2019年01月29日

抱き合わせ融資の候補物件、綺麗に指値が通っちゃった。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。睡眠不足ですよ、はい。

応援クリックよろしくお願いします→



抱き合わせで融資額を大きくしてくれ、という金融機関さんの希望に対して、

物件情報を揃えてみたところ、その額に合わせて指値が通ってしまいました。



今日はあまり時間もないので手短に。



昨日のブログに書いた、最後に見てきた地元の不動産屋さんがたぶん元付を取ったと

思われる物件。これについては、地場の業者さんで何度も取引をしたことがあるという

あたりから、あまり駆け引きせずにズバッと「この金額なら買う」と伝えてました。



具体的なパーセンテージで言うと、20%弱オフという形の指値を入れております。

リノベして貸せば、たぶんギリギリで利回り10%は取れるだろうという金額です。



元付業者さんにもこの金額の根拠をはっきりと伝え、売り出したばかりだからいきなり

指値と言うのも難しいだろうと思うけど、何とかしてほしい、と伝えました。

心の中では、さすがにこの指値は通らないだろうと思いつつ。



仲介業者さんの話によれば、売主さんは相続でこの物件を取得されたとのこと。

これは指値が通る可能性が高くなる要素です。

そして近所に住んでいるからあまり物件を急いで売る必要を感じていないということ。

更に、売り出したばかりということ。

これらは指値が通る可能性が低くなる要素です。



「どう出るかわからないですけど、とりあえずぶつけてみます」

と元付業者さんは言ってくれました。どこまで押し戻されるかな・・・。



そして昨日の夕方頃、メールがひょっこりと入ってきました。元付業者さんです。



「売主様より希望額にて何とかご承諾いただきました」



・・・マジで?さすが元付業者さんだ。多少の指値は呑ませても、仲介手数料を

両手で取れる方が良いと判断して、交渉を成立させてきたのだと思います。



私としては嬉しい誤算です。しかもこの物件、前面の私道持分がないという疑惑こそ

あるものの、普通の再建築可能な物件です。これはこれでメインバンクさんとかに

流して、他の物件をノンバンクさんにぶつけることもできますね・・・。



ともあれ、問い合わせるつもりがなかったのに、抱き合わせ販売の関係で問い合わせを

した結果、その指値が通るという何やらラッキースケベな展開になってまいりました。

そんな感じで、待て次号。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:57 | Comment(0) | 新規案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: