2021年09月14日

まさかの入居期間1ヶ月未満での退去・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在15位です。1回目の注射打ってきました。腕が痛い程度で済みました。

応援クリックよろしくお願いします→



富山1棟目、まさかの1ヶ月未満での退去予告です。保証会社さんつけたくないと

主張を押し通されたのにそれかーい!と思いましたが、まあ仕方ないです。



最近音沙汰がなかった富山1棟目。先日、派遣会社さんから派遣社員さんの社宅にと

お申込をいただき、ご入居いただきました。保証会社さんをどうしても使いたくない、

使うなら他で入居する、くらいの勢いだったので、まあ仕方ないかと妥協してご入居に

こぎつけた次第です。



先日、管理会社さんから「退去予告がありました」とメールで連絡をいただきました。

え、まだ入居して1ヶ月経ってないですよね・・・?何かの聞き間違い?

耳を疑いましたが、どうやら事実のようです。



理由は派遣社員さんが速攻で退職してしまったからということでした。

よほどひどい職場だったのだろうか・・・。それとも派遣社員さんのマインドの

問題だったのだろうか・・・。いずれにしても、退去してしまったという事実は

変えようがありません。



こんな短期で終わることは私としては想定外。借主の派遣会社さんにとっても

当然想定外なのでしょうけど、私としてはさらにそこに「広告料」という負担が

のしかかります。



富山1棟目は広告料1ヶ月でやっております。今回、管理会社さんが自社で客付を

してくれました。ここに対して広告料は1ヶ月払っています。

しかし、入居は1ヶ月未満。これじゃ逆ザヤじゃないですかー(悲)



札幌であれば、こういう事態に備えて「広告料返還」という取り決めがあります。

3ヶ月以内の退去は広告料2ヶ月返還、6ヶ月以内の退去は広告料1ヶ月返還、

というのが相場です。札幌は広告料が高くなりすぎているので、そういう取り決めが

根付いております。



でも富山ではそんな仕組みは当然ありません・・・。当然ながら、泣き寝入りです。

管理会社さんからは自主的に返しますなんて言葉は当然出てきません。賃貸と管理は

部門が違って分業になっているから、そうなっちゃうわけです。



参ったねーこれは。でもまあ、備えてなかったこっちが悪いか。

本当は派遣会社さんから違約金取りたいくらいですけど。

保証会社さんの保証料を渋るくらいだから、払うわけないです。

それに先方だって短期で退去になり、損害は被ったわけでしょうし。



管理会社さんに相談して、今回のようなケースを防ぐために、違約金の設定をして

いただくことにしました。3ヶ月以内の退去の場合は違約金1ヶ月、という募集条件に

させて貰おうと思います。敷金も礼金もゼロなんだし、そのくらいはとらせてください、

という話です。派遣会社さんとかは嫌がりそうなので、そこは交渉次第ということに

しましたが、そもそも3ヶ月で退去する可能性がある人を入れてほしくないよねとも

おもったりはします。派遣ビジネスをあまりしっかりわかっているわけじゃないので、

あちらのビジネスモデルからすればそういう話ではないのかもしれませんが。



いろいろと残念だなあとは思いますが、後ろを向いてても仕方ないです。

次回からそういうことが起こらないよう、あるいは起こっても損をしないような策を

打っておくことが大事と言うことで、対処したいと思います。



満室が遠いなあ・・・(遠い目)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:11 | Comment(0) | 富山1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: