2021年02月05日

富山1棟目、大雪で倒れた柵の復旧は既製品に合うものがなくオーダーメイドへ・・・。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。また1つ歳を取ってしまいました。もうおじさんですわ〜。

応援クリックよろしくお願いします→



富山1棟目で先日の大雪により1階ベランダの柵が歪んでしまった件、思いのほか

復旧にお金がかかる事態となってしまいました。頭が痛いです。



先日のブログで1階ベランダの柵が雪の重みで壊れてしまったということを書きました。

管理会社さん経由だと時間がかかるということでしたので、独自手配に動きました。

大規模修繕を行ってくださった業者さんに現地確認と見積を依頼したところ、

管理会社さんよりは早く動けそうだったので、そのまま対応依頼をした次第です。



1月半ばの北陸の大雪で、富山1棟目は前面の田んぼに積もった雪がのしかかってくる

形になり、柵がひしゃげてしまいました。柵として機能していないわけではないですが

曲がった状態の柵と共に暮らすのは、入居者様としてもセキュリティ上の不安が

あるのではないかと思うので、対応は必要でしょう。



その後、現地に行った施工業者さんから写真が送られてきました。写真を見ると・・・

げげ、1階全部屋柵が歪んでしまっているではないですか。1部屋だけかと思ってたら

とんでもない事態になっておりました(汗)



見積作業に入ってくださるとのことでしたので、よろしくお願いしますと依頼。

そしてこの時、施工業者さんからは「規格がもう合わない可能性がある」という話を

受けておりました。となると、下手したら特注品ってことか・・・。高くつきそう。

頭が痛いです。



それから10日くらい経過した頃合いで見積書が届きました。施工業者さん曰く、

やはりオーダーメイドになってしまうとのことでした。アルミで既存の柵と似たような

雰囲気になるよう作成するとのことでした。なのでお値段もそれ相応にお高いです。

しかも4箇所ですから・・・。ため息が出る価格です。



施工業者さんも、もう少し安くなる方法を考えられないかと検討してくださったのですが

結論としてオーダーでやるしかなさそうということになったそうです。特にひどい片方を

直すだけで何とかできないか、など。しかし、やっぱりオーダーで作るのが品質面からも

最適だろうということで、今回の提案に至ったとのことでした。



こちらの業者さんには、大規模修繕をはじめとして何回か工事を依頼しておりますが

余計な工事をしてボッタクろうとかそういうことは考えないタイプだと思っています。

なので、特注品が最適と言うことなら、それはコスト面も含めてそれが最適と言うことで

ご提案してくださっているのでしょう。私、一度OKと判断した人に対しては、基本的に

その人の言うことは信じるタイプなので、今回もそれならということでオーダーメイドの

形で発注することにしました。



雪害なので、保険金申請すれば出るんじゃないかと思います。保険代理店さんに見積を

渡して、保険金申請の手続きもぬかりなく実施。返事が来るのを待とうと思います。



その後、施工業者さんからは「現状は柱1本で支えているので強度が弱い」「柱を

2本に増やしたら強度が上がるので、その方がいいと思う」という連絡がありました。

柱が1本から2本に増えれば当然コストアップのはずなのですが、施工業者さんからは

「いつもお世話になっているので追加は必要ありません」と。くぅー、優しすぎます。

ということで、2本で進めてくださいと依頼させていただきました。



こうやって動いてくださる業者さんがいらっしゃるので、遠隔でもなんとか経営が

成り立っているのだと思います。支えてくださる皆様に深く感謝申し上げます。

ありがとうございます!



あとは保険金の支払が確定すれば完璧なんだけどなあ・・・。祈ります。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:53 | Comment(0) | 富山1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: