2016年03月05日

振込も制約が多くて大変です。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在19位です。勝負は明日だな・・・(確定申告的な意味で)

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



ふと思い立ったので、東京4棟目のリノベ費用を支払う時の失敗談など書いてみます。



東京4棟目のリノベ資金はけっこうな高額です。正直、東京4棟目本体より高いです。

人生において、無担保でここまで高額なお買い物はこれが初めてだと思います、と

言うくらいの大きさの買い物でした。



当然ですが、はいどうぞと現金で支払うわけにもいきません。カードで払ったらポイント

溜まるだろうなーなんて妄想もしましたが、当然妄想にすぎません。普通に振込です。



ここで私、最近の金融機関さんの送金の不自由さに愕然としました。

とにかく「お金が払えない」のです。



支払日は例によって出張している日でした。融資してもらっている金融機関さんの口座に

資金はそのままおいてあります。そしてその金融機関さんは都内にこそ支店があるものの

私が出張している地域には支店はありません。



どうやって振り込んだらいいのかな?と少し悩んで、まずは口座にお金が置いてある

金融機関さんに電話して、店舗のないエリアでキャッシュカードだけ持っている状態で

振込をすることができるか確認。提携している金融機関さんなら可能ですよという話を

してもらいました。



今回借入しているのは信金・信組といった類のところです。出張先の近所に店舗がある

信金・信組さんを探しましたが、意外とありません。少し離れたところにありましたが

ここまで歩いていくのは厳しいなあという感じ。でも一旦そこに確認して、振込は可能と

いう回答を得ることはできました。



その後、ちょっとコンビニに買い物にいくために離席したのですが、ふと視界の中に

都銀さんが目に入ります。電話で確認した信金・信組さんにいくのもちょっと遠いので、

この都銀さんで処理できれば楽ですね。そしてコンビニにいくので手元には財布があり、

当然キャッシュカードもあります。



試しにATMに並キャッシュカードを入れてみました。お、振込ってメニュー出るね。

これだったら遠くまで行かなくていいから楽だなと。安心した私ですが、その時は

振込先がわかる資料をもっていなかったのと、すぐ仕事に戻らなくてはならなかったのと

両方あって、振込せずにATMから離れていきました。



さて、その後外に出るチャンスが来たのは2時前です。いい加減送金しないとまずい。

仕事がひと段落したところでコンビニにいく感じで会社を抜けだし、先ほど目星を

つけておいたATMに向かいます。そしてカードを入れて、振込先を入れて、金額を・・・

あれれ?金額が入力できないよ?



店舗の中に案内してくれる人がいましたので、現象を説明して相談しましたところ、

「1回500万までしか振込できないんです」とのこと。うへー、じゃあしょうがない。

必要な回数だけやるしかないか。時間と手数料がかかるけど、背に腹は変えられない。



もう一度ATMに戻り、指定された500万を入力・・・

あれれれ?金額が入力できないよ?



誘導係みたいな感じの年配の男性スタッフの方に聴いたところ、けんもほろろな感じで

「100万までしかできませんよ」と。えー、さっきの方は500万までと言ってたのに

違ったんですか!?でもATMの動作を見る限り、確かに500万は入力できないので

こちらのスタッフの方のいうことが正しいのでしょう。うーん、これは参ったぞ?



今からさっき問い合わせた信金・信組さんにいくのも時間的に厳しいです。

困った時は大本営の口座がある金融機関さんに電話するべし、と判断。電話にて状況を

説明し、振込する方法はないのかという相談をしました。



「窓口まで来ていただかないと難しい」ようなことを言われてしまうわけですが、そこは

こちらも期日までにお金を支払わないとまずいので、食い下がります。取引先が今回の

入金をあてにしているので、もし不渡とか起こしたら責任取れない、とか言ってみたり。

(勿論芝居で、実際に不渡を出すような財務状態の会社じゃないと思います)



相談してくると言って電話が保留になり、しばらくして別の方に担当が変わりました。

そして言われたのが「2時を超えてしまっているから、どちらにしても当日中の送金には

ならないので、事情を説明して月曜日の送金にさせてもらってはいかがでしょうか」と

いうセリフ。げ、確かに2時超えてる。こりゃ物理的に無理ってことか・・・orz



「2時前だったら、また多少やりようもあったのですが・・・」と申し訳なさそうに言う

行員さん。そうですね、14時の壁は厚いですよねえ・・・。でもその前だったら何か

手段はあったということみたいです。最初から相談しておけばよかったのかも。選択を

誤ってしまいました。



その後、施工業者さんに連絡して不手際を謝罪し、翌日口座のある金融機関さんの窓口で

滞りなく送金させていただいたのは言う間でもありません。



というわけで、私の準備不足によって、施工業者さんにお金を払うタイミングが1営業日

遅くなってしまったという恥ずかしいお話でした。



教訓

・他行のATMでも振込は可能

・ATMからの送金は多額になると難しい

・高額送金の場合は14時までに手続きを終わらせるべし

・困った時に真っ先に相談すべき相手は口座のある金融機関さん

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:45 | Comment(0) | 東京4棟目(売却) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: