2020年11月21日

どうせ生きるなら幸せな方がいいよね。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。カーシェアで車借りてドライブしてこよっと。

応援クリックよろしくお願いします→



置かれた環境をどう捉えるかで、人生自体も変わるように感じております。

辛いと思うか、楽しいと思うか。感じ方ひとつで歩み方も変わるよね、と。



大家さん仲間の方とお話をしていると、たまに言われることがあります。

「ブログ読んでるよ」「なんかいつもトラブル多くて辛そうだね」



確かに、普通に生きてたら絶対に出会わないようなおかしなトラブルに当たることは

多いです。金銭的なダメージが多くて凹むこともあります。入居者様の考え方が私の持つ

常識の斜め上をいきすぎていて唖然とすることもあります。また、管理会社さんや

修繕の業者さんなどにも、考え方の違いで唖然とすることもありますし、またその逆に

私の配慮不足で嫌な思いをさせてしまったと凹むこともあります。



でも、それで凹んだり辛かったりする時間って、私の場合そんなに長くないんですよ。

鈍感力が高いというか、凹んだり怒ったりすることを続けるだけの体力がないというか。

ずっと負の感情を抱えようとしても、自分が疲れてしまって続かないんです。



比較的持続するのは、相手に迷惑をかけたり不快な思いをさせたりしてしまった場合。

相手のことを思うと自分が凹みます。でも、それも誠意を尽くして謝罪して、

後は相手がどう捉えるか次第、というところまで来たら、自分としてやれるだけのことは

やったぞという気持ちも出てくるので、徐々に薄らいでいきます。勿論反省はするので

その後同じことを繰り返さないように気をつけることは言うまでもありません。



持続しないのが相手のご無体で怒りモードになること。いやもう、怒るのって疲れるので

怒り続けることができないんですよ。そもそも沸点そんなに低くないですし(意外と

イラッとするのは早くって、それがちらっと出てしまうことはあるんですけど)、

沸いた後もすぐまた平常運転に戻ります。



負の感情を持ち続けること自体があほらしい、と思う気持ちはあると思っております。



負の感情って、使いようによってはとんでもない瞬発力と爆発力を生み出すのですが、

そればかりに頼っていると、最終的に抜け殻にしかならないような気がしていて・・・。



そういう思いがあるのも影響してなのか、とにかく負の感情は一過性のものとして

処理できるように私の脳みそは都合よく作られているようです。



誰かが健美家コラムで書いていたような気がしますが(見つけられなかった)

成功している大家さんはネガティブワードを使わない、という話があったと思います。

これはとても同感で、私も負の感情に引っ張られたくないなと思う気持ちはそれに

近いものがあるのだろうと思っています。ま、私は成功してないですけど(笑)



どんな逆境でも「まあ何とかなるでしょ」とニコニコしながら、それでいて行動の

アクセルだけは全力で踏んでいく。そうすることで、周りも巻き込んで変化が生まれる。

これは大失敗した札幌2棟目で強く学んだことです。



空室が埋まらない、借金が返せない。それで絶望して立ち尽くす。



立ち尽くしていて状況が変わるなら立ち尽くせばいいんですけど、絶対に変わらない。

だったら動くしかないでしょう。少しでも改善する方向に動くことを忘れなければ

もしかしたら改善が待っているかもしれません。



そしてそれを悲壮感を出さずに、周りにも行動する意思を伝えること。

負のエネルギーをまとった人についていきたいと思う人より、正のエネルギーに

溢れている人を助けたいと思う人の方が多いのではないでしょうか。



札幌2棟目の時は、本当に周りの仲介業者さんに助けられて何とかなりました。

勿論、彼らの無茶ぶりにも相当応えましたが、それはそれで管理会社さんと一緒に

「これも勉強ですね」「こういう人を入れたらどうなるか、頑張ってやってみます」と

前向きに捉えて入居させていたものです。



おかげさまで、札幌2棟目のエリアの仲介業者さんは、たぶん今行ってもある程度

知った顔がいると思います。お、久しぶりですね〜!みたいな感じで会話が弾む相手も

いるはずです。あと極東セミナーに行った時にも、当時回っていた店舗にいたことが

あるという方にお会いしましたし。見たことあると思います!と言われました(笑)



生来の性格もあるとは思いますけど、やっぱ鬱々していていいことないですよ。

パッと気持ちを切り替え、上を向いて歩くことで周囲の助力も得られるはず。

一人の力で解決できないことも、皆さんと力を合わせて解決できるはず。

そんな思いでここまで危ない橋を渡り続け、何とか落下せずに生きてます。

(その綱渡り自体もやや楽しんでいる自分がいるのも否めません)



ピンチも楽しみ、ピンチを前向きに学びの機会と捉え、最終的にそのピンチが

チャンスに変わる。毎回そううまくいくわけではないと思いますが、下を向いて

絶望するくらいなら、可能性に賭けてピンチをチャンスに変えられるように動いた方が

結果として楽しい人生になるのではないかな、と私は思っております。



一度きりの人生、不幸に感じるより幸福に感じた方が楽に生きられるはずです。

その不幸の中に何を学べるか、前向きな目線で捉えて幸せに楽しく過ごしては

どうでしょうか、という能天気な私からのおせっかいなご提案でした。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:19 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: