2019年01月18日

札幌10棟目の戸建の残置物撤去完了と見積方針検討。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。一週間お疲れさまでした、自分。

応援クリックよろしくお願いします→



昨年11月末に購入した、札幌10棟目となる戸建。モリモリだった残置物が片付き

ようやくリフォームの打ち合わせができる状態になりました。



内見時点で「これは夜逃げなのか!?」と思うくらいの大量の残置物、しかも昨日まで

生活していたと言われてもおかしくない片付いてなさ、それでいて夜逃げではなく

普通に引っ越したという事実に驚愕したのが11月の後半。でも値段的にお値打ちと

思ったので、11月末には現金購入させていただきました。



まず初めに行うのは残置物の撤去。以前のブログで残置物の相見積を取っていることまで

書きましたが、結局相見積しても管理会社さんのお見積が一番安いと言う結論に至り、

義母もそれだったらしょうがないわねと納得の上で、管理会社さんに発注しました。



年が明けてから、管理会社さんより「残置物撤去の作業が終わりました」と写真が

送られてきました。いっぱいあった家具やら洋服やら人形やらは全て綺麗に片付き、

スッキリしたただの空き家になっていました。築年数なりには傷んでそうだなあと

思いながら見てましたが、細かいことは現地に行かないとわからないです。

でもこのチェックだけで行くのはしんどいし、そもそも週末は予定が入ってしまって

いるので、札幌に行く時間を確保できないです。任せるしかないね〜。



「残置物撤去後の見積に関して一度打ち合わせしたいです」と依頼があったので、

昨日の夜電話で打ち合わせました。



・床の状態があまり良くないので、基本的には全面的にCFを張り替える予定

・畳は表替えしてもたぶんダメ

・壁は意外と大丈夫そうなので最低限のクロスで何とか

・押入をのぞくと屋根裏が丸見えなので、何か処置しないとダメ

・漏水している箇所は、天井を外して中から施工できないか考えている

・最低限の予算で安く再生するという方針は認識済

・ガス会社さんからの部材供給がやや厳しそう



だいたいこんなところだったと思います。



畳に関しては、新品の畳を購入するくらいなら、いっそもう少しコストをかけて

洋室にしてしまった方がいいのではないかと考えました。総額との見合いで考える

必要はありますけど、もうそれでいい気がするなあ。和室はウケも良くないですし。



管理会社の担当さんも気心知れた方なので、投資目線でどのくらい利回りが欲しいか

何となく想像つきますよね?と確認したら、なかなかいい線の金額を口に出していたので

コストカットを考えながら見積をしてくれそうです。こちらで分離発注とか相見積とか

した方がいいか聞いたら「うちで分離発注しながら安くする方法考えますので」と。

頼みましたよー。



あと、問題はガス会社さんからの設備貸与があまり見込めないことでしょう。

戸建のみだとどうしても数が見込めず、大盤振る舞いは難しいのだそうです。

まあそりゃそうか。納得です。



でも、お金のかかるユニットバスだけ何とかガス会社さんの貸与にしたかったので

どうしたもんかなあと。ここは出費を覚悟しないといけないのかもしれませんが、

なんせ札幌の戸建はせいぜい賃料5万くらいがいいところなので、お金をかけすぎると

すぐに利回りが悪化します。バランスが難しい。



電話を切ってしばらく考えましたが、一つだけ案を思いつきました。

札幌9棟目と抱き合わせで変更して貰えないか交渉する、という内容です。



ただ、札幌9棟目がどこのガス会社さんで供給されているかもわからないですので

まずは管理会社さんに確認して、そこ経由で交渉してみるって感じですかねえ。



他の物件はもうガス変更の余地はありません。札幌5棟目、札幌7棟目は変更完了、

札幌8棟目は・・・確か「変更不要」で終わっていた気がします。うろ覚えだけど。

札幌6棟目は都市ガスなので対象外。一応、札幌8棟目に関しても確認してみるか。



この件をどうするか、方向性を出すのに頭を使うことになりそうです。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 06:49 | Comment(0) | 札幌10棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: