2016年03月16日

今年も黒字決算。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在21位です。昨日は大忙しでした。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



確定申告が無事に終わりました。今年は事前の速報ではかなり黒字になりそうだという

予想があったのですが、蓋を開けてみれば例年並みに収まっておりました。



私の場合、領収書類やクレジットカードの明細類、銀行口座の入出金に対して、

これは個人の経費、これは法人の経費、具体的な用途はこれ、という情報を取りまとめて

税理士さんに送るだけで、あとは税理士さんにて記帳から何からやっていただく、

という形をとっております。自分で弥生に入れたりはしておりません。



だったら別にそんなに面倒なことはないでしょ?この間まで何をヒーヒー言ってたの?

と言われてしまうかもしれませんが、そこにはちゃんと理由があります。



私は物件単位でのキャッシュフローを毎年出しております。領収書が手元からなくなると

それを作るのが面倒になるので、その領収書の用途を確認した上で、自分で作った

エクセルに明細を1つ1つ入力していくのです。そこに反映させるのが意外と大変で、

ヒーヒー言うことになります。



あとは、クレジットカードの明細と領収書で、利用用途が異なった記述になっていないか

両方比較して確認したりもしています。また、通信費(資料の郵送など)も送付先が

わからなくなりがちなので、過去のスケジュール帳から類推してみたりしています。

いろいろと地味に大変なんですよ。ほんと。



自分でやっても大変なんだから、税理士の先生にしてみたらもっと大変なことでしょう。

よく顧問税理士の先生に「今年はこのくらいで買うの止めましょう」「動きが多すぎて

決算書作るのが大変なんです」みたいなことを言われます(苦笑)

昔はこのブログも見て、事前に情報収集して覚悟をしていたみたいですが、最近はもう

諦めてブログを見ることもしなくなったという話です・・・^^;



まあそんな話は置いておいて。



税理士さんから、先週の土曜日に試算表と総勘定元帳が送られてきました。

試算表は今季の成績を確認するため、総勘定元帳は明細の抜け漏れや科目違いの確認を

こちらでするために送っていただいております。記帳いただいた内容がこちらの意図と

合致しているかを確認するために、総勘定元帳はいつも軽く目を通しております。



今回も札幌に支店登記するために賃貸で借りている物件の家賃が「支払手数料」になって

いたりしたので、そこは地代家賃に訂正してもらいました。他にも、細かい間違いが

いくつかあったので、そういうところもあわせて指摘しております。



さて、冒頭で申し上げたとおり、今年の最終的な着地点は昨年より少し利益が減るという

結果になりました。節税という観点では、今回の結果は良いものだったと思います。

しかし、銀行さんに対してのアピールという点を考慮すると、どうかなーという気持ちも

ないことはありません。



10月までの実績を入力した段階では、かなりの利益が出る計算だと言われてました。

そこからなぜこんなに利益が減る結果になったのか?正直なところ、私もまだ詳細を

見切れていないのでわかりません。ここは税理士さんに確認が必要なポイントです。



あとは利益が減った原因もちゃんと確認しなくてはならないかと思います。たぶん

今年は出張費がかさんだからではないかと考えています。昨年は頻繁に札幌に行って

いろいろとやってきておりましたので。



この辺の分析をして、総括した上で金融機関さんに情報提供をするということが

必要になります。その時間も改めて確保しなくては。



ま、とりあえず黒字はキープしたので良しとしましょう。納税もそんなにきつくないし。

後悔しているのは、予定より利益が少なくなってしまったので、ふるさと納税の効果が

だいぶ減ってしまったことくらいでしょうか^^;

もうちょっと資本的支出や資産計上を増やしておけばよかったかなあ?

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:51 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: