2020年12月12日

また退去予告ですかー!?

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。今日の各種予定、キャンセルになりそう・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌9棟目で退去予告が発生、しかも2部屋もです。また振り出しに戻ってしまった。

満室にして売ろうと思っているのに、満室がどんどん遠のいていきます(汗)



札幌9棟目は条件が悪い物件で、普通にやってもなかなか満室が遠いのは自分でも

よくわかっています。ただ、その分高利回りだったし、土地の形も良くて幹線道路沿いと

いう土地としてのポテンシャルもあると思ったので、購入の決断をしました。

実際、利回りも高いので今の稼働率でもまあ何とかなってはいますが、CFが

バンバン出て美味しいという状態にはなっておりません。借入は返せるけどねー、

という程度です。強制積立預金状態ってとこです。



返済は10年なので、残債はサクサクと減っていってます。10年返済でひとまず

手だし無しで返済ができているというだけでも、最低限としてはOKなんですけど、

やっぱここからCF上積みを図りたいなという気持ちは当然あります。

厳しい物件であることはわかってますが、あの手この手で満室に向けて努力中です。



その甲斐もあり、購入時に5室あった空室は2室まで減りました。残り2室は

テナントとその付属品(元々はそういう想定でした)だったので、幹線道路ながら

駐車場がない立地が災いして、なかなか決まるに至らずにここまできております。



ここまで決まっているニーズが、出張時の宿泊先として利用するとか、サブリースで

生活保護の方に貸すとか、オフィスとして利用するとか、居住とは少し違う形での

利用が多かったです。そこで、こちらとしてもそういったニーズに最初から対応して

おけば、引きが良くなるかもしれないと考えました。残った居室に家具家電を入れて

今すぐ住めますみたいな形にして、出張ニーズなど取り入れようとしている次第です。



もはや2年も埋まってないテナントに関しては、もう家賃下げてしまえばいいやと

思っているんですけど、とりあえず広告料をあげてみたりして反響の変化を見てます。

管理担当の方が「問い合わせはあるんですけどね〜」といつも言っておりまして、

家賃下げなくてもいいんじゃないかと言うんですよ。2年決まってないのに、

家賃下げないってのも果たしてどうなの?と思うものの、まあ私も売る時の利回りを

考えると家賃を積極的に下げたいわけじゃないので・・・だらだらと家賃据え置きで

ここまで進んでいる次第です。やっぱ家賃下げよう。うん。



残り2部屋を頑張って決めようとしている昨今、管理会社さんから電話がありました。

電話に出ると、すごく申し訳なさそうな声で「退去予告を貰ってしまいました」と。

しかも2部屋です。痛い、痛すぎる。



退去の理由はまだよくわかってないのですが、2部屋借りてくださっていた法人さんが

両方とも解約と言う通知をしてきた次第です。生活困窮者の支援をする法人さんで、

部屋を借りてそこに支援者の方を住まわせる形なのだと聞いておりました。



管理会社さん曰く、変な電話がかかってきたことがあって、何だろう?と思っていたら

そこから数日で退去予告という急展開だったそうです。なんかいろいろ気になりますが

私としては目の前の退去予告と言う事実にガッカリしているところがありまして、

相手の法人さんの事情にまで目を配ることはできません(汗)



次の募集どうしよう。同じような家賃で募集すれば、同じような生活困窮者支援の

法人さんのサブリースとか引っかかるかもしれないですね。今度はより積極的に

そういう法人さんにこちらから営業をかけてみるのもいいかも。管理会社さんに

相談してみようと思います。



もぐらたたきになるのは仕方ないけど、決まりにくい物件での退去予告は勘弁して

いただきたいなあ・・・言っても仕方ないですけど。



決まりにくい物件の二大巨頭である札幌8棟目と札幌9棟目で両方とも退去予告。

せっかく上向いてきたのに、また稼働率下がっちゃいますわ・・・。



ま、くよくよしても仕方ないです。満室目指して頑張りますよー!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:39 | Comment(0) | 札幌9棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: