確認し、昨日貰ったものと違うと突き放しました。



どうやらこの話、不動産屋さんと売主さんがグルになって買主をだましていたようです。

謄本を見たところ、やはり今の持ち主→第三者→今の持ち主・・・のような動きを

謄本上ではしていることがわかりました。安く売って、難癖つけさせて安く買い戻して

お金を巻き上げていたようです。



なんというか、いろいろと詰めが甘い詐欺ですね^^;

だって、重要事項説明書で「無」をうたって契約しようとしていたわけでしょ?

事実と異なることが出てきた場合、仲介した人が責任を問われる可能性もあると

思うのです。だったら最初からそのページだけすり替えるとか、もっと上手に

やる方法はあると思うんですけどねえ。



あと、別に前日の夜から自分の息のかかった人をその空き店舗に配置する必要も

なかったんじゃないかなと思います。所有権移転した後でも構わないでしょ、と。



総じて、あまり不動産に詳しくない人、初めての不動産取引みたいな人を狙っての

詐欺行為だったのではないかと思われます。言い方が悪いかもしれないのですが、

アホがさらにアホを騙すような構図。



結局彼はその場でさんざんに不動産屋さんをとっちめたらしく、売買契約もしてないのに

手付金倍返しを勝ち取り、しっかり儲けてきたそうです(笑)

免許番号の古い業者さんだったので、地元で変な噂を広められたくなかったのでしょう。

おそらく口止め料の意味合いもあったものと思います。



地面師のようにあらゆるものを偽造してプロでもだまされるような詐欺もあれば、

今回の話のように幼稚な詐欺もあります。不動産は大金が動くので、騙されることも

念頭に置いて、慎重に行動しなくてはならないなと思った次第でした。



気を付けよう、甘い言葉とおいしい物件。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:58 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

売却・賃貸は好調、購入は不調・・・そんなバイオリズム。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在8位です。うーん、ランキングが結構デッドヒート。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



ジャンルにより、好不調の差が激しい昨今です。

賃貸=好調、売却=好調、購入=不調、てなところでしょうか。



賃貸に関しては、札幌4棟目が申込ベースで満室となりました。年末の段階で5部屋まで

空室が拡大していたので、そこから考えるとかなりの巻き返しができたと思います。

埋めるために謝礼や広告料などまあそれなりに積んだので、今月〜来月あたりの

送金明細はかなり残念な状態になりそうですけど・・・(苦笑)



また、札幌3棟目も3部屋空室だったのが申込ベースで残り1部屋まで縮小しました。

仙台1棟目も空室は何とか埋まり、残すは2月末の退去予告に対しての客付のみです。

この間購入した札幌6棟目の空室が2室あるので、残りの空室は4室(退去予告含)。

78室中4室なので、稼働率は95%弱まで回復しました。一時期ほんと危機的な

稼働率だったので、そこからすればだいぶ持ち直した感じです。



売却も今のところ順調です。2件出しているのですが、両方とも買付は受領しました。

札幌1棟目は売買契約の締結直前のところまで進んでおります。融資特約もありません。

昨日、契約書と重要事項説明書の事前確認がありまして、気になる点をいくつか修正して

いただきました。本日郵送されてくるはずです。



こちらの物件、新しく依頼した仲介業者さんから速攻で買付を貰った後、やたらと

買付が殺到しているということを書きました。昨日、さらに別の仲介業者さんから

満額で買付入れたいという話がきてしまい、泣く泣くお断りした次第です。

その勢いがなぜもっと早い段階で出てこなかったのかと言いたい気持ちも若干は

ありますが、こればかりはめぐり合わせなので仕方ありません。



そんな感じで、売却と賃貸はかなり好調ですが、問題は購入です。

買付を入れている案件は3つありますが、うち2つが先週の金曜日の段階で厳しい

状況に追い込まれております。そして残り1つも、昨日NGの連絡が来ちゃいました。



札幌築古RCに関しては、先日のブログ記事を参照ください。こちらの案件については

まだ何とか1番手を確保できているので、次の金融機関さんを探すべくいろいろ打診して

融資審査をしてくれそうなところを見つけました。現在、改めて持ち込み中です。



また、仲介業者さんも協力してくださり、え、そこなの!?という意外なところに

意外なルートから融資付けの依頼をしてくださっているとのことでした。そのルートで

その金融機関さんからOKが出たら、けっこう衝撃的です。常識が覆るレベルです。

何にしても、どこかでまずは融資の内諾を得られないと・・・。



続いて、関東地方中古RCですが、こちらも金曜日に一番期待していたところから

NG判定をくらいました。詳細は先日のブログ記事をご参照ください。

ここはあと2行融資の可能性が残っている金融機関さんがあります。本日までが

買付1番手を確保できる期日なので、今日なんとか結果が出てくれれば・・・と。



うち1行は、昨日も電話でやり取りして、審査にプラスになるはずの話をしました。

先方に感触を聞いてみましたが、一番のネックはやはり距離である、とのことです。

支店からの距離が比較的遠めで、融資審査できるギリギリのエリアだというところが

一番の引っかかりになっているようです。そこを何とか、お願いします!



もう1行も電話で状況確認しましたが、あとは上席と相談して結論を出すだけという

ところまでは来ているようです。こちらは割といっぱい自己資金を求められそうなので

そこのところがきついなあという感じですが、許容範囲の自己資金だったら頑張ります。



最後に田舎新築。こちらはだいぶ時間がかかっておりましたが、昨日ようやく審査の

結果の連絡がありました。こちらも結論からするとNGということでした。



物件の想定賃料が高いのではないか、というところが一番の引っかかりだったようですが

仙台法人としてももう少し内部留保を蓄積して貰いたいということでした。さらに、

購入して数ヶ月の札幌5棟目がどの程度運用が落ち着くかを見てからにしたい、という

意見もあったようです。けっこうそういうこと言う金融機関さんは多いのですが、

札幌5棟目って満室で購入していて、今のところ退去無しなんだし、別に大丈夫だと

思うんですけどねー・・・。うーむ。



もう少し期間を置いてから、札幌市内の新築とか持ち込んだらやりやすいですかと

聞いたところ、それだと審査しやすいということでした。次はそういう案件を

持ち込もうかな。自己資金けっこう要求されそうですけど^^;



こちらに関しては、正直もう代替で検討できる金融機関さんがない状態です。

心当たりのある金融機関さんにあたってみたものの、なかなか厳しい情勢。

1つ融資してくれそうなところは抑えてるんだけど、ここもやっぱり札幌5棟目を

買ったばかりだから、もう少し様子を見させてくれというスタンスなのです。

いろいろうまくいかないもんですねー・・・。リリースせざるを得ないかな。



そして低圧太陽光です。こちらもなんと融資審査NGになってしまいました。



仙台法人が関東地方の太陽光を購入するというところでしたので、メインバンクさんは

なかなか難しく、某政府系金融機関さんも「札幌5棟目を買ってからペースが早すぎ」

とか民間みたいなことを言って審査に取り合ってくれません。



結局、ここは信販会社さんでつけるしか今のところ選択肢がありません。

そしてその信販会社さんの審査ですが、私個人では融資審査OKが出ていたものの

仙台法人に私が連帯保証人に入るという条件で付け替えを依頼したところ、NG。

何が違うんだよーヽ(`Д´)ノウワァァァァァン!!



個人で購入したところで、さほどメリットはありません。50%償却を取り、

法人で利益と当て込んでうまいことやるつもりでの購入なのですから。

利回り10%弱くらいを15年融資で購入したってキャッシュフローは出ないし、

なんかもうガッカリって感じでした。融資のあてもないのにキープし続けるわけにも

いきませんので、この案件は泣く泣くリリースしました・・・。



そんなわけで、購入に関しては残念ながらボロボロの状態です。

今は売ることに集中して、買うことは考えるなという不動産の神のお告げなのかしら。



じゃあ他に売る物件があるか?と自分の保有物件を見返してみると・・・



札幌3棟目:2010年購入なので特例がフルに使えるため、まだ売らない方がいい

札幌5棟目:買ったばかり

札幌6棟目:買ったばかり

東京1棟目:短期譲渡、借地なので高く売れない、承諾料等の負担で利益が出ない

東京2棟目:短期譲渡、諸事情により今は売却できない

東京3棟目:一部借地なので承諾料等の負担あり、ロットが小さいので売っても旨味なし

東京4棟目:再建築不可で流動性が悪い、いろいろ化けそうなのでもう少し持ちたい

東京5棟目:自宅近所だからこのまま保有するつもり

仙台1棟目:仙台に保有物件がなくなるのはどうなのかなー、でも売ってもいいかも



正直、東京3棟目〜東京5棟目まではまだ持っていたい気持ちが強いです。

小さい物件だし、3と4はリノベして新築同様で手間もかかりません。

札幌5棟目、札幌6棟目もまだ買ったばかりなので売却ってわけにもいかず。



本当は東京1棟目、東京2棟目あたりは売却にかけてもいいと思っていますが

東京1棟目は試算しても利益が出なさそうなのです。承諾料とかが重たくて。

東京2棟目はもう少し待つと価値が高まるかもしれない事案があるので、ここは

もう少し粘る必要があります。



仙台1棟目は売却もありかもしれません。法人所有なので税金も変わりません。

売るんだったらこれかなあ。でも仙台の会社なのに仙台に物件がないってのも

微妙な気がします。この辺、もうちょっと考えてみようと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

うまの合いそうな業者さんと融資について語り合う。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。トップ10にとどまりたいっ。留まりたいっ!!

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



昨日は楽しい一日でした。3つの予定のうち2つが不動産関係。

やっぱ不動産って楽しいなあと思うんです。それ故に不動産に傾倒しすぎることを

自分で自制しなくてはならないシーンもあるのかな、などと思ったりすることも。



最初の予定は某業者さんとのお打ち合わせでした。融資に関しては割とデビルイヤーな

私なのですが、そんな私が最近入手したのが、東京在住の人に札幌の物件の融資を

イケイケでやってる金融機関さんの話。先日の融資の記事の中で3番目のケースの

事例として触れた金融機関さんのことです。



そこで融資付けをした業者さんの社長とたまたま多少親交がありましたので、

直接社長に連絡して、どこの支店を使っているのか紹介してほしいと依頼しました。

勿論、案件とセットで、そちらの業者さんで何かしら購入する前提でお願いしないと

失礼に当たりますから、こちらの希望条件等お伝えして依頼しております。

銀行情報だけ聞き出すような虫のいいことはしません!



そして紹介していただいた営業マンの方とメールのやり取りをして、融資付けに必要な

情報を送付し、昨日の打ち合わせとなった次第です。



お会いするなり「楽しみにしていました」と営業の方が仰います。はて、何が?

聞くと「いただだいた資料にマニアックな金融機関さんがいっぱい出てくるので、

どんな人なんだろうとわくわくしていました」と。まあ確かに、一般的に使われる

金融機関さん(SOS系+某政府系)は1行しか出てきません。それ以外は地場の

小さな金融機関さんが多いです。足で開拓してますから。



先方が物件情報として持ってきたものがいくつかありましたが、開口一番言われたのは

「売れそうで売れず微妙に残っているけど条件は悪くないと思うものを持ってきました」

と。おお、なかなか私のツボを理解してくださっています。この営業マンさん、

結構好きかも。好みを理解する能力にたけていて、金融機関開拓の重要性をちゃんと

理解してくれています。いい人雇ってますね、社長!



いくつか出てきた情報はいずれも駅からの距離が15分以上なので、第一印象としては

ちょっと微妙な雰囲気でした。その中で比較的気になったのは、平成築のRC物件。

利回り1ケタ台で資料に書かれているのですが、交渉で一昔前のRCみたいな利回りに

落ちつけられるというのです。



理由を聞くと、どうやら接道が何やら微妙みたいで、SOS系が軒並み融資しないから

買える人がいなくて、売主さんが弱気になってきているという話なのです。なるほど。



間取りをもう一度見直すと、15平米以下の小さい1Rばかりの物件です。

将来性ないなー、この間取り。しかも駅から20分近く離れております。

ここだけ見たら完全NG、利回りはいいけど埋まらず、接道微妙で売るに売れない

残念な物件が誕生しそうです。



ただ、この地域に関しては、過去に一度物件調査をしに行ったことがありまして、

駅から見てこの物件がある方向は比較的にぎやであることは理解しておりました。

かつ、地図を見ると意外と工場とかが近所に多く、スーパーとドラッグストアも

徒歩10分圏内。そして平地にあるように見えます(高低差が激しい地域の物件です)。



家に帰ってからの話ですが、そのエリアに詳しそうな方数名とやり取りをしました。

結論としては、そこまで良くもないけどそこまで悪くもなさそうな感じだなと理解。

少し前向きに取り組んでみようかな?という気持ちになりました。



関東圏では、借地の新築とか耐用年数超過とかそんなのばかりやっていましたので、

融通の利く信用金庫さんや信用組合さんとしか取引をしたことがありません。

この辺で地銀さんや第二地銀さんも少し開拓したいなあと思っていたこともあり、

今回貰った案件はそういうところに使えるかな、と思ったりもした次第です。



先日お会いした某散歩の会の偉い方から、第二地銀さんを紹介できるという話を

個人的にしてもらっていました。あとは某赤鬼な感じの方からも似たような地銀さんを

紹介して貰えるという話を貰っています。さらに、東京4棟目の返済のために口座開設を

した某地銀さんにもアタックをかけることはできるでしょう。

この物件をだしにして、金融機関さんとのお付き合いを広げるというのは良い案かも。



接道が微妙というその真意がその場にいる人は誰も把握していなかったので、その点を

再度調べなおしていただくことにしました。そこの結論が出てからですね、動くのは。



その後もその業者さんとはいろいろ話をして、こちらのやっている金融機関さんの開拓や

こちらで持っている情報と業者さんの持っている金融機関さんの組み合わせをしたら

業者さんにとって面白いビジネスになるんじゃない?みたいなことを思いついたので、

そのアイディアを話しました。業者さん「私の方が勉強させていただきました」と

言ってくださったので、個人的には満足です(笑)



週明け、すぐに某地銀さんに打診して与信を見てくれるそうです。

ここが開拓できると、前々から進出したかった地方の案件の選択肢ができます。

札幌を個人で購入する選択肢がまた一つ増えるので、是非成就させたいところです。



先日ブログに書いた通り、個人の保有物件を少し売却するための動きを取ってます。

減った分少し個人で買ってもいいんじゃないかなと思ったりしていますので、

そこに向けて少しでも金融機関さんとの関係を作っていきたい。そういう思いで

いろいろと活動していこうと思います。



この後健美家新年会に参加したのですが、思いのたけがこもりすぎて長文になりすぎて

しまいましたので、明日に回すことにします。

(健美家さんの大ファンです、私)



ところでランキングですが、一昨日一緒に飲んだふんどし王子に追い抜かれそうです!

「ひろ*さん、ロックオンしましたからね?(にやり)」と面と向かって言われたので

ちょっとこっちも意地を見せなくては。

というわけで、是非こちらをクリックしてお帰りいただけますと幸いです→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 13:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

不動産投資家にもいくつかの世代がある。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在7位です。早起きして札幌に向かっています。眠い・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



不動産投資業界(といえばいいのでしょうか)にも変遷や世代があります。

そして意外と世代間交流はできていないなあと思うのです。



昨日は少人数で割とこってりめに不動産談義をしておりました。そのメンバーの中には

幸田伸行さんの姿もありました。



ここ数年で不動産投資を始めた方にはあまり馴染みのない名前かもしれませんが、

ほんとすごいんですよ、この方。私も大変お世話になりましたし、幸田さんのおかげで

培われた人とのつながりに助けられたことも少なくありません。私の賃貸経営に大きな

影響を与えてくださった方です。



まだサラリーマン大家さんが今のようにメジャーではなかった時代。コンテンツも

さほど多くなく、セミナーや情報商材もあまり多くありませんでした。そんな中で

幸田さんは「サラリーマン流不動産投資道場」というコンテンツを立ち上げ、様々な

情報発信をされておりました。有名大家さんとして賃貸住宅フェアに登壇されたことも

あり、飲食ビジネスや子育て移住など、今は不動産の枠にとらわれず様々な分野にて

活躍されております。



私の勝手な定義ですが、サラリーマン大家さんって3世代くらいに分類できるのでは

ないかと思っております。



第一世代が、サラリーマン大家さんの草分けである藤山勇司さんや山田里志さんあたりの

本を読んで不動産投資を始めた世代。リーマンショックの少し前くらいまでがそこに

当てはまると思います。2001年〜2007年くらいでしょうか。幸田伸行さんや

赤井誠さん、投資家けーちゃん、吉川英一さんなどが当てはまると思います。



第二世代が、リーマンショック前後から東日本大震災を経て今の不動産バブル手前で

物件を仕込んだ世代。私もこの世代だと思いますし、実際にこの世代の方との交流が

多いのではないかと思っています。2008年〜2013年くらいでしょうか。



第三世代が、不動産バブルに入ってから目覚めた世代。第一・第二世代は売りに走り、

それを第三世代が購入するような構図になってきているように感じます。



銀行さんの融資姿勢もだいぶ変化しておりますので、第二世代序盤デビューの私には

銀行員さんが「利回りいいですね〜」とか言っちゃう時代が来たことに驚いてます。

私が勉強していた頃は、銀行員さんは投資にはお金を貸さず、事業にお金を貸すから

利回りとか言っちゃダメだと教わっていましたから。



複数の案件が同時に動くことに関しても、昔ほどうるさくなくなりました。

同時に複数法人を作って同時決済とか、そんなことをしないと複数物件なんて一気には

購入できませんでしたが、今は普通にいくつかの案件を持っていって「どれが一番

やりやすいですか?選んだやつ以外は他行さんに持っていきますんで」的なことを

平気で話せるようになりました。



時代は刻々と変化しているので、その時代に追いつけるように知識を向上させていく

必要があります。ただ、世代ごとに必要としているセミナーや勉強の内容が異なるため

3つの世代が交わる場というのがなかなかないよねえという気がしております。



第一世代・第二世代の人から見たらクソセミナーだと思ったとしても、第三世代で

まだ知識が十分でない人には一つの指針になるようなものもあります(値段の多寡は

置いておいて・・・)。ただ、第一・第二世代の人はそういう勉強会に参加しません。

ここに世代間の壁が生まれます。



昔は誰だってひよっこだった時代はあるんです。

業者さんの無料セミナーをカモがネギ背負っていくようなものだと鼻で笑って見ている

人だって、かつてはそういうセミナーに参加して勉強していたこともあるでしょう。

時代は繰り返しますし、最初の頃にはどのような知識であっても貪欲に仕入れたくなる。

そんな時代があると思います。



で、このひよっこの頃に同じようなセミナーに足しげく通って居た人と、懇親会の場で

名刺交換して仲良くなり、そうやって少しずつグループが作られていくわけです。

そのうち、グループの中だけで勉強が完結できるようになり、セミナーから足が遠のく。

そして初心者の方が参加しているセミナーに物申したくなる、と。時代は巡ります。



いいじゃないですか、どんな勉強会に参加したって。

ベテランの人が偉そうな顔をしていたら、お前だって●ー●アス●ァ●●リーの残念な

セミナーにドヤ顔して参加してただろと言ってやればいいんです(私はそれ言われたら

恥ずかしくなりそうです・・・)。



この3つの世代が交われるような座談会とか懇親会とかやれたら面白いなあ、なんて

昨日の会合をやっていて思いました。昨日はたまたま第一世代〜第三世代が揃っていて

話の内容や価値観のそれぞれの違いを興味深く聞いていたものでして。



大ベテランの方も、今時の世代の人の話を聞くと初々しい気持ちになったり勉強に

なったりすることはあるでしょうし、今時の世代の方が大先輩のウンチクを聞くのも

また勉強になるのではないかと思うわけです。



優先度は高くないですが、自分が落ち着いたらそういうの企画してみたいなあ、なんて

考えた昨日の会合でした。まあ言ってもしばらく落ち着く見込みもないんですが。

買付入れてる物件が一通り片付き、仙台法人の決算と来期のための仕込みなどが済んで

ようやく次の企画に入れるぞ、という状況なものですから。



こんな感じの企画、どのくらい興味がある人いるんでしょうね?

よかったらコメントなどで興味度合いを教えていただければと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:36 | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

iPhone7 Plusを買うならどのキャリア?そして法人契約がいろいろ残念すぎる件。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在28位です。もう10日も咳が出っぱなし。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



法人名義の携帯なんて、あっても意味ないどころか面倒くさいだけだわ、これ。

つくづくそう思った先週の週末でした。



不動産賃貸業で法人を持っている人だったら、法人名義で携帯電話を契約することを

一度は考えたことがあるのではないでしょうか。法人の口座から直接お金を払えるし

大手を振って会社の経費にできるというメリットがあります。



ただ、私の場合は税理士さんに相談したところ「携帯の利用自体がほとんど不動産の

関連の電話ですよね?」と確認されており、その通りですと答えたので、個人名義の

携帯もすべて経費になっております。実際、銀行さんとか不動産業者さんとかとの連絡、

大家さん仲間との連絡とかにばかり使っていて、不動産と関係のない友人との連絡には

ほぼ利用していない状態です。そもそも連絡とってないという話もあります^^;



ですので、法人名義ってあまり私にとって意味はない状態です。どちらかというと、

機種変更がめんどくさいとか、サービスレベルが落ちるとか、そんなデメリットばかり

感じている今日この頃。



先日も法人契約であったせいで、機種変更しに行ったのに機種変更できずじまいになる、

という残念な話がありました。



仙台法人名義で買っている携帯がだいぶ古くなったこと、そもそもスマホ2台持ちが

あほらしい感じになっていたことなどもあり、処遇をどうするか考えておりました。

で、今持っているメインの個人名義携帯をスマホではなくガラケーに戻して通話専用に

変更し、仙台法人名義の携帯をスマホにすることを思い立ちました。ガラケーで電話を

しながら、スマホでスケジュール等チェックできれば便利ですからね。



手始めに仙台法人のスマホをiPhone7 Plusにしようと思います。

今みたいにカケホーダイがない時代に、PHSなら10分無料だからということで

会社でWILLCOMを買ったのですが、その後カケホーダイプランが出てきたので

すっかり使わなくなってしまい、ほこりをかぶっていました。これをMNPでキャリアを

変更して、iPhoneにしたいと思った次第です。



そんな感じのことを考えながら、携帯のお店に行って相談しました。

必要書類として「登記簿謄本もしくは印鑑証明」「法人印」「名刺や社員証など」

「本人確認書類(免許証など)」の4点が必要ということで、すぐには受け付けて

貰えませんでした。また、支払をクレジットカードにするなら法人名義のカードが、

支払を口座振替にするならキャッシュカードと銀行印が必要ということでした。



ちなみに法人印は法人の名前が入っていればなんでもOKみたいです。実印である

必要はなさそうでした。



仙台法人の銀行印は仙台にあり、法人名義のクレジットカードは持っておりません。

auに電話して聞いてみたところ、その場合は請求書払で契約すればよいとのこと。

方向性としては、請求書払でいこうと思います。



さて、書類をすべて揃えて改めて某家電量販店にリサーチに行きました。

iPhoneは各キャリアから出ていますが、それぞれのキャリアごとの違いって何だろう?

回線品質の差はあると思いますが、国内で使う分には今となってはそこまでの差は

ないと思います。となると料金体系やサービスの内容なのかなと。



iPhone 7 Plus 256GBを今回買おうと思っていますので、その前提で比較しました。

支払方法は割賦払いです。



ドコモ

月額料金は他の2社に比べて高かったです。本体料金が高いみたいです。

保険プログラムとして、アップルケアとドコモ独自の2種類がありまして、

アップルケアは2年でおしまいだけどドコモ独自ならそれ以上に保証するとのこと。

どちらか片方のみ加入できます。ドコモ独自の方が少し手厚い印象を受けました。

キャッシュバックはあまり期待できない模様。



au

月額料金はドコモより安く、ソフトバンクと変わらない感じでした。

パケット量の契約が細かく刻んであるのは良かったです。他社は2GBの次が

5GBなのですが、auは3GBのプランもありました。

保証はアップルケアが基本ですが、スマートパスに加入していると差額の修理代を

保証してくれるサービスがあるとのこと。両方加入すると少し割高な感じもしますが

よく携帯を落としたり壊したりする私にとっては良いサービスと思いました。

キャッシュバックはドコモよりは頑張っている印象。



ソフトバンク

月額料金はauと同じですが、パケットの刻みがドコモと同じで2GBの次は5GB。

保証はアップルケアのみで、3社の中では一番手薄な印象を受けました。

キャッシュバックは一番頑張っていました。



総務省からの指導もあり、各社キャッシュバックを全面には押し出せないのですが

迷っているとこっそりサービスしてくれるようですので、店員さんに臆せず相談を

してみるのがいいと思います^^;



ドコモは端末料金が高い分割賦払いの2年間は割高ですが、3年目からは他社と

それほど変わらない水準になり、かつ2年以上の長期保証もついているから、

あまり頻繁に機種変更をしない人にはいいと思いました。



ソフトバンクは安く初期費用を抑えたい人向けです。初期費用をキャッシュバックで

けっこう返してもらえます。月々の支払もドコモより安く、ランニングコストを

抑えることができる印象を受けました。ただ、イレギュラー(故障や紛失など)が

あると、割と高くつく気がします。



auはドコモとソフトバンクの中間くらいですね。キャッシュバックもそこそこ、

保険もそこそこ。ランニングコストもそこそこで、サポートもそこそこって感じです。



私はソフトバンクにしようと決めました。今日契約してくれればキャッシュバックを

割り増しするとこっそり言っていただいたためです。はい、簡単に釣られてます、私。



そしていざ契約の手続きを進めたのですが・・・

なんともかんとも、途中で判明したのですが、ソフトバンクは請求書払いが選択できず!

よって、銀行印がなくクレジットカードもないという点から、契約不可とのことでした。

うーん、痛い。無念すぎる。



仕方がないので次にキャッシュバックが多かったauで契約しようと移動。

しかし、法人契約だとキャッシュバックはないということを急に言われ愕然。

でももうMNPの番号とっちゃってるし、また来るのも面倒だから、やるしかないかと

思って契約する旨を伝えました。



そして契約手続なのですが・・・なぜかちっとも終わらない。どうやら法人契約なので

審査に時間がかかっているということみたいです。一時間くらい待っても回答なし。

30分ばかり席を外し、お茶を飲んで戻ってきてみると、書類が不鮮明で送り直しと

言われてしまって、お店も困っているようでした。しかも何が不鮮明なのかがわからず

伝えてきた人は法人担当ではないので具体的な内容がわからない、と。なんだそれ。



法人担当から折り返し電話するみたいな話なのに、その電話もなかなか来ません。

書類を送りなおしてから、また30分くらいかかってしまうだろうという予想を

店員さんから聞いて、もう完全にやる気なくしました。キャンセルして即退出。



というわけで、法人契約には何もメリットがないなあとしみじみ思った私でした。

どこかで法人契約を個人契約に切り替えてしまおう。その方が気楽でいいや。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:40 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする