2015年10月08日

コンドミニアムの融資の関係で、公証人役場に通い慣れてきた。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在21位です。サラリーマン忙しすぎでしんどくなってきた。

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



以前の記事で、フィリピンのコンドミニアムの融資契約の手続きをした話を書きました。

今回はその続きで、公証人役場で認証してもらったり、その書類を金融機関さんに

届けてきたりした話となります。



前回、金融機関さんで手続きをしてきたものの、嫁ちゃんが同行しなかったので完全には

終わらなかったよ、という話を書きました。当然ながら、手続きを終わらせないと

まずいので、家に帰って書類へのサインを嫁ちゃんに依頼します。



しかしまたこの書類の量が多いこと多いこと・・・。原本1部とコピー4部、それぞれ

2枚〜8枚くらいのボリュームです。そこに手書きのサインをひたすら入れていく。

こりゃあしんどい作業です。コピーなんて、原本をコピー機でコピーすればいいのに。



嫁ちゃんもサインしながらだんだん不機嫌に。そりゃあそうですよねえ。申し訳ない。

こんな仕組みを考えたフィリピンの人は効率が悪い、とぶつくさ言っておりました。

いやもう、まったく同意です。こんな無駄なことやらせてしまい申し訳ない。

そして、いつもいろいろと対応してくれてありがたいです。



サインが終わったら、今度は公証人役場へ行きます。嫁ちゃんは仕事があるので、

委任状と印鑑証明書を持参して、嫁ちゃんの分は私が委任された形にしました。

あとは公証人役場で保管する分のコピーをとり、金融機関さん指定の公証人役場へ。



一回目に公証役場に行こうとした際には、パスポートを忘れてしまったので認証できず。

二回目でようやく公証の手続きをとることができました。これは私の失敗です。とほほ。



そしてここでアクシデント。疲れてきた嫁ちゃんがサインする場所を間違っていることを

公証人役場の方から指摘されてしまいました。これは三度目の訪問不可避!?



「あ、原本だけは正しい場所にサインされていますね」



なんとかセーフ。コピーは金融機関さんに電話で確認して、別途そこだけサインして

郵送で対応するということで良いという話になりました。ほっと一息。



ちなみに1通1万ちょっとで、4通認証してもらったら4万半ばというお値段でした。

コストかかりすぎ。契約書をもっとまとめてくれー!とぼやきたくなりました(苦笑)



そして金融機関さんに書類を提出し、口座開設の手続き。ここでなぜか4万ちょっとの

入金を促されました。口座開設するのにそんなにお金が必要なの?といぶかしんでいると

どうやらそのお金でフィリピン大使館の認証を代理でするから、その分を入金しておいて

ほしいということだったようです。説明なしにいきなり4万いくらとか言われたから

なんだかわけがわからなくて「?」がいっぱいになりましたよ、まったく。



まあしかし、諸経費だけでもいろいろかかりますね。やっぱり海外コンドミニアムは

ホイホイ手を出していいもんじゃないなあ、と再認識。反省を次以降に活かします。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:43 | Comment(0) | 海外不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: