2020年01月24日

プロのカメラマンに撮影して貰う。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。今日はいつもより早く出社しないと。急げ―!

応援クリックよろしくお願いします→



やっぱり写真はプロに撮影して貰うに限ります。東京12棟目の写真をプロの

カメラマンの方に撮影いただきましたが、撮り方で全然印象が変わりますねー。



芸術の世界って、相場がよくわからないところがあります。プロのカメラマンに

何かして貰うということになれば、そのフィーは果たしていかほどが適正なのか?

壁紙なら平米当たりいくらという地域の相場がありますが、芸術系のお仕事の相場って

特に形成されていないように思われます。



カメラマンに関しては「写真」というデータが残ります。本物の芸術写真とかだと

素人には何となくの良さしかわかりませんが、食べ物であったり建物であったりという

被写体がはっきりしているものであり、素人の写真と比較しやすいものに関しては

違いもわかりやすく、やっぱりプロに頼んで良かった、ということになりやすいです。



そういうわかりやすいものであれば、比較的相場というものが作られやすいように

思われますが、私の知る限りではそういう相場は今のところないような気がします。

だから、頼んだサービスが高いのか安いのかはよくわからないけど、自分が満足できる

ものであればいいのかな、と。



変な前置きを書いてしまいましたが、東京12棟目に関してプロのカメラマンさんに

写真を撮影して貰いました。綺麗に撮影しておいていただけると、募集の時も

売却の時も有利なツールとして使えると思っています。



やっぱり、プロに任せると安心感が違います。構図や機材といったところが明らかに

素人と異なりますので。そりゃあ最近ではiPhoneも広角レンズ機能がついたりして

プロっぽい広々とした写真を撮影できますけど、自分で構図を考えていい感じに

撮影しようにも、そもそもそんな構図思いつかなかったわーというオチになることは

間違いないでしょう(私のセンスがないのが問題ですね、ハイ)。




百聞は一見に如かず。構図と機材の差がなんとなくわかりそうな写真を。



大家が撮影

これは私が撮影したもの。



カメラマンが撮影

同じ場所をプロが撮影したもの。



全然違いますね。だいたい縦にするか横にするかというところの違いにもセンスを

感じますし、機材が広角レンズということで非常に広く見えます。



たぶん、ある程度のところまでは「真似をする」ことで乗り切れるとは思うのです。

好きこそものの上手なれ。私も写真のセンスは基本的にありませんが、食べ物を

美味しそうに撮影してSNSに掲載するのは割と得意です(笑)



ただ、食べ物に比べて明らかに撮影する機会が少ないのが建物写真です。

真似をするチャンスにも限度があります。



カメラマン全景

ある程度のお金を出すことで、たかだか22平米の1Rをこんなに広そうに撮影して

いただけるのですから、もう任せちゃった方がいいでしょう。そんなに頻繁に依頼する

話でもありませんし。



仲介業者さんも撮影は慣れていると思いますが、プロの撮った写真の方がより目を惹くと

思われますので、私はいつもリノベが終わった後すぐに写真撮影をして貰っています。

リノベが終わって全空かつピカピカの時に撮影しておけば、およそ10年くらいは

その写真が使えることでしょう。原状回復の指針にもなります。こんな感じで

やっておいてね、と。



多少お金はかかるものの、プロに依頼してクオリティの高い写真を撮影しておくことは

あとでプラスになると思います。おすすめします。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:48 | Comment(0) | 東京12棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: