2019年02月07日

入居者様がいるお部屋の電気代の請求が私のところに届いた件について。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。昨日は仕事の関係で早寝できず、引き続き寝不足。

応援クリックよろしくお願いします→



何この電気代!?よく見なかったら、普通に払ってしまうところでした。



空室が多いので、各部屋の内見のために電気の契約を私の名義でしています。

スマートメーター普及前は、電気はなんとなく何もしなくても点灯していたので

契約せずに使ってしまっていたところがありました。スマートメーターの普及により

電力会社さんが現地に行かずして電気の利用可否をコントロールできるようになったため

電気を使えるように契約を随時行っております。

(そんな制約なくてもちゃんと今までも電気の契約をしておきなさいよ、という正論には

 何ら返す言葉はありません・・・)



各部屋の一時的な支払のためにクレジットカード支払の登録をすることもないので

払込用紙を用いて支払をしておりますが、送られてくる払込用紙の数を見ると

うんざりしますし、憂鬱にもなります。一枚一枚の金額は数百円ですが、用紙の数だけ

空室があるのだなと思うから憂鬱になるのです。早くこの数を減らさないと、

電気代の観点のみならず、空室による機会損失という観点からも、なんかとても

損した気分になるのです。ある意味、頑張らないとまずいという自分へのプレッシャーと

して機能している部分もあるのかもしれません(汗)



さて、ある日いつものように電気代の払込用紙が山ほど送られてきていました。

物件ごとのキャッシュフローを真面目にチェックしようとすると、これらの情報が

必要になりますので、支払う前に写真を撮って、記録できるようにしております。

(時間がなくてなかなか作れず、写真ばかり溜まっていくのですが)



今回もいつものように払込用紙の金額と物件名がわかるところを見えるようにして

写真を撮影します・・・あれ、何だろうこの違和感。普段なら3桁の金額ばかりの

払込用紙の中に、4桁のものが3枚もある。



1枚は東京9棟目の空き店舗の動力の電気代でした。ああ、レンタルスペースとか

勉強会とかでたまに電気の契約をしていたので、その分ですね。これはわかります。

1枚は孤独死部屋のリフォームの時に電気を使っていたお部屋がありましたので、

どうもその分のようです。うん、これもわかる。



問題は残りの1枚です。部屋番号を見ると、既に契約・入居済のお部屋なのです。

請求されている期間を見ても、やっぱり入居者様が既にご入居されている期間です。

普通、入居された時に電気の名義って変わると思うんだけど・・・。入居者様が

その手続きをされておらず、そのまま請求が私のところに来ている?



ひとまず管理会社さんに連絡して、状況を共有。管理会社さんからはそのお部屋の方と

連絡を取るので、払込用紙を管理会社さんに郵送して貰えないかと依頼がありましたので

そのようにさせていただきました。



その後管理会社さんから来た退去の連絡を見て「あ、退去していたのか・・・」と

思った次第でした。交流を持つ前の出来事だったのでなかなかコメントしづらい部分は

ありますが、契約者の法人さんから「既に退去済みです」と連絡が来るくらい慌ただしく

突然会社を辞めている(と思われる)こと、電気代の契約を切り替えていないこと、

入居者様との顔合わせパーティーも連絡なしで欠席していたこと、等々考慮すると、

長期にわたってご入居いただいたとしても、後々トラブルを起こしていた可能性も

もしかしたらあるのかな?なんて感じた次第でした。



東京8棟目は特に入居者様とのコミュニティを作っていくことを志向しているので、

あまりその趣旨にそぐわない人にいて貰うのも、ストレスになってしまうと思います。

退去自体は収益の面からすると大変無念なのですが、この退去に関して言えば、

ある意味これでよかったのかもしれません。



気を取り直して、次の方に気持ちよく入っていただけるよう環境を整備し、良縁に

恵まれるようきちんとやりたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:51 | Comment(0) | 東京8棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: