2015年08月19日

適切なツールを適切なターゲットに対して活用する。

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在8位です。旅団長リンクの効果がそろそろ切れて、下降線かな?

応援クリックよろしくお願いします→人気ブログランキングへ



先日、札幌出張時にお会いした仲介業者さんの営業手法の中に、参考になるなーと

思うことがありましたので、ブログにメモを残しておこうと思います。



札幌出張に行くときは、基本的にはいろいろな方にお会いして、時間を共有するように

心がけています。単純に人と会うのが楽しいというのもありますし、わざわざ東京から

来てくれた、というプレミアム感(これは遠隔地投資ならでのメリットかも?)が

ありますから、わざわざ東京からようこそみたいな雰囲気になって、相手の印象に強く

残ることになります。



先日ちょっくら札幌出張してきたのですが、その時ものべ10名の方にお会いして

お話をしてきました。皆様それぞれスキルがあり、素敵な人ばかりでした。



その中で、面白いなーと思った人が、最近独立された仲介営業の方。

エンドユーザさんとLINEで連絡を取り合って、タイムラインに何か記事を

アップしたり、時にはお部屋の紹介などもしたりしているということです。

その記事を見て、お客様から「あの部屋まだありますか?」みたいな問い合わせが

忘れた頃に来るのだとか。



昔だったらDMなどで行っていた囲い込みの戦略が、LINEを使って気軽にできる。

しかも、LINEでつながると、なんとなくお友達になったような感覚になるので、

DMのような押し付けがましさがない。LINE@みたいにいかにも商業ベースではなく

お友達が薦めるものだからいいんじゃない?みたいな信頼関係が生まれる。



そしてその方は、入居者さんとはLINEでつながり、業者さんとはFBでつながり、

それぞれ別の情報をアップロードしているということです。なるほどねー、頭がいい。



エンドユーザになる客層は世代的にLINEに慣れ親しんでいる。

同業他社として情報交換する層は世代的にFBの方が馴染みがある。

ターゲットごとにシェアの高いツールを使う、非常に理にかなったやり方だと思います。



事実、独立された後も、ほとんど広告などの集客をせずに、口コミだけで自分自身が

食べていくだけの収入を得られているのだとか。なるほどねー。納得です。私自身も

そういうやり方があることは認識していましたが、こうやって実際にうまくやっている

方を見ると、発想は間違っていなかったなあと納得できます。



賃貸業でも応用はできるはずです。自主管理なら、入居者様のLINEを聞き出して

そこに大家からタイムラインなどでちょっと面白い投稿や役に立つ情報を書く。

そんな小さなところからコミュニケーションをとって、お友達のような感覚で接すると

滞納なども自然と減っていくのではないかと思います。



また、SNSごとに(あるいはアカウントごと)にリーチする相手を決めて、その属性に

マッチするような情報を投稿する、といったことも有効だと思います。



こういった気づきを得られたこと、与えてくれた仲介業者さんに感謝したいと思います。

最後に人気ブログランキングのクリックを是非お願い致します。

↓面白かったと思った人は迷わず押すべし↓



お暇な方は食べ歩きブログもあわせてよろしくお願いします。




posted by ひろ* at 08:50 | Comment(0) | 思想・発想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: