2020年03月09日

引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、そのオチかい!とツッコミたい。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在17位です。時差出勤実施中。

応援クリックよろしくお願いします→



札幌5棟目の困った爺さんがまた引っ掻き回してくれました。今回は結果として

問題がなかったから良かったけど、相手次第では退去になっていた可能性も・・・。



札幌5棟目には、住み始めて20年まではいかないものの、かなり長い間お住まいに

なられているお爺さんがおります。家賃が高いのはありがたいのですが、過去にも

いろいろやらかしてくれているトラブルメーカーなお爺さんでして・・・。

私の中では鍵穴ボンド事件の容疑者という位置づけです(でも明確な証拠はない)。

そしてそれ以外にもこまごまといろいろな伝説を作っております。



さて、今回またこのお爺さんがやらかしてくれました。



事の発端はこのお爺さんの上の部屋の方からのご相談でした。管理会社さんに対して

「シャワーのお湯の出が悪い」というご連絡をいただきました。管理会社さんより

元栓が全開になっているか確認してほしいと伝えたところ、元栓が固くて開けられない、

ということでした。



若い女性の入居者様なのですが、開けようとして潤滑油など使ってみた、など

とても協力的です。身体を洗い流すのが大変なくらい水圧が弱い、という話でしたが

それは若い女性にとっては致命的なのではないかと。もっと強烈なクレームになっても

おかしくないのに、物腰がとても柔らかく、急かすでもなく。すごく人格者だなと

思いました。これは早く対応しないと。



しかしここで問題が発生します。どうやら、水栓の工事を行うには、1階のお部屋にも

立ち入らなくてはならないとのこと。そしてこの1階は・・・問題のお爺さんなのです。



案の定、部屋には入れたくないと駄々をこね始めました。コロナがあるから人を部屋に

入れたくないだの、2階の部屋と俺のところは関係ないだの。業者さんから電話を

しているのに、なぜかコールセンターにその文句を言う。コールセンターでは具体的な

作業内容がわからないから、業者さんと直接やりとりしてほしいと言っているのに、

それでもコールセンターに文句を言う。協力してくださいとお願いして、協力して

くれそうな雰囲気になったと思ったら、一転いきなり拒否し始める。情緒不安定なのか?



結局、業者さんからの連絡は嫌だと言うことらしいです。コールセンターだと対応にも

限界があると判断し、管理会社さんの担当の方がこのお爺さんに電話して説得を

試みました。その結果は・・・



「あなたに言われたからしょうがないな、いいよ」

「コロナが心配だから人は入れたくない」



これを15分おきに繰り返された挙句、最後はガチャ切りされたとのことでした。

(一体何分電話してたのやら・・・管理会社さん、本当にお疲れ様でした)



この感じだと、入室の許可を取ったとは到底言えないでしょう。管理会社さんも

困ってしまい、強行突破していいのかを弁護士さんも交えて相談しているという

ことでした。民法606条2項に、所有者は保存に必要な行為として建物の修繕を

行うことができ、入居者はその修繕を受け入れる義務がある、というところを根拠に

強行突破を考えているようです。



もうそのお爺さん追い出していいですよ、と私は伝えています。この人が一人いるだけで

管理会社さんの管理効率は下がるし、このお爺さんのせいで退去が発生しているし、

駐車場の募集ののぼりもたぶんこの爺さんが気に入らないみたいで隠されてしまうし、

自分の要求はさんざん言う割に、いざ対応してもお礼の一つもないし。



高齢者の一人暮らしなので、寂しくて電話してきているところもあるのだとは思います。

心底悪い人ではないのも、過去の対応履歴からなんとなくわかります。

でも、今回みたいに他の部屋の方にご迷惑をかけるのはちょっと我慢できません。



とはいえ、退去させたくても借地借家法的にはこっちの立場って弱いしなあ・・・。

はぁ、困ったものです。



ちなみに管理会社さん曰く、電話口から猫の鳴き声が聞こえてきたとのこと。

はい、違反です。申告しないでペット飼うのダメ。とことん違反じゃないですか。



とにかく、いつまでも入居したばかりの方のシャワーが弱い状態が続くのはダメです。

どう考えてもお爺さんの都合より困っている人の都合を優先しなくてはなりません。



どうしたものかと思っていましたが、ここで事態が想定外の急展開を迎えます。



管理会社さんから連絡があり、入居者様から1階の部屋の方が来てくれて、水栓を

開けてくださったから問題は解決した、という内容だったとのこと。



・・・え!?なにそれ??



・・・えっとね、部屋に入れちゃう入居者さんも入居者さんだし、部屋に行っちゃう

お爺さんもお爺さんですよ?一歩間違えたらキモイとか変態とかストーカーとかで

事案化されてもおかしくない話ですよ?だいたい爺さんよ、二階の人が仮にコロナを

持っていたらどうするつもりだったんだい?あなたコロナ嫌だって部屋にいれたくないと

わがまま言ってたんじゃないの?



ダメだ、もう私の脳みそで考えられる常識を凌駕している・・・。



でもとりあえず、お金はかからず事態が解決したことは喜ばしいことです。

そして、2階の新しい入居者様がとんでもなく善人であることもわかりました。

お爺さんは相変わらずトラブルメーカーです。



とりあえず、平穏な状態になったので良かったです。

そして管理会社さん、ここまでの対応お疲れさまでした&ありがとうございました。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:45 | Comment(0) | 札幌5棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: