2017年02月13日

不動産向けの融資は既に徐々に締まっている。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在8位です。海の幸を食べているときの幸せ感ときたらもう。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



某金融機関さんの担当の方とじっくりお話をしてきました。



昨年、某地方の新築を購入しそびれたことがありました。いいところまで進んでいたのに

ギリギリのところで否決になってしまった案件です。あれは本当に悔しかった・・・。

その悔しい案件の融資の筋道をつけようと尽力してくださった担当の方と、久々に

お会いする機会があり、いろいろと今の雰囲気を伺ってきました。



その金融機関さんは、私が融資の打診をしている頃に一時期緩くなっていましたが、

その後また融資審査が厳しくなってしまったということを聞いておりました。

その辺聞いてみたところ、間違っていなかったです。いくつも融資案件を組成したけど

どれも通らなかった、ということを仰っておりました。本部の審査側で渋るようです。



金融機関さんとせっかく会話できるのだからと思い、ずっと気になっていたことを

聞いてみました。最近、あちこちで「来期から融資が締まりそう」という話を

聞いております。というか今時点でも締まってきているという話が聞こえてきます。

その辺、現役の銀行マンとしてどう思ってます?と。



彼の回答はYesでした。恐らく締まる、というか今も締めにかかっている、と。

理由は金融庁からの指導が入っているからだそうです。金融庁は不動産向けの貸し出しが

大きくなっていることを是正しようとしている、と。それを受けて、これまでであれば

アパートローンの審査はそこまで事業性を重く見ていなかったのを、今まで以上に

事業性融資に近いものにしていく方向になっている、ということでした。



ここからは私の推測ですが、金融庁としては、不動産だけでなく地域経済を活性化させる

他業種の会社にも融資をちゃんと出してもらい、アベノミクスと呼ばれる経済政策を

成功に導きたいのだろうと思います。銀行員に事業性融資を適切に行うスキルを求め、

企業の需要を喚起できるような提案をして、中小企業にお金を貸し付ける。それによって

その企業が大きくなり、雇用や所得の面で地域経済に貢献する。最終的にそれを

経済成長につなげようとしているのだろう、と。



不動産向けに融資をしているだけでは、経済成長は達成できないのだと思います。

だからこそ、(言い方は悪いですが)担保評価も簡単で誰でもできる不動産融資に

一極集中する姿勢は好ましくない、と思っているのでしょう。



とはいえ、一気に締めるとバブル崩壊の二の舞になってしまいます。

(過去のバブル崩壊の時の施策については、こちらのサイトに書いてあります)

恐らく、同じようなことを繰り返す愚は避けるでしょう。緩やかに締めるために

今回のようなお触れを出しているのではないかと推測します。出さないわけでは

ないけど、じわじわと出しづらくして、事業性融資に振り向けるように。



ちなみに行員さんは「金融庁のお達しはインターネットにも出ていますよ」と

仰っておりました。探してみましたが、たぶんこの一言のことを言っているのかな?

金融庁、不動産向け貸出の現状には「注視が必要」

(健美家さんのサイトに飛びます)



この一言からどこまで深読みするかというところはありますが、行員さんとの会話の

内容から考えると、やはり融資は今後も段階的に締まっていくものと思われます。

購入するにせよ、売却するにせよ、早い方がいいのだろうと思います。



私自身も、仙台法人での購入案件1件(札幌市築古RC:メインバンクNGで代替の

金融機関さんに依頼中)、東京法人での購入案件1件(関東地方中古RC:最後の

1行で融資の打診中)、個人での売却案件2件(札幌1棟目:契約締結直前、

札幌4棟目:買主様融資打診中)を抱えています。これを確実に3月末までに成就させ

次なるステップに進んでいきたいと考えております。

今このタイミングで気が付き、動くことができて良かったです。



売却と言えば、資産の組み換えを今まさにやっているところということを説明して

その売却益をどうするべきか聞いてみました。無担保の借入が多いことはわかって

いるので、その借入をつぶしておくべきか、はたまた現金で持っておくべきか。

行員さんは「個人的には、回っているなら現金で持っておいた方がいいのでは」

と助言してくださいました。やっぱ現金が強いのか〜・・・。フィリピンの借入を

つぶそうと思ってたけど、つぶさず売却に重きを置いた方がいいかなあ、そしたら。



この行員さんはもうすぐ異動になりそうですが、異動した後もたまには飲みにでも

誘ってください、と言ってくださいました。融資取引には至らなかったものの、

良い人間関係を作ることができたことに感謝したいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→人気ブログランキングへ

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓

人気ブログランキングへ


お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:50 | Comment(1) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり締まってきてるんですね。
属性重視で融資を引いてきた方はそこから苦労するんでしょうね。
そして、地道に現金を貯めてきた方が勝つ時代が始まるのかと。
Posted by じゅん at 2017年02月14日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: