2018年05月27日

売却を交えることで資産を大きくすることが出来る。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在16位です。今日はコストコに行く日。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



業者さんのように転売しようと言う話ではありませんが、実体験からある程度の

スピードで不動産を増やすには売却は必須なんだよねえ、と思うようになってます。



物件購入を始めた頃は、インカムゲインをしっかり得ていればOKと思ってました。

そのキャッシュフローを蓄積して次の物件を買う、と。それによって少しずつ収入が

増えていき、購入するとまた収入が増えてお金が貯まるスピードが早くなります。

こうやってだんだん加速しながら、雪だるま式に収入が増え、最終的にサラリーマンを

超える収入を得られるようになる、と理解していました。



実際、私はあまり売却するということを考えずにずっと保有を続けてきました。

転機になったのは2015年〜2016年あたりの相場高騰です。周囲の人が売却を

ちらほらと始めて、キャピタルゲインでだいぶお金を稼いだという話を聞くように

なりました。でも私自身はまだ保有することしか考えておらず、その流れを横目で

見ているだけでした。



そんな私に「売らないと金持ちになれないよ」「規模を自慢することが目的ではなく

お金持ちになることが目的でしょ?」と助言をしてくださった方が何人かいました。

別に規模の自慢をしたいつもりはなかったのですが、手元にキャッシュが増えるのは

魅力だなと思う気持ちはありました。最初はあまり意識してなかったのですが、何回か

言われるとだんだんその気になってくる単純な私。いろいろとシミュレーションをして

自分を納得させ、売りに出してみることにしました。



札幌1棟目と札幌4棟目を売りに出した結果、両方とも買った時よりだいぶ高い価格で

購入していただくことができまして、手元に数千万単位の資金が残りました。

その状態で融資審査に行くと、ホイホイと融資が通るんです。びっくりするくらいに。

手元資金があることに加え、東京の金融機関さんから見ると「札幌の比率が高すぎる」

というところが気がかりだったようで、一番でかい新築RCを売ったことから東京の

物件の比率が高まり、稟議を書きやすくなったというところがあったのだと思います。



私自身が2015年に物件再生のやり方を覚えたので、それにより収益物件探しの

目線が広くなったこともあるのだと思いますが、借入額が減って現金が増えたことにより

融資が付きやすくなったことも影響しているものと思われます。あと、相場が高騰して

いることを受けて、多少目線を下げたこともあったかと思います。



結果、2017年は2棟売って6棟購入するという強烈な一年になりました。

売った分の(当時の)購入金額が1.2億強。買った分の購入総額が3億強となり

売却を経ることでより規模が拡大する、という結果になりました。



勿論、割安の時に購入した物件だったからでしょ?と言われればその通りです。

私自身のスキルというよりは、たまたま運が良かっただけであることは認識してます。

それでも、割安で買って、しばらく運用して、ほどほどで売却するサイクルを取れば

家賃として何年も待ってもらうお金を一気に貰うことができ、時間を短縮することが

できるだろうと思うようになりました。



宅建業者さんではないので、反復継続の売却は業法違反になります。

長期保有する想定で購入したものを、市場のタイミングを見て売却して、新たな物件を

購入することを業法違反というのであれば、この考え方は実施できませんが、私的には

数年保有した物件を年に1〜2棟売るくらいなら業法違反ではないだろうと考えます。



それに、目の前に欲しい物件があるのに購入する資金がないというのは悔しいことです。

だからといって、今どき自己資金なしで購入するのは厳しいです。私も今年札幌3棟目を

売却しましたが、東京9棟目の自己資金やら、いろいろな修繕やら、所得税の納税やら、

札幌8棟目の自己資金(結局数百万必要になってしまった・・・)が重なりまして、

あっという間になくなってしまいました。次に面白いものが来ても手が出ません。

東京8棟目の収益が出ていないのに支払だけが始まっていることも当然影響しています。



買い続けようと思ったら、それと同じように売り続けなければいけないのだと思います。

それが私が数年かけて実体験を積み上げて、ようやく得られた結論です。



ただし、大前提として「割安に買う」もしくは「相場で買って融資やや短め」である

ことは必要です。割高に買ってしまうと、それを売却できるところまで残債が減るのに

時間がかかってしまいます。スピード感を持って取り組みたいなら、割安に購入して

数年で売るか、相場で買って残債を早めに減らして売却するか、という感じですね。

売らない前提なら、相場で買って長く融資を引いてキャッシュフローを得る方式も

良いのだと思います。



安く買えば「持ってよし、すぐ売ってもよし」な状態になります。

相場で買えば「持ってよし、将来的に売ってもよし」になります。

高く買えば「持つしかない」になります。

なんでも売れるわけじゃないので、最初の目利きは必要になりますね。



そんなわけで、私も機会があれば売ってキャッシュを得る作戦を考えたいと思います。

ただ、私自身もさすがに保有物件の中で売れそうなものがなくなってきております。

仙台1棟目は真っ先に候補になるのですが、これを売ると仙台物件がなくなってしまい

本当に仙台の会社なのだろうかという疑問だけが残ることに・・・^^;

個人保有のものは短期譲渡になってしまうので、まだ早いよなあという感じですし、

東京1棟目は借地なので諸々の費用負けしてしまうと思います。



これから来る(と思われている)買い場に向けて、自己資金はできるだけキープしたい

ところですので、いろいろと考えてみようと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:52 | Comment(1) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャッシュフローが出てると売りのマインドを持ちづらくなりますが、拡大のための1つの大きな戦略として、考えていかなければいけませんね。
Posted by じゅん at 2018年05月28日 06:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: