2020年07月03日

政府系金融機関さんにトライしてみる。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。週末はニーノの部屋向けのプレゼン資料を作ろうっと。

応援クリックよろしくお願いします→



民間でのコロナ融資は打ち止めと判断し、次は政府系金融機関さんにアプローチを

することにしました。期をまたぐ前に決着すればいいのですが、果たして!?



新型コロナウィルスにより経済がガタガタになる中、企業の資金繰りを守るべく

様々な制度融資や助成金、補助金、給付金が作られております。民間の金融機関さんは

保証協会の制度融資をフル活用し、企業に対して融資という形で支援を行っています。

日本政府が株主になっている政府系金融機関さんもいくつかありますが、そちらも

保証協会以上に頑張って融資を行っているということを伺っています。



日本の経済を守るために奮闘される金融機関の皆様に、頭が下がる思いです。

ありがとうございます。



私自身は、新型コロナウィルスに関して、長期化する可能性もあると思いましたので

稼働率の低下に備えて資金を厚くしておく必要があると考えました。その一方で、

本当に資金がすぐに枯渇するほどのピンチではないという判断もありましたので、

いち早くコロナ対応融資を開始した某政府系金融機関さんへのアプローチは見合わせ

(ここは本当に資金的にピンチな事業者さんを優先すべきと考えて自粛しました)

既存取引行である民間の金融機関さんを相手に融資の打診を行い、既存取引行1行と

新規取引行1行から感染症対策の融資を引き出すことに成功しました。



ただ、民間の金融機関さんはどう頑張っても最後にたどり着くのが保証協会という

構造は変わらないので、保証協会さんがこれ以上無理と判断すれば打ち止めになります。

私もいろいろアプローチを重ね、さすがにこれ以上は厳しいかなというところまで

きてしまいました。今後は民間の金融機関さんからの融資は引き出せなさそうです。

これまでリフォーム融資でさんざん保証協会さんを使い倒してきたので、むしろよく

追加融資を頑張ってくださったと感じます。保証協会さん、ありがとうございます。



でも、私としては今後に備えるためにもう少し資金調達しておきたいところです。

ただ借りるだけであれば意味はありません。結局それは返さないといけないものなのだし

先々では利息がかかります。当面はリスクヘッジで借りておき、新コロが落ち着いたら

使い道がないので返す、というのも立派な活用法だと思いますが、私はそれよりもう少し

踏み込んで「既存の条件の悪い借入の返済原資」という形で活用したいと考えています。



返済比率を押し上げている原因は、リフォーム資金の借入です。5年、7年、10年と

いう感じの短めの借入になりますので、私のように本体価格よりリノベ価格の方が

高くなるような工事をしょっちゅう行っていると、返済比率の面では苦しいわけです。



今回の新型コロナウィルスに関しては、私自身も退去と言う形での被害は受けています。

特に札幌8棟目、東京11棟目は民泊をしたいという法人さんに貸しておりましたので

これが軒並み退去となり厳しい状況に陥りました。東京11棟目は比較的早めに回復に

至りましたが、札幌8棟目は相変わらず苦しい状況に置かれております。今後さらに

実体経済が悪化し、一人暮らしの単身者が実家に帰るなどのパターンで退去の可能性も

あります。売上の低下に備え、資金の手当ては必要だろうと考えています。



そしてコロナ危機が去った後、手元に幸運にも資金が残れば、それは既存の借入を

返済するという形で活用すればいいと考えています。民間金融機関さんで借入を

したものは、10年の融資期間でした。5年や7年の融資期間になっているものや

10年であっても金利が高いものなどを順次繰上返済することで、返済比率は下がり

キャッシュフローは増えるであろうと考えております。



そういうわけで、民間での融資がひと段落した今、次は本当に緊急な事業者の方を

優先しようと思ってアプローチせず待っていた政府系金融機関さん、ということに

なります。



政府系もいくつかありますが、まず手始めに今まで一度も融資取引をしたことがない

政府系金融機関さんにアプローチをかけることにしました。こちらも新型コロナ対策を

前面に打ち出しているので、とっかかりからNGということは恐らくないでしょう。



まずはホームページを見て、本部に設置されている新型コロナ対応窓口に電話しました。

ホームページのパンフレットの見方や諸条件など案内された後、企業規模や業種の確認。

不動産賃貸業は利子補給などの有利な制度が得られない商品を案内されるようです。

まあそうですね、緊急で必要な業種向けにその枠は使っていただいて良いと思います。



不動産賃貸業の場合は各支店で受けることになるそうですので、案内のあった支店に

電話してアポを取りました。必要な書類は売上が前年同月と比較して5%以上ダウンが

確認できる資料(月次の試算表がベスト)、法人謄本、企業概要など。面談日程は

今週金曜(つまり本日)になりましたが、サラリーマンの仕事で抜けられない会議が

その時間に入ってしまったため、急遽来週にアポイントを調整して貰いました。



先週末は試算表対応の為に急いで領収書の整理を実施。顧問税理士の先生に週明けに

情報を送り、試算表作成に入っていただきました。口座の動きについてのQ&Aを経て

無事に試算表が完成。法人概要や借入の状況などは、金融機関さんに持ちこんでいる

資料があるので、それをそのまま活用することにしました。これで準備完了です。



今日訪問の予定でしたが、今日はどうにもならなくなってしまったので来週にリスケ。

成就することを祈り、気合を入れて臨もうと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:35 | Comment(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: