2020年02月13日

リノベーションの見積が出てきたぞっと(ちょっと予算オーバーだけど)。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在12位です。間取り図を手書きで直すならiPadがいいですね!

応援クリックよろしくお願いします→



東京13棟目、リノベーションのお見積が出てきました。ちょっと予定していた金額より

高めだったけど、仕方ないかなって感じです。やむなし。



先日検討していたリフォームプラン、早速見積とプラン図が出てまいりました。

現場で「だいたいこのくらいですかねー?」とこちらが考えている金額を社長に話すと

「ま、いい線なんじゃない?」と仰っていたのですが、そこから100万オーバー。

う、なかなか痛い。このロットで100万変わると、収支にもちょっと響きます。



見積をまじまじと見てみましたが、なんかこう、削れるところがあまりないのです。

住設みたいなわかりやすい項目はあまり削れないし、工事もこれはというところが

全然見つからないです。普通にこのくらいって言われたら仕方ないような感じ。



思ったより高いので何かうまく落とせるところないですかと聞いてみましたが、

押入を部屋に変えるとか、そういうプランも結構あるので、工事自体で落とすのは

ちょっと難しい、考えるなら外壁をやらないなどの方向くらいじゃないか、という

お話でした。それだったら仕方ないか(あっさり)



いつも一緒にお仕事をさせていただいている業者さんだし、変なところで騙して

稼ぐような方でもありません。仕事をお任せすればキッチリとやってくださいます。

四の五の言わずドンと任せる、という方が先方も仕事をやりやすいことでしょう。

ということで、予算オーバーだけどお願いすることにしました。

これで新品同様になるなら悪くない、と思うことにします。



間取り図

(図面の画像が小さくてわかりづらいですね、すみません)

出来上がったプラン図は、1階が和室とWIC、トイレ、お風呂、洗面台など。

2階が広いLDKとトイレという間取りです。旅館業法のルールで、トイレが2つ

必要というのが、ちょっとスペースが勿体ないけど仕方ないですね。



この間取りを運営業者さんに見ていただいたところ、2階のクローゼットの大きさが

ちょっと大きいため、ダブルベッドを2台入れるのが厳しいのではないかという

指摘がありました。そこで、クローゼットの大きさを半分にできないかということを

施工業者さんに相談。何とかすると言っていただくことが出来ました。



続いて、旅館業法の申請をしていただく行政書士さんから、図面中における窓の位置と

許認可のポイントになる内容の連携をいただきました。窓に関しては、開口殺しと

記載されている箇所も窓と認識されていたようなので、そこは少なくとも窓ではないと

お伝えしました。それ以外の位置が合致しているかは、追って確認しておかなくては。



行政書士さんからは消防の見積が届きました。

運営業者さんからはランニングコストの試算と家具以外の初期費用の情報が届きました。

ダメだ、全部は見きれないから今週いっぱいくらいかけて確認しよう(汗)

旅館業法の経験がある友人の力を借りることも考えようかな、ここは。



今週末は近隣挨拶もしてこようと思っています。旅館やりますよーという説明会の時に

初めて挨拶じゃあ、印象が悪すぎます。その前にご挨拶に行って、工事も近々入るとか

先にコンタクトを取っておくべきでしょう。そして今の段階から旅館には触れずに、

他人に貸すんですということで話をしておこうと思います。少し距離が詰まってから、

おもむろに旅館の話をした方がいいだろうという判断です。



確定申告も近いけど、こっちもやることいっぱいで時間が足りるか不安です^^;

とはいえ、頑張りますよー!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:13 | Comment(0) | 東京13棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: