2019年08月12日

USBポート付コンセントを導入しました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。ミニブタカフェに行くという話があったけど、立ち消えの予感。

応援クリックよろしくお願いします→



今回リノベーションした東京11棟目、ほぼ業者さんにお任せだったのですが、

一つだけ私が仕様を追加したものがあります。それはUSBの口がついたコンセント。



あれは確か佐藤元春さんのセミナーを受講している時でした。その中で、最近作った

賃貸物件のコンテンツの話をされており、その一つとしてUSBポート付のコンセントを

物件に設置しているというお話を紹介されておりました。



USBポート付コンセント。なるほど、それは便利かもしれません。自宅を見てみると

コンセントに延長コードを接続し、その延長コードに4つとか6つとかUSBポートが

ついているACアダプタを挿し、そこから大量のケーブルが伸びている状況です。

それが各部屋にある状態です。



私のように極端に多い人だと、USBポートがコンセントについていても「足りない」と

別なものを買い込んでしまうと思いますが・・・今時スマホを持っていない人の方が

少数派と思いますから、スマホの充電がケーブルだけでできるなら、きっと便利だろうと

思いました。これは参考にさせていただく価値がある。



たまたまこの時、東京11棟目のリノベーションの図面があがり、解体に入った

頃合いでした。この物件、民泊をする業者さんに貸すことになりますから、海外からの

旅行者の方が変換プラグを持っていなくても、スマホだけはUSBポートがあれば

充電出来ます。これ、なかなかいいサービスなんじゃないかなというのも頭の中に

浮かんできました。



セミナー中でしたが、スライドの写真を撮って「東京11棟目にこれを設置したいです」

と施工業者さんにメッセージを送信。USBポート2口と電源1口にすれば、通常の

電源も普通に取れるので、特に困ることはないものと思いました。



後日、施工業者さんとの現場打ち合わせの際「1部屋につき1箇所なら設置するよ」と

言っていただきましたので、ベッドが配置されるであろう箇所に設置して貰いました。



1箇所と言わず全部これにしてくれてもいいんだけどなあ・・・とこの時実は思って

いたのですが、後で価格を調べたところ、USBポート付のコンセントにすると

結構なコストアップになることが判明。こりゃあ施主の後からの思い付きで設置を

してくださいと言うわけにはいかないです。



通常のコンセントの価格はこちら。






で、USBポート付だとこちら。






およそ18倍、価格差にして1箇所につき5500円ですね・・・。

コンセント自体は一部屋に3〜5箇所、それが2部屋なので最大10箇所として、

5500円×10箇所=55000円のコストアップです。

6万追加でいいから全部やって、だったら話は通ったかもしれませんが、まだ実際に

どのくらいの効果があるかもわからないので、それは時期尚早と判断しました。



で、こちらが今回物件に取り付けられたコンセントです。

USBポート付コンセント

USBポートついてますね〜。いい感じ。



今回は「とりあえずつけてみる」だけにとどまりましたが、次回以降はもっと有効な

使い方を提案したいところです。具体的には、普通のコンセントの位置ではなく、

ベッドや机の高さにあわせてUSBポート付コンセントを配置したいと考えています。

ベッドで寝転がってスマホでYoutubeを見る、机の上にスマホを並べて充電する、

といったシーンは容易に想像できます。そうすると、ベッドや机の高さにコンセントが

あった方が絶対に便利だろうと思うのです。下だとちょっと長めの充電ケーブルが

必要になるので、やや美観が損なわれるのではないかと感じます。



東京11棟目が片付いたので、続いてこれから東京12棟目の図面や見積を作って

いただくことになっております。出てきたところで施工業者さんに今回の構想を

お伝えして、コストがどのくらい上がるか聞いてみたいと思います。



少しだけ差別化することで、決まりやすい部屋になればいいなと思う次第です。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:50 | Comment(0) | 東京11棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: