2020年05月06日

天井が落ちそう、とか急に言われても(汗)

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。もうGW終わっちゃうのか・・・。結局たいしたことできず。

応援クリックよろしくお願いします→



仙台1棟目のポンプ交換は無事に終わりましたが、また別の問題が発生しました。

長年チェックしてないポンプ室は危険がいっぱいです・・・。



仙台1棟目で立て続けに起こったトラブル。受水槽のポンプ故障お湯が出ない事案

2つが特に大きい事件でしたが、それ以外にも台所の蛇口不調とか細かい不具合が

ここで一気に噴出。たぶん、受水槽のことで連絡を取ったから、ついでにここも前から

おかしかったのよねというところがまとめて報告されているのだろうと思われます。

まあもう仕方ないけど、ちょっとしんどいですね。



そしてこの修繕地獄はまだ出口が見えません。ポンプの修繕の時、義母は律儀に現場に

立ち会ったようなのですが、その義母から電話があり「天井が落ちそうだから修繕が

必要と言われた」と。なぬ、天井が落ちそうってどういうこと?



仙台1棟目のポンプ室は、外からは入れません。元オーナーズルームだった1階の

お部屋の中に入口があり、入居者様の許可を取らないと入室することができないのです。

だから、日常的に入れる環境ではないから、今回のように有事の時しか入りません。



職人さんの見立てでは、上の階から漏水が発生して、その結果で天井にヒビが入った

可能性があるということでした。天井は一枚のボード(素材は忘れました)で

出来ているから、天井を全部外して再度設置する必要があるそうです。なので、天井を

取っ払った後、漏水箇所も修理してもう一度天井を設置するのがいいのではないか、

というお話でした。



またまたお金かかる話がきてしまい、何ともはやという気持ちになっています。

でも、天井が落ちてきたらそれこそ一大事。まあポンプ室なので実害はないかも

しれませんけど・・・。いっそ天井貼らないってのはどうなんだろう、配管が

むき出しでも問題なくない?とか思ってみたり。



どちらにしても漏水は問題があるので修繕する必要があるだろうと思っております。



義母が職人さんとやり取りして、天井復旧まで含めた見積を取ってみたところ、

10万程度とのこと。せっかちな義母はこれで進めるということで職人さんに話をした

ようです。それだったら、ここから私がしゃしゃり出て四の五の言っても混乱させる

だけだと思うので、この工事はこの内容で進めて貰いましょうか。10万は痛いけど。



普段見ることができない箇所に関しては、たまにチェックしないと危険ですね・・・。



そしてこの物件、自主管理であるがゆえに、年に1回行う必要がある受水槽の清掃を

行っていないことも発覚。それも追加でお願いしました。しまったなあ。管理会社さんが

いないと、こういう時に忘れがちになります。



お金がかかることが多発していますが、これが落ち着けばまたしばらくメンテナンスは

不要な状態になると信じて、対応を続けたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 11:36 | Comment(0) | 仙台1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: