2021年11月13日

固定資産税が上がったので、地代も上がりました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。とにかく時間が足りない(と言いつつドラクエウォークはする)。

応援クリックよろしくお願いします→



東京13棟目の固定資産税が、アパート→ホテルに変わったことで大幅増額です。

これはなかなかのハードコアモード。早くインバウンド戻ってこないかな・・・。



東京13棟目は借地の戸建です。やってみたいなあという気持ちが先行してしまい

今は旅館業法上の許認可を得た形でホテルとして運用しております。企画を始めた頃に

コロナが流行りはじめました。この時に止めておけばよかったのかもしれませんが、

一度は経験してみないとねというのと、コロナもいずれ収束するでしょうという

あたりの気持ちから、進めてみることにしました。



今も一応収益は出ていないことはないですが、賃貸の方が安定していただろうと

思われます。それにやっぱり、旅館だとランニングコストがかかります。

予約がなくても、インターネット料金や光熱費、リモートロックの利用料などは

かかってしまいます。売上単価を低くして運用しているので、経費率が重くなります。



それでも、コロナが収束すればインバウンドが戻ってくるので、その時にここまでに

耐え忍びながら蓄積した高評価のレビューが活きてくるはず。そうなったら一気に

回収モードになるはず。そう信じて今は耐え忍ぶ私でした。



さて、ホテルにすることで毎月かかる経費が一つ増えることに気が付いたのは、

地主さんから「固定資産税が上がるので地代も上げさせてください」という

お話を受けた時でした。あ、そうか・・・。上がっちゃうのね・・・。



東京13棟目は借地権です。地主さんには決済した後、ホテルとして運用したい旨を

説明して了承をいただきました。少しだけ「黙ってやっちゃおうかな」という気持ちも

なかったわけではないのですが、それをやらなくて本当に良かったです。どっちみち

固定資産税のことでバレバレだったわけですし。



そして固定資産税が変わるのもごもっともです。住居だから優遇されているわけで、

住居でなければ固定資産税はもっと高くなるというのは道理。やむを得ません。

そしてそれを地主さんが地代に転嫁するのも当然と言えます。



というか、旅館業法に則って届出を出すと、役所の中で情報が共有されて固定資産税も

変わるって寸法なわけですね。うまくできてるなあ。こういう時だけ横の連携が

できてるんだからお役所ってずるいです(笑)



この件について最初に連絡があったのが今年の2月。固定資産税の金額が決まったのが

6月だったようですが、先方もお忙しかったようで11月になって新地代の連絡が

ありました。



固定資産税の金額は、住居の場合と比較して3.38倍になったとのことです。

なので、地代もそれにあわせて計算した分を増額とさせていただきたい、とのこと。

はい、それはもう当然にお受けする所存です。こんな話で地主さんにご迷惑を

おかけするわけにはいきません。当然お支払をさせていただく所存です。



地代が上がった分、ホテルの稼ぎでこれを賄わなくてはなりませんが・・・。

ほんと、早くインバウンド戻ってきてくれないかな・・・。今は出るものが増える一方で

満足のいく収益には至っておりません。コロナも飲み薬ができてただのインフルと同じ

扱いになってくれないと、こちとら商売あがったりです。早いところ何とかなって

ほしいものです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:37 | Comment(0) | 東京13棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: