2021年04月22日

まさかのモテ期到来!?テナントの申込を2社から貰えそうという話(でも居室は申込キャンセル)。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。肩こりだけでなく腰も最近疲れ気味で怪しい・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



コロコロと状況が変わる札幌9棟目。先日書いた居室の申込は結局立ち消えに

なってしまったようですが、今度はテナントが申込直前だという話です。



先日、テナントさんの内見と居室の入居申込があった話を書いた札幌9棟目ですが、

その辺も含め動きが出てまいりました。



まず残念な方の動きから。入居申込を入れてくださった法人さんが音信不通になった、

ということです。保証会社さん入れるのは必須ですと伝えたところ、その後音沙汰が

なくなってしまったとのこと。管理会社さんは「サブリースするにあたり保証会社さんの

保証料が乗っかることで採算が取れないと判断したのかもしれません・・・」と

仰っておりましたが、それだったらちゃんと断りを入れてくれると嬉しいんですけどね。

伝達がうまくいってないだけかもしれないので、まあここは仕方ないと割り切って

粛々と次の募集に入った方がいいだろうと思いました。



そしてテナントさんです。先日のブログで書いた検討している法人さんが、家賃交渉を

仕掛けてきたそうです。交渉まで入るということは、申込をする意思があるということに

ほかなりません。交渉の額も2000円とか3000円とかそのくらいだったので、

ここは欲張らずに交渉を受け入れて決めてしまう方がよさそうです。



いい話だったなあと思いながら回答したのですが、そこからさらにドラマがありました。

管理会社さんから「実はもう一組テナントの申込を検討されている法人さんが

出てきました」との発言が!



話を聞くと、けっこう大きい法人さんが検討してくれているとのことでした。

本業は別だけど、多角化経営なのか居酒屋なども営んでいるのだとか。

こちらの法人さんは家賃交渉も特になかったそうです。



家賃交渉がなく経営規模も割と大きい法人さんと、小規模で家賃交渉がある法人さん。

同じ居酒屋業態であれば、前者の方が素敵に見えます。



しかし管理会社さんは言います。

「先に問い合わせして、1週間くらい何度も現地を見たりやり取りしたりしているのが

 家賃交渉してきている法人さんなので、義理人情を考えればそちらを優先すべきかと」

うん、それは確かにごもっとも。あまり不義理を働くのは気持ち悪いので、家賃交渉を

されていたとしても、ずっと興味を持って悩んでくれている法人さんの方を大切にする、

という方針でいいかなと思いました。



管理会社さんも「大手さんの方が条件はいいのでそちらになびきたい気持ちはわかる」

としながらも、やはり今後の関係など考えると先に問い合わせてきたところを優先したい

気持ちのようですので、ここは管理会社さんに一任してしまおうと思います。



「もちろん、入居申込順ですので、大手さんから先に申込が来たらそちら優先で」と

いうことですので、義理人情を重んじつつも、そっちの大手さんが素早く申込を

入れてきてくれないかな・・・とひそかに祈ったりはしています(笑)



札幌9棟目はこれまで何度も申込をいただいておりましたが、ことごとくコケました。

お金を出すところと経営するところが別で、お互いが喧嘩してしまってキャンセルという

ケースとか、コロナでやはり計画を変えるという理由だとか。

今回はそんな理由に当てはまらず、スパッと決まってくれることに期待したいです。

頼んだよー!過去に類を見ないモテ期っぽいので、ここで決まらなかったら本当に一生

決まらず終わっちゃうかもよー!(祈)



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:45 | Comment(0) | 札幌11棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: