2016年09月04日

原状回復内容を確認し、その負担に頭を痛める。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在18位です。最近ちょっとランクあがってきていて嬉しい。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



仙台1棟目の原状回復、どこまでやるべきかの確認をしてきました。



昨日書いたとおり、とりあえず仙台に移動して、早速現場の確認をした次第です。

退去予告があったお部屋で、義母が立会をしているものの、いろいろとややこしくなり

私も話に一枚噛んだほうがいいだろうと思い、来てみた次第なのです。



5年以上お住まいになられていたお部屋ですので、そのままで貸すのは難しいだろうと

いう感想を抱きました。少なくともクロスは全部交換しないとダメでしょう。居室には

震災で入ったと思われるクロスの継ぎ目のヒビが入っていました。これは大家負担での

交換が必要になると考えます。



CFは妥協すれば今のまま使えなくもないですが、ところどころに家具を置いてつけたと

思われる跡がついてしまっています。やっぱ交換したほうがいいかなあ。



残置物も多少あります。仙台1棟目のトイレにはコンセントがなく、ウォシュレットが

利用できません。それなのになぜかウォシュレットが設置されていました。入居者様が

ご自身で設置したものの、使えないからってそのまま置いてきた(?)のかなと。

他にも、照明設備やカーテンレールなど、ご自身で交換したものの、元に戻さずに

退去された部分がありました。



キッチンの排水トラップはなくなっておりました。これも手配して復活させないと、

臭いがのぼってきてしまいます。ていうかこの状態でよく臭いを気にせず住んでたなあ。



退去立会に同席いただいたリフォーム業者さんの調査によると、キッチンが古すぎるので

互換部品も含めて設置できるトラップが手に入らないから、キッチンごと交換しなくては

ならないそうです。幅が特殊(狭いらしいです)だから、適合するキッチンを選ぶのにも

一苦労なのだそうで・・・。ほんとかよと若干思いましたが、義母が昔からお付き合いを

しているところなので、そうそう変なことは言わないはず。頭が痛いです・・・。



それとは別に、キッチンの照明が直付けになっていたので、これじゃあんまりだから

引っ掛けシーリングに交換し、照明器具を設置したいところです。

あと、土間のCFが不細工なので、これは絶対に交換したいです。



そんな感じで現地確認が終わりました。見積も出てきておりましたが、チリも積もって

大きな金額になってしまっていました。数十万単位で費用がかかってしまっています。

厳しいですが、やらざるを得ないでしょう。今の状態で貸すという選択肢はないです。



あとは、どこまで入居者様負担とするかです。私が入居者様側だとしても、キッチンの

排水トラップが手に入らないからキッチン交換を請求しますと言われたら、なんだそれと

第一印象としては思ってしまうでしょうし、このぼったくり大家め!と考えてしまうと

容易に想像できます・・・。



実際、上記全てを請求するわけではなく、残置物の撤去や交換したものの付け替え、

過失で無くしたものの請求をするにとどめなくてはなりません。しかし、義母の話だと

入居者様のご両親(立会にきてくださいました)は「入居時からなかった」「入居時から

設置されていて、うちで持ち込んだものではない」という主張だったとか。



でも、私たちの立場としては、オーナーから引き継いだ時の契約書にそういう記述もなく

元オーナーからそのようなお話は聞いていないのです。そうなると、元々の設備の状態に

原状回復をしてお客様に貸し出している、と判断するより他に手段がないのです。

レンタカーを貸す時みたいに、現状のチェックをして相互に署名した書類などがあるなら

その内容に従って処理するだけなのですが・・・そういったものもありません。



正直、請求する方もされる方も嫌な思いしかしないだろうと思うと、気が重いです。

ただ、相手がどう考えるかは別にして、こちらも事業なので請求せざるを得ません。

せめて、こちらにできることは、その請求の根拠を誰にも恥ずかしくないように誠意を

尽くして考えた内容であるか、ということであろうと考えております。



オーナーの懐が一方的に痛むのもダメだし、退去された入居者様が一方的に損をするのも

社是に反するのでダメです。この点、どうやってうまく折り合いをつけていくかを

しっかり考えていきたいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:05 | Comment(0) | 仙台1棟目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: