2016年03月20日

今年は去年より税金との戦いを意識しなくては。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。新しいパソコンのセットアップがうまくいかない・・・。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



決算の結果が例年通りのところに落ち着いた話をちょっと前に書きました。

でもなんで例年通りになったんだろう?という疑問は頭から離れていませんでした。

この辺を確認するために顧問税理士の先生と電話で打ち合わせました。



中間報告の段階では、当初の着地予定金額に比べて数百万単位で上ぶれしそうな勢いで

進んでいたので、それにあわせてふるさと納税も多めに対応していました。しかし、

蓋をあけてみればいつもと同じくらいの数字のまま。はて、どうしてだろうか?



その疑問を解消するため(もちろんそれ以外もあるのですが)、税理士さんと電話で

話をしました。常々「ひろ*さんの確定申告は動きが多くて大変なんです」と言われたり

物件を買うと「今年はこれで止めましょう!」と言われてみたりしておりますゆえ、

まずは直接お電話でお礼の言葉を述べさせていただき、そこから次回の決算に向けての

改善点や、最近の購入の状況などを共有させていただきました。



その中でわかったこと。どうやら今年の決算がいい感じのところに落ち着いたのは、

過去からずっと溜め込んでいた、任意の一括償却資産を一気に吐き出したからだという

ことがわかりました。本当は当初想定していた着地点にたどり着くはずだったのを、

数百万の償却資産をぶつけて例年と同じような場所に落ち着けたというのが真実だった、

ということです。



なるほど、そうなると今年は同じ手が使えないので、事前に何かしらの対策をして

おかないと、かなりの利益が上がってしまうことになります。これはよろしくないです。



考えられる作戦・・・

東京法人や仙台法人を個人で保有している物件の管理会社扱いにして、そちらに

管理料をある程度落として分散化するとか、個人でかけている生命保険を会社にて

かけるようにするとか、共済系に入るとか。できれば現在手元から出て行っているお金を

法人に付け替えるようにしたいので、共済の前に保険と管理会社扱いでしょうか。



この辺については、顧問税理士の先生や保険代理店の方に相談をしながら決定をして

いこうと思っております。今年はさらに東京3棟目が個人で増えてしまいますので、

ここの利益も意識しながら、うまく調整していかなくてはなりません。



不動産は税金との戦いだとよく言われていますが、私自身はまだそこまでの認識を持って

おりませんでした。そんなに儲かっていなかったからだと思います(笑)

しかし、儲かっていなくても徐々に税金の重みはのしかかってくるということがわかる

ステージにはようやくたどり着いたようです。重みをかみしめながら進みたいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 09:16 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: