2020年05月09日

自宅の外壁塗装も一つの経験になる。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。本日も必要火急の用事で出かけますが、密は避けますよ。

応援クリックよろしくお願いします→



何事も自分が当事者になって経験してみないと、わからないことがあるものです。

この度、自宅の外壁塗装を行いました。その感想などをつらつらと。



自宅の外壁塗装をしようと思い立ったのは、ここまで新コロの影響が濃くなっていない

2月の終わりくらいだったでしょうか。サラリーマンを辞めたいと思うようになり、

逆にサラリーマンでないとできないことを薦めようと思った私。その最たるものは、

やはりサラリーマンの与信をフル活用できること・・・ローンやクレジットカードです。



クレジットカードに関しては、ちょうどキャンペーンもあったので、サラリーマンを

辞めたら上級会員になろうと思ってANAカードを作っておきました。

ローンに関しては、セカンドハウスローンとかそういう個人の与信を重視するものを

引っ張りたいと思ったのですが、そんなにホイホイと購入できる物件が出るわけもなし。



そんな時、東京13棟目のリノベーションや東京10棟目の外壁塗装を施工いただいてる

施工業者さんに、自宅の汚水管が破損してトイレが使えないという状況の修理を行うため

見積をしていただきました。その時ふと思ったのです。築年数を考えても、そろそろ

外壁塗装をしてもいいんじゃないかな、と。



しかもこの業者さん、信販会社さんの提携ローンがあります。15年で融資が引けて

金利も1%台。残念ながら、スルガショックの後収益向けにこの融資は使えなくなって

しまいましたが、自宅なら使えるかも?



施工業者さんに相談してみると、信販会社の融資は使えるんじゃないかという回答。

信販会社の営業さんに事前に聞いてくださったようです。たぶんこれもサラリーマンの

属性があるうちじゃないと引きづらい融資のはず。築13年なのでまだ早い気もするけど

やっちゃいますか!ということで、自宅の修繕も勢いで行うことになりました。



足場をかけて、汚水管の修繕をして、外壁を塗装して、コーキングを打ち替えて、

屋根も塗装して・・・そこそこ考えられることは一通りお願いした認識です。



信販会社さんの審査結果が出る前に着工。足場がかかってまず思ったのは、家の中が

妙に暗くなったなあということ。足場をかけて、防音用?のネットが家の周囲を覆うので

陽の光もさえぎられるのだろうと思います。そのため、昼間でも家の電気を点けて

生活することになりました。



そして作業が始まると、当然ながら職人さんが足場に乗って外壁の作業をします。

職人さんにとっては、別に中の人がどんな生活をしていようと気にならないものと

思いますが、生活する側はそうもいきません。私は比較的気にしないタイプなので、

普通にレースのカーテンだけでしたが、人の目が気になる嫁ちゃんは厚手のカーテンも

閉めて生活することに。特に寝室がそうなったので、朝になっても暗いままで時間の

感覚に戸惑うことがありました。



それから、職人さんの世界なのでやっぱり何かと言葉が荒いところも。

そんなに頻繁ではないものの、ごくたまに「おい、何やってんだよ!」みたいな怒号が

飛んでいる時がありました。職人さんの世界なので上下関係厳しいんだろうなあとか

思いながら私は聞き流してましたけど、人によってはストレスになるだろうなとも。



職人さんにペットボトルのお茶を差し入れしたり、コストコで買った大量のマスカットを

おやつの時間に出してみたりと、一応こっちも気を遣ってました。私自身はそれ自体は

苦にならないので良いのですが、そういうのをおっくうに思う人は大変だろうな、と。

(うちの嫁ちゃんは割とそのタイプ)



一通り工事が終わって、足場が取れた時「あぁ、世界はこんなに明るかったのか」と

思いました(ちょっと大げさですが)。



たまたま今回、私も新コロのせいでテレワークになっていましたので、実際に職人さんが

動いている時間に自宅にいることが多かったので、いつも家にいる状態で大規模修繕に

なるとこういうことを感じるんだな、という体験を自分自身でできたのは良かったです。

普段は大規模修繕を施す側ですから、入居者様が大規模修繕している最中にどのような

不満を持つか想像ができる、実際に何かしらのクレームがあった時にも現場を想像して

対応ができる、という点では良い経験になったと思います。提供される側の立場になって

動くというのは大事なことですから。



あ、そうそう。修繕が終わる前に無事リフォームローンの審査はOKが出ました。

良かった良かった。サラリーマンを辞める前に使えるローンは使っておこう、という

当初の目的は達成です(目的と手段が入れ替わってないかって?そうかも・笑)。



外壁は無事に綺麗に塗られ、コーキングもぷよぷよした良い状態になりました。

施工中に発見された雨樋の不備も直して貰ったので、大変助かりました。

しかも、特に何も言ってなかったのに、エアコンカバーや雨樋など、白っぽい色で

目立つところを黒に塗ってくださいました。外観がぐっと締まった感じがします。



この経験もきっと活かせる時が来るでしょう。普通に、ピカピカになった自宅に住むのは

気持ちいいですし、経験値も得られて言うことなしです。ありがとうございました。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 10:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

テレビ会議ツールを活用する文化の定着が新コロの数少ない功績。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。今日は会社を中抜けして金融機関さんへ行ってきます。

応援クリックよろしくお願いします→



緊急事態宣言も延長され、ますます人との接触の自粛が要求される中、Zoomなどの

テレビ会議ツールを使ったコミュニケーションが一般化するのだと思います。



濃厚接触は避ける、3密は悪。新型コロナウィルスにより、世界は激変しました。

でも、その変化や制約の中で、できる限りの最適解を見つけ出して順応できるのが

人間の素晴らしいところ。逆境にも負けずに、その中で何らかのイノベーションを

起こすことができるのが人間であり、考えることができる人間の強みだと思います。



人間讃歌は「勇気」の讃歌ッ!!人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!

(ウィル・A・ツェペリ)



・・・ジョジョ読んでない人にはどうでもいいセリフを間に挟みつつ、本題です。



人は根本的にコミュニケーションを欲するもの。新型コロナウィルスにより、

対面でのコミュニケーションを大きく制限されている今も、それは変わらないです。

コミュニケーションに対する欲求を満たすために、人は言葉を生み出したのでしょう。

そしてそれは時代とともに高度化され、手紙・電話・メール・SNSと進化していき、

この新コロ時代にはテレビ会議が脚光を浴びることになりました。



元々、今回の新コロにより脚光を浴びる前からテレビ会議ツールは存在しておりました。

例えば、老舗どころだとSkypeあたりでしょうか。私もSkype英会話を一時期

やっていましたが、あれももう4〜5年前だったと思います。



サラリーマンの会社でも、もう何年も前から多拠点をつないだテレビ会議をしています。

遠方のオフィスにいるメンバーに対して、手元の資料を見せることができることに

感動した覚えがあります。



Appleだって、Facetimeというテレビ電話ができるツールを出しています。

Wikipediaを見ると、初リリースは2010年!今と同じ機能ではないと

思いますが、そんなに前からテレビ会議ツールは存在していたということなのです。

今回の新コロ騒動で、今まで脚光を浴びることがなかったテレビ会議ツールが、

リアルなコミュニケーションを封じられたこの状況で脚光を浴びることになったのです。



そう考えると、すでにある技術の中に革新的なものは既に存在しており、私たちが

その価値に気が付いていないだけ、という状況は他にもあるのでしょう。

イノベーションする能力も素晴らしいのですが、その生まれた技術をどう活かすか。

その観点で日常生活に気付きや変革を求める目線を持つことも大事なのだろうと

思う次第です。



さて、私自身も過去にやっていたSkype英会話以来、久しぶりにテレビ会議ツールを

活用した生活を送っております。サラリーマンの仕事は完全テレワークとなり、

毎日テレビ会議ツールを使ってプロジェクトメンバーと打ち合わせをしています。

慣れてしまえばむしろこっちの方が快適かもしれません。満員電車とも無縁の生活で

通勤時間として使っていた時間も睡眠や不動産の仕事に充てられます。難点としては

運動不足になることでしょうか。通勤したり、ポケモンGOみたいな歩かないと

ゲームが始まらない系の遊びのために歩く距離ってバカにならないんだなというのは

体重の増加でよくわかりました(汗)



それから、不動産関係の方とはテレビ会議ツールを使った情報交換をたまにしています。

平日は例によって仕事が終わるのが遅く、毎日12時間以上は拘束されてしまいます。

その間もだいたい誰かとコミュニケーションしながら仕事しているので、サラリーマンの

仕事が終わった後、改めてテレビ会議というのもなーということで、平日は特に何も

していないのですが、土日の昼間は気が向いたらテレビ会議を招集しています。



主に相手は不動産仲間の方々で、SNSで何となく呼び掛けて突発的に始めるパターンや

大家の会の中で呼びかけて開始するパターン、あとは個別の電話代わりに使うような

パターンもあります。



私は主にZoomを使っていますが、便利ですね。資料も見せられるし、URLだけ

送ればすぐ相手の人も入れます。事前の準備があまりいらないのが魅力的です。

ハングアウトやSkypeはアカウントが必要なので煩雑だし、Facebookの

メッセンジャーは同時接続制限があります。ただ、Zoomの場合、無料プランだと

40分以上の連続使用ができないのが難点ですね。



テレビ会議であれば、その気になればいつでも会議に参加できるのも良いです。

リアル会議だと、場所の確保や移動時間及び交通費の工面が必要になりますが、

テレビ会議ならその時自分の身体が空いているかどうかだけです。気楽です。



今までどうしてこれを使いこなそうとしなかったんだろう、と思ってしまうくらい

いいこと尽くめな印象です。



まだ活用したことはないですけど、たぶんこれ、札幌の管理会社さんとの打ち合わせにも

使えると思います。例えば、原状回復がどの程度必要かということに関して、今までなら

写真と見積でやり取りしていましたが、今後は時間が合うならテレビ会議で対応できると

思います。札幌に行かずとも、管理会社さんが携帯片手に現地を見せてくれて、

見積のどの箇所はどこを修繕するつもり、などの情報を入手できます。



こんな便利なツールを知ってしまった以上、新コロが収束してもテレビ会議の活用は

続くものと思います。サラリーマンの仕事でも、きっと事情がある人はテレワークが

摘要され、子育て勤務や介護勤務など多様な働き方ができることになるでしょう。

セミナーも今後はオンラインが主流になるのではないかと言う予感がします。



新型コロナウィルスは確かに厄災でしょう。ただ、そこにも功罪があり、これを

乗り越えることで、人類にとっては新たな生活様式の獲得がなされるものと思います。

そんなワクワクする未来を妄想しながら、今は感染拡大防止活動に邁進する。

そんな時期なのだろうと思います。



というわけで、ここを見ている管理会社さん、今度テレビ会議しましょう(笑)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

誤算が多い中、動き回ってくたびれた一日。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。仕事したくな〜い。だらだらした〜い。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日は会社をお休みにして、融資の関係で都内をうろうろしてきました。

いやはや、想定外のことが多くて疲れました。



昨日の外出の目的

1.既存取引行にてセーフティーネット4号の認定に伴う都の保証が付いた融資の

  実行をいただく

2.新規取引行にてセーフティーネット4号の認定に伴う区の斡旋融資の申込をする



1については、事前に書類の記載は済んでおり、あとは個人の印鑑証明書を添付すれば

完成する状態でした。なので、個人の印鑑証明書を取得の上で金融機関さんに書類を一式

持参すれば、それでおしまい。



2については、4号認定の期限が近々切れてしまうので、その前に申込をしておきたい、

かつ、サラリーマンの仕事が異常に忙しく、平日出歩けるタイミングがなかなかないから

GWの半分お休みみたいなところにそのタイミングをつっこむしかない、という感じで。



1は個人の印鑑証明書が必要で、先に嫁ちゃんに取りに行って貰う予定だったのですが

なんと印鑑カード行方不明という残念な事案が発生してしまい、事前に取得することは

断念せざるを得ませんでした。私が行って再発行しないといけないということだったので

動ける日に一気に行くしかないな、と。



2は個人の印鑑証明書と法人の印鑑証明書、あと法人謄本も必要です。それから斡旋の

書類を書いていただくために、法人の納税証明書が必要ということでした。

その上で、区役所で斡旋書類を書いてもらい、金融機関さんに届ける、と。



8:30 法務局で法人の謄本と印鑑証明を取得

9:00 区役所(商工会議所)で斡旋書類の予約



ここまでは見えてますが、その後は予約の取れる時間次第で動き方を変える必要あり。

出たとこ勝負だなあ。

というわけで、できるだけ効率よく動いて早めに家に戻るミッションスタート。



朝一番の8時半に法務局へ。東京法人の印鑑証明書と謄本を取得しました。10分前に

到着して、券売機の前で待機。動き始めると同時にゲットと言う感じで、ここは順調。



区役所にも5分前には到着できました。並んでる人は10人くらい。これだと1時間も

あれば順番回ってくるかなと思ったのですが、予想通り10時頃呼べそうとのこと。

そのまま、区役所で納税証明書も取得。ここまでは順調です。



時間が微妙なのですが、1時間待つのも勿体ないので、個人の印鑑証明書を先に取りに

行ってしまうことにしました。既存取引行さんもそんなに遠くないので、タクシーで

さっと乗り付けてしまえば、時間短縮になるだろうと。



しかしここからが誤算の始まり。まず印鑑カードをなくしているので、再発行の

手続きに思いのほか時間を取られてしまいました。ここで30分以上のロス発生。

10時の呼び出しの時に、たぶん11時くらいに戻りますと伝えてあったのですが

個人の印鑑証明書をゲットした段階で10時半をゆうに超えています。



11時に行くのを諦め、先に既存取引行さんの用事を済ませることにしました。

ここで第二の誤算。タクシーが全然走ってない。配車アプリを使うことも考えましたが

それを待つ間に歩いてしまおうとなぜかその時は考えてしまい、歩きながら流しの

タクシーを狙いましたが、全く走っていません・・・。



結局金融機関さんまで歩いて移動してしまいました。いい運動にはなったけど、

タイムロスは大きかったです。ここで書類を一式渡せたので、お昼くらいには融資を

実行しておきますとのこと。



そこから区役所(商工会議所)に戻り、書類のチェックをしていただきました。

この時点で11時半を超過。新規取引の金融機関さんに状況を伝達すると、ここで急に

できれば4号認定の期限を延長できないか相談してほしい、と。確かに、5月早々に

有効期限が切れてしまうので、あまり余裕がない日程になっています。

でもこれも事前には聞いてなかったので、第三の誤算です。



更に、電話では不要と言われていた書類(認定の時に使ったもの)を求められるという

第四の誤算も発生。商工会議所の方も「お役所仕事で固いなあと思いますけど」と

苦笑いしておりました。幸い、オンラインストレージの中に資料はありましたので、

区役所内のコンビニの多機能プリンターから資料を打ち出し、なんとか対応できました。



商工会議所の方の書類チェックが終わり、その足で区役所の担当部門へ。認定期間延長の

件を区役所の方に聞いてみたところ、新たに認定を取得していただく必要がある、

ということでした。まあそうですよね、順当な答えだと思います。時間がないなあ。

でも取り直すとしたら今日しかありません。明日以降は月が変わるので、認定の対象の

年月が変わります。資料もその分作り直しになり、めんどくさいです。



商工会議所で今日再度訪問して認定の取り直しができるか確認したところ、14時以降で

あれば大丈夫とのこと。この時点で時間は13時ちょっと前。金融機関さんと話をして

今日は斡旋の書類だけ届ける、残りは今日認定を取り直してから後日持参する、という

ことで話を済ませました。



ということで、取り急ぎ認定の書類だけ持参して金融機関さんへ。この時点で13時を

ちょっと過ぎてます。保証協会さんに出す資料や、金融機関さんに出す資料の説明を

受けて、また自宅で嫁ちゃんに書いてもらう必要があることを認識。後日、記入済みの

ものを持参するということでこの日は辞去。



少し時間があったので、松屋で遅めのランチをした後、区役所に戻って書類を書きつつ

順番待ち。2時前には電話で呼ばれたのですが、そこから30分経っても順番が来ず、

焦ります。実は4時からサラリーマンの会社の夕会があり、基本休みでいいけどそこは

参加してという要請を受けておりました。テレワークの弊害だよ、これ。そして

予定時刻を30分以上超過するってのも誤算です。はい、第五の誤算。



こんなに時間がかかると思ってなかったので、会社のスマホも何も持ってきてません。

戻れない場合は無断で会議を遅れたことになってしまう・・・。嫌だなあ、それは。



気が焦る中、2時45分くらいにようやくお声がかかり、商工会議所の方の書類の

チェックに進みました。書類チェック後、区役所の担当部門で認定書類を受領。

この時点で時間は・・・15時10分。何とか間に合うかも!ギリギリでしたので

小走りで駅に向かい、ギリギリで何とか16時の会議に間に合う電車に乗れました。



ドタバタで気持ちの面でも疲れましたし、久々の外出でけっこう歩き回ったので

体力的にも疲れました。そして会議の後仕事で第六の誤算となる情報が飛び出し、

明日(今日ですね)は午前中ゆっくりどうぶつの森でもやってから仕事しようと

思っていたのが、今日も朝からガッツリやらないといけないことに。



会議の後も、昼間いない間にあれやこれや飛んできていた質問に対応したり

なんだかんだやってたせいで、結局お休みのはずなのに半日くらいは仕事を

していた感じになっちゃいました。もう勘弁してくれー。



疲れていたせいか、ビールがやたらと美味しかったので、くいくい飲んであっという間に

酔いが回り、12時になる前に布団で寝てしまいましたとさ。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

いっぱい仕事をお願いした施工業者さんと打ち合わせ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。今日は金融機関さんに週明け提示する書類を作ろうと思います。

応援クリックよろしくお願いします→



昨日は要かつ急な用事で、施工業者さんのところにお邪魔してきました。

信販会社さんへの融資の申込書の記入と、細かい打ち合わせが議題でした。



現在、私は東京13棟目のリノベーション工事と、東京10棟目の外壁塗装と、

自宅の外壁塗装の3つの工事を施工業者さんに依頼しています。最初にこの業者さんに

工事を依頼したのは、2015年の秋だったと思います。あの時は東京3棟目と

東京4棟目のリノベーション工事でした。ボロボロの家がまるで新築のように

生まれ変わった感動は今でも忘れておりません。



あれから4年半が経ち、現在進行形の者も含め、東京3棟目、東京4棟目、東京8棟目、

東京9棟目、東京10棟目、東京11棟目、東京12棟目、東京13棟目と実に8軒もの

物件の内装工事や外壁塗装を手掛けていただきました。どれも立派にお金を稼いでくれて

おります。一つ一つのロットは小さいものばかりですが、どれも収益を生んでくれており

私としては満足しております。うち、東京4棟目と東京9棟目は売却益も出してくれて

手元資金が少ない私にとってはとてもありがたかったです。



現在は先に書いた通り、東京13棟目のリノベーション工事を進めていただきつつ、

並行して築13年になる自宅の外壁塗装工事、それとGW明けには東京10棟目の

漏水対応を兼ねた外壁塗装工事を行っていただく予定です。



今回、自宅の分については信販会社さんのローンが使えるかもしれないということで

工事も始まっているので急いで信販会社さんの審査を通すべく、外出自粛の中恐縮ですが

施工業者さんの事務所にお邪魔してきました。訪問販売の規定があり、事務所で申込書を

書いて貰わなくてはならないということでしたので、これは不要不急の外出ではなく

要かつ急な外出であると判断した次第です。



事務所にお邪魔して、申込書に早速記入。今回申込をするのは自宅の分だけです。

この信販会社さん、スルガショックの後収益系は取り扱えないということになって

しまったようなので、自宅の分しか申込の対象にはなりません。余談ではありますが、

東京9棟目までこの信販会社さんで融資を引きまくり、施工業者さんに「これ以上は

さすがに与信的に無理」と言われた直後に信販会社さんの収益への融資がNGになり

結果としてギリギリまでしゃぶりつくした私は相変わらずラッキーです(笑)



一通り記載しましたので、週明けには信販会社さんの審査が始まることでしょう。

多重債務者(笑)の私が果たして適切に審査を通すことができるのか、注目です。

ちなみにお腹が空いているようで、信販会社の担当さんは超やる気だそうです。



さて、申込書を書き終わった後は、進めている案件の気になっている点の打ち合わせ。

主題は東京13棟目です。



以前のブログで書いた傘立て問題については、その後施工業者さん側で検討をして

くださったようで、壁自体を凹ませて傘立てスペースを作ってあげるよ、という

提案をいただきました。確かにそれならスーツケースの取り回しも良いですね。

本来なら何わがまま言ってるのこの人という感じのところ、予想のはるか上を行く

ご提案をしていただいたことに感謝いたします。



それから、運営会社さんに依頼されていた旅館用の鍵の取り付けですが、今回の

玄関の既存建具を見る限り、この建具にナンバーロック型のものを設置するのは

できなくはないけどトラブルが多そうだ、ということでした。なので、設置するなら

運営会社さんとすぐ連携が取れるところに依頼した方がいい、と。顧客からトラブルの

連絡があった際に、運営会社さん→私→施工業者さんという形の連絡網だと時間がかかり

顧客満足度が下がると思う、とのことでした。ごもっとも。



内扉の鍵についても、木造の扉をつけるので、後付けの電子キーは既存サムターンを

コントロールするようなタイプにした方がいい、新たに加工して鍵穴を作るものだと

下地がなくて設置が適切にできない可能性がある、というご助言をいただきました。



これらの内容を踏まえ、もう一度運営会社さんと打ち合わせをした方がよさそうだと

判断しました。完成が近くなってきた4月終盤くらいで一度関係者を集めて現地で

打ち合わせをした方がいいと思うので、予定を調整したいと思います。



あとは3密を避けて屋外でマスクした状態でしばし歓談。最近飲みに行ってないから

リアルな接触が恋しいお年頃です(笑)



良い打ち合わせができたと思いますので、この物件もいい感じに完成することでしょう!

楽しみです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

オンライン会議できるツールを検討してみた。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。久しぶりに8時台の電車に乗ります。混んでるかなあ。

応援クリックよろしくお願いします→



こんなご時世なので、テレワークやオンラインミーティングの普及が加速しそうです。

今月の関東→札幌の大家会の勉強会もZoomミーティングに切り替えました。



サラリーマンの会社では当たり前のように使っていたテレビ会議。私も色々なツールを

使ったことがあります。法人で加入しているもの、加入せずお試しで使っているもの、

お客様が使っているのを使わせてもらったものなど・・・。

Skype、Starleaf、Googleハングアウト、Slack、Zoomは

ある程度利用しております。



さて、偶数月ごとに開催している関東→札幌の大家会の勉強会も、今回は社会情勢を

考慮して、オンラインで開催する方針になりました。元々は有志のみで自己責任の

名のもとに実施しようと思っていたのですが、症状が出ない感染から、無自覚に

ウィルスをばらまいてしまうことになれば、社会に迷惑をかけることになります。

自己責任で済む範囲が非常に狭いので、社会と協調する意味でも開催は断念することに

なりました。



そして今回の勉強会に関して、オンラインで開催してはどうかという話になりました。

元々は、強行した場合に感染が怖いと思う方が自重することを見越して、その方向けに

オンラインで視聴できる環境を提供しようと思ったのですが、それだったらオンラインで

全て完結させればいいじゃないかというごもっともな意見もあり、その方向に。

(好きな飲食店さんがつぶれるのも嫌なので、懇親会をお気に入りの店でやりたかった、

 という理由はあったのですが、もはやこのご時世ではそれも叶いません・・・)



そんなこんなで、私がオンラインミーティングの手配をすることになりました。

前述の通り、ツールは色々使っていますので、適切なものを選べばよいでしょう。



個人で使うのであれば、基本無料で対応したいところです。有償のツールを使うほど

頻繁にやるものでもないし、規模も大きくはありません。会社で使っていたツールのうち

有償のものを除外し、アカウント等作る手間が省けるもの・・・ということで選定すると

Zoomがいいのかなという結論に。



Zoomはホストがアカウントを作るだけでよく、あとはそのURLを展開することで

各メンバーはそのURLをクリックすれば会議に参加できる、というシンプルさが

良いなと思いました。画面共有やチャットなど、機能も結構揃っております。



Zoomは以前より波乗りニーノさんが使っているのは知っていました。簡単だと

ブログに書かれていたので、一般の方でも使いやすいのかなと思った次第です。



ただ、Zoomは無料アカウントだと40分という限度があります。この点が引っかかり

他のツールも探してみたのですが、ハングアウトだと人数制限が10人程度とネットに

書いてあったのを見て、時間制限より人数制限が厳しいなと判断。Skypeだと

各自がIDを作る必要があるし、なんだかんだ言って時間制限をうまく運用でかいくぐり

Zoomを使うのがいいのかな、と判断しました。



対応策としては、30分毎に休憩を5分入れるスタイルとして、URLを大量に作って

ばらまいておくことにしました。これならメリハリもつけられるのでいいかなと。



幹事会でも了承いただき、実際にテストでZoomミーティングをやってみました。

そこまでITに造詣が深くない方もいらっしゃいましたが、問題なく参加できました。

けっこう簡単だねという評価も得られ、これで本格的に決定。



幹事会のメンバーから、当日バタバタするのも勿体ないから、会のメンバー向けに

練習をした方がいいという意見が出たので、昨夜会のメンバー向けに練習会を設定。

ほとんどの人はスムーズにつなげられましたが、一部オーディオ設定が適切ではなく

つながるものの声が聞こえないとか、そんなトラブルはありました。でもそのくらいで、

おおむね皆さんうまく使ってくださっているようでした。



これ使えば、現場行かなくてもいろいろなことができそうです。

札幌出張だって、Zoomで代用する気になればできそうだなという感覚を得ました。

(実際は「会うことが大事」というところもあるので、出張しますけどね)



自宅の固定回線から接続すれば、データに課金されることもありません。電話より

経済的で便利だという評価もできます。LINE通話で資料の共有とかもできるように

なったぞ、みたいなイメージでしょうか。便利だなと実感。新コロ情勢が落ち着いた後も

ちょっとした相談ごととかがあれば、Zoomで気軽に乗れそうだと思った次第です。

こうしてテクノロジーはどんどん進化していくのだなあ・・・。子供の頃はチューブ状の

高速道路をリニアっぽい車が浮かんでいる未来が描かれていましたが、そっちではなく

通信方面の素晴らしい技術革新が進んだようです。



関東→札幌の大家会のZoomミーティングは明日開催。

新コロが落ち着くまでは、この形で勉強会を開催することになりそうです。

他にも応用できそうなので、何か面白い活用方法を思いついたら試してみるつもりです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする