2018年01月12日

2件まとめて審査するのもOKということでした。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在13位です。本日は金融機関さんに立ち寄ってから出勤。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



某政府系金融機関さんに、試しに「2物件まとめて購入したいので両方に融資して

貰えませんか」と相談してみたら、検討してくれるみたいです。へー。



2件と言っているのは、先日ブログに書いた札幌の築古ファミリー物件と、千葉の

テラスハウス
のことです。両方とも利回りは高く、今のところ大規模修繕の心配も

なさそうなので、うまく手中に収まるならアリだよねと思っています。



千葉に関して、年明けすぐに打診に入っていましたので、急いで担当の方に電話して

札幌もねじ込めないかということを相談しました。もうちょっとタイミングが遅かったら

NGでしたけど、今ならまだ大丈夫ですということでしたので、では急いで事業計画書を

作成して送付します、ということで話をまとめました。



ただ、この段階で札幌物件はまだ買付は入れておらず、どうしようかと悩んでいた

ところでした。部屋の中がどうなっているかがわからなかったためです。もし内装が

玉砕していたら、家賃が安い割に部屋が広いのでリフォーム代が完全に家賃負けになり

全くもってお得にならないよね、と。



その懸念は率直に先方に話したところ、それであれば買付を入れたところから審査開始に

しましょうと言われました。千葉の方だけ先行で進めておいて貰えないかなあという

気持ちもあるんですけど、まあこちらが欲張ったのだから仕方ないですね。



で、その後ふと元付の業者さんのホームページを探してみたんです。今回の札幌の

築古アパートの情報とか出てないかな?と。そしたら案の定見つかりましたよ。

しかも内装写真もあるじゃないですか。どれどれ、どんな感じかしら・・・



(閲覧中)



・・・なんか思ったより内装もちゃんと綺麗な気がする。ユニットバスであることは

確認できたし、一度住設も入れ替えている雰囲気があります。



これ、もしかしてお買い得?

(難がある部分があるのは把握してますが、今ブログに書くといろいろ得策ではないので

 そこは全てが済んだ後で書きます)



10年で回してもキャッシュフローがちょっと出て、同じ値段で売れるだろうから

残債が減った分だけ含み益が残る。しかも当面リフォームいらず。

2件とも少額だけど面白い案件ではないかと思います。



いつもならここで前のめりに「とりあえず融資特約なしでおさえてしまおう」と

思ってしまうところですが、今年はそれはせず、きちんと融資が付くまでの間

売れ残っていてくれることを祈るつもりです。資金の裏付けなしに前のめりになると

また自分がどれだけ自己資金を使ったかよくわからなくなってしまいます。

そうすると、これだけ今年は返済してしまおう、みたいな計画がぐちゃぐちゃに。



本日、札幌の築古アパートを管理会社さんに代わりに見てきてもらう予定です。

内覧中に写真をLINEでバンバン送ってくれるようですので、楽しみです。

買付証明書は既に書いて、管理会社さんの手元に忍ばせて貰うことにしました。

その場でOKを出したら、元付さんにすぐ買付証明書を渡して貰う手はずです。



あとは融資だな〜。素早く審査してくれることに期待します!



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:26 | Comment(0) | 新規案件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: