2020年07月22日

お中元を贈るメリット。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。明日から4連休。札幌に行ってきます。

応援クリックよろしくお願いします→



このシーズンになるといつも書いていることですが、お世話になっている方々に

お中元を出したらいいのではないか、という話です。



皆様、送られてきてますか?お中元。不動産業界は割と昔からある風習が残っている

業界という認識があります。サラリーマンのお仕事だけやっていると、お中元だの

お歳暮だのといった風習はもうなくなっていると思わざるを得ないくらいに、そういう

やり取りがなくなっています。しかし、不動産業界はまだそうでもない印象です。



古き良き慣習と捉えるか、遅れていると捉えるか。そこは人それぞれと思いますが、

残っている慣習を有効に使うことも必要な戦術ではないでしょうか。



というわけで、お中元を出して他の投資家さんより良いポジションをゲット!



お中元を先に送る、あるいはお中元のお礼を送る投資家さんって、そんなに多くないと

思うんです。むしろ貰うのが当たり前でこっちから渡す必要なんてないという感じの

マウント取りまくりの地主大家さん(勝手なステレオタイプのイメージですすみません)

の方が多数派であろう、と。そんなところに、ひょっこりと期待していないお中元が

あの投資家さんから送られてきたぞ、となれば、大多数の大家さんよりもちょっとだけ

印象を強く持って貰うことができるのではないでしょうか。



私は主に管理会社さんに対してお中元を贈っています。シーズンごとに送っています。

管理会社さんに物件管理を委託しているので、日ごろのストレスや気苦労に対する

ねぎらいの気持ちを込めて贈ります。私がサラリーマンと並行で不動産賃貸業できるのも

日頃の管理会社さんの管理の賜物です。それを考えれば、お礼をしようという気持ちに

なるのも自然ではないかと。



ちなみに、それ以外だと売買仲介業者さんや施工業者さんに送ったりもします。

売買仲介業者さんに関しては気が向いた時に。彼らにはお中元よりも即断できることと

融資をすぐ引ける、もしくは現金で買える資本力の方が効果が高いと思うためです。

しばらく取引してないなと思ったら送る、くらいの感じですね。

施工業者さんは特に仲良くしているところに送っています。



それから、お中元を貰った時に、こちらは必ず偉い人にお礼のメールや電話を

しております。別にお礼を求めているわけではないのでしょうけど、そうした方が

人として気持ちがいいから、というのが理由です。



私もお中元を出しますが、お礼を言ってくださる管理会社さんもあれば、特に何もない

管理会社さんもいます。大きな管理会社さんになれば、そりゃあ担当個人の方が

お中元を貰っているかなんて把握できないから仕方ないと思います。小さな顔の見える

管理会社さんに関して、お礼があるところとないところ、やっぱりお礼を言ってくださる

管理会社さんの方が、送る側も張り合いあるなあと思うのが正直なところ。なので、逆の

立場に立って、私もお礼は必ずするようにしております。



今年も2日前にお中元の手配をしました。楽天でポイントアップやお買い物マラソンが

重なる日を選んでいたので、ちょっとタイミングが遅れてしまいました(汗)

20日は5と10が付く日の楽天カード利用、イーグルス勝利、お買い物マラソンの

3点セットが並んだので、ここぞとばかりに買物した次第です。



ちなみに、この間ニーノの部屋で「お中元・お歳暮は何を送っていますか?」という

質問がありました。せっかくなのでブログにも書きます。送って無難なものとして、

ガトーハラダのラスクをいつも選んでいます。




賞味期限が長い、有名な品で百貨店でも売っている(見た人が良いものだと直感的に

理解してくれるのも大事)、定番すぎずしゃれた感じがする、小分けにできる、

といった点がグッドです。勿論、味も良いので貰った人も嬉しい逸品。



そんなわけで、皆様も今からでも遅くないので、お中元送っちゃいましょう!

相手のことを気遣える大家さんが増えれば、業界も良くなる・・・かも?



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:28 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: