2016年06月16日

賃貸住宅フェアに行ってきました。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在26位です。連日の飲み会で胃が疲れました。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



賃貸住宅フェアin東京、あまり長い時間ではありませんでしたが参戦してきました。



二日間にわたって開催された賃貸住宅フェア。昨日は会社員のお仕事で参加できず、

オフィシャル懇親会にだけ顔を出してきました。顔見知りの大家さん、久々にお会いした

大家さんなどがいっぱいおり、目の前で新たな関係が作られるところを目の当たりに

してみたり。楽しいひと時を過ごさせていただきました。感謝です。



そして昨日は午後からになったものの、賃貸住宅フェアに参加することができました。

3年ぶりに参加しますが、前より会場少し小さくなってる?ような気がしました。

久々なので気のせいかもしれませんが・・・。



全体をサラッと見てきましたが、住宅設備系は例年と同様の顔ぶれと思いました。

三点ユニット分離のラビックスとか、サンワカンパニーとか、クロスのリメイクとか。

電子キーなんかも結構ありましたね。スマホで開けられるやつとか。個人的には

ゴミストッカーとか宅配ボックスあたりの資料を貰ってきました。



大家直接募集のサイトだと、いつものウチコミ以外にアキベヤというサイトも出展して

おりました。選択肢が増えてきているのは良いのですが、どこかに集約していかないと

結局大手ポータルにはかなわない、という状況になりそうな気もしております。



あと、前に比べ目立ったのがシェアリングエコノミーに関するサービスの紹介です。

シェアリングエコノミーとは何か?総務省のサイトから引用します。



「シェアリング・エコノミー」とは、典型的には個人が保有する遊休資産(スキルの

ような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスであり、貸主は遊休資産の

活用による収入、借主は所有することなく利用ができるというメリットがある。

貸し借りが成立するためには信頼関係の担保が必要であるが、そのためにソーシャル

メディアの特性である情報交換に基づく緩やかなコミュニティの機能を活用する

ことができる。




有名なところだと、民泊はシェアリングエコノミーに相当します。個人の遊休資産である

自分の家の一部を貸し出すことで収益をあげる、というモデルですので。民泊以外にも

個人が車で目的地まで連れていってくれるUberなんかもシェアリングエコノミーです。

(両方とも日本では法律上の縛りがあるので、推奨はしかねますけど)

個人間カーシェアリングのAnycaCaFoReあたりもシェアリングエコノミーですね。



今回よく出ていたのは、やはり不動産賃貸業向けということもあり、時間貸駐車場として

空きスペースを有効活用するものでした。akippaとかSmart Parkingといったサービスが

出展されており、ちょっと目を惹きました。余っている土地などあるようであれば、

検討してみたいと思うサービスでしたが、50%が運営会社の取り分というのは

もうちょっとバランス調整していただきたいところです。



あとは民泊の保険なんていう商品が堂々と出展されていました。厳密に言えば、民泊は

大田区の一部でしか解禁されていないので、そんなにでかでかと広告を出したところで

儲かるはずはないのですが・・・今後の民泊解禁に向け、先駆けて動いているのと

闇民泊も密かにターゲットにしているのと、両方の意味があるのでしょう。



ちなみに、派手なコンパニオンのお姉さんがどのくらいいるかで、その年の予算の

かけ具合や盛り上がり具合を判断している私なのですが、今回はコンパニオンさんは

そんなに多くなかったです。センチュリー21さんのブース、無料インターネットの

会社さん(名前失念)のブース、あとは土地活用さんあたりが目立ちました。

土地活用さんに関しては意気込みが違いますから(笑)

あとは浴衣のお姉さんがソフトクリーム作ってくれるブースは気になりました。



セミナーは時間がなくて聴講できませんでしたが、今年の賃貸住宅フェアは

そんな感じで楽しませていただきました。ありがとうございました。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:36 | Comment(0) | セミナー/懇親会/交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: