2020年08月24日

東京1棟目の設備故障に、年月の経過を感じる。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。おなかのでっぱりが更に増えた気がする・・・。

応援クリックよろしくお願いします→



東京1棟目、長期入院されていた方が退院なさいました。今後もリハビリを続ける模様。

長期で空けていたせいか、建物の設備にも不具合が出たようなので、至急手配しました。



東京1棟目で長期入院なさっていた入居者様。病院より退院の許可が出て無事に戻って

こられたようです。管理会社さんよりそのような連絡がありました。



半年以上体調を崩されて入院されていた方で、入院前にはその病気のために階下の方と

だいぶトラブルを起こしていたようです。通院していないために悪化したという話が

あった模様。今後は通院のみならず訪問診療も行う、などの対策を病院サイドから

ご提案いただき、アフターケアも万全にするということで引き続きご入居いただくことを

OKした次第です。



本当は、再び階下の方とトラブルが起こるのではないか、などの心配はあったので、

できれば継続しないという選択肢も考えられないものか、という考えも正直ありました。

ただ、そんなにスペックが高くて引きのいいアパートでもないですし、病院関係者の方も

フォローを手厚くすると言う話になったので、最終的に継続入居OKとしました。



先日、一時外泊で戻ってきた際に、洗濯機のホースがしっかり排水口に刺さってない

状態で洗濯をしてしまい、また階下に漏水してしまったという話がありました。

今後も注視しておかないとなあ・・・。



そんな事故もあったのですが、この時の一時外泊はお医者さん的には良好と判断された

ようで、この度正式な退院となりました。身体に気を付けて、健やかに暮らして

いただきたいものです。バックアップ、できる限りしないとだなあ。



そんな退院早々でした。管理会社さんより連絡があったのは。

洗濯機の一件もあったので建物の設備を一通り確認したそうですが、以下の不具合が

出ていたそうです。

・エアコンの冷房がきかない

・TVドアホンの映像が映らない



長期間留守にすると建物が劣化すると聞きます。10ヶ月近く不在となると、

何らかの不具合が出ても仕方ないことでしょう。



このくそ暑い中、エアコンが効かないのは致命的と思われます。速やかに対応しないと

熱中症など生命に関わる事態になりかねません。管理会社さんにすぐお見積を依頼し、

コスト云々は度外視して発注をさせていただきました。平時であれば、自分で手配して

カードのポイントを稼いだりとか、割安なところを探したりとかするのですが、今回は

そんなことをやってる場合ではありません。この時期なのでエアコンの工事は

時間がかかるかもしれませんが、早めにエアコン交換が終わることを祈ります。



原因が何なのかは今後また確認をしますが、もし経年劣化以外の原因が疑われる場合は

建物の火災保険で修理費が出せるかもしれません。確か電気的機械的事故特約に

加入していたはずなので、エアコンは少なくとも保険の対象になるはずです。

確認してみるか。



東京1棟目はそろそろ築9年になろうとしています。札幌の初期物件を全部売却したので

東京1棟目が私の保有物件の中で一番古くから保有している物件になりました。

新築で買ったのでここまで設備系のトラブルはほぼありませんでしたが、築年数見合いで

そろそろ各設備の寿命が来る頃合いです。そうなる前に売っちゃうという手もありますが

この物件は借地なので、売る場合は承諾料の負担も重いです。その辺の事情も考慮すると

売却ではなく持ち切りになるだろうと考えます。自宅からも近いですし。



保有の方向で考えるのであれば、不具合が起こる前に予防修繕してしまった方が

いいような気もします。大規模修繕も含め修繕計画もちゃんと考えないといけないなあ。



どの物件を保有し、どの物件を売却するか。そういった計画もそろそろ必要ですね。

今回の件をきっかけに、少しずつ考えることにしたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:48 | Comment(0) | 東京1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: