2020年03月23日

東京1棟目の入院と孤独死の件で打ち合わせ。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在10位です。三連休ほとんど家にいたなんて、いつ以来だろう。

応援クリックよろしくお願いします→



別件のついでに、東京1棟目に関して、管理会社さんと状況確認などしてきました。

たまには顔を突き合わせて話をした方がいいですね。



東京1棟目、あえてブログには書いていなかったのですが、そろそろ落ち着いてきたので

この辺でもうブログ上でも書いちゃってもいいかな。実は昨年の夏頃、孤独死があり

その後処理で大変でした。一通りの処理も終わり、あとはリフォームを残すのみという

状態まで持ってこれたので、とりあえずは良かったです。この辺のお話に関しましては

また別の機会に細かいことは書かせていただきます。



東京1棟目で現在抱えている問題は、孤独死部屋の原状回復と募集の方法についてと

精神系の病を抱えてしまった生活保護の入居者様のケアの2点です。3部屋しかない

小さなアパートなのに、うち2部屋で問題を抱えてるって、どんだけ〜。



孤独死のお部屋に関しては、これまでの経緯もあって、私が管理会社さんに対して

特殊清掃などできる業者さんを紹介しております。そのため、リフォーム工事についても

私が直接発注して良いということになっています。



精神系の方に関しては、保護課の方が動いてくださって、数ヶ月前に入院したのは

把握していましたが、その後どうなったかがわかっておりません。退去とは聞いておらず

まだ家賃も入っているので、その後の状況とか知りたいなと思った次第でした。



ちょうど、東京13棟目と東京1棟目が同じエリアなので、東京1棟目の管理会社さんは

その辺の家賃設定に強いだろうなと思っていました。ですので、東京13棟目に関して、

自分なりに宿泊施設を止めた後に賃貸に回した場合の家賃を推測していたものの、

その裏を取るにはちょうどいいと考えました。

東京1棟目の諸々の打ち合わせのついでに、その辺の話も聞ければいいと考えて

三連休中に管理会社さんのところにお邪魔し、打ち合わせを行わせていただきました。



まず、孤独死のお部屋に関して、お願いしているリフォームの完成時期のご報告。

トイレが入荷しない影響もあり、完成時期は5月末くらい?というアバウトなことしか

言えない状態です。入居時期が見えない状態なので、すぐに募集をかけてもあまり効果が

ないような気がしています。この点は管理会社さんとご相談して、店頭のみでひっそりと

募集してみようということで落ち着きました。



それから、家賃設定。どうしても告知事項ありになるので、家賃は下げる必要ありです。

小さな管理会社さんなので、過去に孤独死の経験がないということで、これから

調べながら対応しようと思っているという話でした。



私は東京9棟目でも孤独死の事例がありますので、その時の家賃を引っ張り出してみて

実際どのくらい下げたか計算。おおむね2割というところでしたので、とりあえず

そのくらい下げてみませんかとご提案。管理会社さんも異存はなく、その金額で

募集することにしました。そして、2年後の更新時には家賃を基の値段に戻す特約を

つけるということでお願いをしました。



次に、もう一つの問題である精神系の病気を患ってしまった方の状況確認です。

このケースは、保護課の方がかなり一生懸命動いてくださっているということで、

入院の手続きも行政主体でやってくれたし、その間の家賃も行政側から直接入金で

対応できるということで手配してくださいました。頼りになります。



年末に入院されたので、もう3ヶ月近くになりますが・・・現状もまだ入院されて

いるそうです。でもまだ退去と言うことにはなっておりません。このまま退去なく

行政が家賃を払ってくれて、入居者様も療養の上でしっかり病気を治して戻ってきて

くれるのが一番いい形だなと思います。



ここで管理会社さんが気になっていることを相談してくださいました。

曰く、半ば行政の方の口車に乗せられるような形で入院したので、部屋の荷物とか

整理もしないで出て行っているのではないか、というところが気になるそうです。

冷蔵庫の中のものが異臭を放ってないか、部屋の中で腐りそうなものはないか。



確かに、言われると気になるところですね・・・。でも勝手に入居者様の家に

鍵を開けて侵入するのは、管理会社さんやオーナーの私であってもできません。

法律で禁じられています。



私としては、それであれば行政の方にその旨相談して、行政経由で本人の許可を得るか

行政の方が代わりに見てくださるか、そのどちらかがいいのではないかと提案しました。

管理会社さんもそれがいいと判断したようで、早速相談してみますとのこと。



あわせて、階下の入居者様にも、何か異変があったら教えてほしいと伝えておいては

どうかと言いました。最近虫が多いとか、黒光りするあいつを見かけたとか・・・。

そんな話があれば、上の階で何か異変が起こっているということになりますから。



東京1棟目の管理会社さんは、リフォームや工事を社長が手掛けており、賃貸管理は

地場のみで担当の方が小さくやっているだけのようです。そのせいか、経験値に

乏しいところがあります。でも、それを自覚した上で、逆にどうしたらいいか相談を

してくれるので、私としてはむしろやりやすいかなと思っています。真面目に仕事を

する担当さんなので、動き始めれば安心して任せることもできますし。



今回の件、いろいろとご苦労をおかけしました。真摯に対応いただき、感謝します。

これで少し落ち着いてくれることを祈ります。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:00 | Comment(1) | 東京1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
厳しい状況ですが、上手く進むと良いですね。言いづらいお話を共有いただきありがとうございます。
Posted by じゅん at 2020年03月24日 06:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: