2017年09月15日

原状回復の見積にもその会社さんの特色が出る。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在9位です。食べ物ブログを更新する時間が足りない〜。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



札幌5棟目の空室の原状回復見積をしています。相変わらず家賃25000円しか

取れないお部屋にしては回復すべき内容が多く、苦慮しております。



今回、管理会社さんの許可を得て、試しに相見積をしてみることにしました。

どこで対応しても原状回復すべき項目が多いのであれば、この物件はそういうものだと

納得できるかなと思った、というのもあるし、単純にコストが安くなるものなのかを

検討してみたいというのもありました。



あまりいっぱい出すとわけがわからなくなるので、管理会社さん以外にもう1社だけ

相見積の依頼をしました。こちらは他の大家さんのところでも面白いリフォームをして

客付している実績のある会社さんです。



両社の見積を比較してみましたが、見積自体は管理会社さんの方が安かったです。

面白いなと思ったのは、見積時に何に重点を置いているか、という姿勢が何となく

見えてきたこと。



管理会社さんの見積は、けっこう細かくチェックしている印象を受けました。

換気扇から異音がするとか、キッチンの混合栓から水漏れがあるとか。

そういうところをきっちり見積しており、たぶん管理する側の目線に立って、

入居者様との設備トラブルがないようにしているのだろうと思いました。



相見積を依頼して会社さんは、基本的には客付をしている業者さんです。

見積の内容にもそれが表れていて、腰壁のクロスを張るとか、ハンガーパイプを

設置して収納を増やすとか、そういうパッと見て入居者様の目を惹く内容が多く

含まれていたように感じました。



この辺の特性を覚えておくと、今後何を重視して修繕するかと考え、戦略的にどの会社に

依頼するかを考えることができそうです。



ただ、両社ともけっこう似通った金額(若干管理会社さんの方が安い)だったので、

やっぱりこの部屋はこのくらいかかるものなんだな、ということは理解できました。

うーん、家賃安い割に原状回復の費用が重いってのは、あまり面白くないですね。

とはいえ、単身にしては出入りが少ない物件なので、今のところは順調にお金を稼いで

くれております。ありがたいことです。



どちらかの見積を単純に採用するというよりは、両方の良いところを組み合わせて

見積項目を洗い直し、その上でどちらかの業者さんに発注することにしようと思います。

もし相見積先に発注するなら、設備不具合も含めた見積を出して貰うことになりますし

管理会社さんであれば、客付するのに面白い設備なんかを安く導入できるか確認するし、

そういった感じで似たような見積項目にして、あとは費用を比較して・・・かなと。



でも、とっとと原状回復することも大事なので、あまりこだわりすぎずに早めに決めて

早めに工事に着手して貰うことも重視しようと思います。私が相見積を取っていたせいで

原状回復になかなか着手できないという状況になっています。のんびりしていては

機会損失になってしまいます。



結局、私が自分でいろいろ予定を入れてしまうがために、この辺の見積対応などに

しわ寄せが来ちゃうんですよねえ。今月、金消1件、決済2件、決算対応に加えて

銀行さんの反応次第で買付入れてみようかと思っている案件の事業計画書作成2件、

勉強会主催1件、内覧会主催3件、慰安旅行企画1件、入籍記念日のディナー調整等

あるうえ、サラリーマンの仕事も当然のように入ってきます。おかげで日々の業務が

ちっとも進まないというジレンマを抱えております・・・。

予定を入れすぎず、負荷をもっと下げるように自分を律しないとダメですね。



ともあれ、見積問題は早急に解決させ、次に進んでいきたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 07:25 | Comment(0) | 札幌5棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: