2018年04月13日

融資内諾が出て、23区内ボロアパート購入ほぼ確定。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在11位です。やる気十分!でもお酒飲んで胃もたれ気味!

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



目標に反する形だけど買付を入れちゃった23区内ボロアパート、金融機関さんで

本部の融資の内諾が出たと連絡いただきました。融資確定順と売主の業者さんが

言っていたので、おそらくこれで番手逆転で購入確定になるでしょう。



私としては珍しく「所有権」「角地」「整形地」という王道な物件の購入になります。

都内とはいえ、利回り10%は欲しいと思う人なので、いつも「再建築不可」とか

「借地権」みたいな微妙に変わった案件で数字を稼いでいます。



今回は珍しくそういう癖がない素直な案件です。しかも利回りは15%で駅徒歩6分。

都内でこれだけの利回りの整形地を購入できたとなれば、それが多少微妙な駅でも

決して悪い話ではないと思います。



ただ、勿論この値段になる理由はあります。



・過去に孤独死あり

・店舗比率高し

・居室に風呂無し



土地としてはいいけど、いろいろ難ありということになります^^;

まあでもどれも解決できる話ばかりです。店舗は住居に変えてしまえばいいし、

孤独死は一巡すれば告知義務はなくなるし、風呂はつければいいし。

勿論、風呂をつけずに安く貸すというのも一つの手です。



持ち込んだ金融機関さんは、東京8棟目に貸していただき、最近お取引を始めた

地場の信金さんです。この信金さん、ドミナント戦略で特定の地域にびっしりと

出店しているのですが、今回の物件はこの信金さんのエリアに見事に合致してます。

メインバンクさんはちょうどシェアハウス案件の審査に入っていたということもあり

今回はこちらの信金さんに持ち込みました。



先週までに支店担当者さんレベルで「やります」という確認は得ておりましたが、

売主さん(買取業者さんです)側から客付依頼した別の業者さん経由で現金の方が

買付を入れている状況でした。ただ、売主となる仲介業者さんは「五分五分です」と

言っていたので、諦めずに取り組もうと決めた次第です。



そして仲介業者さんの言葉通り、現金の方が「購入意思はあるけど全額現金が

難しい状態」になりました。身内の方の資金もあてにして現金と言っていたようで、

身内の反対があったということで、資金が足りなくなったということでした。

今から銀行を探して不足分を融資して貰う、と。



こうなればこちらは既に担当者さんに話を通しているから早いです。

担当者さんに状況を伝え、速攻で内諾取ってきてください!とお願いしました。

担当者さんは「今週は外出が多くて少し遅くなるかもしれないですが、今週金曜から

来週月曜くらい目処で頑張ります」と言っておりましたが、昨日の夜「本部からの

内諾が取れました!」と連絡があり、頑張っていただけたのだなと感謝の気持ちで

いっぱいになりました。



内諾が取れたことを昨夜売主の業者さんにお伝えしまして、もう一人の方の動向を本日

確認して、代表と話を通した上で改めて連絡する、というところまで持ってこれました。

よほどのことがない限りは、これで確定と見ていいでしょう。よしよし。



ちなみに融資条件は物件価格の約9割、20年、1.925%とのことでした。

悪くない。というか私としてはむしろ良い部類。ボロ物件ばかり買っているので、

金利がどうしても下がりにくいのです。だいたいいつも2%〜2.5%程度の金利で

借りているので(凄腕投資家さんが見たら鼻で笑うレベル)、2%を切っただけでも

とても喜んでしまいます。



東京9棟目(仮)は全7部屋のアパートです。東京8棟目と同規模の物件になります。

東京でもっと大きな物件を購入したい願望はあるんですが、どうしても探し慣れてる

小ぶりなボロアパートやボロ戸建てにばかり目が行ってしまいます。手間はかかりますが

切り売りもしやすいしリスクヘッジになるので、まあもうこれはこれでいいかと。



5月中に決済しましょう、という感じで今後進めていきます。

楽しみになってきたぞー!テンション上がる!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:43 | Comment(0) | 東京9棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: